1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012-02-04

荒川アンダーザブリッジ(映画)

テーマ:* 映画・観劇 *
$      時つむぎ(旧:Bistrot DELICIOUS !)-arakawa


珍しく、このコミック、読んでたのよ。

ちょっと絵が荒削りで、それが不満だったのだけど、ストーリーは面白かった!!

なんかね、世が世なら・・いや、時代が時代なら、岩井俊二の世界観?

破天荒とも違って、みんな本気で、みんな真面目なのよ。

そして、みんな認めているの。

認めてないのは、突然、仲間に加わることになってしまった大会社の次期社長と言う御曹司のリクだけ。

ところが、リクも段々と染まっていく・・そんな自分に頭を振って、気を取り直すのだけど、気がつけば、彼らのムードのずっぶりとはまってく・・

テレビのアニメの頃は、夜更かしだったから観ていたけど(主題歌:まなさんのお知り合いなんよ)実写になって、やっぱり深夜枠・・
早寝になって観られなくなって、残念だった・・(涙)

久々に映画館に足、運ぶかなぁ~

配役、みんな、ぴったりやん(^_-)☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2010-07-03

告白

テーマ:* 映画・観劇 *
夏映画、気になるのは? ブログネタ:夏映画、気になるのは? 参加中


水曜日に代休だったまなさんから誘われて、映画:告白を観てきました。
 ◆ 公式サイトは こちら←クリック!
私は事前に本を読んでいましたが、まなさんは、同僚の観た感想を聞いて行きたかったそうで・・
 ◆ 告白・贖罪 読書感想は こちら と こちら
 
実は、本の感想にも書きましたが、この手のテーマ、非常に苦手・・
まなさんに誘われなかったら、きっと観に行かなかったでしょう。
どんなホラーやスプラッターより怖い・・(@_@)
世の中で一番怖いのは、生きてる人間の残酷な心、だと思いますから・・
それは生きている人間だからこそわかる怖さのツボ・・そこら辺のオカルトなんかとっくに凌いじゃいますよね・・(@_@)

ところが、勿論、いい気はしなかったけど、本から伝わってくる恐怖と違うものが押し寄せてくる。
それは監督の味付けだったり、役者さん達の雰囲気や演技だったり。
怖さには変わらないけど、観て良かったのよ。
何より良かったのは、音楽!

 ↓ こちら ↓



radioheadのlast flowers.
私が10代~20代頃の退廃的なヨーロッパのロックな感じなの。
すごく懐かしい・・
あの世とこの世の境を浮遊している感じ・・
希望と絶望の間みたいな・・
溺れそうな時に差し伸べられた手を掴んだ瞬間みたいな・・

聴きながら、何故かハンニバル・レクターの顔、思い出してた・・どしてだろ・・
あの感じにも通じるかも・・
織り交ぜられているクラシックも好みの選曲だったし♡
この映画の監督さん、嫌いな食材を食べられるようにクックしてくれた名シェフって感じです。
違う監督が、湊作品を映画化したら、また違った感想だったと思うなぁ~
何はともあれ、これは観てよし!でした(^_-)☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-12-17

床下のこびとたち(The Borrowers)

テーマ:* 映画・観劇 *
床下の小人たち (岩波少年文庫)/メアリー ノートン
¥714
Amazon.co.jp
床下に「ちいさい人たち」がこっそりと暮らしていたら…。『The Borrowers』(邦題『床下の小人たち』)はそんなわくわくするような物語。1953年の出版以来数えきれないほどの読者を魅了し、カーネギー賞、 ルイス・キャロル・シェルフ賞、アメリカ図書館協会賞を受賞した名作である。著者メアリー・ノートンが考え出したのは、イギリスの古風な家の床下に住む小 人たちのおはなしだ。

ポッド、ホミリー、ちいさなアリエッティのクロック一家は小人の3人家族。床下に住居を構え、「人間(ニンゲン)」 から食べ物や生活用品を「借りて」暮らしている。マッチ箱で作ったタンス、郵便切手の絵画…。頭をはたらかせ、日常のなにげないものをリサイクルして使う 「借り暮らし」の様子は読んでいて本当に楽しい。こんな例もある。「ホミリーが“朝のぶらつき”用に、手袋の指2本分で、トルコ風半ズボンを作ってくれた こともありました」

しかし長い間続いた「借り暮らし」生活も、古風な家に1人の男の子がやってきたことから一変する(しかもペッ トの白イタチまでやってきたのだ!)。好奇心旺盛なアリエッティはその男の子に姿を見られるという、もっとも致命的なミスを犯してしまう。はらはらする冒 険も交えたこの魅力たっぷりの物語、語るはお話し上手なメイおばさん。実は何十年も前にあの家で「借り暮らし」していた張本人と思われる、男の子のお姉さ んである。 --このテキストは、 ハードカバー 版に関連付けられています。



ポニョの次は、こびとさんたちですよぉ~(^_-)☆

さすがジブリ、いいとこに目をつけました!

