はじめてライブを見に行ったのは、3年前の夏でした。近くの東京西部にある昭島市の公会堂でのライブでした。アルバム発売の間のスケジュールだったので、「○○ツアー」というようなアルバムタイトルをしょったツアーではなく、「押尾コータロー、アコースティックライブ」という名前でした。

 いったいどんな感じのライブなのか、まったく想像もできず、とにかく会場に到着すると、最初に感じたのが客層の幅広さです。

 まあ、全体的にいえば、高めの年齢層の人が多いのですが(自分もふくめ)、中にはジャニーズファンみたいに、手づくりキラキラのうちわを持っている人もいたりして、決してマニアックなギター好きのためだけのコンサートではないようでした。

 Color of Life 発売の後だったので、そこに入っている曲を中心に演奏されていました。一曲目がそのころ練習を始めた「翼」だったので、とても嬉しかったのを覚えています。アンコールは携帯の着信にしていたYellow Sunshine だったのでそれも嬉しかった!
 何より、「バンド」メンバー紹介のとき、通路を通りながらすぐそばまで来てくれて、「ベーシスト押尾コータロー」を満喫させてくれました。

 とにかく、アコギ1本で2時間以上!というパワーには、圧倒されました。長いステージなのに、コータローさん以外の人物は一切ステージに上がらず、ギター以外の楽器の音はまったくなし。しかもノーミスです。もちろん、まったく飽きず、物足りなさもまったくありません。これはコータローさんにしかできないことだと思います。

 技術的なことももちろんですが、何と言ってもコータローさんの幸せそうな表情が印象に残りました。マニアックなギタリストって、しかめつらで客の方は見向きもせず・・・というイメージがあったのですが、「こんなに楽しそうにギターを弾く人だったんだ!」という驚きは、ライブが終わってもずっと心に残っていました。

 今でも彼の演奏スタイルの素晴らしさを挙げるとしたら、第一の理由だと思っています。

AD