ペタしてね


イアン・フレミングにより創造されたイギリス諜報員007ことジェイムズ・ボンド

いまではショーン・コネリーに始まり、ジョージ・レーゼンビーロジャー・ムーアティモシー・ダルトンピアース・ブロスナン、そしてダニエル・クレイグと続く、映画の007シリーズのほうが有名です。先日放送されたテレビ朝日系「SmaSTATION!!」でも、ハリウッドヒーローランキングの上位にランクインしていました。

さて、原作の小説のほうは、1964年、イアン・フレミングが『007/黄金の銃をもつ男』の校正中に心臓麻痺で亡くなった後も、様々な作家が後を継いできました。

まず1968年にロバート・マーカム(キングズリイ・エイミス)による『007/孫大佐』が上梓されましたが、この1作で終了。

1981年には、ジョン・ガードナーが『メルトダウン作戦』を発表。時代を現代(80年代)にした形でリニューアルした新シリーズは、3作品の予定が、映画のノベライズも含めてフレミングを越える16冊を発表、文春文庫から日本語版も刊行されました(ただし、最後の5冊は未邦訳)。

そして、1996年からはレイモンド・ベンソン(レイモンド・ベンスン)が新シリーズの作家として指名され、短編の「Blast from The Past(未邦訳)」を発表、翌年には『007/ゼロ・マイナス・テン』を上梓しました。ベンソンはアメリカ人ですが、『The James Bond Bedside Companion(未邦訳)』をまとめ上げた手腕から、ボンド作家になったようです。ベンソンは結局、日本を舞台とした2002年の『007/赤い刺青の男』まで、ノベライズも含め9長編、3短編を発表しました(長編2作、短編2作は未邦訳)。

そして2008年、フレミング生誕100年に合わせ、イギリスの作家、セバスチャン・フォークスによる『007猿の手を持つ悪魔』が刊行されました。しかし、フォークスの作品は、ガードナー、ベンソンらと違い、舞台設定を冷戦時代に求めただけでなく、シリーズ化もしませんでした。

私としては、未邦訳の作品がいくつもあるので、早いところ翻訳してほしいわけですが、新作も出ないのかなぁと気になっていました。

そこに、このニュースです。



ベンソンに続いて、アメリカ人作家ジェフリー・ディーヴァーが、次のジェイムズ・ボンド作家として指名されたようです。その最新作は、「Project X」という仮題で、来年5月28日に発売されるとか。邦訳が出るのかどうかも気になりますが、別のニュースによれば、舞台は現代に設定されるということで、シリーズ化が期待されるところですね。

映画のほうは、まだ停滞したままのようですが、まずは小説のほうの動きがありました。早いところ、映画のボンドも再開してほしいものです。そして、未邦訳のボンド小説も、早く日本語で読みたいなと思います。

ほな。

ペタしてね


007カジノ・ロワイヤル デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]007 / 慰めの報酬 (2枚組特別編) 〔初回生産限定〕 [DVD]007大百科ジェームズボンド007シークレットファイル007/カジノ・ロワイヤル 【新版】 (創元推理文庫)007猿の手を持つ悪魔007/赤い刺青の男―ジェイムズ・ボンド・シリーズ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)James Bond: The Union TrilogyJames Bond: Choice of Weapons: Three 007 Novels


AD
ペタしてね


この春から放送が開始された連ドラの中で、何となくハマっているものの一つが、TBSテレビで火曜深夜に放送中の『三代目明智小五郎~今日も明智が殺される~』。

乱歩ファンとして、久しぶりに明智ドラマ?というわけで注目してたわけですが、本作は、江戸川乱歩が創造した明智小五郎が登場しますが、ストーリーはまったく関係ないオリジナルであるということが強調された、コメディ・サスペンス(?)となっているのが特徴です。

