フランキー堺の赤かぶ検事奮戦記、第2弾DVD発売!

テーマ:
赤かぶ検事奮戦記 2  いよいよ今日、「赤かぶ検事奮戦記II」が発売となりました。フランキー堺主演の「赤かぶ検事奮戦記」の本編を第2期を完全収録したDVDセットです。

 この第2期は、第1期のいいところは踏襲しながらも、大きくパワーアップしています。フランキー堺演じる赤かぶ検事、春川ますみ演じる妻・春子、そして森田健作演じるところの榊田警部補はそのままに、他のキャストを一新しているのです。娘・葉子は倍賞千恵子から片平なぎさに、法眼弁護士は沖雅也から勝野洋に、岡田警部は山本紀彦から早崎文司にチェンジ。何と、吉沢事務官は久保にしき(今出川西紀)から美鷹健児へと、性別まで変わりました。といっても、原作の吉沢事務官は男性で、第1期の女性バージョンがイレギュラーだったわけですが。ちなみに、第1期で吉沢事務官を演じた久保にしきは、第2期では今出川西紀として第4話「奥飛騨慕情父恋し」にゲスト出演しています。

 また、第1期の全5話から、第2期では全13話に話数が増えたことも特徴。複数の監督が演出しているところも見どころでしょうか。もちろん、ゲストも多種多彩。

 更に注目点は、いまでは地上波での再放送がほぼ不可能な第3話もしっかり収録しているところです。「趣味は泥棒」と題されたこの話、とある理由で再放送がされにくくなっているのです。

 法廷ドラマがたくさん放送されている現在、逆に20年以上前のこの作品で時代を知り、法廷ドラマの原点を見るというのはいかがでしょうか。

赤かぶ検事奮戦記 1  くしくも今日、テレビ朝日の「木曜サスペンス」では、橋爪功が柊茂を演じる「新・赤かぶ検事奮戦記4」が再放送されていました。なお、この作品では、クレジットこそされていませんが、原作者の和久峻三が、裁判長の横に座っている判事役でさり気なく出演していました。目立つシーンではありませんが、なかなか興味深かったです。実は、すでに発売されているフランキー堺版の「赤かぶ検事奮戦記I」でも、和久峻三は出演しています。しかも、こちらはしっかりクレジットされているばかりか、フランキー堺との丁々発止のやりとりが見られるので、必見ですよ。

 第1期と第2期、ぜひ合わせて見てください。ほのぼのする中にも厳しい赤かぶ検事の人情味には、フランキー堺という人物の人柄ゆえか、どこか癒されるところがあるのです。

赤かぶ検事奮戦記 1
赤かぶ検事奮戦記 1
posted with amazlet on 06.05.25
ジェネオン エンタテインメント (2006/04/21)


赤かぶ検事奮戦記 2
赤かぶ検事奮戦記 2
posted with amazlet on 06.05.25
ジェネオン エンタテインメント (2006/05/25)
AD

暴れん坊将軍がDVDになった!

テーマ:
「暴れん坊将軍」DVD 先駆け版  ついに発売されましたよ。あの、松平健主演の名作シリーズ「暴れん坊将軍」のDVDです。

 今回発売されたのは、「DVD先駆け版」として、500回記念スペシャル「将軍琉球へ渡る 天下分け目の決闘」のDVD化作品となります。

 この作品、第三シリーズ97話として1990年2月3日に放送されたものですが、通算500回の記念作品ということで、過去に登場した人たちがここぞという場面でゲスト出演するという遊びに満ちた作品にもなっています。脚本は小川英、胡桃哲。監督は荒井岱志。

 もちろん、ストーリーも良い。ラスト、胸にグッとくるものがあるはずです。

 主なキャストは、松平健(徳川吉宗)、浅茅陽子(おさい)、佐藤B作(半次郎)、伊藤つかさ(お葉)、五代高之(才三)、高島礼子(梢)、田中綾子(おちよ)、白井滋郎(常吉)、斉藤弘勝(伊助)、原亮介(六太)、真砂皓太(才次)、大石源吾(源八)、山本真由美(おはる)、横内正(大岡忠相)、船越英二(田之倉孫兵衛)、北島三郎(辰五郎)のレギュラー陣に加え、柏原芳恵、勝野洋、中尾彬(尾張大納言宗春)、長門裕之(前水戸藩主・徳川綱条)、大門正明、沢竜二、栗田陽子、御木本伸介、亀石征一郎、山本紀彦、滝田裕介、清水まゆみ、佐藤京一、中田博久、立原博、牧冬吉、小川晃司、河合絃司、橋本尚友、浜伸二、糸州勝子、疋田泰盛、大河内廣太郎、五十嵐秀樹、奔田陵、西村正樹(現:西村匡生)、志茂山高也、加藤重樹、森山陽介、村瀬領、上野秀年、山田永ニ、司裕介、浅見いく子、田辺ひとみ、鈴川法子、佐藤太圭子、高嶺久枝、平良昌代、南風原悦子、新門由利子、安里静子、新里美乃、座安佳代子、具志忍、照喜名朝一、西江喜春、金城正二、又吉八重子、大湾清之、島袋光史がゲスト出演。さらに(友情出演)として、春川ますみ、龍虎、宮内洋、夏樹陽子、和崎俊哉、荒木しげる、三ツ木清隆、菅野玲子、園田裕久、阿波地大輔、井上茂、谷崎弘一が登場。どうやら、過去に死んだ人も登場するようですが、そこは分かりません(苦笑)。とにかく、出演陣も豪華なことは確かです。あ、そうそう。ナレーターはもちろん、若山弦蔵です。

