もし何か事件があって、

記者の取材に答えた、近所の大人たちは

「あの子は、勉強できて、まじめな良い子だよ」って

必ず、言われていたと思う。


高1の1学期までは、


その夏休みから、人生が変わった。


中学からバンドをやっていて、

アマチュア・バンド・コンテストに出たりしていた。


進学すると、

その頃、多少は有名だったバンドの欠員として声を掛けられた。


先輩がプロとして上京するための補充だったみたい。


たった1週間の練習を終えると

週末はライブハウス

夏休みは、遠征にメディア出演や野外コンサート

ばれないようにリーダーの、いとこのお姉さんから

ワンレンの長いカツラを借りていた。


継ぎはぎのジーンズに、ロンブーにサングラス!


だれ風か?


クリーム時代のクラプトンかな


そこそこ身長もあったから

先生も補導員も誰も気がつかなかった。


なんでバンドだったんだろう、何かを表現したかった。

注目してもらいたかったのかも


その頃の、周りの女子はほとんどが年上で

子供の自分には、別の世界の

大人の女としか、見えなかった。


その何年か後で、気が付く事だけど、

勿体ないとしか言いようが無い(笑)


そう、まだ15、16、17歳だもの

背伸びしてたけど、子供だったんだね!


しかし、楽しい時間はそんなに長くは無かった。


背伸びをしている分、精神的につらくなってきていた。

営業ではあまり好みじゃない、楽曲のコピーもやらされた。

あとで数えたけと、高校時代の3年間のうち、

延べで2ヶ月くらいしか実家にいなかった。


自分では不良とは思ってないけど、

周りから見たら、立派な不良だと思う。


突っぱっていたけど、まだ、親に甘えたかったのかも、

クラスの友達と遊びたかったし、

卒業写真で、丸で囲まれずに写りたかった。

そして上京することになる。

AD

思い出話・副・サブ・番頭さん

テーマ:

過去のことを振り返るようになると

終わりが近いって言うけど

結構若い頃から、振り返り続けてた。


あんとき、失敗したなぁ~

こうやってればな~~。

って感じで


中学時代は生徒会の副会長

部活は副キャプテン

どちらも副が付く、


副・・・サラリーマンになっても、

上には団塊の世代が、何倍もの人数で陣取っていて、

中々、上司にはなれなかった。


いつまでたっても子分で、スタッフとして、誰かのサブで、2番目。


営業成績も、なぜか2番目


年数が経って、責任の量が増えてきても

やはり長の次のポジションで、

上がお休み時は代理、飲みに行くときの、かばん持ち


離婚寸前の、社長の奥様の話相手と、使い走り。


ただ、店舗のコンセプト作りは、負けない自身があった。

そこで

若者の街で流行を生み出した店から、衰退が見え始めた本店への転勤


初めて手がける商材を任され、専門店の新規の立ち上げ

商品知識をまったくの1から勉強した。海外へも飛んだ。


中途半端な知識は、お客様を不安がらせる。

だからプロフェッショナルを目指した。


しかし月末が近づいてくろと、

「お前は、今月は何やってたんだ!予算達成できるのか?」


完全な組織の中間管理職


文化的にとか、コンセプトがとか、集客が素晴らしいとかは

評価にはならない、やはり数字あっての話


頭を切り替えなきゃ。 

会社関係の営業を始めたのはまだ3ヶ月前

新人の営業は、まだ御用聞きしかできない。


来月には、話がまとまって、計上できそうな商談を

なんとか、今月契約してくれないかと、相手先にお願いに歩いた。


そんな時、かばんを抱えたまま通りがかった、

東京タワーを下から眺め、

その展望台にすい寄せられるよう上がった。


本社は高層ビル群のど真ん中、目立つけど、にじんで見えた。


前と今のお店は、両手を90℃ひろげた方向に見える。

その近辺だけが、異様に明るい。


「あの駅の周りには、何万人・いや何十万いるんだろう。」


「きっと、今日は特別幸せなやつがいるだろうけど、

 ついてなかった奴もいるよね。

 自分だけが、苦労してるんじゃないよね」


そして、見えるはずもない、田舎の方向を見つめた。

眼下のネオンが揺れながら、にじんで見えた。


そんな世の中を見て、いつかは!と、空想していた。

AD