家の予算の考え方。

テーマ:

『ハウスメーカーで家建てよう人って、
いったい家にどんくらい予算かけるんでしょうかね???
親からの援助があるんですかね?』


こういった類の疑問を、
弊社にお越しになる方からよくお聞きするのですが、
あなたもこのような疑問をお持ちになったことはありませんか?

大手有名ハウスメーカーさんたちの
モデルハウスが建ち並ぶ住宅展示場に足を運び、
その価格をお聞きになったことがある方は、
お分かりいただけると思いますが、
ハウスメーカーさんが建てる家は超高額です。

しかも、自由設計にて注文住宅を建てようと思えば、
2500万円を下る価格で建てることは不可能です。
それに庭の費用として200万円以上がさらにかかり、
地盤改良費用として約100万円がかかってくることになります。

さらに、土地から買って建てるとすれば、
地域にもよりますが1000万円以上の費用が
余分にかかることになりますし、
その上に諸経費やらなんやで別途で、
約200万円以上かかってくるとなれば、
総予算として最低4000万円は必要となるのが、
ハウスメーカーさんの家づくりです。

これをクリアしようと思えば、
2つの条件のいずれかをクリアしておく必要があります。
まず1つ目は、、、


ご夫婦いずれかの収入が高いこと』です。
ここ最近は共働きが多いので、
収入合算をすれば世帯収入として
600万円を越えるご家庭もいらっしゃいますが、
永久的に共働きを前提とした資金計画を行ってしまった場合、
間違いなく建てた後に首が回らなくなってしまうので、
ご夫婦いずれかの収入だけで、
600万円は下らないことが大前提かなと思います。

そしてそれに加えて、
家づくりのトータル金額が4000万円を超える場合であれば、
1000万円は自己資金(贈与か貯金)を入れた方がいいでしょう。


というのも、3000万円を金利1%で35年返済で借りた場合、
毎月の返済額は約85,000円になるのですが、
年収600万円の方だと、手取りは35万円前後でしょうから、
これぐらいが適正な返済比率だと考えるからです。
これ以上の負担になると、
ちょっと生活にしわよせが出てきてしまうでしょうからね・・・

 

そして2つ目の条件ですが、
親からの援助(贈与)がたくさんあること』です。
もしくは、親からの援助が見込めない場合、
貯金がたくさんあること』なのですが、
ざっと計算して1500万円ぐらいですね。


そうなれば、借入金額が2500万円になってくるので、
先ほどと同じ条件で計算した場合、
毎月の返済金額が約70,000円となり、
ご夫婦いずれかの収入が400万円ぐらいのご家庭でも、
それほど大きな負担なく暮らしていくことが出来ます。


とはいえ、30前後の年齢で1500万円を超えて貯金があるなんて、
普通に勤めている方であれば、まー無理な金額だと思うので、
やはり親御さんからの大幅な援助が必須条件になってくるでしょう。


まーいずれにせよ、
予算が上がれば、頭金もより多く必要になってくるし、
その上、毎月の負担だって決して楽になるわけではありません。


ですから、あまり家づくりに予算をかけすぎないように
気を付けていただければと思います。


わかりやすい例としてハウスメーカーさんを出しましたが、
工務店で家を建てる場合でも、
必要以上に大きい家にしてしまったり、
必要以上に設備や素材にお金をかけすぎてしまったりすると、
高額な建築費用になってくることになるので、
しっかり資金計画を行い、後の暮らしのこともしっかり考えた
無理のない予算で家づくりを行うようにしていただければと思います。


それでは、、、

ホームページに家づくりに役立つ情報が満載!!

http://yume-syou.com  ←こちらです。

AD

土地探しの際の注意点!!

