競馬 好きこそものの上手なれ

トレセンでの仕事や競馬場での活動を中心にトラックマンとしての日常を綴るブログ。
このブログがファンの方々と競馬、更に弊社との潤滑油にでもなれば幸いです。


テーマ:





気候穏やかな中山競馬場。今日は慎重に、ということで今の所あまり参戦していませんが、ほのぼのとした場内の雰囲気に何だか癒されております。このあとは予想や馬券で癒されることを願いつつ、チャンピオンズCの予想をお届けいたします。



【中京11R チャンピオンズC】

◎ ⑭アポロケンタッキー
○ ②アウォーディー
▲ ④アスカノロマン
注 ⑧サウンドトゥルー
△ ⑫ゴールドドリーム
△ ⑨ノンコノユメ
△ ⑪コパノリッキー
△ ⑦ラニ



前半がそれほど速くならず、求められるのはゴールにかけての持久力という見立て。その点で注目したのがアポロケンタッキーのこれまでの戦歴です。最もパフォーマンスが高いのが東京2100mダート。スタミナはもちろん、長い直線を伸び続ける持久力が問われる舞台です。それだけに馬場の速い京都のみやこSはどうかと思っていましたが、自分から外目を早めに動くことで切れ味不足を補い、見事押し切ってきました。最後に詰め寄られたのが切れ味の差ですが、それを埋める仕掛けができれば強豪相手にも太刀打ちできることをしっかり証明してくれました。本番前の前哨戦でそれを実行できたことは大きいですし、今回は自ら動くには申し分ない外枠も引けて、勝負に出るには好都合の状況です。若馬と若手騎手の強気の仕掛けでアッと言わせる場面は十分にあると見込みました。

アウォーディーにとっての不安は多頭数の内枠という点。交流重賞は覇を競う馬が限られており割と良い位置で流れに乗れますが、中央のこの面子ではそう簡単に好ポジションが取れるとは限りません。外枠ならば何の苦労もありませんが、今回は2枠2番と場合によっては下げざるを得ない枠番。これまで馬群を割ってきた勝ち星はありませんし、その点では仕掛けにロスが出る可能性はあります。見込んだ前半スローの流れなら馬群も固まる可能性は低くないですからね。重箱の隅をツツくならば、この枠順だと思います。

一度の敗戦で人気が大暴落している▲アスカノロマンはまだ見限れない一頭。前走は太目、大きな着順になったのは直線で挟まれた後に流したためです。中間は運動量を増やし、調教後馬体重が前走出走時より軽い530キロ。本来のアスカノロマンの走りができるならば、東海S圧勝の中京1800で見直す余地は十分にあると思います。

以下は昨年③着のサウンドトゥルーの決め手。ゴールドドリームは外枠で立ち回りが重要ですが、やはりデムーロ騎手は無視できません。ノンコノユメはサウンドトゥルー同様に昨年の内容を評価。この2頭に関してはアポロケンタッキーが描いたような仕掛けをした際に展開の利を受ける2頭でしょう。逆にアポロの仕掛けが遅れるようならコパノリッキーの残り目も出てきそう。ラニはハッキリ言って分からない部分が大きいですが、これだけ策を講じてきたのなら押さえる価値はあると判断しました。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「競馬予想」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。