芦屋・打出 の ピアノレッスンと潮芦屋リトミック教室

芦屋市立宮川小学校のすぐそばで、20年以上ピアノ教室をしています。
小さなお友達は1歳頃からリトミック、ピアノは大人の方までレッスンさせて頂いています。
音楽って楽しい。演奏するって嬉しい。
そんなレッスンを心がけています。

「ピアノが弾けたらいいな~。」



その気持ちを大切に、そして更には


「ピアノが弾けた! 嬉しい!」 へと 変えていくお手伝いをいたします。





「音楽を奏でることはなんて楽しいんだろう!」



そう思えることは宝物。



そんな宝物を、一緒に増やしていくお手伝いをいたします。




お問い合わせはこちらから♪





NEW !
テーマ:
芦屋・打出の
しょうこピアノ・リトミック教室

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

ピアノを弾いている限り、ハノンにはずっとお世話になるような気がします。


先日からハノンを始めたHちゃん。
手首が小刻みに上下に触れてしまいます。


他の曲でも、速く弾くところは指が言うことをきかない

指が思うように動かない!


昔、芦屋の山にハイキングに行った帰り道、足が痛くて引きずるようにトボトボ帰って来ていましたが、

指がまさにそんな状態になってしまうのです。


指が疲れてくると鍵盤を押しっぱなしでトボトボ歩くように弾きますから、音が引きずるように残ります。


「私の指、何とか頑張って〜!」


と、動かない指を助ける為に手首の力で弾いてしまい、一音弾く度に手首が上下に揺れてしまいます。


手首を動かさず指の力で弾くには、手首を固定してゆっくり指を動かすようにする事から始めます。


{20D7668E-C28E-4E77-8083-F2010060EB62}

最初はとっても辛いもの。

だから私も一緒に弾きます。


「一緒に頑張るよ!」って弾きます^^



最近は「ハイフィンガー」と言わなくなりましたが、今回のような場合は、まず最初は指をある程度上げて弾いた方が良いと思います。


そうすれば、手の甲の筋肉がどれだけ働いているかわかります。


今度は手首をガッツリ持たずに弾いてみます。

まだガタピシするようなら、手首の下だけ支えてあげます。



ゆっくり弾いていけば大丈夫。速さは後から付いてきます。

ゆっくり意識して弾いていれば、いつの間にか出来るようになりますから。



最後までお読みくださりありがとうございます。



⭐️LINE@はじめました⭐️
友だち追加
1対1の対話もできます!


⭐️メールでのお問い合わせはこちら↓⭐️
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
芦屋・打出の
しょうこピアノ・リトミック教室

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

ご訪問くださり誠にありがとうございます。



昨年はとっても頑張って、グンと成長したRちゃん。


年中さんで、指もまだとても細くて小さな手ですが、随分としっかりした音で弾けるようになってきました。

年末に始めたテキストが、なんと!もう修了です。

さすが頑張り屋さん^^

おめでとう!

{45311CA1-BE1D-489A-BACB-0BF5A5857BEE}



ピアノのレッスンでは、あれこれ気になることが見えてきます。


譜読みに関してだけではなくて、弾き方に対しても。


でも、大切な事でも、今出来ることと今すぐには出来ないことがあります。




今日ご紹介したRちゃんは大変な努力家で、毎日ピアノを練習してくれています。


それでも、指が弱くてしっかりした音はなかなか出せませんでした。



まずは、今出来る、大切なことに気をつけて弾くことを伝えました。



「指先と鍵盤とが接触するところ(タッチポイント)はどこかな?」


一緒に指を一本一本チェックします。


Rちゃんは、タッチポイントに常に気をつけて練習を続けてくれました。



「そっかぁ。じゃあ今度は気をつけて弾いてみよう。」


と、注意された事を意識して弾くというのは、実はとっても高度なこと。


自宅で練習する時も、同じように気をつけて弾くのは尚更です。


それが出来ることがまず素晴らしいと思います



今では意識しなくてもとてもきれいな手の形をキープできるようになっています。


音も、日に日に良くなってきました

自信もついて来ました




〇〇才の私でもそうですが、あれもこれも全部いっぺんには直せません。


一つ言われれば一つ忘れます^_^;




レッスンでは焦らずじっくりゆっくり、

大切なことと、今出来ることのバランスをみて、ひとつずつクリアしていきたいと思っています。


一つ出来るだけでも凄いことですので





更に詳しいレッスン内容は
LINE@でお伝え致します

⭐️ご登録はこちらから↓⭐️
友だち追加
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ご訪問ありがとうございます。


芦屋・打出の
しょうこピアノ・リトミック教室

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

こんばんは。
暖かいですね。。。

昨日、生徒さんのお母さまがレッスンの様子を動画に撮ってくださいました。

ちょっと変わったことをしていましたのでアップします^_^;




