ウォーキング備忘録

テーマ:
ペタしてね


 本日のウォーキング(というか散歩?)。



 朝、コンビニ、ディスカウントストア、銀行に立ち寄る。ディスカウントストアではクーポンを利用して卵などを購入。また、抽選クーポンで「マーブルフーセンガム」が当たったので、清算してからブランドコーナーで交換する。思ったよりも小さいフーセンガムだった。

 ディスカウントストアを出た後で、ふと見かけた看板を撮影。これは、ずっと前から気になっていたもの。私がいない間に、区内全域が路上喫煙禁止になっていたらしい。正直、たまに歩きタバコは見かけるが(苦笑)。

夢野みさをの“風の贈り物”-全面禁煙

 帰宅してフーセンガムを開封してびっくり。これは購入したものではないので無意味だろうけど、「あたり」が出てしまったのだ。まあ、もしもディスカウントストアで売っているのならば、あたりを持っていけば交換してくれるのかな?

夢野みさをの“風の贈り物”-ガム当たり

 ヘルスカウンタがないため、歩数の記録はできず。

 ほな。

オムロン ヘルスカウンタ ステップス HJ-108 リッチブラック オムロン ヘルスカウンタ ウォーキングスタイルHJ-710IT

★☆ オススメコミック ☆★
『夜明け前』表紙


AD

【ブログネタ】 雨のときに聴きたい曲

テーマ:
ペタしてね


雨のときに聴きたい曲 ブログネタ:雨のときに聴きたい曲 参加中


 別に、雨だから、って聞く曲は……特にないですね。

 まあ、いまも雨降りですが。

 とりあえず、PCに取り込んだ曲をザッと眺めて見たら、いくつかいいなと思うのがありました。

 まず、太田貴子「再会イン・ザ・Rain」。これが入ってるCDって、いまは廃盤なのかな? 私が持っていたのは、1990年に発売された『TAKAKO OHTA Vol.1~ベスト・ポップ』というCDアルバムですが、現在、新品で入手可能なベストアルバムには入っていない模様。世代的にいって、クリィミーマミを見ていた人ですから、印象深いんですね。なぜか、このCDの曲をパソコンに取り込んでおりました。ちなみに、一番好きなのは、シングルレコードも購入したことがある「ハートのSEASON」でしょうか。今回は、雨というお題なのでこれは省きましたが。

 さて、次はガラッと印象が変わりまして、松平健「夜明け」。別に雨の歌じゃないですが、「暴れん坊将軍」の挿入歌として使われていた時、雨の中でのシーンもあったような、なかったような。雰囲気として、なかなかいい感じの曲です。カラオケで歌いたい一曲でもあります。

 同じような理由で選曲したのが、大沢誉志幸「終わりのない傾き」。大沢誉志幸さんというアーティストはそんなに知らないんですが、この曲は「シティーハンター」から知りました。私がシングルレコードを購入した主題歌「ゴーゴーヘブン」のカップリングで、挿入歌としてすごく印象的なシーンで使われていた気がします。

 最後に、パティ・オースティン「ひとりぼっち(Alone In The World)」。ジョン・ル・カレ原作、ショーン・コネリー主演の映画『ロシア・ハウス』のオリジナル・サウンドトラックに収録されています。すごくいい曲なので、機会があったらぜひ聞いてみてください。

 ほな、こんなところで。

ペタしてね


THE VOICE~セルフカバー・ベストアルバム~City Hunter Sound Collection Y-Insertion Tracks


ペタしてね


寝ないでいい体、食べないでいい体、どっちがいい? ブログネタ:寝ないでいい体、食べないでいい体、どっちがいい? 参加中


 どちらかと言われれば、寝ないでいい身体でしょうね。

 食事は美味しいものを楽しくしたいけど、睡眠時間というのは意外とバカになりませんからね。

 仮に8時間寝たら、1日24時間ですから、3分の1も寝てるってことになります。

 もったいない気がするじゃないですか。

 ただ、最近の私は……

 眠らないでいろいろやろうとしても、全然うまくいかず。

 結局、眠っちゃうわけで、しかしそれでも疲れが取れずに目が覚めて……というスパイラル。

 寝ないでいい身体だったら、こういうことから開放されるのかななんて思っちゃうんですが、はてさて。

 ほな。

ペタしてね


あいぼんソロシングル発売♪

テーマ:
ペタしてね



 そういえば、ついに出てたんですね。発売イベントのことが新聞記事になっていました。

nikkansports.com:加護亜依ソロデビューで新たなスタート

 タレント加護亜依(21)が28日、都内でソロデビューシングル「no hesitAtIon」の発売記念イベントを行った。「過去をためらわず、自分の経験を忘れないように、曇り空を追い越してやるような気持ちで書いた」と意気込む。

 最近は映画など、女優としても活動の幅を広げている。「感じたものを歌詞にして音に乗せた方がストレートに表現できる」と、新たなスタートを切った。


スポニチ Sponichi Annex:加護亜依 新しい門出になぜか「寂しい」

 タレントの加護亜依(21)がソロデビュー曲「no hesitAtIon」の発売記念イベントを都内で行った。「過去をためらわず、自分の経験を忘れないように書いたわが娘のような曲。発売されて自分の手を離れたようで寂しい」と、リリースされたことにちょっと複雑な心境を吐露した。


 あいぼんこと加護亜依ちゃんの、ソロ初シングル『no hesitAtIon』が、ついに発売されたのです。

 今回の曲のプロデュース・作曲は、中西圭三さん。そして、作詞は「no hesitation~ためらわずに自分の道を歩いて行く~」をテーマに初めてチャレンジしたという、加護亜依ちゃん本人です。

 シングルは「no hesitAtIon」と「Children of the night」、そしてそれぞれのカラオケの4曲収録。

 私はまだ買えないんですが、できれば初回盤をゲットしたいなぁ……。

 本人のメッセージ動画とPVがありましたのでどうぞ。





no hesitAtIon

ペタしてね