Aussie Physio (オーストラリアの理学療法)

日本で理学療法士として働いた後

オーストラリアでPhysiotherapist (理学療法士)になるために渡豪

そんな日々の中での気づき


テーマ:

つい先日、 オーストラリアスタディーツアーと題して6人の日本人理学療法士の方々(学生一名)がパースに来てくださいました。内容としては、パースにある  Sir Charles Gairdner病院見学と僕が実際に働いているクリニックの見学、そしてパース観光を楽しんでもらいました。

 

色々とお世話になっている岩田研二さんのブログにツアーの様子が載っていますので興味のある方は是非彼のブログをご覧ください。また来年も行う予定ですので、興味のある方は是非ご参加ください!

 

日本で様々な分野で活躍されている先生方、また学生さんながらも国際的な活動をされている方もいて本当に刺激的な時間を過ごさせてもらいました。僕がこちらで活動していることが、何らかの形で日本との理学療法士の方々への架け橋となれればいいなと強く思いました。

 

そんな充実した時間を過ごさせてもらった12月ですが、そろそろ2016年も終わりに近づいているということで、自分の中のこの一年の心境だったりを書いていこうかなと思います。

 

 

 

2016年の一年間は、自分にとっても色々なことがあった一年でした。以前のブログにも書いたように、本当に自分にとって大事だった人を傷つけてしまい、何を大事にしていけばいいのか迷った一年。今年は大学院を本来であれば終える予定であったのに、大学側が海外留学生を入れすぎてしまい、履修科目に登録ができず、一年間の Gap Year  (休学)となってしまった年。そんな中でも以前働いていた職場の上司が独立をするということで声をかけてもらい、一緒に新しいクリニックの立ち上げを手伝わせてもらうといった貴重な経験などをさせてもらいました。

 

 

また、9月には日本でご活躍されている福井勉先生のメルボルン講演会にお邪魔させて頂き、海外で自分のオリジナリティを出していくことの重要性、そしてそれを背負って戦う福井先生の姿に本当に胸が熱くなり、その夜一人で興奮して眠れなくなったのを覚えています。ただ言葉にするだけでなく、背中で語ってくれた福井先生のような素晴らしい理学療法士がいる日本をとても誇りに思いました。

 

 

そして、11月には自分の大事な友人であり、人生の先輩であり、お兄ちゃん的な存在の友人と旅行に行って来ました。詳しいことは書きませんが、今回の旅行には理由があり、もちろん一緒に観光ができたことも楽しかったですが、本当に意義があったのは、お互いの心境やこれからのことなどを沢山話せたことだと思います。彼は、僕が自分の存在が人に影響を与えていることに対してより自覚を持つようにとも教えてくれました。自分は自分だったし、特別な存在って思ってもいないけど、客観的に自分のことを見てくれている人がいること、そして自分がオーストラリアで働かせてもらっているということをもっと還元していければと強く思いました。

 

 

このように自分がオーストラリアで働かせてもらっているということで色々な出会いがあり、素晴らしい経験をさせてもらった Gap Yearとなりましたが、来年からは残りの修士課程も始まり、より多くのことを学ばせてもらう年になると思います。僕はオーストラリアで再度資格をとり、こっちで働いているということで一見自分のやりたいことがわかっているように見えるかもしれません。でも、僕も日々自分の中での心境の変化があり、何が正しいのか、何をしたいのか、これからどうなっていきたいのか、それが変わっているのも事実です。ただ、この一年を通じて思ったのが、自分が今こうやって生きて何かしら形を残していくことが出来ていることは、多くの人が望んでも叶えることが出来なかったことでもあると思うと、本当に一生懸命に生きることが大事で、小さなことでもいいから自分が存在したことの意義を感じて生きていければなと思いました。

 

 

まだ少し早いですが、皆さんにとっても実りのある一年であったことをお祈りしています。来年も素敵なことも、辛いことも全て意味のある年になるよう人生を楽しんでいきましょう。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
丸7年

