西部警察に理屈は不要

テーマ:
 今日、「日曜洋画劇場特別企画として、「西部警察スペシャル」が放送されます。これは、本来ならば昨年放送され、その後に「西部警察2003」をやるはずだった、いわく付きの作品。そして何より、21世紀の石原裕次郎に選出された徳重聡のメジャーデビュー作でもあるのです。それが、西部警察2003撮影中の事故により連ドラ中止だけでなく、スペシャルもお蔵入り、同時にリリースされる予定だったCDアルバムも発売中止に追い込まれました。

 あれから一年。

 ついに「西部警察スペシャル」が日の目を見ます。すでにCDも発売され、残るは連ドラ復活か?といったところでしょうか。昨日、今日と午後に渡辺宜嗣アナがナビゲーターとなって、舘ひろしと徳重聡が、昔のVTRなどを見ながらいろいろ話をしていました。そこで名言が。

 西部警察に理屈は不要

 これは、西部警察の最終回で、渡哲也演じる大門が殉職したにもかかわらず、また復活したということに対して出た言葉。まあ、それだけじゃないんですけどね。

 爆破、爆破、大爆破。「007/ゴールデンアイ」や「007/トゥモロー・ネバー・ダイ」を紹介した故・淀川長治氏が思わず口にした言葉です。これはそのまま、西部警察にもあてはまります。昼間の再放送を見ていても分かりますが、リアルとは対極の爆破、そしてアクションが真骨頂なんですね。

 しかし――

 31日未明、発見された新たな死体は、人質となっていた香田さんであると断定されました。その前に発見された死体は別人と断定されてまだ時間が経っていないもので、非常にショックは大きい。いくら自業自得とはいえ、やはり生還して、そしてその行動を省みて欲しかった。憎むべきはテロリストです。

 西部警察もそうですが、最近の映画はとにかく派手なアクションや爆発を売りにしたものばかり。私は、007シリーズが大好きな人間なので、アクションも好きです。石原プロの作品でも、「西部警察」「太陽にほえろ!」の他、「ゴリラ警視庁第八班」「代表取締役刑事」など見ていました。けど、こういう作品ばかりがもてはやされるのはどうだろうか、とも思います。

 私は、大林宣彦監督の映画「なごり雪」の公式サイトを作成させていただきました。実のところ、私は大林監督の作品をそれほどしっかり見たことはありません。しかし、この「なごり雪」の初号試写を見たとき、何かを感じました。そして、二度目に見たとき、思わず涙が止まらなかった。この映画がクランクインしたとき、あの9.11のテロが発生しました。そして、大林監督は映画「なごり雪」を完成させた。その後、公式サイトに載せた以外にもいくつかの監督のトークを間近で、あるいはテレビやラジオで見聞きして、そのメッセージもしっかり受けました。そういう意味で、この映画はすばらしい映画だと思います。地味な映画でしたし、あまりレンタルでも多くは置かれていないため、見たことがない人も多いかもしれませんが、ぜひ一度は見て欲しい作品だと思います。

 しかし私は、アクション物も大好きです。これは一見、相反することのようですが、違います。あくまでもフィクションはフィクション。エンターテイメントは楽しむものです。もちろん、「なごり雪」のような作品も必要ですが、その一方でスカッとするようなアクション物だって、必要なんです。ただ、それを現実に持ち込んではいけない。

 最近は、フィクションと現実の区別が付いていない人が多すぎます。普通の犯罪者から、テロリストや、ブッシュ大統領だってそうです。現実社会は平和であって、決して「正義」を冠せれば戦争すら行えるような世界にはして欲しくない。大林監督は言いました。20世紀は戦争の世紀であった、21世紀は平和で文化の世紀にならなきゃいけない、と。早くイラクにも、世界にも平和が戻って、戦争のない世界にしていきたい。心の底からそう思います。

 その上で今日は、素直にエンターテイメントとしての西部警察を楽しみたいと思います。
AD

歯医者

テーマ:
 最後に歯医者に行ったのは、会社員時代のこと。私は1999年7月一杯で会社を辞めており、その春くらいに歯医者に行ったのが最後ですので、もう5年以上歯医者に行っていない計算になります。

 しかし、虫歯がないわけではありません。その上、昔した詰め物も取れてしまっています。たまにうずくこともあります。

 そして……

 先程、何気に奥歯を見たところ、ぎょっとしました。詰め物が取れて穴がぽっかり空いているところが、そこから何か出ているんです。てっきり、いま食べたものが詰まったのだろうと思ったところ……何と、腫れ上がった歯茎が出ているようです。

 うわー。

 いま、お金がないのに。いや、それ以前に、短期保険証の期限が切れているので、役所に行って交付してもらわないと保険すら効かないし。さて、決断の時は迫っています。どうしよう。いまはそんなに痛まないというのがかえって恐いです。それに……なにより、歯医者が恐いんです、私(苦笑)。さあ、どうしよう。

神田古本まつりにて

テーマ:
 毎年恒例の、「東京名物神田古本まつり」。今年は第45回という。会期は10月29日より11月3日、10月30日と31日にはブックフェスティバルも行われています。私は昨日、29日に3時間ほど行ってきました。しかし、仕事の合間を縫ったこともあり、あまり見られず。しかも今日から1日まで雨という予報、事実今日は雨降りでした。ブックフェスティバルはどうなったのかなぁ。行ってみたいと思っていたので少々残念です。

 といっても、そもそも今日は行ける道理がなく。本当ならば、後楽園ホールに行っているはずだったのです。しかし、今回は仕事が終わらなかったのと、体調があまり芳しくなく、その上に雨という状況で、行くのを断念。笑点の公開録画だったのですが、一度だけ参加した時、あまりもの行列に驚いたほどでしたから。また、別の機会に行きたいな、と思っています。

