※このブログにメッセージ等を頂いても夢丸には届きませんのでご了承下さい

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-25 01:10:30

五月二十四日(火)

テーマ:ブログ
信州上田。

昼食を食べるべくうろついていると、一軒の中華料理屋を発見。



腹も減ってきたし、ここにしようかな。

ところが、昼時にもかかわらず何故か中が薄暗い。
そして入り口に貼り紙が掲示されていた。



『お知せ』

…いきなり一行目から暗雲が立ち込める。
デカデカとおシセ。本当に知らせる気があるのか。
ら抜き言葉の弊害は、ここまでも及んでいる。ゆゆしき事態だ。

『2月26日から都合のだめしばらく、お休みさせて頂きます、お勝手ながら、まだこ来店お待ち下さいませ。』

…読み返す度に、何か不安にかられる独特な言い回し。
しかし無茶苦茶ではあるが、言わんとしている事は何となく理解できるのが不思議ではないか。

まあ商売が中華料理屋。
恐らく中国人の店主が一生懸命、他国の言語でのお知せをかいたのだろう。
それを一々あげつらうのもナンセンスと言うものだ。

『店主:小林健○』

嘘だろ!
…バ、バリバリの日本人じゃねぇか!!

教育水準県・長野の闇は深い。
AD
 |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-05-20 00:31:58

五月十九日(木)

テーマ:ブログ
一体、何歳頃から「俺は大人だ!」と胸を張って言えるものなのだろうか。

日本国憲法からすれば二十歳であろうが、我が身を省みて全く大人じゃなかったもんなぁ。
現時点でも胸を張っては大人と言える自信が無い。

“大人”という概念が難しいが、ジャズの流れる中、静かにオンザロックでも傾けている様なイメージだろうか。

我ながら貧困な“大人感”であるが、少なくともそんな人たちは「俺は大人だ!」などと胸を張っては宣言しないだろう。


そんな私め、本日(十九日)が誕生日でございました。

ハッピーバースデー・トゥーミー!

今までは毎年浅草の真打ち披露興行の打ち上げの日とかぶっており、色々働き回り、大体祝福される側では無く、する側だったのだが、今回もう僕は真打ち!

…しかし真打ちになったとたん、毎年手伝いに行っていた披露興行も十日のうち数日間顔を出すにとどまり、結果今日はクリーニング屋とスーパーに行って一日が終了するという、とんでもなく地味な誕生日。

いまだかつて、こんなに人と会わなかった誕生日は初めてかも知れない。

「なんだよ~また今年も祝う側かよ~!」
などと打ち上げ会場でのたまっていた時分が花であったか。

ただ、祝福の御連絡を頂いたのは嬉しかったです。


内面はさておき、外面はオッサンに近づきつつある
今日この頃。
まだジャズもオンザロックも程遠い様な気がする。


ちなみにこんな店があった。



『大人』。
シャッターが閉まっていて分からないが、恐らく営業日はジャズを愛するオンザロック飲み共がひしめく、そんな店なのだろう。
(終始“大人”に対するイメージが貧困)
AD
 |  リブログ(0)
2016-05-18 01:01:02

五月十七日(火)

テーマ:ブログ
昨日まで仕事で、北海道は函館・登別・定山渓と回っておりました。

御一緒させて頂きました桂よね吉師匠には大変良くして頂きました。
有難うございます!

初日は函館は湯の川温泉。
会場は温泉旅館なのでもちろん豪奢なお風呂があり、そちらも堪能させて頂いたのだが、近辺には銭湯も点在しているとの事。
酔狂な様だがそちらも行ってみる事にした。



入り口を通り抜け番台にて湯銭を払うと、早速浴室へ。
中々年季が入った造りである。

真ん中に円形の浴槽がドーンと陣取り、壁づたいに洗い場があるというシンプルな配置。
何故か男湯と女湯の仕切りが、すりガラスという無駄にセクシーな設計だ。

そして何より特筆すべきはお湯の熱さ!
色々巡って慣れているつもりではあるが、こちらも中々である。

2~3分入っては冷まし、を繰り返していると、後から来たおじさんが湯にザンブと浸かり、

「あー、ぬるい!今日は特にぬるい!」

と、まるで『強情灸』のマクラの小噺みたいな事を言っていたが、真っ赤っ赤であった。
僕も身体が冷めたので再び浴槽に入ると、

「いやぁ、ぬるい!どうだ、ぬるいだろ!?」

と問われる。
一体、どう答えるのが正解なのか分からない。
いやぁ本当にぬるいですねと答えればまさしく強情灸の小噺なのだが、生まれついての正直者なので、

「いや、熱いです。」

と答えた。

「熱い?これが!そうかそうか、ハッハッハッハ!ぬるいぬるい!そうか、熱いか!」

…どうやらこちらが正解だった様だ。
かなりご満悦の様子。

のぼせて来たので上がると、脱衣所に居た別なじいちゃんが、

「ん?もう上がるのかい?」

と話しかけてくる。

いやぁ、熱いもんでのぼせてきました。

「いやいや、これは普通だよ、ハッハッハッハ!のぼせちゃったか!」

…湯に入ってのぼせただけで、こんなに皆さんにお喜び頂けたのは初めてである。
こちらの皆さんはフレンドリーだが、若干Sっ気が強めの様子。

しばらく扇風機にあたっていると、注意書きが目に入った。

『お客様のご迷惑になりますので、お風呂の栓は抜かないで下さい。』

…当たり前だ!
とも思ったのだが、貼り紙をするに至ったという事は
こういう事が多々あるのだろう。

こんな熱い湯を愛している人々が集まる銭湯、その湯を抜いてしまうとは。
さっきのおじさん達など落胆してしまうに違いない。

S達を落胆せしめるS。

人間、上には上が居るものだ。
AD
 |  リブログ(0)
2016-05-12 00:21:45

五月一日(水)