主人公は、明智小五郎の孫でダメ探偵の明智中五郎(田辺誠一)。ちなみにその父親が2代目の明智大五郎(西岡徳馬)で、なぜか殺されてしまう中五郎に対して、自ら犯人を見つけ出して事件を解決すれば、大五郎の力によって生き返らせてもらえるというもの。そのサポートをするために、代々明智家に仕える小林少年の末裔・小林少女こと小林めぐみ(小池里奈)には、幽霊となった中五郎が見えて会話ができるようになっているという――そんなわけで、毎回、明智が殺されてしまうというシチュエーションのドタバタ劇が繰り広げられる30分なのですが、微妙に乱歩エッセンスが入っていたり、三代目怪人二十面相が絡んできたりと、ツッコミどころも満載。

参考までに、これまでの放送タイトルと、いま分かってる範囲の今後の予定を。
(1)モナリザの刺繍
TBS:2010/04/13
MBS:2010/04/15
脚本:福原充則
演出:竹園元
ゲスト:要潤

(2)黒いピエロ
TBS:2010/04/20
MBS:2010/04/22
脚本:福原充則
演出:塚原あゆ子
ゲスト:遠藤憲一

(3)生霊
TBS:2010/04/27
MBS:2010/04/29
脚本:溝井英一デービス
演出:竹園元
ゲスト:大政絢

(4)ツクモガミ
TBS:2010/05/04
MBS:2010/05/06
脚本:溝井英一デービス
演出:塚原あゆ子
ゲスト:大島優子AKB48

(5)悪魔の商店街音頭
TBS:2010/05/11
MBS:2010/05/13
脚本:福原充則
演出:山崎統司
ゲスト:五十嵐隼士D-BOYS

(6)人間やめてやる
TBS:2010/05/18
MBS:2010/05/20
脚本:福原充則
演出:山崎統司
ゲスト:今野浩喜キングオブコメディ

(7)湯けむり温泉殺人事件
TBS:2010/05/25
MBS:2010/05/27
脚本:イケタニマサオ
演出:深迫康之
ゲスト:黒坂真美

(8)電脳探偵
TBS:2010/06/01
MBS:2010/06/03
脚本:溝井英一デービス
演出:山崎統司
ゲスト:温水洋一

(9)ラブ&ピース&撲殺
TBS:2010/06/08
MBS:2010/06/10
脚本:福原充則
演出:塚原あゆ子
ゲスト:戸田恵子

(10)さらば!三代目明智小五郎(終)
TBS:2010/06/15
MBS:2010/06/17
脚本:福原充則
演出:塚原あゆ子


さて、この「三代目明智小五郎」の関連本として、5月28日に『小池里奈と小林少女コンプリートファイル』(2010年、Gakken、1,980円税込)が発売されています。しかしこの本は、小林少女役の小池里奈ちゃんのムックといったほうが正しい本で、半分はGakkenから発売されている『BOMB』という雑誌に掲載された写真の採録のようです。まあ、最近BOMBを買っていない私にとっては、いいかもしれませんね。小池里奈ちゃん好きですし(苦笑)。また付録DVDには30分ほどの語りおろし映像が収録されているようで、その点もいいかも。

さて、肝心なドラマ部分も、Amazonレビューによれば、作品紹介、登場シーン、コスプレ特集、インタビューなど、それなりに充実している模様。

乱歩ファンだけの人には無用かもしれませんけど、私みたいに小池里奈ちゃんも好きで、三代目明智もそれなりに楽しんでいる人には、いい本なのかな?

ただね。昨日、本書の発売イベントが開かれたみたいですが……
【購入特典】
  • ★1冊購入ごとに事前直筆サイン入り写真集1冊、持参カメラにてワンショット撮影1枚(一脚・三脚・ムービー・携帯不可)
  • ★2冊購入ごとに生写真1枚(全5種・サインなし・選択不可)
  • ★3冊購入ごとに2ショットチェキ1枚
  • ★5冊購入ごとに里奈ちゃんセレクトのプレゼントが当たる抽選くじが1回引けます(当たり10コ)
  • ★10冊購入券A 直筆宛名入りお手紙1通+サイン入り2ショットチェキ1枚(限定15名・後日発送)
  • ★10冊購入券B 手形&メッセージ入り色紙1枚(限定30名・選択不可)
  • ★10冊購入券C 直筆サイン入りテストプリント(ムック刷り出し)1枚(限定30名・選択不可)
いかにもアイドルグッズのイベントだなぁ。まあ、そういう本なんだろうけど。

