1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2008-04-30

ブログネタ:信じてる迷信ってある?

テーマ:クチコミ・ブログネタ
ブログネタ:信じてる迷信ってある? 参加中

意外と信じちゃってること、多いんですよ・・
ちっちゃい頃、おじいちゃん・おばあちゃんのいる家庭で育ったからかなぁ~^_^;
でも、母が言っていたことが多い気がします。

①初物をいただいたら、東向いてお辞儀する
年に何回、お辞儀することやら・・・

②夜、口笛を吹くと、狐が来る
何故か、同じ親に育てられているのに、6歳下の妹はお坊さんが来るって言い張ってます(笑)

③夜、爪を切ると、親の死に目に会えない
絶対怖い( ̄^ ̄゜)

④霊柩車を見かけたら、親指を隠す
必ず、隠します!

⑤親不孝すると、指にささくれが出来る
たまに心当たりがあったりするから、これも信じちゃう・・

⑥お風呂で水を飲むと溺れ死ぬ
これは飲んじゃう事、ありますな^_^;

⑦鏡に覆いをしないと、悪魔の通り道を作ってしまう
手鏡でさえ、下をむけます。

⑧夜、新しい靴をおろしてはいけない
なんでだったっけ?^_^;

⑨ザルをかぶると、背が伸びない
これも、ある意味、怖い・・・

⑩おたまから直接、味見をすると、口の大きな子が生まれる
これも嫌だな(笑)

⑪熱いものに水をさすのは良いけれど、水にお湯をさしてはいけない
何かいわれはあるのかな?

⑫橋を渡る時に、願い事を三回唱えると、いずれ叶う
叶ったこと、何度かあるもんで・・つい^_^;

⑬鼻の中におできが出来ると、知り合いに赤ちゃんが生まれる
偶然ですが、あります。

⑭爪に白い点が出来ると、新しいお洋服を買ってもらえる
子供の頃はよく出たけど、最近、出ないなぁ・・・

⑮お墓で転ぶと、治りが遅い
娘たちが小さい頃、転ばないように気をつけてたっけなぁ~(遠い目)

⑯朝の蜘蛛は良い蜘蛛、夜の蜘蛛は悪い蜘蛛
と言われても、どっちもあまり接触したくないな^_^;

⑰ものもらいが出来たら、障子の穴からおにぎりを貰って食べると治る
これは山形出身の義母さまが言っていたこと。やったことないけど^_^;

⑱ご飯粒を残すと、茶碗から火が吹く
これも義母さま出の迷信、火かぁ・・・

今、思い出す限りでは、こんなところかなぁ~
それと、関連で『バチが当たる』ってのが、絶対的に怖いアタシは、見かけによらず小心者だったりします(笑)
いまだにバチ、怖くて、悪いこと、できないんだもん(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2008-04-30

旬をいただく & 感謝の気持ち

テーマ:* あれやこれや
先週、祖母から電話があり、顔を見たいからいらっしゃい・・と。
日曜日に行ってきました。
母は、従姉の納骨で京都に行っていて留守でした。
30日に帰ってくるそうです。
京都に長逗留、いいなぁ~

本当は、お昼過ぎには行く予定だったのですが、あきちゃんのネイルのお客さんが入ってしまったので、夕方近くなってしまいました。
父は、私たちの好物のトリッパを煮て待っててくれました。

<トリッパ>

父は、私が娘時代、実家にいる頃から、アメ横とかに買出しに行っては料理して、美味しい中身料理を食べさせてくれました。
だから、私は小さい頃から中身料理が大好き♪

そして、私の得意料理の一つにもなりました。



<ミミガーの和え物>

豚さんのお耳です。

今は随分と一般的になりましたが、私が小さい頃にはそんなにポピュラーじゃなかったですねぇ~


他にも、あれこれと作って待っててくれました。
ありがたいことです。


以下は、お土産にいただいたものです。

この写真、一目見て何かわかりますか?

