ウォーキング備忘録

テーマ:
 本日のウォーキング(というか散歩?)。

 夜、ディスカウントストアに立ち寄ってから図書館のブックポストに本を返却し、駅の階段下で相方と合流。ディスカウントストア、コンビニに立ち寄る。

 計測された歩数は3,898歩。しっかり歩数は2,534歩で23分。消費カロリーは1.05補正で114.45キロカロリー。歩いた距離は1.83キロメートル。

オムロン ヘルスカウンタ ステップス HJ-108 リッチブラック オムロン ヘルスカウンタ ウォーキングスタイルHJ-710IT

★☆ オススメコミック ☆★
『夜明け前』表紙
AD

キムタク見直した

テーマ:
 正直、SMAPにはまったく興味がないので、土ワイが休止になってSMAP特番というのは納得いかないんですが、SMAPの懐かしい映像も出るということで、もしかして封印されてる感じの森且行も出てくるのかな?と思って、念のため録画しながら流してたら……

 はっきりいって、テレ朝の編集が酷い。

 SMAPは流動的だったと言いながら、基本的に5人だったみたいな感じになってて、森且行の「も」の字も出ない。国分太一とかは出たのに。

 しかし、途中で中居正広が「5、6人」と言って、そしていまさっき。草薙のシーンで切れたVTRに対して、木村拓哉が「森のハイキックがカットされてる」発言をして、森くんの最新情報、そして「森くん見てるー」みたいな流れに。

 落ち着いたところで次の流れに移動したけど、これ、収録物だったらカットされてたよねぇ。生ならではかね。

 キムタクはそんなに好きじゃないんだけど、見直しました。

 その森且行は、28日のレースで優勝したんですね。おめでとうございます。
デイリースポーツ:元SMAP森G1初制覇!次はSGだ!

 「G1開設57周年記念グランプリレース」(28日、川口12R)

 川口オートの「G1開設57周年記念グランプリレース」の優勝戦は28日、第12R、距離4100メートルのオープン戦で争われ、地元の森且行(34)=川口=がデビュー13年目で念願のG1初Vを飾った。

 田中茂、浦田信輔、荒尾聡ら飯塚勢4人、岡部聡ら山陽勢3人を迎え撃った地元のエース森は7枠から好スタート。岩科、荒尾に続く3番手を追走し、まず荒尾をかわして2番手浮上。5周目の3角で逃げる岩科を捕らえ先頭に立ち、そのまま危なげない走りで歓喜のゴールだ。「G1がやっと獲れました。川口ナンバーワンの意地を見せました。ファンの皆さんの応援があったから優勝出来ました」と地元ファンの声援にこたえた。

 人気アイドルグループSMAPから96年にオートレースへ転身。訓練中の事故でデビューは3カ月遅れたが、98年に25期新人王決定戦を勝ち、その後、03年に若獅子杯(山陽)、08年にオーバルチャンピオンC(飯塚)と2つのG2を制するなど着々と力をつけてきた。昨年暮れには、川口ナンバー1(後期ランク)の成績を引っさげ、スーパースター王座決定戦に初出場。2日目に落車し勝ち上がりに失敗したものの、周囲の評価は高まっていた。今年はまず浜松で優勝、24日から始まったこの地元記念も(2)(4)(1)(1)と上り調子で決勝に挑み、見事G1をゲットした。

 次の目標は当然SG制覇。「決勝は西勢しかいなかったので、負けられないと思った。この勢いで2月のSG(全日本選抜・船橋オート)で優勝できるように一所懸命頑張ります。応援よろしく」と森は力強く締めくくった。
3年B組金八先生 第3シリーズ 昭和63年版 DVD-BOX13年B組金八先生 第3シリーズ 昭和63年版 DVD-BOX2シュート! [DVD]SMAPクロニクル

【ブログネタ】 あなたのオススメの一冊

テーマ:
あなたのオススメの一冊 ブログネタ:あなたのオススメの一冊 参加中


 オススメの一冊ですかぁ……

 いや、一冊に絞るのはとても難しいので、何冊かチョイスしてみます。

孤島の鬼 (創元推理文庫)  やはり江戸川乱歩の作品を紹介しなければと思ったのですが、これがまた難しい。好きな作品は多いのですが、その中でもとなると……『孤島の鬼 』でしょうかね。『影男 』も好きなんだけど、人に勧めるとなったら……『孤島の鬼 』かなぁ。日本探偵小説全集 (2) (創元推理文庫 (400‐2)) あ、あと『パノラマ島綺譚 』も忘れられませんね。個人的な乱歩体験となると、『芋虫 』なんですけどね。

 とりあえず、本としてオススメするなら、乱歩の代表作をうまくセレクトした『日本探偵小説全集(2)江戸川乱歩集 』(1984年、創元推理文庫、1,260円税込)と、『孤島の鬼 』(1987年、創元推理文庫、693円税込)の二冊でしょうか。これで乱歩が気に入ったら、他にも文庫とかいっぱい出てますので、いろいろ読んでみてください。

 何か、乱歩作品についてチョイスしてると大変なことになっちゃうので、別のものに。

ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)  夢野久作の『ドグラ・マグラ 』はオススメの一冊です。といっても、なかなか読むのに勇気がいるかもしれません。かなり、大部ですからね。ただ、最近はもっと分厚い小説もいっぱいありますから、厚さだけなら問題ないかな? ようは中身です。とにかくすごい作品です。個人的にお薦めなのは、『日本探偵小説全集(4)夢野久作集 』(1984年、創元推理文庫、1,260円税込)です。この本は、「夢野久作集」と言いながら、「ドグラ・マグラ」+αとなっている一冊。何せ、分厚い文庫の五分の四は「ドグラ・マグラ」なのですから。私自身は、別の文庫で持っていたりしますが、いまから読むという人にはこれがオススメなのです。