昨日は自分が2009年に日本を発って丸7年でした。

7年前、まだ自分がどうなるかもわからずに、ただオーストラリアで理学療法士になりたいといった気持ちだけで飛び出していった24歳の冬。

つい先週まで日本に帰国していたこともあり、色々なことを感じた一年になりました。日本の理学療法のこと、自分の未来のこと、そして自分の家族のこと。

今回の帰国は、本当に色々な出会いがあり、今まで自分が行ってきたことを客観的に見ることができた良い機会になりました。当初の目的は、オーストラリアで理学療法士になること。その夢を叶えるために必死になった4年半でした。楽なことの方が少ない道のりでしたが、失ったものと同じくらい得たものもある人生の転機となった数年でした。

その夢を叶えた後は、理学療法士としての技術と知識をより伸ばしていくこと、そういった意味で大学院にも入学し、現在も継続しているところですが、今度はそれを終えるとどうしたらいいのだろう。正直そういった気持ちがでてきました。



僕には6年間近く付き合っている彼女がいました。大学院に進学するかどうかを考えている時も、もちろん自分の知識と技術の向上のためといった理由はありましたが、その人は国外から来ていたため、その人の国で働くとなると将来的にオーストラリアの修士などの資格があると仕事も見つかりやすいだろうし、色んな面でプラスになるだろうと思って進学したのですが、実はそれがその人にとっては本当に嫌だったようで。。。

仕事と大学院の両立ということもあってやはり平日などはあまり時間を過ごしてあげることができず、結局すれ違いになってしまい別れてしまいました。その時、自分はなんでそういったことを犠牲にしてまでこんなに勉強しているんだろう、と正直思ってしまいました。ただ、やはり臨床にいると、オーストラリアでも日本人の自分を患者さんが必要としてくれる、そういったことが本当に支えになって、やっぱり自分はこの仕事が大好きなんだなぁって思うと、進学して良かったし、今はその人とのタイミングじゃなかったんだと思います。

どうしてこういった話をするかというと、オーストラリアで理学療法士になるといった目的はもちろん一番最初にありましたが、やっぱり僕らも人間で、何か目標を達成しようとしてる中で色んな人との出会いがあり、今後僕のようにオーストラリアに来ようと思っている方々も、少なからず何かを犠牲にしながら前に進んでいくことになると思います。決して楽な道のりではないですが、何が正解で、何が間違えってことはなく、それを楽しみながら、苦しみながら進んでいくと、ふっと振り返ったときに自分の歩んできた道が自分をどこまで運んできてくれたのかが見えてくるんじゃないかなって感じました。

日本にいるPTのみなさんは、やっぱり勉強熱心で自分もまだまだ沢山勉強しないといけないなぁと感じる帰国になりました。今後も自分は自分のペースで色々な情報発信をしていければなと思います。今日も読んでくださりありがとうございました。

江戸英明
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりの更新です!