テーマ:

すべての不動産屋さんがこうだとは言いませんが・・・・・

新規分譲地の販売時に現地で待ち構えている不動産屋さんは、
買うと言うまで帰してくれないという話をよく耳にするのですが、
まさにその通りで、今決めないと他の人にとられてしまうとか、
申込金を入れてくれないと次の人に売ってしまうとか、
ありとあらゆる理由を付けながら、販売してこようとします。


ぐいぐい懐に入ってこようとします。
そして、今決めないと後悔することになるよ
と心の中にじわじわと刷り込んできます。


ですから、新しい分譲地を見に行く時には、
その土地を購入しても問題ないかどうか、
つまり予算的に大丈夫なのか?ということだけは、
最低資金計画で決めておいてから行くようにしていただければと思います。


そうしないと、
予算を遥かにオーバーした土地を買わされるハメとなり、
家に予算が回せなくなってしまったり、
ローンにその負担がのしかかり後の生活が苦しくなってしまうように、
高い確率でなりますからね。


ということで、
新しく販売される分譲地を見に行く時には、
相当売り込まれて詰め寄られるということを
覚悟の上で見に行くようにしていただければと思います。


ちょっとしたアドバイスでした!
それでは、・・・・・

ホームページに土地に関するページがあるのでご覧ください。

http://yume-syou.com/ ←こちらからどうぞ。

AD

新築工事が始まりました!!

テーマ:

更新がご無沙汰になりました<m(__)m>

久しぶりの更新ですが新築工事のお知らせです!!

 

まず、一軒目は会津若松市宮町地内です。先日上棟して

本格的に木工事が始まりました。今ですと躯体(柱や梁)耐震金物など

見えなくなってしまうところが見れますのでご覧になりたい方は

メールお電話でご連絡下さい。

ご覧になる際は歩きやすい履物、動きやすい恰好でお越しください。

ヘルメットは夢の匠(ゆめしょう)でご用意いたします。

 

続いて二軒目は会津若松市住吉町地内です。こちらは解体作業が始まった

ばかりで新しい家の工事は7月の下旬ごろになります。天気も良いので

予定よりも早く進んでいるので若干早まるかもしれません。

 

工事の進捗状況をブログでお知らせしていきますのでお楽しみに。

 

現場を見学したい方はご連絡ください。それでは。

↓連絡先↓

meil:yume-syou@nifty.com

TEL:0242-93-8191

営業時間:9:00-18:00

日曜日、祝日ご希望の方は希望日日前までにご連絡ください。

ホームページも見てね。

ホームページアドレス:http://yume-syou.com/

 

 

 

AD

ポイントサービス開始

テーマ:

ついに!!建築業界にもあの有名なポイントが登場!!

夢の匠(ゆめしょう)でも住設、サッシメーカー大手のLIXILを介して

取扱店となりました。そのポイントサービスの名は・・・

 

Tポイントです。

左は東北電力のキャンペーン。電化リフォームをすると抽選で賞品が当たる!!

 

Tポイントを利用している方は日本の総人口の約44%だそうです。

TUTAYAでDVDなどをレンタルするときやファミマで買い物をするときなど

日常的にポイントカードを使っている方も多いですよね。

利用していなくても知らないという方は少ないのではないでしょうか?

 

家を新築した時やリフォームをしたときに金額に応じてポイントで還元できれば

お客様もお得感が出ていいのになぁと思っていたところにちょうど

Tポイントサービスを始める話がありましたので、夢の匠(ゆめしょう)

でも活用してみようと。

 

現在ポイントサービスを利用できる工事がリフォームのみですので

今後新築についても何らかのサービスができればいいなと思います。

ポイントの付与が200円につき1pt、最大10,000pt(工事代金にすると200万円)

 

賢く快適なリフォームをしましょう!!ぜひご活用ください。

 

~お知らせ~

ホームページが新しくなりました。

http://yume-syou.com/ 家づくりのヒントがきっとある!!

新築リフォームのことなら夢の匠へお問い合わせください。

 

 

地鎮祭がありました。

テーマ:

こちらは古くからの住宅地にで間口が狭く奥行きが広い

続に言う「ウナギの寝床」。東西、南に隣家が近くにあり

全面道路もそこまでは広くない立地です。

お客様の要望を反映しつつ窮屈にならずに過ごしやすい

家を計画した現場監督でお客様担当のWさんはスゴイ!!