ドグラ・マグラ [DVD]  ちなみに、「ドグラ・マグラ」は1988年に映画化されました。これはこれで面白い作品に仕上がっていますので、一見の価値ありです。2004年にはDVD化もされましたので、気軽に見られます。松本俊夫監督、桂枝雀、室田日出男、松田洋治ほかの出演です。

 また、昨年には『ドグラ・マグラ(まんがで読破) 』(2008年、イースト・プレス、580円税込)も発売されているようです。最初にこの漫画版を読んでみるのもいいかもしれません。

片想い (文春文庫)  そして、人気作家である東野圭吾作品から。私は東野圭吾作品はあまり読んでいないのですが、数ある作品の中から『片想い 』(2004年、文春文庫、800円税込)をオススメします。東野圭吾の「片想い」とは、性同一性障害を軸に据えたミステリー作品です。

 実はこの作品に関しては、文庫化された時に、このブログでも「【書評】人の存在を考えさせるミステリー~東野圭吾『片想い』 」というエントリーを書きました。もしよければそちらも見てください。その後、思うところがあって「ある性同一性障害者の死 」も書きましたが、状況はあまり変わっていないかもしれません。

 もちろん、性同一性障害を知らなかったり、興味がない人でも楽しめる作品だと思います。

 そして、この性同一性障害をテーマにした作品といえば、本ブログでも何度か紹介してきました、中間淳生 のコミックス『夜明け前 』(2008年、 りぼんマスコットコミックス クッキー、420円税込)も読んでみてください。オススメです。

 オススメの本を紹介するのは難しいですね。今回はこんなところで。

★☆ オススメコミック ☆★
『夜明け前』表紙

ウォーキング備忘録

テーマ:
 本日のウォーキング(というか散歩?)。

 夜、銀行ATM、スーパー、ドラッグストア、スーパー、古書店、ディスカウントストアに立ち寄る。雨の予報だったが、ちょうど出ている間は雨が上がっていて、傘を使わずにすんだのは良かった。ただ、靴底がかなりすり減っていたせいで、途中、駅の通路を通り抜ける際、濡れた床が転びそうになって歩きづらかった。

サクセス薬用シャンプーWリンス成分配合本体380ml ドラッグストアでは、カードのポイントを補充したおかげで、サクセス薬用シャンプーWリンス成分配合が安く購入できたのは良かった。最近は、予算の都合上シャンプーを購入できず、相方のシャンプーを使わせてもらっていたが、やはり自分の頭皮にはサクセスのほうが合っているようで、洗ってもフケが出るような状態があった。元々、小学校高学年くらいからフケ症だったので、体質の問題があるかもしれない。サクセスは、育毛剤を浸透させるべく開発されているだけに、その点がいいのだろうか。ただ、相方のコンディショナーとやらは、やたらと効くらしく、髪がサラサラしてしまうのだが。

 古書店では、『ヤングジャンプ 2009年 2/12号』(2009年、集英社、320円税込)、小暮剛(監修)/快適生活研究会『すぐに使える料理のコワザ 家庭料理を「お店の味」に変える本』(2007年、PHP文庫、500円税込)を購入。

ヤングジャンプ 2009年 2/12号 [雑誌]すぐに使える料理のコワザ 家庭料理を「お店の味」に変える本 (PHP文庫)

 計測された歩数は8,794歩。しっかり歩数は5,521歩で46分。消費カロリーは1.05補正で263.55キロカロリー。歩いた距離は4.13キロメートル。

オムロン ヘルスカウンタ ステップス HJ-108 リッチブラック オムロン ヘルスカウンタ ウォーキングスタイルHJ-710IT

★☆ オススメコミック ☆★
『夜明け前』表紙
 1/5に「【ブログネタ】 マスコット以前にストラップが来ないんですが(泣) 【昇進】 」で、十両に昇進したけど、そもそも幕下のときの「NEWアメーバストラップ」が届いてないよってことを書きました。

 で、昨日の段階でも音沙汰なかったので、昨晩、改めてサポートにメールしてみました。それも、これまでサポートから届き、私が送ったメールを全引用して、です。

 その反応はなかったんですが……何と。

 15時過ぎに、ピンポーンとチャイムが鳴ったので出たら、いつもの佐川急便のおじさんでした。

 差出人はサイバーエージェント。

 おお、もしかして!

 見ると……入っていたのは、十両昇進の商品である、アメーバマスコットだけでした。

 そもそも、前夜のメールは21時過ぎに出してますから、それとは関係なく、1/5に昇進して、4週間弱ということで、普通に届いたんでしょうか。

 すると……未だに届かないストラップは?

 そこで、マスコットは届いたことを改めてメールすると、返事がありました。

 そこには、予想を上回る申請があったので、在庫取り寄せの段階だと。しかしねぇ、私よりも後に幕下になった相方のほうには、2週間くらいで届いたみたいなんですけど(苦笑)。もしかして、男女差別? ひでー。

 まあ、対応してくれてるみたいなんで、気長に待ちます。

 正直言うと、そんなに「欲しい!」ってわけでもないんですが、必ずもらえますみたいになってるものが忘れられた状態ってのは悲しいですからねぇ。

 楽しみに待ちたいと思います。

Amebaでブログやろうよ! 渋谷ではたらく社長の告白 (幻冬舎文庫)