久々のブログです。


今、新潟伊勢丹に、

1週間限定で出張販売に来ています。


色んな場所に行けて、「うらやましい」なんて
知人に言われたりするけど


大体、お店とホテルの往復なので、

地物を、食べたり飲んだり出来る機会は少なく

何処にいるのか、あまり印象のない町もあります。



今回は、業者の中に、知人がいないので
まったく外に、食事や飲みに行くこともありません。


しかし、となりのブースに、地元の業者さんが出ていたので
その商品を、興味深く見ていました。


試食もされていたので、


「ちょっと、試食していいですか?」と断って

その、商品を食べてみました。



「がび~ん!」(古いだろうか、この表現)









「うんまいっす!」






「なんばん味噌」









なんばん味噌


何でも、昔から越後に伝わるものらしい


なんばん味噌


商品についていた冊子を引用

「おいしさのひみつ」 


辛さ
(生)青とうがらし国産


香り
(農薬不使用)青じそ


コク
(木樽仕込み)越後米みそ


昔のまま
変わらぬ製法で。少量ずつじっくり鍋作り


無添加
自然のまま


季節限定
国内産(生)青とうがらしが、とれる夏季のみの限定製造




なんでも、国産の青とうがらしの、収穫時期にあわせて作るため


今月いっぱいで、販売は終了。
次回は、来年の夏だそうな。



さっそく入手


オマケに、有機栽培の「曲がった・きゅうり」もいただきました。
(閉店時間だったので、余った試食用のきゅうり)


みずみずしく最高!!




部屋に帰って、さっそく食べてみる


頂いた「曲がった・きゅうり」につけてみる


なんばん味噌


これ何倍でも、酒が飲める



別味の「なんばん味噌 ねぎ」



なんばん味噌



こちらは、ご飯が何倍でも食べれそうです。




この店のキャッチコピー



「初めて食べてもなつかしい」


「新潟すゝきや」



新潟伊勢丹のB1催事場で火曜日まで




ちなみに、その隣が「横浜夢本舗」です。


ブログを見て、いらっしゃったら、

お声をかけてくださいませ。





ついでに、余計な一言



みんな、スマートな店の、飯ばっかり食べてない?


みんな、本当の美味しいもの食べてる?


二つ星、三ツ星じゃなくたって、うまいもの五萬とあるよ


やっぱ、食は、素材だと、実感!


「かっこつけているお店に、うまいものなし」は昔から言われている事


華美な、箱や包装と、仕上げだけは美しいお菓子たち

何の材料使ってるのか、知る由もない。


シンプルなパッケージで、商品を包む当店


間逆を言ってる当店だから分かる


本当に、うまいものに出会ったときに

生きていることの、喜びがある。


AD

コメント(2)