これ、子供の頃から大好きな作品で、大人になってから、シリーズ全巻大人買いしましたから、私^_^;


そのきっかけになったのが、まなさんが小さな頃、NHKで実写版が放送されたもの。

1992年の作品です。


Bistrot DELICIOUS !(メニューレスキュー)-al1  詳細は こちら


VHSに録画して、私のお宝です。


女の子がアリエッティ、ママのホミリーが器用に借りてきたハンカチやら端布で作ったワンピースが可愛いの♡

ボタンが妙に大きいのがリアル(笑)


とにかくその実写版は、よく出来ているの。

まなさんもナルさんも大好きで、磨り減るほど観てました。

今回のジブリの話、まなさんにしたら、大喜びしてましたよぉ~

私が全巻あると話したら、読みたいと・・いいですよぉ~(^_-)☆


いいものは、受け継がれるべきです。


ジブリがどんなふうに調理するのか・・


超~~~!楽しみです(^_-)☆


以下、シリーズ全巻です。



 
野に出た小人たち (岩波少年文庫)/メアリー ノートン
¥756
Amazon.co.jp

川をくだる小人たち (岩波少年文庫 (064))/メアリー・ノートン
¥714
Amazon.co.jp

空をとぶ小人たち (岩波少年文庫)/メアリー ノートン
¥714
Amazon.co.jp

小人たちの新しい家 (岩波少年文庫)/メアリー ノートン
¥840
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-08-08

ハチ公物語

テーマ:* 映画・観劇 *
ハチ公物語
¥3,591
 
テレビでやっていたのをつい、観てしまった・・

あれだね・・私はすずより先には死ねないって思ったな・・

すずは私の椅子の下で、グービーイビキかいて幸せそうにお昼寝してる。

後半は、涙が止まる間がなかった・・

人には色々な事情があるんだろうけど、一度、人と暮らした犬にとって、そんな人の事情なんてなかなか理解できない。

だから、一度、家に招いたら、手放すことなんか考えてはいけない。

昔と今では、一緒に暮らす方法も違うのだけど、あんなに蚤にたかられて・・
蚊にだって刺されただろうに・・とか考えてしまった・・
フィラリアとかなかったのかしら・・
野良になっちゃって、食べ物だって満足には食べられなかっただろうに・・
亡くなった主人を駅で待ちながら13年の生涯を閉じたんだね。

大好きなリチャード・ギアのリメイクだから観たいのだけど、劇場は絶対、無理だろうな・・

周りに迷惑かけちゃうよ、私・・大泣き


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-08-05

(映画)アマルフィ 女神の報酬

テーマ:* 映画・観劇 *

Bistrot DELICIOUS !(メニューレスキュー)-アマルフィ

近所の仲良し:ともちゃん に誘われてアマルフィ 女神の報酬 を観て来ました♪

全編イタリアロケ、大好きな8chの開局50周年記念の映画、気になっていたんですよ・・
ほら、いつか絶対、イタリアに行きたい・・って思い続けてイタリア語も自学している(た?)私としましては、観たいな、と思ってはいたのですが・・って感じだったので、グッドタイミング~♪

で、感想?

キャストも良かったし、内容的にもまあまあ・・だったかなぁ~
ただ、天海さん、ああいう天海さんを観たのは初めてじゃないかなぁ・・・
わたし的には、演技も上手くて、存在感のある女優と確信している天海さんの良さみたいのが、って言うか、視聴者が望んでいる姿、って言うのかなぁ・・
これが天海だ!って感じが出ていなかったような・・観てて違和感でお尻がむずむずしちゃった^_^;
みんな似合う色の洋服を着せてもらっているのに、一人だけ似合わない色と形の洋服をあてがわれちゃった・・っなんて比喩もできるような・・むしろ、大塚寧々さんの方がそのドレス、似合うんじゃない?とか思ってしまった^_^;
他の出演者は皆、ぴたっとはまっている気がしたんですけどねぇ・・・
いえ、これは私の主観ですから、念の為・・・

で、イタリア・・
やっぱりいいなぁ・・・でも、走るには不向き?
って、私は絶対、走らないけど(笑)
アマルフィもとっても幻想的な感じ・・
私はフィレンツェ⇔ローマ・バチカンに行けたらそれで最高なんだけど、ちょっと足を延ばして行きたいなぁ・・と思いました。
海を臨む山肌に家がパズルのように並んでいるの・・
なんか見た事ある・・と思っていたら、あれは違うけど吉見の百穴だな^_^;
違うんだけど、彷彿とする感じ?

舞台はイタリア、時はクリスマス前からお正月にかけて・・
封切り、今じゃなくてあと半年後でも良かったかも?

あ・・織田さんに触れてなかった・・・
織田さんはニヒルで、いつものしっくりくる織田さんでした^_^;




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。