私も、昔はこういうのをやってたこともありますが……さすがに同じものをいくつも持っててもなぁ。いや、2冊くらいなら、1冊は閲覧用、1冊は保存用って分かるんですが(笑)。でも、大量に持ってて、冷めちゃった時とかは、大変ですよ。アイドル好きは、変わり身早いんだから。まあ、40年、50年と応援し続ける人もいますけどね。そうなったら、ある意味、お宝になるかな。

とりあえず私は、1冊は欲しいかな。

そういや、三代目明智関連では、8月4日に『三代目明智小五郎DVD-BOX』(11,970円税込)が発売されることが発表されています。その前の6月16日には『小池里奈@三代目明智小五郎~小林少女の事件簿~』(3,990円税込)というナビゲートDVDも発売されることになっていますが――タイトルからも分かりますように、小池里奈ちゃんをメインとしたものなので、同じようなイベントが用意されてるようです。

まあ、所属事務所がそういう売り方をしてるからなんでしょうけど……アイドル関連の業界は、昔から変わらず商魂たくましいなぁ……感心しちゃいます、はい。

ほな。

ペタしてね


小池里奈と小林少女コンプリートファイル小池里奈@三代目明智小五郎-小林少女の事件簿- [DVD]三代目明智小五郎DVD-BOX


【ブログネタ】 恋人の浮気、気付く瞬間

テーマ:
ペタしてね


恋人の浮気、気付く瞬間 ブログネタ:恋人の浮気、気付く瞬間 参加中


恋人の浮気?

うーん……

たぶん、私は気付きませんね。

気付かれることはあると思います。

っていうか、気付かれましたしね(苦笑)。

シャンプーとか、そういうところに細かいからなぁ。

そういうのでバレたり、それ以前に私はポーカーフェイスができないから、バレバレなんでしょうね。

そういうのもあるから、いつしか、浮気は一切しなくなったんですよ。

そのおかげで、フリーになったいまも、新しい彼女を作るとか、やり方すら分からなくなっちゃった(苦笑)。

どうしたもんかねぇ。

そんなわけで、私は恋人の浮気に気付く瞬間はありません。

現に過去、ひょんなことから発覚した時だって、私はまったく気付いてなかったから。

偶然、あることから気付いて芋づる式に分かったわけで、それがなかったら、未だに気付いてなかったでしょうね。

それくらい、鈍いんです、私。

一番、女性に利用されやすいタイプかもしれませんけど。

女性恐怖症になってる部分もあるかも分かりませんわ。

まずいなとは思うんですけど。

ほな。

ペタしてね


女は男の指を見る (新潮新書)「他人支配」をやめると幸せになる 仕事も恋も思い通りになるたったひとつのスイッチ耳占い 1年以内に結婚する計画


ペタしてね


何をいまさら言ってるの?

そう言われちゃうかもしれませんけど、私自身は見落としてしまっていたので。

先日、Windows VistaからWindows 7へとアップグレードしたことは書きました。

一部のソフトが使えなくなって参りましたが、もう一台、XPマシンがあるので何とかなるかなと。

それはともかく、うっかりしてたことが。

それは、楽天ダウンロード、そしてMUSICOで購入した楽曲のバックアップです。

いろいろあって、ズルズルしてたんですが、すっかり忘れたまま、WindowsをVistaから7にしてしまっていたと。

その結果どうなったかというと、「メディア使用権限の取得」が開き、DRMによって保護されている云々という状態になってしまうのですね。

つまり、これまで聞けていた曲が、聞くことができなくなってしまったんです。

一番最近入手した楽曲(松平健「夢灯り」)でも1ヵ月前だったため、再ダウンロード期間を過ぎてしまったために、「再ダウンロード」「ライセンス再発行」が出来なくなってしまいました。

Windowsのアップグレードなどを行なう場合は、まずはダウンロード購入した楽曲のライセンスバックアップ、もしくはCDなどのメディアへのバックアップをしっかり行なうこと。ほとんど、このような楽曲購入をしていなかったこともあって、すっかり抜け落ちていました。

