2006年09月23日

Killer Cars

テーマ:ヒマだから
伊良湖


 あの福岡市職員の事故をきっかけとし、めっきり日本は飲酒運転列島となりました。前回の飲酒運転に対する罰則強化の効果が薄くなり始めたタイミングとバッチリ!どこぞの市職員が飲酒で捕まったとか、飲酒によるひき逃げがあったとか毎日のように報道されています。警察もここぞとばかりに検問を始め、収入アップに励んでいます。報道が加熱しているせいで突然日本中で飲酒運転が大激増したかのように錯覚しますが、当然そんなことはなくて、ただ報道されていなかっただけ。あの事故がなければ飲酒運転で誰々がつかまったなんて、誰も見向きもしないニュース。でもいまは違いますね、今このタイミングで飲酒で捕まってしまえば、誰もが当事者を責めるし、当人もとんでもない事をしでかしたと思い込んでしまう。どうも警察と報道ががっちりタッグを組んでいるような気がしないでもないが・・・。

  報道機関というのはテレビも新聞も東京に拠点があって、当然報道も東京中心になる。東京は世界の都市の中でもまれにみるほど公共交通機関が発達していて、公共交通機関というのは、まあ電車のことなんだけど、本当に網の目のように路線があって、本数も多くて、夜中の1時くらいまで電車も走っています。昔、夜の11時くらいの横浜駅の賑わいにすごく驚いた事があります。大阪なんかも良く発達しているように思いますが、東京の便利さにはかないませんね。名古屋なんてそういう意味では惨めなもんです、有名な地下街も9時にもなれば店のシャーターは降りて、ホームレスの寝床と化します。三大都市圏とは思えないくらい電車は発達してません、100m道路を誇りにしてしまっているくらいだし、TOYOTA自動車なんかも同じ県内に抱えるくらいなので、車が移動手段としては圧倒的に支持されています。名古屋がそんな状況なので、それ意外の地方都市なんかは察するにありあまるものがある。

  基本的に大都市圏以外の日本っていうのは、車生活を前提に街が形成されている。今や全国どこにでもある大型ショッピング・センターの必須条件の1つが、巨大駐車場。停めた場所を忘れて1時間くらい自分の車を探した経験がある人は多いと思います。そんなバカでかい駐車場でも週末になれば、駐車するのに1時間以上かかることもしばしば。一体どうなってんだって思ってしまう。そして大概の大型ショッピング・センターは広大で安い土地を求め、駅からは遠くは慣れた所に現れる。最初から電車でくる人達のことは考えてない。こういうショッピング・センターが花盛りってのが、日本の今の街の発展の仕方というのを象徴している。かつては駅中心に街が発展していたのだが、いまでは街の発展は完全にランダムだ。まあ道路があるってのは最低条件ですが。そんな道路もものすごい山の中まで伸びいたりもします。山の中にガラガラの高速道路だって完備されてる。

  飲酒運転撲滅ってことは、一部の土地に住む人以外は酒を飲むなと言うのと同じ意味を持つ。もちろん飲酒運転による悲惨な事故が起きるのは悲しい事だし、なくすべきだが、あまりに現状とかけ離れたルールというのは、どこかまた違う所にほころびをもたらす。確実に飲みに行く機会は減るし、その分楽しみもへる、駅や住宅地から離れた場所にある居酒屋はすぐにでも絶滅危惧種に指定されるだろう。歩いて飲みに行くってのは理想だし、僕も好きです。幸いにして歩いて行ける所にいい感じの居酒屋もあります。でも歩くにしてもだね、歩くのが楽しい街なんて日本中探してもほんとにないね。張り巡らされた立派な車道に、歩行者が通ることなんかまったく考えていないおまけみたいな道がついているだけ。取り締まりや罰則を強化するのは勝手だけど、その後の事も考えるべきだ、もちろん彼らが考えるべき問題ではないのは重々承知しているし、絶対考えないだろうけど。じゃあ誰が考えるのかっていったら、やっぱりその街に住む人達なんだと思いますよ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年12月23日

雪が降る町

テーマ:ヒマだから
スイス山

 名古屋では58年ぶりの大雪が降った。雪が降る事自体はそんなに珍しい事ではないのだけど、まるで雪国のようになってしまった街を見ると、とんでもない事になったと感じる。毎年2、3回は雪が降って2、3センチは積ったりするけど、車が通るアスファルト道路は真っ黒。それが今回は辺り一面真っ白の世界になった、それもかなり分厚く積ってて歩くたびに雪面に足穴をあけていく。本当に、まるで街ごと雪国に引っ越してしまったようだ。それにしても年末の3連休で、みんなあれこれ楽しげな予定を立てていた、このタイミングで災害レベルの大雪なんて意地悪だよね。

 朝起きたらまだ雪は降り続いてて、これでは折角の休みなのにどこにもいけないと、かなりブルーな気分だった。それでもちょっと出かけてやろうと車に乗りこんだ。幸い車は四駆だし小さいけど山乗りカーなのでちょっとの雪なら平気だろうと、もっこりとした雪に覆われた街にくり出した。フロントガラスに積った雪をおろして、なんとか前方の視界を確保、後部座席の窓は寒いし、めんどくさいのでそのまま雪をのせたまま、もちろん屋根にもたっぷりと雪を積んで。視界があるのは前方だけなので車内は真っ暗。動くカマクラです。乗用車よりも車高が高いのが、こういう時には本当に助かる。乗用車だと車体が雪にぶつかりそうなくらい積ってました。さすがに車は全然走ってないから、スリップして壁に激突しない限り時間がかかってもたどり着けるだろう。わだち以外にはたっぷりと新雪が残ってるからスリップしても雪に突っ込めば止まるだろうと。あれこれ考えながら運転した。いつもは結構大きなボリュームの音楽も運転に集中する為にカット。まだ雪は降っているのでワイパーもフル稼働。こうしてとても不安な気持ちでも、雪に覆われた静かな家々をみるといつもと違う街の表情になんとなく浮かれた気分になる。こんな中、外に出て来るのもちょっとした冒険みたい。でもそれも住宅街を抜けて幹線道路にでてしまえばおしまい。

 住宅街を抜け、幹線道路にでてしまえば世界はがらっと変わる。あれほど僕を悩ませた雪はどこにも見当たらず、真っ黒な道路が溶けた雪で光り輝いている。段違いの交通量が道路の雪を完全に溶かしてしまった。そこには騒々しくて、忙しい世界がいつもと同じような表情して、ある。少しだけほっとして、少しだけがっかりして、カーステレオのボリュームをいつもと同じだけにして、CDを買ったばかりのUKバンドに変える。

Let's forget about the party
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年11月29日

Star

テーマ:ヒマだから
プラネタリウム

  空を見上げがちな僕なので、夜になって輝く星を見るのもすごく好きです。わざわざ南の島に行って南十字星を見にいったり、流星群が降る時に山奥に見に行ったりとか、はさすがにしませんけど。田舎に旅行に行ったりしたら、夜中に散歩して見に行くくらいはします。

  メタファーとして星がなにかの目標であったり、最高の到達点であったりするわけで、星に向かって努力したり、絶え間ない努力の結果であったりとして使われます。輝かしいスター☆

  星を見てる時はそれだけでとても満足する。夜中にあてもなく町を歩いて、ひときわ大きく綺麗に輝く星を見つけて、ずーとずーとそれに向かって歩いているだけでも楽しい。メタファーとしての朝(朝が来て、夜中に輝く星に向かっての努力が報われる。)なんてこなくていい。夜通し少しも近づかない星に向かって歩いていければいい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。