競馬徒然日記~ヤマザキ的思考回路~

競馬専門紙・優馬のトラックマン山崎が、競馬の事を中心に気ままに書いていくブログです。
少しでも競馬に興味を持ってもらえれば幸いです。


テーマ:

★第69回阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)

 

◎ ⑱ロックディスタウン

○ ⑪ラッキーライラック

▲ ⑫ソシアルクラブ

注 ⑦リリーノーブル

△ ①サヤカチャン

△ ⑧トーセンブレス

 

 ◎ロックディスタウンは、新馬戦ではスローの瞬発力勝負を32秒5の上がりを使い楽に抜け出しタイムフライヤー(その後2連勝し、京都2歳Sでも②着)相手に快勝。前走の札幌2歳Sでは、小回り・力の要る洋芝に対応して着差以上に強い勝ち方。異なる条件で牡馬相手に2連勝しているのですから、牝馬同士なら完成度の高さ・ポテンシャルの高さは一歩抜けた存在とみます。マイルはベストではないと思いますが、今の時期の2歳同士で、直線の長い阪神外回りならポテンシャルで克服可能。今週はかなり重いウッドが応えたのか(?)併せ馬で遅れたものの、1週前には迫力ある素晴らしい動きで時計も優秀。仕上がりも良さそうなので中心視したいと思います。

 

 ○ラッキーライラックは2戦2勝。好位につけられる競馬センスがあり、終いの脚もしっかり。この馬もポテンシャルは高いですね。唯一の課題は右回りが初めてだということですが、調教VTRを見ても手前をスムーズに替えていましたし、併せた馬をアッサリ突き放した最終追い切りも上々。まず相手筆頭の存在。

 

 ▲ソシアルクラブはご存じ母ブエナビスタという超良血馬。前走は勝負所で手応えが悪くなりましたが、直線で外に持ちだすと母譲りの切れ味を披露。新馬戦で揉まれる競馬をした経験が生きると思いますし、あの末脚を見ると、阪神外回りはプラスに出るはず。1勝馬でも侮れない存在。

 

 注リリーノーブルは2戦2勝。前走も内から楽に抜け出し完勝でした。ただ、前走は相手に恵まれた感は否めないですし、余力を残しての勝利とはいえ、中1週のローテーションも気になるところ。4番手の評価に落としました。

 

 1枠1番の絶好枠、単騎逃げが見込める△サヤカチャン。前走は折り合いを欠いた△トーセンブレスは新馬戦が圧巻の強さ。右回りに戻って押えたい存在です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。