Sさま、これからも家づくりに向けてたくさん楽しみがあります。

完成してからも末願いお付き合いをよろしくお願いいたします。

Sさまのお父さまも現場監督よろしくお願いいたします。

 

左の青いおしゃれなシャツを着た方がSさまのお父さま。

完成まで毎日足を運んで家ができるのを楽しみにしていてくださいね。

500万円の自己資金が準備出来、
返済額9万円の住宅ローンを組んでも、
問題なく返済していけるなとお考えの方と、
自己資金が準備出来ず、返済額7万円以内の
返済でなければちょっとしんどいなとお考えの方では、
買っていい土地も違えば、建ててもいい家の大きさも
大きく違ってきます。


これが当たり前のことであることは、
お分かりいただけると思いますが、
誰もが初めての経験であるであろう家づくりにおいて、
自分自身で、自分にとっての正確な予算を知ることは、
案外難しいものなんですよね。


ですから、家づくりでは、
まず第三者による資金計画から始めることをオススメしていますし、
もちろんご自身の具体的な予算を把握出来ていない状態で、
土地を探すべきではないですし、
また間取りプランも考えるべきではありません。


そうしなければ、間違いなく予算オーバーとなり、
なんらかの形でそのしわ寄せがやってくることになるからです。
また、不安を抱えたまま家づくりを進めることになり、
ワクワクしながら家づくりを楽しむことが
出来なくなってしまうからです。

例えば、、、

冒頭の前者であれば、
おそらく土地に1000万円~1200万円の
予算を使うことが出来るでしょうし、
家そのものにも2000万円~2200万円の
予算を使うことが出来るでしょう。
また、庭の工事にも200万円~300万円もの費用を
費やすことが出来るでしょう。


となれば、自分が住みたいエリアにおいて
誰もが望むような土地である、
新規分譲地で南道路で日当たりが良さそうで、
道路も広く、土地形状も良く、学校に近いといった
好条件を持った土地を購入することが出来るでしょう。


家においても、選択肢が広がりますよね。
個人的には、無駄に大きな家はいらないと思ってはいますが、
40坪を超える巨大な家にすることも出来ますし、
そうしなかった場合であれば、
太陽光を載せてゼロエネルギーハウスにすることだって出来ます。
また、必要以上の性能や大きさにこだわらないのであれば、
キッチンや家具などをオーダーで作ったり、
外壁にタイルを貼ったり、カッコいい塗り壁にすることだって出来ます。


庭の工事も300万円ぐらい費やせるならば、
希望をほぼ全て網羅した工事が出来ることでしょう。
カーポートに、ウッドデッキに、アプローチに、
お洒落なウッド調のフェンスの囲いに、花壇に、
面倒な草抜きを避けたいがゆえのコンクリート打設に・・・とね。


しかし、後者の場合であれば、
前者と同じような条件をもって家づくりをしてくことは出来ません。
いや、正確に言えば出来るのですが、
そうしてしまった場合、後から大変な状況に陥ってしまいます。


土地に予算を使い過ぎてしまえば、
家の予算を減らすことになるでしょうし、
そのまま家の予算を減らさないまま進めてしまえば、
予算オーバーしてしまい、毎月の返済に
負荷がかかってくることになるでしょう。
あるいは、金利選択に失敗してしまい、
数年後に返済負担が急に高くなり、
先程以上に毎月の返済に負荷がかかってくることになるでしょう。


ですから、もしあなたが後者なのであれば、
まずは必ず資金計画から始め、
あなたにとっての正しい予算編成を行ってください。


そして、算出された予算の中で
土地選びを行ってください。
算出された予算の中で出来る
間取りプランを考えてもらってください。
算出された予算で出来る範囲の
庭の提案をしてもらってください。


家づくりの目的は、
家族が笑顔で仲良く暮らしていけることですよね?
そしてそのためには、心だけじゃなく金銭的にも豊かな状態で
居続けていただくことも非常に大切な要素だと思います。


