ユミのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

家は3回建てて、やっと満足する

 

という言葉を聞いたことがあります。

確かに、1度で完璧、完全、大満足!!の家作りをすることは難しいとは思いますが、「うわぁ〜失敗した〜」は避けたいものです。

 

私も家を建てて早3年になろうとしています。いろんな成功や失敗が見えてきています。

 

理想の家つくりを実現する際に、一番大切なことは、すでに家を建てた方から、成功談と失敗談を聞くことです。

 

自分なりの家作りを考えることももちろんとっても大事なことです。しかし、自分の物差しだけで家作りを考えてしまうと、見えてない部分がたくさんあることが現実です。


理想だけを想像して追いかけて家作りをすると、そこには必ず見えなかった落とし穴があります。(こんなはずじゃなかった)

 

おしゃれなんだけど、使いにくい。

思ったよりも汚れが目立つ。

外からの目線が気になる。

防犯上に問題がある。

うまく全てが収納できない。

家族構成が変わって、部屋数がたりない。

今までの生活動線と全く違って生活しにくい。

 

家を建てるにあたって、いろいろなタイミングがあると思います。

 

親が他界して相続したので建て直す

結婚した

子供ができて手狭になった

夫婦二人の生活になったので住み直し(アパート併設型など)

 

参考にするべき相手は、自分と境遇が似ている、もしくは、これから自分が進もうとしている先にいる先輩方。

 

私の身近な失敗談では、夫婦二人だけの時に家を建てたのだが、その後に子供ができて、子供が生活する家としは暮らしにくい。


もちろん、このお二人は子供をゆくゆくは欲しいと思っていたけど、子供がいない時に、「子供がいる生活」を想定して家作りをすることはかなり困難です。どちらかというと、二人とも働いていて、お金も十分あって、オシャレな間取りで素敵に生活したいと思うのが当然です。しかし、オシャレと子供の生活する家とは、かなり逆ベクトルにあります。

 

このような階段は、赤ちゃん、子供にとっては下手したら死んでしまうレベルの危険度。

 

 

こんなロフトも、確実に転落します。

 

 

 

観葉植物。オシャレですが、くわばたさんのブログでも紹介されていますが、確実に荒らされます。下手したら、土だべます(苦笑)

 

 

私の身近な例だと子供関係の話になってしまいますが…


ちょうど、我が家の家の前の、古いお宅が、おばあさまがお亡くなりになり、息子さん夫婦(といっても、60代〜70代)がアパート兼自宅を建設中ですが、そちらも、「他人と同じ屋根の下?に住む」には変わりないので、防音や、プライバシーを守る、ゴミ出しをいかにマナーを守ってもらえるように配置できるかなど、色んなことを視野に入れて間取りを考えているそうです。

 

経験のないことは、やはり諸先輩型に「よかった点」「失敗した点」を聞くのが一番です。我が家も沢山聞いておいてよかったと思いますし、「もっと聞いておいてもよかった」とすら思います。

 

聞く相手は、家を建てていなくても、「建売、マンションを買った方」でも良いと思います。賃貸住宅ではなく、自分で買った家に住んでいる方は、家に対する思い(満足度を測る物差し)が全く違います。自分が建てた家ではなくとも、満足点や不満点は沢山聞けます。実際に、私は友達がマンションを購入し「脱衣所の床の色が白すぎて、髪の毛とかの汚れが目立ちすぎて本当に嫌だ」という話を聞いて、脱衣所の床を真っ白から、オフホワイトに変更しました。今となっては、オフホワイトですら、汚れがめだちすぎて気になるので、「もしも、あの話を聞かずに、真っ白の床だったら。。。」と考えると、あの時に気にいらない点を聞いておいて良かったです。

 

これから、家を建てるみなさんは、是非とも諸先輩型の話をしっかり聞くなり、私のような家を建てた方が書いてるブログを読んで、色んな失敗談や成功談を集めてください!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。