遅ればせながらの記事ですが

ほろちゃんのKINバースデー特別編の

「倍音を体験するお茶会」に参加してきましたよ。

(マヤ暦のKINバースデーの人に会うとハッピー、ラッキーなんだそうです)

 

 

今回は特別編ということで、ミチルさんの言霊ワークショップとのコラボ。

ミチルさんは「プチ」とおっしゃっていたけれど

全然「プチ」じゃなくってね。

とっても良かったです!

 

 

言霊ワークショップですので声を出すのですが

これが気持ち良くって

声で自分の調子が分かるって体感できました。

 

 

皆で声を出したら倍音みたいに響いてですね。

これがまた気持ちいいの。

 

 

自分の名前の大切さ。

名前を呼ぶことの大切さ。

名前は親やまわりの大人が付けたものだけど

魂てきには自分で選んでいるという視点を考える。

(これって潜在数秘術でもそう)

 

 

それから私的に響いたのは

名前は誰かに呼ばれるためにあるもの、ということ。

自分で自分の名前を呼ぶよりも

圧倒的に他の誰かに呼ばれることが多い。

誰かに呼ばれることでその名前を選んだ意味が

身体に浸透するのかもなーなんてね、思ったりして。

 

 

だったら自分の名前を嫌うよりも

たくさん呼んでもらうのがいいね。

(私、長らく自分の名前嫌いだったwww)

 

 

ミチルさんのワークショップのあとは

ほろちゃんのシンギングボウルの時間。

 

 

これはもう、安定の気持ち良さ。

前回もそうだったと思うけど

途中で痛みが出る場所があって

でもしばらくすると消えていってフッと楽になる。

 

 

今回は肩甲骨の脇に出て消えた。

うーん、やっぱり面白いな、これ。

 

 

などと感じているうちに終了。

あっという間の3時間。

ホントあっという間だった。

 

 

終わり方がなんというか自由解散みたいな感じ(笑)というか

ゆるゆるな感じというかで

それもまたヨシ。

 

 


ミチルさん(左)とほろちゃん(右)

 



何やらウケてますねー。



シンギングボウルの波動で波動水を作るの巻。

今回もステキなボウルたち。



ミチルさんの特別ギフト。フトマニ図のカード。

なんとなんと、裏は・・・


龍体文字でかかれた名前。「ゆうこ」って書いてあるんですよ。

一人一人に書いてきてくださったのです。

これがまた其々のを見比べると面白かった。

複雑な雰囲気の人あり

チャネリングしそうな雰囲気の字の方もあり

色々でした。

 

 

私の字はなんかスッキリとしてるというか

シンプルというか単純な感じ。

 

 

ミチルさん、ステキなワークショップとカードと

ありがとうございました。

 

 

ほろちゃん、KINバースデーのハッピーのおすそ分け

しっかり受け取りました。ありがとう~!

AD