 さて、昨日の古本まつり、あまり成果はありませんでした。時間もなく金もなく、どちらかというと、懸賞で当てた図書券とVISAギフトカードを利用できる三省堂に行くつもりで。

 それでも、一つだけ古本の収穫がありました。近藤正臣主演、高木彬光原作の「探偵神津恭介の殺人推理」の決定稿です。どうも、照明のどなたかの使われたもののようです。タイトルは「ヴィーナスの柩(仮題)」。放送タイトルは「初夜に消えた花嫁」です。DVDとVHSにもなっていますし、私も解説など書きましたので、ぜひ観てください(レンタルも出ています。もしもない場合は取り寄せ可能ですのでレンタル店にご相談を)。何と、原作者の高木彬光先生も、ちらっとですが出ています。……それはさておき。今回、この脚本を入手できましたので(しかも思ったよりも安く)、DVDと見比べてみようかなと思います。

 そんなこんなで古本としての収穫はこれだけでした(苦笑)。たぶん、3日あたりにもう一度行こうと思っていますので、そこで何か発見があるかもしれません。

 この後、三省堂書店・神田本店に1時間ほど滞在し、2冊本を購入。『007/ファクト・オブ・デス』と『新・人間革命 第13巻』。特にノーマークだったのが、レイモンド・ベンソンの007シリーズ邦訳の最新刊でした。最新刊、といっても、原書では1998年なので、6年も前の作品ですね。正直いって、もっと早く訳して欲しかったです。さて、感想はまだ読み始めてないので書けませんが……何とかなりませんかね、邦題は。原題をただカタカナにしただけでは、最近の007映画にも言えるんですが、気が抜けるというか……かつて、イアン・フレミング作品を訳してきた故・井上一夫氏の時は、直訳でもカタカナでもない、日本語のすばらしい邦題が付けられていました。それは映画にも影響を与えていました。残念なことに、最近のボンド映画は、原題からカタカナに直したものばかり。雰囲気が伝わらないのは残念です。そこで期待したいのは、映画にはならないものの、ボンド小説の未邦訳のタイトル。期待していただけに、残念ですね。それと、これまでは「レイモンド・ベンソン」表記だったのに、ハヤカワ・ミステリでは「レイモンド・ベンスン」。何だかなぁ。

 ちょっとした収穫がありながらも物足りない、そんな初日の古本まつりでした。

いったい誰が悪いのか

 ココログで開設している「夢野の眼@nifty」でも書きましたが、日本人旅行者・香田さんがテロリストに拘束されて、48時間以上経ちました。48時間は、テロリストたちが日本の自衛隊撤退を要求した期限です。しかし、この48時間が過ぎても、いまだに人質の所在すらつかめない状態が続いています。

 さて、この人質となった香田さんについて、私は昨日、「夢野の眼@nifty」で、「大人になれ」という文章を書きました。それは、この、あまりにも軽率だった人質に対し、情けなさを感じたからです。そして、マスコミや世論の反応も冷たいものでした。しかし同時に、彼は邦人であり、政府には彼を救い出す義務と責任があります。ぜひ、世論などに惑わされず、救出に全力を尽くして欲しいと思います。

 そして、この件に関して残念なことが起きています。それは、彼の無事を祈る家族に対しても向けられた、誹謗・中傷の数々です。私は、彼がどういう目的だったにせよ、彼の家族に対してそのようなことをする輩は許せません。

 この件で最も責められるべきは、憎むべきテロリストです。人質はその犠牲者に過ぎません。そして、そのテロリストを生んだ要因ともいえるアメリカ、私はその存在も忘れてはいけないと思います。もちろん、犠牲者ではあるけれども、テロリストがいることが明らかな場所へノコノコと出かけていった彼だって、まったく責任がないわけじゃありません。ただ、「見たい」というだけで行ってしまい、その結果彼は、自らの命だけではない、台風や地震といった災害の対応にも追われる政府にも余計な仕事を増やし、イラクの復興にも大きな影を落としてしまった。そして、彼のような人間を作り出してしまったのは、「平和ボケ」の日本社会なのでしょうか。

 こうやって、責任を追及していっても、堂々巡りなだけです。

 いま言えることは、一個の命は何よりも重い、ということです。一刻も早い人質の救助を、願うばかりです。

週刊ポスト 2004.11.5号

テーマ:
WEEKLY ポスト・ドットコム

 先日、電話取材を受けた「週刊ポスト」ですが、月曜日にちょうど出た時にパラっと立ち読みはしてはいたんですだが、今朝方、送られてきました。

片平なぎさ、名取裕子、高島礼子…
「2時間ドラマ女王」のミステリーに迫る!


ということで、無事にカットされることなく掲載されたようです。

 かつて、「週刊文春」に明智小五郎関連の記事の取材を受けたことがありますが、これが週刊誌では二度目です。

 記事はと見ると、それほど私の提供したものは入っていないように思われましたが、よく見ると、散りばめられている、といったところでしょうか。ただ、ちょっと驚いたのは私の肩書き。「ドラマウォッチャーで評論家の夢野みさを氏」。ひぇー。いつの間にか私は評論家になってしまった(苦笑)。いや、実際のところ素人評論家みたいなことはしていますがね。残念ながら、評論では食ってないんですよ。どちらかというと、テクニカル系ばかりですから。でも、「評論家」というのも少し嬉しい響きかも。ただの評論家じゃなく、実行が伴いたいですけどね^^;;

 まあ、最終的に目指してるのは、どちらともまったく異なる「小説家」なんですが(苦笑)。