周囲や間違った世間の常識に振り回されて、
身の丈に合っていない予算編成を間違えた家づくりをしてしまい、
家族から笑顔が消えバラバラになってしまったのでは、
家づくりをした意味が全くなくなってしまいます。


家づくりをした16人に1人が、
家を手放しているという事実があります。
これは、かなり高い確率だと思いますが、
間違いなく家づくりの予算を
間違えてしまったしわ寄せでしょう。


これから家づくりをされるあなたは、
決してこういうことにならないようにしていただければ思います。
ぜひ、参考にしてください。

 

気持ちがいい~!!

テーマ:

突然何を言ってるんだ??と思いました?

家の物が気になって整理しているうちに範囲が広がってしまい

思い切っていらない物を捨てました。

いや~、しかし要らないものを、
バッサバッサ捨てていくのって、
ホント気持いいですよね~。


靴にせよ、鞄にせよ、
傷んでもう使えない状態になっていても、
なかなか思い切って捨てられないものですし、
服にしても、数年間一切着てもないのに、

『またいつか着る時が来るかも・・』とか思って、
捨てれば良いのに、大事にとってたりしてしまうものですからね。


書類や雑誌も含めて、一切合切処分出来たので、
ギュウギュウだった収納は、けっこうガラガラになったし、
驚くほど部屋の中がスッキリしたので、
めっちゃ気分爽快な今日この頃です(笑)


いや、しかし今回豪快に処分をしてみて気付いたのですが、
家の中って、ホントいらないモノだらけになってしまってますよね。
(もしかして僕だけかもですが・・・笑)


テレビの収納コーナーなどでよく聞くことですし、
収納本などにも必ず書かれていることですが、
いかに、“捨てること”が大切なのかということを、
つくづく実感させられました。


うちなんて、収納が少なくて片付けがしにくい家なのですが、
無駄に家が広いせいで、
どんどん荷物が増えていってしまってたんですよね・・・


なので、やっぱ家は必要以上に広くはしない方が
いいなって思いました。
どうやら広ければ、それに合わせて
モノはどんどん増えてしまうものらしいですからね(笑)


また、思い切って捨てることも大切だなって思いました。
確かにうちは、収納が少なく、ものすごく片付けがしにくい家です。


ですが、いらないものをどんどん捨てるように心がければ、
思った以上に、収納に空きスペースが出来ることを、
今回つくづく実感しました。


ということで、たとえ今のアパート暮らしで
収納が少なくて不便だから、収納も部屋も広い家にしたいと
お考えだったとしても、
あまり必要以上に部屋や収納を作り過ぎず、
普段から捨てる習慣をつけるようにしていただければと思います。
(お前が言うなよって感じですけど・・・(汗))


そうすれば、家をよりコンパクトに出来ることになり、
予算もしっかりと抑えた家づくりが出来るようになります。
片付けが苦手だったり嫌だな~と思っている方は、
少しばかりご参考にしていただければと思います。
広げれば広げるほど、片付けも大変になります。

 

~お知らせ~

ホームページが新しくなりました。

http://yume-syou.com ←こちらです。家づくりのヒントがたくさん!!

 

 

 

前回の続きになります。

テーマ:

それでは続けていきます。

 

必要ない保険その2:終身保険

終身保険とは、将来のお葬式代に備えたり貯蓄代わりに使ったりされる保険です。

必ず起こることに対して保険をかける必要はない

人は必ず死ぬので、その時かかるお葬式代に備えるために

保険に入っておこうと提案されます。

しかし、保険は不測の事態に備えるものであって、

必ず起こるものに対して備えるものではありません。

でも、突然亡くなった時にお金がないような状態だと

困るじゃないかという反論が来るかもしれません。

であれば、収入を保障する収入保障保険や定期保険などの

保障額を少し上げていればいい話です。また、

老後に保険に入っていないと葬儀代が出せないくらい

お金がないことを想定するなら、終身保険に入るよりも

そうならないためにどうすべきかを考えたほうがいいです。

年金をもらうようになって葬儀代も出せないくらいしか

お金がないというのは相当やばい状態だと思います。

 

