「【007アルティメットコレクションBOX】 若山コネリー・ボンドと広川ムーア・ボンドがDVDに!」でも書いたように、11月22日、「007/カジノ・ロワイヤル」劇場公開を前にして、007シリーズ20作品を完全収録したDVD-BOXが数量限定販売されます。日本人にとっての最大の売りは、何といっても若山弦蔵や広川太一郎を起用した5.1chサラウンドの日本語吹き替え収録なんですが、宣伝にも力が入っているようです。

007 アルティメット・コレクション BOX  私は見落としていたのですが、Amazon.co.jpでは予約を扱うと同時に、このDVD-BOXの予告編も配信しています。商品ページの「予告編を見る WMP 400K」をクリックすると見られますのでどうぞ。以前、ソニー・ピクチャーズで製作が進んでいた際にも予告編が公開されていましたが、向こうで製作されたものに日本語字幕が追加されただけでした。20世紀フォックスとなって今回公開されている予告編は、日本語のナレーションも入った日本仕様です。予告編でも「若山弦蔵、広川太一郎」としっかり謳われているので、嬉しいですね。

 いまでもたまに、旧作を見ますが、モノラル収録だった英語音声もDTS5.1chサラウンド化されていますので、画質、音質共に向上したDVDの最終兵器(たぶん、次にBOXされる時はブルーレイディスクにでもなるんでしょうから)。とにかく、いまから非常に楽しみです! 
AD
検察官不在で判決!女性裁判官が被告を呼び戻しやり直し

 真実を見抜くはずの目は節穴だった!? 福井地裁の刑事裁判で、女性裁判官(41)が検察官の不在に気づかないまま判決を言い渡し、30分後に改めて公判をやり直していたことが24日、分かった。法廷にいた男性書記官(43)や被告弁護人らも誰一人、その場で指摘しなかった。男性被告(48)は刑務所に向かう護送車から引き返し、実刑判決を2度聞くハメになった。(SANSPO.COM)
 ……驚きですね。

 検察官がいないのに、裁判官が判決を出してしまって、しかもその場で誰も気付かないという。しかも、担当検察官は一人だったため、検察側の関には誰もいない状態だったのに、というから開いた口がふさがりません。

 仮に赤かぶ検事だったら、どう言ったでしょうか。キャリアの女性裁判官だったそうですが、やはり叩き上げとは違って、経験値が少なかった、ということでしょうか。

 いやはや。とんでもない“単純ミス”が起きたものです。こんなときは、赤かぶ検事の名シリーズを観直すに限ります。法に人間性が失われるから、こういったありえないことが起こるのでしょうか。


赤かぶ検事奮戦記 1 赤かぶ検事奮戦記 2
刑事コロンボ コンプリートDVD-BOX 刑事コロンボがDVDで帰ってきます!……といっても、出戻りですが。

 そう。刑事コロンボ・全45作品を23枚のディスクに収録、日本語吹き替えがない部分は追加収録したDVDを完全収録した、「刑事コロンボ コンプリートDVD-BOX」が再発されるのです。

 私は、前回の再発時に購入しましたが、やはり買えなかった、という人も多いことでしょう。もしかすると、現行のDVDではラストのリリースになるかも?(いや、また出すかも)

 ただねぇ。この大きな箱は何とかなりませんかねぇ。22枚目のケースは2枚収録してるんだから、すべて2枚入りのケースを使えば、12枚のケースですむわけですよ。そうすれば、収納スペースとかも節約できるのに……明らかに、単品売りをそのまま箱に詰めました、って感じでイマイチ感はぬぐえません。それでも、名作ぞろいの旧作シリーズを一気に購入できるのは嬉しいですが。定価で買ったとしても、1ケースあたり1,193円税込です。いまのアマゾンの値引きで予約すれば、1ケースあたり955円ですからね。全作品を買うなら、バラで買うよりこのBOXでしょうか。

別冊宝島 『刑事コロンボ完全捜査記録』 (別冊宝島 (1330)) また、この機会に別冊宝島から発売されたばかりの『刑事コロンボ完全捜査記録』も併せてご覧になられたら、よりいっそう楽しめるかもしれません。これは、以前発売された『刑事コロンボ完全事件ファイル―『刑事コロンボ』の魅力を徹底捜査した日本初の本格ガイドブック』の増補改訂版です。「新・刑事コロンボ」までフォローされているのがありがたい一冊となっています。これを手元に置いて、DVD鑑賞なんていいんじゃないでしょうか。

 あとは、私がたのみこむで発案している『新・刑事コロンボ完全版DVD』も実現してくれるといいなぁ……


刑事コロンボ コンプリートDVD-BOX
刑事コロンボ完全捜査記録

007 アルティメット・コレクション BOX

 ついに、ついにこの日が来ました!

 当初、20世紀フォックスからソニー・ピクチャーズに権利が移動したMGM作品が再び20世紀フォックスに移動するというゴタゴタの中、どうなるかと思いましたが、前々から発売予定が伝えられていた「007 アルティメットコレクション BOX」の発売が11月22日と決まり、Amazonでも予約が始まりました。結果的に、20世紀フォックスから出るようです。通りで、ソニー・ピクチャーズのサイトから、DVD-BOXの予告編が見られなくなったと思いました。

 さて、今回の驚きはそれだけじゃないんです。

 今回のボックスは、すべての作品に日本語吹き替えが入るということでしたが、そのキャスティングが非常に気になっていたわけです。

 で、「酒井俊之のシネマラ攻略大図鑑」というブログに掲載された記事、「007アルティメットコレクションBOX 」を見たところ、何と、若山弦蔵、広川太一郎の両氏ということが! 若山コネリーと広川ムーアがDVDで堪能できるのです。しかも新録! まあ、これが目玉なので口外できなかったようですが。あとは、ダルトンとブロスナンがどうなっているか。小川真司と神谷明で新録されてれば言うことないんだけど……。レーゼンビーは広川太一郎かな? とにかく続報に期待です。「たのみこむ」に「日本語吹替版収録007-DVD 」という発案をしてから5年あまり。ようやく夢がかなうのですね。ついでに、別に発案中の「ショーン・コネリー主演『ロシア・ハウス』若山弦蔵吹き替え入りDVD化! 」も実現しないかしら。

 ただ……いかんせん、豪華になってるので価格がねぇ。しかも限定。どうしよう。でもこれ欲しいし……。誰か仕事ください(ぉぃ


【08/19 01:10 追記】 コメントで情報が追加されてました。レーゼンビーは小杉十郎太、ダルトンは大塚芳忠ということだそうです。大塚芳忠さんかぁ……どうなんだろう。これは小川真司にして欲しかったような。すると、ブロスナンは現状維持(「ゴールデンアイ」「トゥモロー・ネバー・ダイ」は神谷明、「ワールド・イズ・ノット・イナフ」「ダイ・アナザー・デイ」は横島亘)なのかな? ラスト2作も神谷明版を期待してたんだけどなぁ。まあ、詳細を待ちたいです。