2005年08月25日

亡国のイージス

テーマ:映画

オーストラリア
 原作者がローレライと同じという事でとても不安でしたが、この映画は普通に見れました。さすがに自衛隊全面協力の元作られただけはあって、この手の日本映画にはない迫力があります。近頃は映画を産業として輸出しようとしたり、国の後押しも始まったようです。国が後押しというのが不安といえば不安ですが・・・。今回も国のソフト産業育成のおかげで実現したのでしょうか?一昔前なら全く考えられなかった事だけど。ともかく自衛隊参加というだけあって、自衛隊の使い方という問題が全面に押し出されている。映画を見ていると、自衛隊が協力した理由が分かる気がしてくる。ややプロパガンダ映画に近い。これを見れば誰もが憲法9条改正、海外派兵OKという方向に導かれていく気がします。そんなことでもなければ自衛隊なんて映画に協力しないか?あまりに国を守るためとかメタレベルの話で片付けられてしまっているので、これは危険な映画になりかねない。そもそも一人の学生が書いた国を憂い論文が発端になって、自衛官の反乱を招くという設定がやたらと軍国的マッチョさを感じますね。それにしてもイージス艦ってあんなに性能がいいのだろうか?ミサイル攻撃を受付けず航空機による攻撃も迎撃できるらしいです。
 唯一の被爆国として、戦争を放棄した憲法を持つ唯一の国として、堂々と世界の中で発言すればいいのに・・・経済大国として世界でもトップクラスの国が、きちんと発言すればついてくる国は多いと思う。中東での日本に対するイメージの良さに気づいたのは、イラクへの自衛隊派兵と、イラク戦争の際のアメリカ支持の問題を通してだった。それはすでに台無しになってしまったけど。例え超大国アメリカ一国が猛烈にそれに反対しても、一国の反対など、どうでもいいではないだろうか?


ジェネオン エンタテインメント
亡国のイージス コレクターズBOX (初回限定生産)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年08月23日

リトルワールド    ~エキゾチック・ナイト

テーマ:フェスティバル
メンコ
 リトル・ワールドというテーマパークが愛知県の犬山市にあります。毎年夏になると、土曜日とお盆の間、9時まで営業時間を延ばし、ドイツのバイエルン村の前に屋台が並び、花火が打ち上げられ、民族楽器の演奏などもあって。それはそれは楽しいひとときを過ごせます。ここのところ毎年お盆の時期に行っていますが、全然飽きる事がありません、花火も5分で終わり、お世辞にも立派な花火とは言えないのですが、ゆったり近くから見れるので満足できます。

 リトルワールドは野外民族博物館です。世界中の色々な地域の家が移築されており、一日で世界旅行ができてしまう素晴らしい施設です。アフリカやアジアの民族衣装や、祭り用の仮面とか展示してある部屋は結構怖い。しかし毎年行っているにも関わらず、そういう施設には立ち寄ることもなく、沖縄の家で沖縄そばを食べながらオリオンビールを飲み、インドネシアの家で冷えたパパイヤを食べ、ドイツのバイエルン村の前で無料ビールを飲み、ソーセージを食べたり、インドのカレーを食べ、花火を見ながら、トルコ・アイスやイタリアン・ジェラートを食べるという、ただ屋台で料理を食べるだけのイベントになってます。だけどこれがめっぽう楽しい。完璧にフジロックのワールドレストランと思い出さずにはいれません。

 リトルワールドは山の中にあるので結構涼しいし、人も適度に集まっていて活気がある。世界中とはいいませんが、おいしい各国料理もそろっています。そして控えめな美しい花火があがります。 こんな贅沢なことは他にないでしょう。8時30分からの花火が終わるとみなさんぞろぞろ帰って行くのが不思議です。この花火を目的に来たのだろうか?と疑問が湧きますが、ここで帰るのがよいのでしょう。帰りがけのリトルワールドのショップ、ワールドプラザがこれまた楽しい、世界中からの集まった雑貨や食べものなど、近頃流行のアジア雑貨ショップなどに負けておりません。このショップだけ一般にも解放すればいいのに、いろいろと珍しいものがあって見てるだけで楽しいです。リトルワールドのナイター営業は、僕の密かな毎年恒例のフジロック的イベントなのです。おいしい食事と、人びとの活気、宵の空気と、夏の花火、これ以上望むことなどあるでしょうか?ちなみに8月の間の土曜日にはまだ、ナイター営業やっております。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年08月22日

