リアル

テーマ:
生きているのあたし
この身体が
手を先頭に
浮遊する


過去は事実なの?
もう見えやしやない
あたしはあたし


今のあたし


何があたしの過去なの
歴史なの


誰か
教えて


会いたい
きみに
会いたい


わからない
いまと
過去と
きみへの気持ち


この指先
いつか
君に触れた

いますぐ
触れたい


確かに
これは
またひとつの
愛のかたち
AD

デジャウ゛

テーマ:
君がいる街


あたしがいた街


思い出す
あふれるかのように


心を締め付ける夜空
切り裂く青空


会いたい
きみに
失ってから気付く


ありきたりだけど


きみがいない
この街で
いつもきみを
探してる


ねぇ
抱きしめるから
戻って来て


まるで
無くした自分のように


あぁ
ただひとつ


きみにあいたい
あいたい
あいたい
AD

電車

テーマ:
気付いてた


きみが電車のなかで
ずっと
わたしの横顔
見てたこと


さよならがこわくて
うつむいたり
外を見るふりをしてた


あてもなく
ふわりふわりと
空中にある言葉を
つなぎあわせてた


でも
きみはじっとみてたよね


さよならの日


また
いつか


きみはそう言って


好きだよと


そう言って


ねぇ
子供みたいに
駄々をこねたい


行かないで
行かないでよ


手足をばたつかせ
泣き喚きたいよ


必ず
会いに帰ってきて


そして教えて


なぜ見つめていたのかを
AD

日々を

テーマ:

まっすぐに なにも隠そうとはせずに

その気持ちを わたしにくれたね

あの日から わたしたちは何も変わらずに

手をつないで 歩いてきたね


辛くなると きみの腕に赤い跡がふえた

自分を噛んでしまうわたしのかわりに

痛みをすべて受け止めてくれた


なにを信じたらいいか

ただお互いを

その明日を

きみが教えてくれた


風はかならずどこからか吹いてきて

種を根付かせ 雨雲を運び

花を咲かせる


そのために笑おう

今日も明日もその先も

涙を流す時間だけ笑おう


きみが教えてくれた




アドレナリン

テーマ:
眠りを妨げ


何と言おう


こつこつと襲い来る
過去の悪臭


いや


記憶なんて曖昧な物か
この脳を悩ませるのは


さては何れ来るやもしれぬ明日であろうか


いや


何れ来るやもしれぬ明日は
曖昧な記憶の作り出す妄想にすぎぬ


では


眠りを妨げ
いま私をしらしめている
この脳の信号は何で出来ているのか


横に眠る君を起こさぬよう
唇を噛み締めた

シャロン

テーマ:
掻き乱した
掻き乱された
ぐしゃぐしゃになって
もがきだしそうだ


言葉をぶつけても
理解されない
モンスターにさえ見えて
ぐしゃぐしゃになって
もがきたいくらい


幼いこの駄々みたいに
混沌としたそれに
自分もまた掻き乱され
地べたにつけた背中で
ぐるぐるまわってしまいそう


体のなかに
もじゃもじゃした
けだまがあるみたい
吐き出したい
吐き出したいよぅ


無くしたアイデンティティの鍵を
探してあげたい
探してあげるから
飲み込んで!
理解して!
このくだらない言葉を
当たり前の日常ってやつを!


あぁもがきたい
胸元掻きむしって

ホタル

テーマ:
美しい暗闇の森
黒い水の流れ
ヒカリは強く淡く飛び交う

愛を!愛を!!
命削って
君を!君を!!
ほしがる僕

火照る身体
唯。君を探し
流浪の旅へ

永遠(とわ)になんて無い
響く声に成らぬ声
冷たいヒカリ降るように舞う

愛を!愛を!!
命灯して
君を!君を!!
欲しがり止まない

火照る身体
只。君を探し
流浪の旅へ

愛とは君。
両手で納まるほどの命さえ
捧げたって惜しくない