最近の自分は大学院の一年目が終わり

色々なことがあった一年だったなぁと振り返りながら

日々の仕事と適度な運動を楽しんでいます

今日は当たり前の作り方って題名

当たり前ってなんだろうって思うかもしれないですが

当たり前の反対はありがとうとかそういった話ではないです


僕らが今当たり前に行ってることは

ずっと最初っからできたことでしょうか

車を運転すること

言葉を話すということ

5km 止まらずに走れるようになること

聞き取れなかった英語が聞き取れるようになること


きっと数えたらキリがないくらいの当たり前を

僕らは1日を過ごす中でこなしていると思います


ただそれができるようになるまでは

何十回、何百回、何千回といった失敗を重ねて

そこにたどり着いたんだと思います


じゃあそれが突然当たり前になるのか

きっとそんなことはなく

何度も繰り返していくうちに

あれ、なんかできるようになってるって感じるんだと思います

そしたらそれが今度は苦労ではなく

当たり前にできるようになってくる


でもそこのレベルに達するまでに

多くの場合やめちゃうんじゃないかなって思う

やっぱり僕もそんなに気持ちが強い方じゃないから

本当に続けることを意識しながら

そうしないと当たり前にたどり着く前に終わっちゃう


今こうやってオーストラリアで働くことも

始めたばっかりの頃は全くできなくて

失敗だらけだったけど

意識しながら続けていくことで

今働けるようになった

それが当たり前ってのはおかしな話だけど

だけど最初ほど言語とか

コミュニケーションって意味で苦労しないようになった


当たり前にできるようになるために

僕らは一体後どれくらいの時間が残ってるのだろう

生きているうちにあと何回失敗する機会があるのだろう

一体どれくらいの人が自分がやろうとしてることに

向かい風を吹かしてくるんだろう


一体いくつの当たり前を自分の人生に作ってけるんだろう

そしてそれがいつかはみんなの当たり前になるように。。。


そう考えると今やってることで当たり前になって欲しいこと

限られた時間の中でそれを続けていくこと

それが一つの人生の楽しみ方なのかなって思ってます


人生有限



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
人生のゴール設定のはなし

今日の大学での一コマ
僕らが患者さんへゴールを設定するときって
僕らが患者さんが何が必要で
どうなりたいのかってのをベースに考えて作ってくもの
一方通行じゃもちろん最善のものは作れない

じゃあゴール設定が決まったら
今度はなにするのか
ゴールに到達するためには目標設定が必要
小さいゴールを立てていくことが
ゴールに到達するための唯一の手段

これは人生でも例えられること
ゴール :  例えば旅をしていて目的地Aに行きたい
それには方向性が必要 : 例えばそれが西の方向

方向性は西に進むこと(value-価値)
目的は Aに到達すること

じゃあどちらが先にきて
どちらが先に成し遂げられるのか

もしかしたら西に進むことに終わりはないかも
それは成し遂げることができないかも

でも  きっとおそらく目的地Aには着けるかも
じゃあ西に進むことの価値ってなに?

多分そこが僕らが見落としてるところなんだと思う

どういうことかっていうと

例えば今日僕は4キロ走った
それは健康のため?理想の身体作りのため?
その走るっていう行為の先にあるものに対して
意識が向かってる

でも走ってる時の
その走ってるっていう行為にあまり気が入ってない

走ることを楽しむんじゃなく
その先にあるものを楽しみにしてるが故に
「いま」という価値ある時間と経験が
自分のゴールにたどり着くための
ただの過程となってただ過ぎていく


 例えばいま学校で勉強してる人がいるとする
それは自分が将来なりたい理想の姿のため
これが終われば将来はきっと……

今辛いなと思いながらもやってることがあるとする
きっとそれも将来の自分もしくはヒトのため

それって間違いじゃないし
それが努力するための起動力になる

僕らの社会っていろんな人からの期待や
自分がどうなりたいかっていう気持ちから
そういった意識が向かってる先が

過去からくるものだったり
未来へ向かうものだったり

だけどそれが
「いま」っていう時を薄れさせてる

英語でmindfulness っていう言葉がある
Meditation (瞑想)とかでよく使われる言葉
being in present って言われたりするけど
要は「いま」に存在すること

ゴール設定することは大事だけど
その過程「いま」を楽しむことは
ゴールに到達して満足感を得るのと
同じくらいに大事なんじゃないかな

「いま」自分がやってることを
楽しめるようになると
人生って本当に楽しくなるんじゃないかなって
今日走りながら思いました

さぁ寝ようzzz 睡眠最高 おやすみなさい⭐️
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近は大学院で痛みのマネジメントについて学んでいますが、本当に沢山考えさせられることがあって非常に勉強になっていると同時に、僕ら医療従事者が行っているマネジメントが(全てではないですが)何パーセントかの慢性的な継続する痛みを引き起こしている可能性があるのではないか、という風に感じています。もちろんそんなことなく、素晴しい治療・マネジメントを行っている医療従事者の方を沢山知っていますので皆がそうだというわけではありません。