祝祭的空間

テーマ:フェスティバル
フジシャツ
 夏と言えばフェスティバル・お祭りですね。季節を問わずこれといった年中行事に思い入れも、強制的な参加もさせられてこなかった僕なんかは、そこに一抹の寂しさを感じていました。そこに登場したのがミュージック・フェスティバルであって。これを中心に一年が周り始めた。もちろん最高峰はフジロックフェスティバルであって、他にはサマーソニックくらいしか行ったことはないのだけど、このフジ・ロックフェスティバルの影響はとても大きい。なにしろ毎回苗場について最初にグリーンステージを見るだけで感動してしまうし、その場にいるだけでいいなんていう、そこに流れている空気、みんなの想いみたいなものが、行く事自体を目的としてしまった。フジには音楽という柱があるのだけど、集まるアーティスト関係なく、イベント自体が目的になっているところが、実は音楽好きにはとても心地いい。とても安心感があるのです、音楽が好きなら楽しめるんだよっていうのが、あの苗場の夏の四日間を天国にしてしまう。宗教と一緒にしてしまうのは違うけど、聖地巡礼という言葉も思い浮かぶ。普段の暮らしや、世の中ではあまりに軽視されている音楽の力を、再び取り戻し、さらに音楽を信じることの出来る場所です。
 
 ミュージック・フェスティバルには音楽という側面とお祭りという側面がある中で、お祭りの持つ側面にも僕は魅力を感じるようになり、祝祭的何かにも惹かれるようにもなった。音楽好きしか集まらない一種のユートピアであるフジロックなんかと違い、一般のお祭りはやや不愉快な想いをすることがどうしても多くなる。それはお祭りに集まる人達が、祭りの柱となる精神的な部分を同じにしているわけではないからだ。ただ祭りだから集まっている人々が大半だろう。それが祭りの持つ本来の性質なのかもしれないけど、ちょっと有名な祭りなんかに行くと大変。全国的知名度のある花火大会なんかも大変、大変。
 それでもやはり魅力はありますね、人がいて、雑多な空間があって、屋台があって、なにかしら見るものがあって。大勢の人々が集まって、一緒に何かを楽しむというお祭りを、人間は止める事はできないのではないだろうか?もう終わりに近いですが、日本の夏は祭りの季節です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年08月21日

わたくし i pod

テーマ:音楽
マンモス
 ついに念願の i podを購入しました、これで毎日の通勤時間が楽しくなって、どこに出かけるのにも自分の好きな音楽と一緒!というハッピー・ミュージック・ライフが始まるというわけには行きません。なにしろ音楽好きなんですが、ウォークマン等のポータブル・プレイヤー使いません。高校の時買ったウォークマン以来です。一体何を期待していたのか?と購入してそれほど触られず放置されている i pod を見るたびに思いますね、今のところね・・・。
 8/4に日本でも i tune store のサービスが開始されました。それに伴い日本で既に音楽配信サービスを開始していた会社が、続々と値下げに踏み切るくらいアップルの参入は脅威です。既に海外ではダントツで成功しているし。日本版のアップルストアではまだまだ購入できる曲数もアーティスト数も満足できるものではないのだけど、 i tune store を覗くたびに、音楽への接し方って間違いなく激変するだろうなって確信します。それはi pod や i tuneと切り離せる話でもなく、一連の流れの中の要素に過ぎません。そう意味ではどれ一つも欠けてはならないはずで、僕があまり使うことを期待していなかったにも関わらず i pod を購入した動機になっているのでしょう。あまり使わないけど、こいつはすごいって思いますもん。何がすごくて、どんな風に変わっていくのかはまだまだ未知数な部分が多いけど、確実に変化はやってくるでしょう。 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年08月04日

ベックT part2

テーマ:バンドT
ベックティー
 最新?のベックTシャツです、フジロックフェスティバル 05’で買いました。さすがに年に一度のお祭りだけあって、みんなバンドTを着用しています。僕はTシャツを買うのが、フジロックに行く楽しみのひとつになってます。今年はなにかと条件が厳しく、結局フジロックTシャツが買えなかったし、パンフレットも買えなくて残念。雨の中並ぶのも大変だったし。見本として掲げてあるTシャツたちも心なしか地味だった気がしますね。でもあんなに雨が降っても、楽しかったと言えるは自分でも不思議です。一昨年は金曜日の雨のせいでブルーを引きずってしまったのに・・・今年は晴れたり曇ったりの天気だったから、まだ救われたかもしれない。かなり激しい雨が降ってても空は明るくて、すぐに止む事が期待できた、だから雨が降っても耐えられたような気がした。真っ黒な雲が空を覆っていたら途中で帰ってしまったかもしれない。ともあれ金土、僕が行った両日ともに雨が降っていたにも関わらず、意外と平気だったし、楽しかったと思えました。ちょっとタフになったかな?とはいえはやはり晴れて欲しいわ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。