ちょっと得するかわりに何十年と使えないお金を作ってしまう

終身保険に加入しておくと、ほとんどの場合で

死亡して受け取る時は支払ったお金よりも多くなります。

しかし、それは2倍も3倍にもなるわけではなく、せいぜい1.2倍~1.5倍くらいのものです。

その少しの得をするために、

20年も30年も自由にならないお金を作ってしまうことになります

また、今の300万は30年後も今と同じ300万の価値があるとは限りません。

お金の価値が下がっていると、金額は増えて受け取るかもしれませんが、

価値は下がっているので結局損をしてしまう結果になります。

払った金額よりも少し増えて返ってくると、

終身保険を使って貯蓄をすることを提案されることが多いです。

しかし、これも同じことが言えます。今から20年後や30年後の

お金の価値がどうなっているかを考えると、金額は増えているかもしれませんが、

価値はおそらく下がっているでしょう。

 

保障を得ながらお金を貯められる!からお得ではない

確かに終身保険に入れば保障を得ながらお金をためることができます。

では、保障と貯蓄を切り離した場合と比べても終身保険のほうが得でしょうか?

計算してみます。

 

  • 条件:30歳男性、保険会社:アクサダイレクト生命
  • A:終身保険1,000万円、保険料毎月18,970円、合計保険料6,829,200円
  • B:定期保険1,000万円、保険料毎月2,480円、合計保険料892,800円

Aは60歳でこの保険を解約すると7,703,000円返ってきます。+874,000円です。

AとBとの保険料の差額が16,490円ありますので、

毎月16,490円を利率2%で30年間運用したとします。

すると、30年後には8,188,164円貯まっています。増えたお金は2,251,764円です。

ただ、Bの方は掛け捨ての保険料を892,800円支払っているので、

トータルで増えた金額は1,358,964円になります。

運用する利率が1.6%以上であれば掛け捨ての定期保険+運用のほうがお得になります。

 

死亡した場合に受け取れる金額が大きく違う

今回の例で、Aの場合はいつ死亡しても1,000万円の保障ですので

手元に残るお金は1,000万円です。しかし、

Bの方は1,000万円+運用分が残ります。つまり、

死亡した場合に手元に残るお金は常にAよりもBのほうが多くなるのです。

つまり、保障としても損をするし、お金を増やす機能もそれほどないので

終身保険に入る必要はありません。

 

必要ない保険その3:個人年金保険

老後、国の年金だけでは不安だからといって

個人年金保険に入ってお金をためていくようにと

保険屋さんに提案されることがありますが、個人年金保険も必要ない保険です。

理由は単純です。老後にお金を貯めるという目的を達成するために、

他に良い手段がたくさんあるからです。その中で、

個人年金保険は銀行の普通預金よりもちょっといい程度です。

個人年金保険に入るくらいなら確定拠出年金を使う

個人年金保険に入るメリットの一つとして、個人年金保険料控除が受けられ、

税金が少し返ってくるというものがあります。

 

しかし、現在個人年金保険に加入して受けられる控除の最大額は

所得税が40,000円、住民税が28,000円です。

これを返ってくる税金の金額で計算すると、

  • 税率:所得税5%、住民税10%
  • 所得税:40,000円×5%=2,000円
  • 住民税:28,000円×10%=2,800円
  • 2,000円+2,800円=4,800円
  • 仮に控除を30年受けたとすると、4,800円×30年=144,000円

個人年金を30年間掛けて受けられる控除の金額は144,000円です。

 

では、確定拠出年金だとどうでしょうか?

