競馬 好きこそものの上手なれ

トレセンでの仕事や競馬場での活動を中心にトラックマンとしての日常を綴るブログ。
このブログがファンの方々と競馬、更に弊社との潤滑油にでもなれば幸いです。


テーマ:

宝塚記念はマリアライトの勝利。傷んだ力馬場に一番とも言えるくらい合う印象はありましたが、並み居る強豪を相手に自分で動いて掴んだ勝利は本当に天晴でした。宝塚記念で8枠が強いのは季節柄でしょうが、そんな強い枠に馬場巧者のマリアライトが入っていながら勝ち切るイメージを抱けなかった私はただただ猛省…。相変わらず視野が狭いです。

絶望的な位置から伸びて②着のドゥラメンテ、速い流れを寸前まで粘り込んだ③着キタサンブラックは言うまでもなく強い競馬。これからの日本の競馬を牽引していく2頭がしっかり存在感を示しました。入線後のドゥラメンテのアクシデントは残念でしたが、不幸中の幸いか、復帰の叶いそうな症状でひと安心。キタサンブラックはあれだけ攻めてもまだ馬体が増えたようにまだまだ強くなる可能性を感じました。

ドゥラメンテだけでなく道中で馬場に躓くような馬も何頭かいたので、ダメージなど、各馬の先々については楽観もできませんが、メンバーもさることながら、レースそのものは大変見応えのある素晴らしいものでしたね。グランプリの名に恥じないレースに胸の高鳴りを覚えると同時に、沈んでいくトーホウジャッカルの姿に自身の不甲斐なさを痛感した宝塚記念でした。









中央競馬は今週から福島競馬が開幕。本格的に夏競馬に突入していきます。私は今年も本場周りで、福島➡新潟と毎週競馬場に出向いて仕事に当たる予定。まぁこの辺りは例年通りの流れですが、今年の夏も優馬、そして競友をご愛顧いただければ幸いに思います。

最近は有り難いことに弊社のパドック解説陣も増え、各場でトラックマンの解説を聞いていただける機会が増えました。解説はただそのものにも貴重な情報がありますが、どの解説も新聞を片手に聞いていただくと競馬の面白さも増すと思いますし、もちろん、より実戦的に馬券を楽しんでいただけると思います。私が言うのも何ですが、弊社のトラックマンは他社と比べても馬券好きが多く、何とかしてその日の酒代を手にしようと企む輩ばかりです(笑)。そんな各人が紙面に印を打って、現場で馬を見て、悩みに悩んで買う馬券を決めています。解説は上手に越したことはありませんが、私としては沢山の饒舌な言葉より、その瞬間瞬間の熱量を楽しんでいただけたらと思いますし、気になる解説が出演の際には是非とも弊紙を手に取っていただけたらと思います。











さて、このブログも書き始めから4年6ヶ月が経過しました。4年前の2月に細々と始めたブログですが、グリーンチャンネルさんやラジオ日本さんなどに使っていただき露出が増えたこともあり、今では沢山の方に読んでいただけるようになりました。これには各放送局はもちろん、読者の皆さまにも本当に感謝しております。



で、唐突なのですが、ここらで当ブログを一旦リセットしようかと思っています。私自身、始めた当初からの考えに変化はないつもりですが、見返してみると、今の当ブログは最初の頃とは何か違う色が着いた気がしていまして、まぁ良い意味でも悪い意味でも『慣れ』というものはあり、今はそれが滲み出ている印象です。予想の当たり外れのモチベーションならまだしも、やっていること自体に満足している面が少なからずある気がしていまして、そんな中、当たり前ですが宣伝の対効果はなかなか見えにくい状況。新聞紙面に読者を呼ぶのが宣伝部(実際そんなものありませんが…)の使命であり、そもそものブログ開始の原点ですが、そんなそもそもの考えと今のブログ内容の温度差に多少なりの違和感も覚えるという感想です。まぁ私自身の環境が変わったといえばそうですが、元々は単なるトラックマンであり、ブログでアクセスを稼げば収益が出る訳でもなく、ネットで予想を配信してとにかく有名になりたいなんてこともありません。昨年辺りから関東圏の重賞予想をこの場に書かなくしたのは新聞紙面へのリードのつもりでしたが、冷静に考えれば、これこそ自意識過剰な行いで、更にはどこまで意味と効果があることなのかサッパリ分かりませんからね…。自覚はありませんが、きっと『放送だから』『ブログだから』とモチベーションを上げ下げしてきたとも思います。いつしかことの本質が失われ、そんな姿勢で良い宣伝や仕事ができたかと言えば、かなり怪しいものです。

そんな様々なモヤモヤをリセットするべく、まずは粛々と仕事に臨み、原点に戻れれば、という気持ち。紙面で勝負する一トラックマンに立ち返り、優馬を買ってくださる皆さんのお役に立つことを第一に取り組んでみたいと思っています。




まことに勝手な話ですが、この福島開催を機に当ブログはリセットします。どうしていくかは何かと考えてみたいと思いますが、また今と違った形で良いものを作れればとは思っています。まずは当たり前ですが新聞紙面を主に励み、放送などでちゃんとそれを活かせるよう、ステップアップできればと思います。



長文にお付き合いいただきありがとうございました。

今後とも専門紙優馬をよろしくお願いいたします。
AD
いいね!した人  |  コメント(40)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。