テーマ:ブログ
ちなみに、こちらが石垣島だけで販売をしている飲料、『ゲンキ・クール』。



活発なのか、冷淡なのかよく分からない。
この少年が、ゲンキかつクールなのだろう。

この出で立ちで元気に駆けずり回りながら、

「イェーイ!元気元気!楽しーい!!
………だけの男かと思ったら、大間違いだぜ……」

などと元気&クールに決めてくれているのか。


良く分からんが、せっかくなのでそんな“情熱と冷静の間”的な商品を買ってみる事にした。

サイズも1リットルから様々な物があるが、全く味の予測がつかない為、恐ろしいので一番小さいゲンキクールを購入。
確か、七十円くらい。

あんまり見たことの無いサイズの紙パックだ。
ホイップクリームとか入っている奴の大きさ。

味は、ピルクルとかビックルとか、そんな系統だろうか。
まあ、ゲンキが出そうかと聞かれればそうかもしれない。
ただ、長いこと持ち歩いていたので、全くクールではありませんでした。
こちらのせいだけれども。


…あと話は全然変わりますが、今日は本当に記念すべきと言うか、悲しいと言うか、人生初の出来事が勃発しました。

山手線に乗っていた所、なんと席を譲られるという快挙。(まだ三十代前半)

…初めは全く事態が飲み込めず、完全にパニック。
もちろん丁重にお断りしたが、向こうも頑として引き下がらず。

結果、根負けして座ってしまいました…。

しかし、何故僕に譲ってくれたのだろうか。
お見受けする所、東南アジアの方だったので僧侶と間違って譲ってしまったのも知れない。
物凄く僧を敬う国民性で。

もしくはよっぽど疲れている様に見えたのか。
物凄く体調は良いのだけれど。

僕の横が空いたらまたすぐにその方が座られたので、無性に席を立ちたかった訳でも無さそうだ。

もうこの件は迷宮入りである。

この年齢で席を譲られ、そのうえ狼狽してしまうという悲しい有り様。

もう残念ながら僕は、ゲンキでもクールでも無い様だ。

 |  リブログ(0)
2016-05-09 01:36:16

五月八日(日)

テーマ:ブログ
先日石垣島の事を書いたついでに、もう一つ。

町を歩いていると、何故か石垣島はロッテ球団色が強い。
『頑張れ!千葉ロッテマリーンズ!』的な幟やポスターが、そこここに貼られている。

「何故?」とも一瞬思ったのだが、ロッテに所属している大嶺兄弟が石垣島出身。
それに準じて、ロッテのキャンプ地も石垣島に移したという経緯がある。

なので、コンビニに入って雑誌コーナーを見ても、脆弱な品揃えの中に千葉ロッテマリーンズのファンブックが。



こんなの結構大きめの本屋だって売っていないぞ。
やっぱり石垣島では需要があるのだろうか。

長い船旅である。
せっかくなので購入してしまった。

このファンブック、付録のDVDまでついているのだが、内容がどういう訳か11年前の試合。

楽天イーグルスが発足して開幕二試合目。
『ロッテ26-0楽天』という歴史的点差の試合、楽天ファンからすると嫌がらせ以外の何物でもない付録である。

「何故今更!?」という気もしないでは無いが、船の部屋(なんとDVDプレーヤーが装備されている)で見たところ、これが結構面白かった。

先発の藤崎投手、この試合楽天唯一の安打を放った長坂捕手、何故か応援歌が『ドリフ大爆笑』だったロペス内野手等々、初年度の楽天メンバーは「そういや居たなぁ…」という妙なノスタルジックに浸れる渋い面子であった。

そしてこの映像の解説をしているのが、この試合一安打完封をした渡辺俊介投手。

自分が投げている試合を自分で解説するというシュールな構成。
やりづらいだろうなぁ…

そして本の内容は、選手名鑑やインタビュー、そしてOBの順位予想等が。

ちなみにOBは、有藤通世・倉持明・小宮山悟・里崎智也と往年の名選手。
して、その予想結果は…


有藤氏・4位
倉持氏・3位
小宮山氏・5位
里崎氏・3位

…リ、リアル過ぎだろ!

おおよそファンブックとは思えぬ、夢も希望も無い正直な分析。
誰かお世辞でも優勝とか2位とか言わなかったのか。

この本を買ってしまったファンの心中、察して余りある。

ちなみに全員優勝はホークスと予想。
そして5月8日現在、首位はホークス。

そして何と2位には、OBからすらも辛辣な評価を得ているマリーンズ。
シーズン終了時、果たしてどうなっている事やら。

是非、OBの予想を裏切って貰いたいものである。

…6位以外で。



 |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。