では、どうしてそういう風に感じるのかというと例えば急性腰痛の場合、それが非特異性腰痛(Red flagsなどの所見が認められない)であれば、ガイドラインなどのエビデンスによると90パーセントの腰痛は6週間以内に治るとされています(Van Tulder et al 2006)。もちろん全ての患者さんがここに当てはまるわけではないですが、このエビデンスは適切なマネジメントを行うことによってほとんどの患者さんが慢性痛へ進行することを防ぐことができると捉えることもできると思います。


ですが、オーストラリアでも慢性痛の社会的負担は大きく、オーストラリア人の5人に1人が慢性痛を持っているというデータもあります。こちらの画像に載っているグラフは学校のレクチャーで使われたものですが、なにを示しているかというとイエローフラッグがいくつあるかによって、どれだけ痛みが継続する可能性があるかということを示しています。



イエローフラッグが5つもしくは6つある人は痛みが1年経っても回復せず、逆にイエローフラッグが少ない場合は痛みの回復が早い段階で認められていることがわかるかと思います。さらに興味深いところは、最初の6週間の時点では痛みの強度には、イエローフラッグが沢山ある群もない群もあまり差がないことが見て取れるかと思います。しかし、発症より3ヶ月経つころに徐々にその差が出てきています。


これは、慢性痛を有する患者さんは3ヶ月(おおよその急性から亜急性期が終了する時期)を過ぎた時点で急に慢性痛に移行するのではなく、急性期の時点でプライマリーケアの医療者(日本の場合ではDr.がほとんどになると思いますが、整骨院、整体院、鍼灸なども含めた個人経営のクリニックに勤める治療者も含めて)が慢性痛へ移行する可能性を早期発見し、それに伴った最善の対処を行う重要性があることを裏付ける証拠になっていると思います。


では、実際にどういった形で僕ら医療従事者が慢性痛を作り出している「可能性」があるのか(あえて可能性と言わせていただくのは、それが真実かどうかはわからないからです)。


今年出版された Implications of early and guideline adherent physical therapy for low back pain on utilization and costs (Childs et al 2015) という文献に、どれだけの理学療法士がガイドラインに沿った腰痛の治療を行っていたのかという情報が載っていますが、43.2%がガイドラインに沿った治療を行っていたのに対して、56.8%がそれとは異なった治療を行っていたと表記されています。患者が治療院を訪れた平均回数は、2年間のフォローアップでガイドライン群が6.2(SD7.6)回に対して非ガイドライン群は15(SD17.2)回となっています。また、ガイドライン群では非ガイドライン群と比べてMRIやCTスキャンの撮影、脊椎注射、腰椎の手術が優位に少なかったと出ています。


以下に腰痛や、急性期の筋骨格系疾患に対するガイドラインのリンクを貼っておきますが、これらのガイドラインでも急性腰痛においてレッドフラッグの可能性がない場合には、活動性を制限しすぎないこと(不要なベッド安静や日常生活活動の制限)、自発的なマネジメント(他動的なマッサージやマニュアルセラピーに頼りすぎるのではなく、自ら痛みの許容範囲でどんどん動いてもらう)、急性期(最初の4-6週まで)におけるマニュアルセラピーやNSAIDsの使用、Reassurance (主に痛みに対する恐怖心を減らすためにアドバイスや安心感を与えること)を行うことなどがエビデンスとして出ています。

http://www.nzgg.org.nz/guidelines/acutenslbp

http://www.backpaineurope.org/

http:UK!low!back!pain

http://www.acc.co.nz/PRD_EXT_CSMP/groups/external_communications/documents/guide/prd_ctrb112930.pdf

これらのことは、ダイレクトアクセスが行われている海外の理学療法教育では当然のように取り入れられていますが、それでも先ほどの文献のように半数以上のPTがガイドラインに沿ったマネジメントを行っていなかったという状況があります。この背景にはいくつか考えられますが、ビジネスや今だに根強く残っているバイオメディカルモデル(生物学的)だけの偏り、などの複雑な要因が関連しているのではと感じています。