そして、もっと衝撃だったのは、問い合わせへの回答。

何と、楽天ダウンロードで購入した楽曲について、楽天側は「Windows7には未対応」というのです。

PCで楽曲を購入して楽しんでいる人は、気を付けたほうがいいと思います。

私の場合は、気付いたのが遅かったわけですが。

情けない。

聞けなくなった曲、誰かプレゼントしてくれないかな(苦笑)。

ほな。

ペタしてね


斬って候東映傑作TVシリーズ 暴れん坊将軍 Vol.1 オリジナルサウンドトラック水谷豊 BOX


ペタしてね


昨日、リアルにゃんことは遭遇しなかったけど、別なにゃんこ体験をしたと書きました

それは何かというと――今月16日の日曜日に知りました、『猫の本と古本と雑貨と』という、フェアに行ってきたのです。

夢野みさをの“風の贈り物”-ヒナタ屋4階・フェアチラシ


気にはなっていたものの、時間、そして、これまでこのようなカフェに行ったことがないということで、気後れしていたんですね。

でも、もう終わってしまうということもあり、勇気を出して行ってみることにしました。

その前に、図書館で読売新聞5月8日付けの夕刊を図書館でチェックしていました。何かというと、3面にあった「ぶらり食記」で、「カフェ・ヒナタ屋」が取り上げられていたのです。「飽きの来ないカレー」と題された文章の中で、「カフェ・ヒナタ屋」の「チキンカレー」が、「あっさりしていて飽きがこない」と紹介されています。公式サイトのメニューでは800円となっていますが、この記事中では、ランチ750円とあります。それでは、ランチタイムと思われる時間に行って、チキンカレーを食べよう。そう考えたんですね。

さて、中央線で御茶ノ水駅に向かい、そこから坂を下って、一路、カフェ・ヒナタ屋へ。

大通りから少しわきに入った小道に、入口はあります。

夢野みさをの“風の贈り物”-カフェ・ヒナタ屋01


中に入ってみると――

夢野みさをの“風の贈り物”-カフェ・ヒナタ屋02


ちょうど、ランチタイムですね。11時半~14時が、ランチタイムの模様。

ふと壁を見ると、こんなものが貼ってありました。

夢野みさをの“風の贈り物”-カフェ・ヒナタ屋03


こういうスープでもあるのかと思いきや、これはのチラシであったと、上に行ってから気付いたわけですが(苦笑)。

古ぼけた感じの少し急な階段を上ると、これまた少し古ぼけたエレベーターを発見。

夢野みさをの“風の贈り物”-カフェ・ヒナタ屋04


とりあえず階段で上に行きます。

すると、階段にメッセージがあることに気づきました。

夢野みさをの“風の贈り物”-カフェ・ヒナタ屋05


「噂のエレベーター」? いまのかな?何て思いながら階段を上り――

夢野みさをの“風の贈り物”-カフェ・ヒナタ屋06


今度は、エレベーターのところに貼り紙が。

どうやら、これは扉を手動で開ける、いまでは珍しいタイプのエレベーターなんですね。

まあ、もうすぐですから階段で。

夢野みさをの“風の贈り物”-カフェ・ヒナタ屋07


またしてもメッセージが貼ってありました。

これを越えると、もうすぐカフェ・ヒナタ屋です。

夢野みさをの“風の贈り物”-カフェ・ヒナタ屋08


夢野みさをの“風の贈り物”-カフェ・ヒナタ屋09


お、ありましたよ。

夢野みさをの“風の贈り物”-カフェ・ヒナタ屋10


扉を開けると、そこは小さなカフェでした。

女性店員の出迎えを受け、フェアを見にきた旨を伝えつつ、「チキンカレーをいただけますか」というと、逆に「よろしいんですか」と。別に、飲食はせずにフェアに参加するのもよかったみたいです。ただ、私はここのチキンカレーにも興味を抱いていたので、よろしくお願いしますと。

写真撮っていいですかと尋ねると、お客さんが入らないのならばと言われたので、もちろんと返し、何かに使うんですかと聞かれたので、ブログにと答えました。これがそうです^^;;

