独り言に近い「お遍路ブログ」を目指してます。

無理をせず日常生活の一部として融合するよう、継続させていきたいと思ってます。

偶然出あって練習がてら慣れたらやめるつもりで、はじめたアメブロですが・・、もう12年を経過しました^^;  色々試行錯誤(大げさ)の結果、最近のように写真を中心に少しの文章(独り言)を書いていくのがベストのように感じて続けています

テーマ:

76番金倉寺の裏のうどん屋さんで遅い朝食を済ませJR金蔵寺駅から列車に30分ぐらい乗って国分駅まで行き、駅前の80番国分寺の広くて美しい境内を散策して81番白峯寺と82番根香寺の山道を歩いてから下山して鬼無駅から再び列車に乗って高松市内のビジネスホテルで二泊目。で、三日目は84番屋島寺と85番八栗寺を午前中にお参りして高松駅から高速バスに乗り帰るか?ビジネスホテルから琴電の始発に乗って87番長尾寺に向かい「おへんろ交流サロン」に寄ってから女体山ルートとは違う別のルートで88番大窪寺に行くか?その辺りは直前に詰めたい。アバウトながら年内に出る二度の区切り打ちの計画は出来た!あとは夏が終わり台風が去るのを待つだけとなった。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

善通寺の宿坊「いろは会館」が満室でない限り泊めていただこうと思ってるが、二日目の予定をどうするか?超A型なワタシだから順番をとばすことは本意ではないがそれ以上に「道路」を歩くのが嫌!という感情の方が強いので77番78番79番をとばして80番国分寺から始めたいと考えている。ただ76番金倉寺の近くにある讃岐うどんの名店「長田in香の香」で遅い朝食(か早い昼食)をとりたいので営業開始時間を確認した上でそれに合わせて動くつもりでいる。善通寺から金倉寺まで50分ぐらいで行けるから善通寺で朝の5時半からある勤行に参加して小一時間境内をうろちょろしてから金倉寺に向かう。そしてお寺の裏側にある長田in香の香に行って「場所」の確認と「行列はないか?」を確かめてから金倉寺へ戻ろうと考えている。(どこへ行っても普段は“かけうどん”を食べるが、ここは“釜揚げ”が有名なのでそれにしようと思うがホントは釜揚げより冷やしうどんの方が好き)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ビジネスホテルならどんな感じでも不満の少ないワタシだが、以前泊まった「善通寺ステーショ〇ホテル」はひどかった。(泊まったことないけど)カプセルホテルのようにテレビがベッドの足元の壁に取り付けられていたり、エアコンは全館管理してるので「触らないように」と張り紙があったり、ユニットバスが極端に狭くて大柄な人が膝を抱えて浸かったりすると下手したら立ち上がれなくなりそうな感じのするバスタブだったりして印象に残ったビジネスホテル、ナンバーワンだった。(まったく“ホテル名”に騙された)

 

それはさておき、今回の二日目は早朝の観光客の少ない善通寺をお参りするか、もしくは誰もいない金倉寺の境内を散策しても良いかなと善通寺周辺のビジネスホテルを今回は失敗しないよう探し始めた時、善通寺に宿坊はないのか?という疑問が浮かび調べてみたら、あるし結構立派な建物だった。徳島の6番安楽寺と7番十楽寺の宿坊に両方泊ったことがあるが概ね6番にいい点数が与えられていて7番はからい評価が多いようだったが、それは遍路が泊る宿はビジネスホテルではなく遍路宿!という方の評価のように思えてビジネス派のワタシとしてはどちらも100点の気持ちがあった。その十楽寺以上に善通寺の宿坊「いろは会館」はブログ等で見る限りワタシ好みのように思える。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

松山から高速バスを利用して香川に入るとすると、「高速観音寺」で降りて一時間ほど歩き68・69番の神恵院、観音寺をお参りしてからスタートするか?10分ぐらい先の「高速善通寺」まで行って「金蔵寺駅」から「みの駅」まで列車に乗って、みの駅から50分ほどの71番弥谷寺をスタートとするか?の二者択一になるが神恵院・観音寺からスタートすると弥谷寺まで約3時間半ほぼ「車道」を歩くことになるのと、その日の宿泊先がその先にないので「却下」とし、『高速善通寺で高速バスを降り次はJRを利用してみの駅まで行きそこから弥谷寺に向け歩く』そして、『出釈迦寺の奥の院をお参りして善通寺市内のビジネスホテルを探して一泊する』という事で今年最後の区切り打ちの初日は決まった。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

高知の宿毛で一泊して早朝から峠を越えて愛媛に入ってみたい気もするが、愛媛から「宿毛」へ行く手立てが思い当たらない。もちろん予土線と くろしお宿毛線を乗り継げば宿毛まで行けるが非常に効率の悪い「移動」となるので躊躇いが生じる、それに国道を歩く区間と山道(峠)を歩く区間を比べると国道を歩く方が多いのでワタシ的にはどうしても歩きたい区間ではない。ここは無理せず別のコースを考える方がいいかも知れない、となるとやっぱり68・69番の神恵院・観音寺から出発して71番弥谷寺の階段を上るのと73番出釈迦寺奥の院の捨身ヶ嶽を目玉にする方が面白いかも知れない。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