僕がこちらで働きだして実際の現場を肌で感じて思っていることは、クリニックにもよりますが、やはり多くの医療従事者は慢性痛だけに限らず、急性期においてもバイオメディカルモデルのみに沿ったクリニカルリーズニングを行い、それによる治療に専念しているため先ほどのイエローフラッグなどの要因を見逃す、または気づいていてもそれを重要視せずに患者さんへの説明としてtissue dominant (組織の問題のみ)の臨床推論を進めるということが少なからずもあります。


また、ビジネスの要因としてはいかに患者さんをリピートさせるかにフォーカスが当たりすぎ、実際には非特異性腰痛でレッドフラッグもなく、早期に良くなる可能性があるにも関わらず、適切なマネジメント(Reassuranceや恐怖心を減らすアドバイスなど)を行う代わりに、レントゲンを撮りましょう、かなり退行性変化が認められますね、あまり動きすぎないようにして下さい、腰の筋肉が硬いのでもっと治療が必要です、などなどの誤ったアドバイスによってどんどんイエローフラッグの発達を助長している可能性があると感じています(もちろんそういったアドバイスが適切な場合もありますが)。


僕が実際に経験した例になりますが、昨日訪れた新患さん、40代の女性の方で3週間前ほどに荷物を持ち上げる際に腰をひねり、腰に激痛が走り数日間安静、仕事も休んで急性の刺すような痛みは最初の一週間でなんとかとれたが、ズキズキとした痛みがさらに2週間待ってもとれずカイロプラクティックを訪れたそうです。そこでの治療などに関しての詳細は割愛させて頂きますが、アドバイスとして言われたことが、普段行っているヨガや太極拳などのエクササイズをしばらくやめるように勧められたそうです。


その後、一週間で3回治療を受けるも痛みに変化がなく僕の働くクリニックを訪れたのですが、話を聞くところによると腰のストレッチをすると痛みが和らぐようでした。どうしてエクササイズをしないのか聞くと、カイロにしばらく普段のエクササイズを止めるように勧められたことが一番の原因で、いくら自分が痛みが和らぐと感じていても医療者に言われた言葉がかなりパワフルなメッセージとしてこの患者さんに捉えられていたみたいです。問診や身体的評価から、レッドフラッグもなく、非特異性腰痛であること、神経根症状なども認められないこと、ストレッチが本人の症状を和らげていることなどをしっかりと説明し、病態を理解して頂いた上で普段行っているエクササイズを再開するように伝えました。

今回の治療では、腰部筋群やfacet joint に多少の硬さはあったものの、マニュアルセラピーは全く行いませんでした。しかし、ご本人の満足度は実際のハンズオンの治療を受けた時よりも高いとのことでした。こういった症例を経験すると、もしこの患者さんの話から身体的所見のみの情報にとらわれてしまい、本人がエクササイズを止めた理由などにアプローチせず、単純に身体的評価から硬い筋や関節のみにアプローチしていたら、もしかしたらこの患者さんは慢性痛への道を歩んでいたかもしれません(まだ実際に経過を追っていないので果たしてこのアプローチが正しかったのかはわかりませんが)。

僕ら医療従事者の発言は、僕らが思っているよりもとてもパワフルで、いかに簡単に患者さんの思考を良い意味でも悪い意味でも変えてしまうことがあるということを感じています。もちろん慢性痛になる可能性がある原因はこれだけではありませんが、こういった側面も今後考えていかなければならない重要な一部であると思います。大変長くなりましたが、こういった情報がなんらかの形で一人でも多くの患者さんを救えたら幸いです。

今日も読んで頂きありがとうございました!!



Van Tulder M, Becker A, Bekkering T, Breen A, del Real MT,
Hutchinson A, et al. Chapter 3. European guidelines for the management of acute nonspecific low back pain in primary care. Eur Spine J 2006;15:S169-91
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。