議員には視察のための政務調査費が利用できる。
一般的に言い換えれば視察・研修旅行費とでも言えよう。
なぜなら視察に行かれても市政にプラスには結びつかないから。
さてどれだけの五島市議会議員が本気で取り組むか(笑)

アッハッハ


ところが身近なこの島で
市政発展・地場産業復活にプラスに結びつく視察ができるのです。
設置したよと連絡を頂戴したので
ついでに撮影して、じっくりと見てきましたwww


五島市スギでアピールを
http://510-journal.info/?p=2318

島内産スギ・ヒノキで誇れる新図書館を
http://510-journal.info/?p=2330


【五島市でもこのスギに注目してガードレール普及に走り出している社長。長崎県、五島市双方の行政に説明したそうだが。
答えは…
これが行政。離島の道路幅が狭いので~】


視察すりゃしなくて
現物も見ずして断り文句。


五島市内に設置完了していますので
五島振興局・五島市役所の両行政、そして政務調査費のかからない現地視察に五島市議会議員の皆様


行動すべき。

勉強すべき!

業者が儲かるのでない!

五島の林業復活も夢でないのである。


私がここで詳しく説明するのもいいでしょうが
現地にて、設置業者社長にお聞きになってください。
私自身無関係なこのガードレール。
しかしこのガードレールでどんなに夢が膨らむことだろう。


バイク・車でのツーリングにドライブ。
トライアスロンコースの道路サイド。

全国にアピールできるガードレール。

設置場所







大きな地図で見る
AD