 そして、このDVDを観ましたら、中に入っているチラシでまた驚き。第一部の傑作選BOXが、10月21日に発売されるのです。第一部「吉宗評判記 暴れん坊将軍」の中から選りすぐりの28話を7枚のディスクに収録したDVD-BOX。八代将軍=新さん誕生の瞬間から、め組結成など必見のエピソードを始め、美空ひばり、天知茂、江利チエミ、栗塚旭、真田広之など豪華ゲスト出演話などを収録。……天知茂ですとっ! これは、別の意味でも見逃せないBOXではないですか。

 それにしても、いまテレビ朝日で再放送中の新さんと、500回記念スペシャルの新さんを比べると……やはり、この間に貫禄が^^;;; 吉宗評判記はもっとスリムな新さんが見られるわけで、別の意味でも楽しみですっ!


マツケンのAWA踊り  メイキング・オブ バルトの楽園

暴れん坊将軍、ついにDVD化!

テーマ:

 最終回スペシャルの一年後にスペシャル版で復活した「暴れん坊将軍」。しかし、その後は新作の話がなく、寂しいかぎりです。また新作を作らないのでしょうか。ただ、テレビ朝日では午前中に再放送があるので、テレビをつけているとつい見てしまいます。


 しかしそれにしても、水戸黄門とは逆パターンですよね、暴れん坊将軍は。水戸黄門の場合、「こらしめてやりなさい」からある程度なぎ倒し、「もういいでしょう」となって印篭を出して「控えおろう」。対して「暴れん坊将軍」は、「予の顔を見忘れたか」で「上様!」となるのに、「こんなところに上様が来るはずがない」となって、いつものテーマが流れるというパターン。それにしてもやはり、わざわざ印篭を出さなくても顔を見せるだけでいいのですから、やっぱり上様って凄い。


 そんな松平健の暴れん坊将軍がついにDVD化されます!


 まずは、「先駆け版」として500回記念スペシャルの「将軍琉球へ渡る 天下分け目の決闘!」がDVDに。高画質ニュープリント・コンポーネントマスター、ピクチャーディスクだそうです。なお、これはDVD-BOXに先駆けての発売ということですが、DVD-BOXは全話ではなく、膨大なエピソードの中から後世まで語り継がれる名成敗・名勝負の数々を厳選したものとなるみたいです。全話も出して欲しいけど、さすがに800話を超えますとねぇ^^;


 というわけで「先駆け版」は、5月21日、いよいよ発売です!



 あの、大谷育江さんの体調不良によるレギュラー作品の降板から、どれくらい経ったでしょうか。その間にも、いろいろな噂がまことしやかに流れたりして……私は、以前ほどアニメ作品をチェックしなくなっているので、降板前から大谷さんの声をそれほどテレビで聞いていなかったのですが、それでも早い復帰を願うことに変わりはありませんでした。


 だって、好きな声優さんですもの。


 そして、……5月15日の「スワッチのアニメ日記 」に、喜ぶべき報せを見ることになるのです。スワッチとは、シティーハンターや名探偵コナンなどの作品を作ってきた名物プロデューサー・諏訪道彦さんのこと。その諏訪氏の日記に、「体調を崩して休養をとっていた光彦役の大谷育江が現場に復帰しました!」と書かれているではありませんか! いやぁ、何はともあれ、めでたいです。


 でも、これからはもっと体調を整えて仕事して欲しいですね。レギュラーにイレギュラーも入れたら相当な数のお仕事してたみたいですから……やはり、身体が資本ですからね!



姫ちゃんのリボン DVD BOX 3
ユニバーサルミュージック (2005/12/21)
おすすめ度の平均: 5
5 小学生のときにはまってたアニメがついに・・・


姫ちゃんのリボン DVD BOX 2
ユニバーサルミュージック (2005/09/28)
売り上げランキング: 1,168
おすすめ度の平均: 4
4 10年経っても面白い!


姫ちゃんのリボン DVD BOX 1
ユニバーサルミュージック (2005/06/29)
売り上げランキング: 7,820
おすすめ度の平均: 5
5 10年か_| ̄|○
5 念願のDVD化決定!
5 待望のDVD化!!

mixiの偽者消える

テーマ:
 先ほど、「mixiに偽者現われる!?」というエントリで、甲斐麻美ちゃんの成りすましがmixiに出現したことを書きました。それで、甲斐麻美ちゃんの公式ブログの「ご注意ください!」へトラックバックを送っていましたが……

 その記事を書いたときは確かにあった成りすましユーザーが、いまさっきアクセスしたところいなくなっていました。

「ユーザは既に退会したか、存在しないユーザIDです。 」

 もしかしたら、スタッフさんがmixiに報告したのか、それとも公式ブログの書き込みを見たユーザーの誰かが通報したのか分かりませんが、やはり偽者だったんですね。それにしても、この数時間でいなくなるとは予想していませんでした。

 それにしても、ネット以上での本人確認の難しさを思い知らされた一件だった気がします。そういえば、ホリエモンの保釈後に、偽ホリエモンのブログも登場しましたっけ……