確定拠出年金はかけた金額全額が社会保険料控除として所得控除になります。

といっても難しいと思うので、毎月10,000円確定拠出年金を掛けた

としてどれだけ税金が返ってくるのかを計算します。

  • 税率:所得税5%、住民税10%
  • 所得税:120,000円×5%=6,000円
  • 住民税:120,000円×10%=12,000円
  • 6,000円+12,000円=18,000円
  • 仮に控除を30年受けたとすると、18,000円×30年=540,000円

控除額だけを見ても個人年金と比べて4倍のメリットが有ります。

さらに、運用して得た利益が非課税というメリットも有ります。

個人年金を掛けた場合と確定拠出年金を掛けて老後への積立をした場合

とどちらが有利なのかは火を見るより明らかです。

しかも、個人年金には終身保険のような保障はありません。

 

まとめ:保険でしかできないこと以外に保険は使わない

例えば、働いている人が死亡して、今後何十年と得るはずだった

収入が得られなくなったということに対する備えは保険でしかできません。

それ以外の、医療費や貯蓄に関しては保険じゃなくても備えることができ、

保険で備えないほうが有利です。

生命保険を無駄なくするために必要な考え方は

「その保険じゃないと出来ないことかどうか」です。

 

 

それでは前回の続きをお話しします。

 

差額ベッド代は払わなくてもいい

入院した時にかかるお金で一番高いものは差額ベッド代です。

実際、保険屋さんは

「差額ベッド代が高額だから医療保険に入っておきましょう」といいます。

しかし、実は自分が個室などベッド代がかかる部屋への

入院を希望しない限り差額ベッド代をを支払う必要はありません。

例えば、個室しか空いていないとか、急患で運ばれたとか

集中治療を受けるなどやむを得ない事情で個室に入院した場合は

差額ベッド代を払う必要がありません。

差額ベッド代に1日5,000円かかったとすると1ヶ月では15万円になります。

支払う必要があれば、医療保険に入って備えておくべきかもしれませんが、

支払う必要はないので医療保険に入っておく必要は特にないでしょう。

 

残るは食事代と雑費

 

あと入院した時にかかる費用は食事代です。

これは1食260円、1日780円と決まっています。

あとは、入院をするために購入するパジャマとか、

病院で買う雑誌やジュースのお金、

お見舞いに来てくれた人へのお返しなどです。

ただ、病院でご飯を食べたら家でご飯を食べないので食費が減ります。

こういうことを考えると1ヶ月入院してかかる費用はおおよそ10万円程度です。

入院を年に何回もするというのであれば保障が必要かもしれません。

しかし、おそらく数年に1回や十数年に1回あるかないかの入院だと思います。

その時に10万円程度かかったところで、家計に大きなダメージを与えるでしょうか?

その時のために、

100万円を超えるお金を払って保障を確保しておく必要があるでしょうか?

 

サラリーマンであれば収入も確保される

 

国民健康保険ではなく、社会保険に入っていれば傷病手当金という保障があります。

これは、病気やケガで仕事を4日以上休んだ場合に

給料の3分の2を1年半にわたって保障してくれるというものです。

つまり、入院をしていてもしていなくても病気や怪我で

仕事を休むなら給料の保障をしてくれるわけです。

入院中は働いていないからといって収入がゼロになるわけでもありません。

また、勤め先がブラック企業でなければきちんと有給もとれるはずです。

現実的にはまず有給を消化して、それでも足りなければ

傷病手当金をもらうというふうになります。

 

医療保険に入っていなければ保険に入っていないということにはならない

 

払うだけムダ、入院しても思ったより

お金がかからないことがお分かりいただけたと思います。

しかし、なんとなく保険に入っていないのは不安だと思われているかもしれません。

仮に、医療保険を解約しても何も保険に入っていないわけではありません。

あなたの給料から毎月「健康保険料」として高いお金を天引きされているはずです。

文字をもう一度見て下さい。健康「保険」にすでに入っているのです。

この健康保険の中に高額療養費や傷病手当金の保障が入っているのです。

なので、何も保険に入っていないのはなんとなく不安だと思われるなら、

健康保険にすでに入っていると考えて下さい。

 

続きはまた次回にします。