医療技術の進歩や
医療機器の開発により

医療的ケア(たん吸引や経管栄養)が必要な状態でも
地域で暮らすことを望む人が増えている
 
本来、医行為は
医療スタッフ(医師や看護師)しか行えない
と法で定められている
 
しかし 在宅で暮らすことを望む
重度心身障害者、難病者、高齢者のニーズに
医療スタッフと家族だけで応えるのは
負担が大き過ぎる
 
そのニーズに応えるためには
医療的ケアを家族だけでなく
ヘルパーが担えるようにする必要がある
 
在宅患者やその家族の要望によって
2012年から
一定の経験を積んだヘルパーが

医療的ケアの技術を身につけるための研修を受けて
医療的ケアを担えるようなシステムが作られた
 
そのひとつが喀痰吸引等研修(第3号研修)
 
舞夢でも2年前から
この講座を開講している
 
詳しくは→2こちらを参照
 
市江
AD