今、4分の3拍子の曲を弾いています。


ですが、

1拍ずつ頭と体をコックリコックリ縦に振り、拍子を取って弾いていました。



二分音符や付点二分音符の長さを正確に弾こうとするあまり、そういうクセがついたのでしょう。

上手に弾けるようになり速く弾いてもコックリコックリが抜けません。


そこで、まず私はスカーフを振りながら歌って踊り(3拍子)、次に2拍子ならどうなるかをまたスカーフを振りながら踊ってみました。


動画はそれを、ピアノを弾きながらやってみているところです。






 なめらかに歌うように弾けてきました

  

LINE@はじめました
⭐️ご登録はこちらです↓⭐️
友だち追加


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ご訪問ありがとうございます。

芦屋・打出の
しょうこピアノ・リトミック教室

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

みんな嫌いなスケール。


と思っていましたが、それはどうも私の思い込みでした。

苦手だったのは私でした^_^;

。。。。。



けれど、バーナムの全調というテキストは、とても取り組み易そうです。


全調というだけあって、本当に全ての調が出てきます。


「ヒィ〜ッ!」って思うような数のシャープやフラットがついている調は、低学年の生徒さんにはしんどい場合も。

そんな時は無理しないでパスしています。



でも、4年生以上の生徒さんは平気で弾いてくれます。
他の本よりなぜか人気の本⁈


{DB5A0B49-A9EF-4945-8B26-7C0A07F7B7A1}


挿絵にはおなじみの棒人形が ♪

この棒人形さんのショートコント、いえ、コントでなくていいのですが、

「この子になりきって弾いてね。」っと、いつも生徒さんに伝えています。

ココ重要なポイント‼️です。



今弾いている曲はケーキ作りの真っ最中らしく、棒人形さんは泡立て器を持っています。


「よく泡立てて、つのが立ったかな?」
と確かめるところがあります。

ちょっとそう思うだけで、優しくそっと持ち上げているような音になりました


楽しみながら弾くのが一番ですね^^


LINE@はじめました
⭐️登録はこちらから↓お願い致します⭐️
友だち追加
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ご訪問ありがとうございます。

芦屋・打出の
しょうこピアノ・リトミック教室

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

冬休み明けのレッスンでは、みんなとても上達していてビックリでした!

というのも、年末年始はお出かけも多く、そんなに練習できないのではないかと思ったからなのです。

でも、予想に反して⁈ みんな沢山練習してくれたのです



嬉しいですね^^


{B5E573C9-5927-463D-91AE-4CDB6E771460}



5年生の彼女ももう、今回は全曲合格の快挙です❗️


まずハノン。

今日は最初から、音色に艶がある✨



あ、これは不思議なんですけど、

最初の一音、それから一小節くらい聴けば、

「今回はよく練習してきてくれたんだね〜。」ってわかります。

ピアノの音色が全然違うのです。



そしてチェルニー30番。
ちゃんとノーミスで弾けてる!


いつも、弾く度にどこかでつっかえていました。

「今回はここ。」「前回はあっちとそっち。」というふうに。

毎回あっちやこっちと違う箇所でつっかえる。。。



いつも同じところでつっかえる場合は、そこがきちんと弾けていないし、まず、きちんと見れていません。

まずはそんな病気になっているところを集中治療します!

という練習をします。


でも、毎回違うところでつっかえるのは、他にも原因があるのです。

そして、そのひとつが「癖になっている」ですね。

別に弾けないところじゃないのに、弾き直したりとちったり。


彼女、なかなか合格出来ないことに、ちょっとスランプに陥っていました。

スタンプも全然貯まらない。

曲が難しいから当たり前なところもあるのですが、下ばかり見ているのが気がかりでした。


だから、昨年末に、私とこんな約束をしていました。



「今日はもうあと一回弾いたら練習やめよう。っていう時、さあ、最後まで止まらずミスしないで弾くぞ!って思ってから弾こう。」


「でもね、途中で1回ミスしたからって、あぁってそこで弾くのを辞めてはダメ。3回ミスまではOKだから最後まで頑張るの。」


「それでも4回以上間違えたら、どこで間違えたか思い出して。間違えたところの少し前から無事通過できるように修理練習するよ。」


「大丈夫!と思ったら、もう一度、今度は間違えないぞ!って思って最初から弾いてね。」



特にチェルニーはこのように練習するように話しました。


その時その時の自分で弾ける速さで良いのです。

毎日の練習の最後に、演奏前に自分に負荷をかけるようにしてもらいました。



彼女は冬休みに約束を守って弾いてきてくれたのですね。止まる癖を克服してきてくれました^^


他の曲ももうバッチリでした👌


今日は最初のご挨拶からすごく笑顔で、それってピアノが思うように弾けてたからね。

ああ、良かった。



さようならも笑顔で。
来週も楽しみです^^



LINE@始めました
⭐️ご登録は↓こちらから⭐️
友だち追加
1対1の対話もできます。
お気軽にご相談ください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。