入ってすぐのところに絵本があったりするんですが、右手側には、メインの展示が。

夢野みさをの“風の贈り物”-カフェ・ヒナタ屋14


この中には、すでに私が持っているものもありましたが、初めてみたものなど興味深いものがいろいろ。数冊パラパラめくりながら、雑貨なども鑑賞。これらは、販売もされているようです。

ここで、どちらで食べますかと聞かれたので、目の前にあったテーブルでと言って、着席。左手にも棚がありました。

夢野みさをの“風の贈り物”-カフェ・ヒナタ屋12


夢野みさをの“風の贈り物”-カフェ・ヒナタ屋13


こちらにも、本とか雑貨が展示してあります。

一番上に置かれていたものが可愛かったので、思わず寄ってみました。

夢野みさをの“風の贈り物”-カフェ・ヒナタ屋16


にゃんこが読んでいるのは豆本ですね。けっこう精巧に出来ています。

また、この棚には猫毛フェルトで作られた雑貨も展示されていて、なかなか興味深かったです。いろいろ調べると、猫の毛は大量に抜けるもの。それらはゴミになるわけですが、ただ廃棄するのではなく、このように再利用できれば、素晴らしいですね。いずれ、猫を飼うことができたらやってみたいな、なんて思っちゃいました。

そうこうするうち、まずはサラダが、そしてチキンカレーが運ばれてきました。

夢野みさをの“風の贈り物”-カフェ・ヒナタ屋11(チキンカレー)


パッと見、スパイシーな感じのカレーで、私が好きそうなタイプみたい。ライスに薄切りポテトが刺さっててオシャレですね。

さっそくいただいてみます。

夢野みさをの“風の贈り物”-カフェ・ヒナタ屋17(チキンカレー)


ルーはさらっとした感じなんですが、程よく辛く、チキンも柔らかくって、ものすごく美味しいです!

ここのところ、外食でのカレーはゴーゴーカレー金沢カレー)一辺倒でしたが、これもけっこうクセになりそうな感じ。どんどん食が進みます。私にしては分量が少なめだったので、展示物の猫を眺めながらゆっくり食べたのですが、すぐになくなってしまい、最後の清算のときに、「すごく美味しかったです」と一言いって、表に出ました。こういうお店で感想を伝えるのは初めてじゃないかっていう感じ。それくらい、感動しちゃいました。ぜひ一度食べてみてください。

さて、そこから古書店街をぐるりと回った後、何気に秋葉原へと向かって、ゴーゴーカレーのメジャーファーストを食してしまった私ですが(苦笑)、そこから電車に乗って向かった錦糸町で思わぬものを。

何と、お姉さんに連れられて、リラックマが歩いています。思わず写メを撮ろうかと思うと、お姉さんは「正面に行ってもいいですか」みたいな感じでリラックマを誘導し(たぶん見にくいんでしょうねぇ)、正面にきた段階で写メを撮ろうと構えると、ほかにも同じような人が一杯になり、お姉さんも思わず「リラックマ撮り放題ですよ」なんて言って、ポーズを取らせてくれました(笑)。

夢野みさをの“風の贈り物”-リラックマ


夢野みさをの“風の贈り物”-リラックマ


夢野みさをの“風の贈り物”-リラックマ


夢野みさをの“風の贈り物”-リラックマ


夢野みさをの“風の贈り物”-リラックマ


ここで私は用事があったのでその場を離れましたが、よく見なかったんですが、お姉さんがセガトイズのチラシを持ってたみたいなので、ゲーセンの宣伝だったのかな?

子供とか女性は、リラックマとのツーショットを撮ってもらってましたけど、私みたいなおっさんはそういうことはできなくて残念でした(苦笑)。

そんなわけで昨日は、「猫の本と古本と雑貨と、そしてリラックマ」を満喫させていただきました。

なお、「カフェ・ヒナタ屋」の『猫の本と古本と雑貨と』フェアは本日までです。22時までやってるみたいなので(ラストオーダー21時)、もし行ける人がいましたらどうぞ。

ほな。

ペタしてね


Hanako (ハナコ) 2010年 6/10号 [雑誌]-tokyo- にじいろカフェ猫毛フェルトの本―うちの猫と作る簡単ハンドクラフトもっと猫毛フェルトの本 うちの猫と楽しむ簡単ハンドクラフト