夏が過ぎ台風も去ったころ最初に出る区切り打ちは『高知の29番国分寺から35番清瀧寺まで順打ちしてから31番竹林寺まで逆打ちして帰る二泊三日の区切り打ち』と決まった。で次はどうするか?年内にもう一度区切り打ちに出ておきたい、となるとやっぱり次は清瀧寺の続きから打つというのが順当な流れだが打ち残した36番青龍寺にお参りしてから続けるとなると次の37番岩本寺までは約60kmほどの距離がある。途中に何か所か難所(通行止めの可能性もある)と言われる峠があるから歩いても見たいが、取りあえずどこにビジネスホテルがあるのか?探さなくてはならない。前回の時も「ビジネスホテル」で検索したら仁井田駅だったか?駅前にあったと思えばラブホだったりした。七子峠やそえみみず峠(前回通行止め)を歩きたいし岩本寺の宿坊にも泊まりたいが「その次」に魅力的なところがないから気乗りしない。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

二日目に35番清瀧寺から打ち戻ってビジネスホテルに泊まった翌日、順当に36番青龍寺へは向かわず「逆打ちしながら帰る」という考えは、青龍寺を打ち終えてからJR高知駅まで直通バスがあるのか?乗り継いで帰れるのか?という「不安を回避する」のと、「もう少し歩きたい」という二つの思いを叶えたグッドアイディアだと昨日は自画自賛してブログを閉じた。

 
このような変則的な区切り打ちが出来るのも「納経」という束縛がないから出来ることで、もし納経してたら折角だから「先に進みたい」と思うだろうし、順打ちしてて次の日に逆打ちしたら納経所で「コイツ昨日来たのにまた来た」と思われそうだ、笑。それに納経帳自体が「回数」に偏りが生じて可笑しな状態になるのではと思う。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今のところ初日は31番竹林寺の手前で一泊、そして二日目は35番清瀧寺から打ち戻ったところでの宿泊はほぼ確定的だが三日目をどうするか?がまだ決めかねている。二泊目のビジネスホテルから36番青龍寺までは3時間ちょっとで着くから9時過ぎにはお参りも終えているだろう。ただ青龍寺から帰るとなるとJR高知駅に向かう交通手段がバスしかない、青龍寺から県道に出た辺りにドラゴンバスと云うのが運航しているらしいが直接高知駅まで行けるのか?乗り換えが必要なのか?いまいち確認できない。それにもう少し歩いてから帰りたいという気持ちもある(午前中からバスに乗って帰るのも勿体ないようにも感じる)、それならばいっそのこと前の日に帰るという選択肢もなくもない!と思い始めている。と書いていたら「二泊目のビジネスホテルから青龍寺には向かわず逆打ちしながら帰る」という考えが浮かんだ。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

高知市内からの区切り打ち初日は高速バスを一宮バスターミナルで降りてJR薊野駅から列車に乗って御免駅で降り、駅の周りにある「やなせたかし」のオブジェを見学してから29番国分寺、30番善楽寺をお参りする。そして体力の余裕があれば夕暮れ時の31番竹林寺をお参りして(納経をしないから5時以降に到着しても大丈夫)からホテルに戻る。そして翌日にも明け方の竹林寺を堪能してから32番禅師峰寺に向かう予定でいる。

 
二日目は禅師峰寺の境内から海を見下ろし太平洋の壮大さを感じてから、転げ落ちないよう急な階段に気を付けながら降りて町が運営する無料の渡船に乗って次の33番雪蹊寺に向かう。その後は34番種間寺35番清瀧寺まで行き、その遍路道の手前にあるビジネスイン土佐に泊まるのが順当だろう。前回は雪蹊寺の目の前にある高知屋さんに泊まってからのスタートでビジネスイン土佐に到着した時間が早すぎたので竹林寺出発なら丁度だろう。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

高速バスの時刻表を見ていたら第一便には「高知駅前」に到着する二つ手前の停留所に「一宮バスターミナル」と云うのがあるのを見つけた。「土佐一宮」という土讃線の駅があってそこから30番善楽寺が近い事を知っていたんで、その「一宮BT」はどの辺りにあるのか?調べてみたらそこから10分足らずの場所に「JR薊野駅」があることが分かった。高知駅前まで行かず一宮バスターミナルで降りれば、半ば諦めていた「高知駅10:43発、御免駅10:59着」の普通列車に乗れる可能性が見えてきた。

 

高知駅バスターミナル横の食事処で以前食べたカレーうどんをもう一度食べたいと密かに思っていたがそれよりは一時も早く区切り打ちをスタートさせる方が先だ!(高速バスの一宮バスターミナル着予定が10:22で普通列車の薊野駅発は10:46)。懸念していた31番竹林寺近辺のビジネスホテルも竹林寺の手前2km弱のところに「ホテル土佐路」というのを見つけた。(レビューを見ると忘れ物をした時のフロントの対応が悪いとか書いてあったが、ワタシは“ビジネスホテル”でありさえすれば外は許容できる)

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。