河内藤園

テーマ:

長年ゴールデンウィークには
縁がない我家でしたが、
今年は人並みに
楽しむことができています(笑)
見たかった河内藤園へ。


{7459E0A2-C744-49AF-8CC1-A44BDF205328:01}
80mと110mの藤のトンネル

{C7572225-11DE-4FAC-A3AB-435694C5DC66:01}

{62973DB0-865D-436D-BADF-BEBF449B9981:01}

{E1D0CA66-3055-4E78-AD56-0370A5B00E72:01}

{5505B454-2033-445E-9101-878700D5D909:01}

{A876E2D9-876F-4669-AE56-FF2AC676EA8C:01}

{C8C6CD90-AD36-48FC-AB00-5EB99BDC6326:01}

大好きな紫色と藤の香りに感激!


{2EF22300-0891-4A7A-928B-87A19BCA462B:01}
上から

{B0B1ACEF-BC93-480B-BF8C-C6E79240DA79:01}
個人の方の山の藤棚が
外国の方も訪れる一大観光地となり、
今では前売り入場券が必要です。

{BD884805-FD67-418A-8C94-CDDB63469472:01}


{C9D20463-21A0-4F67-895C-2853E35AF2D4:01}


河内は、私が子供の頃は
民芸村がありました。
吹きガラスの職人さんの技を
ガラス越しに見ることができ、
わくわくした思い出があります。
実家にはまだその時に買ってもらった
バンビの親子など
数点が残っています。

まさか私がこんなお仕事を
するようになるとは…



わび



灰色の山

テーマ:

昨日は三菱地所アルティアムで
行なわれている
タグチアートコレクションの関係で、
会田誠さんのトークイベントが
ありました。

私の中の会田さんは
おにぎり仮面 ”考えない人” の
イメージが強いのですが、
社会通念に対するアンチテーゼや
オタクな作品も多く
いったいどんな方なんだろう⁇
ととても興味がありました。

{13575DE2-326C-4F24-846F-0E5C8C97AD56:01}


アジ美ホールで
密着ドキュメンタリー映画
「駄作の中にだけ僕がいる」を見ると、
ご夫妻ともに開放的で
自由な感じ。
やっぱり自分自身を開放して
あげることができなければ
何事も始まらないのかな…
と思いました…
自由な生き方をなさっている方は
皆さんとても魅力的です。


アルティアムで展示中の
「灰色の山」

{17DA9EB6-7700-4F25-A4F4-CB29D00B2331:01}
なんとこの巨大な山
多国籍の男性サラリーマンが
山積みになっているのです⁉︎


{E6CC93F0-91D2-4334-AA18-7E34B77CB2B2:01}

とらえ方はもちろんそれぞれに…
ということでした。
なぜかウォーリーもいました(笑)


”しあわせ”とはなにか
この展覧会作品からのメッセージです。



     わび