ノビルです。
ペコロスみたいに大きいでしょ?
単三電池を置いてみました・・比べたらわかりますよね?


セリです。

ノビルもセリも、知り合いの人が摘んできたものをいただきました。

下処理までちゃんと綺麗にしてあって、とってもお料理しやすかったです。


そして、今回行ったもう一つの理由が、こちらの本です。

去年の8月に、実家のある街に住む女性が、街の図書館の片隅にあった、祖父の書いた本を38年ぶりに復刻して下さった話を書きましたが(その時の記事、詳細を知りたい方は こちら

あれからまだ半年も経っていないのに、その女性の尽力により、今度は祖父の本が英訳され、しかも製本までされました。


国際基督教大学の社会学 の方々が、半年足らずという短い期間に英訳に当たってくださり、製本までしてくださったのです。
テキストになるかもしれないと云うことです。

祖父が亡くなって39年、出版を待たずに亡くなってしまったので、あっちの世界でどんなに喜んでいるか・・
そして、祖父の平和を願う気持ちが、何十年もかかって少しずつ通じたことを、とても嬉しく思います。

戦争の残虐さ、非道さを知らない世代がどんどん増える未来への警鐘になれば・・・

携わってくださった皆々様、本当にありがとうございました。


おひたし

お土産のセリはシンプルなおひたしと・・
おかかをかけて、ちょろりとお醤油ね(^_-)☆

ナムル
ナムルに・・
茹でて、千切り生姜と白髪ネギ、白胡麻とともに、ごま油・醤油で和えます。

ノビル
ノビルの油味噌和え
さっと茹でて、ごま油・砂糖・味噌で和えます。

旬の味をいただいて感謝、世の中の善意に感謝、ありがとうの気持ちいっぱいです。
私も何かしなければ・・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2008-04-28

ブログネタ:老後に住むならどこがいい?

テーマ:CyberBuzz
ブログネタ:老後に住むならどこがいい? 参加中

ずばり、ここっ!

私は自分の家が大好き♪
23区のはずれって立地もなんか好き~
安心できるのね(^_-)☆
もろに都内じゃないけど、田舎でもない・・用事があったら都内に出るのも容易いし、地蜘蛛が巣くうような自然にも恵まれているじゃない・・
例え六本木ヒルズに住んでもいいよって言われても、ここがいいって言うかも?
都会へは、行ったら帰ってくる所って思いが私の中にある。
中途半端なここが、中途半端な私には合ってるってつくづく思うのよ。

ちっちゃくってもお庭があるし、何もかもが私の手に余る量じゃないってとこがいい。
将来の夢として、軽井沢でご飯屋さんってのもあるけど、ここは残して、行ったり来たりしたいし、ここで男子留学生専門の下宿屋さんをやり始めたら、留学生を連れてたまに軽井沢に行ってもいいしねぇ~

悲しいかな、歳を取ると、健康のこと・病気のこととかも気にしないといけないし、あまり夢物語だけみたいなことは云っていられない。
日々の買い物、病院くらい、自分の足で行ける所じゃないとだめかなって気もするし、万が一の時に、救急車がなかなか来られない所も困るもんね^_^;
外国暮らしにも憧れるけど、具合が悪くなった時に、思いが伝えられる自信もないし・・
わは!現実的(笑)

軽井沢の家の近所から見える浅間山は、最高に美しいスタイルをしていると思うよ。

この見え方をご存知の方なら、ここがどの辺りかすぐにわかりますよね(^_-)☆


浅間山を眺めながら、緑に囲まれたところで、皆さんに喜んでもらえる美味しい物を作るって夢も捨てられないんだよね・・・ここなら大きなスーパーも歩いて5~6分だし、町立病院までもそんなに遠くない。


20年後、私はどこに住んでるでしょうかぁ~^_^;



AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2008-04-27

まぐろのレアステーキ サラダ仕立て

テーマ:主菜のレシピ

まぐろ

お刺身用のまぐろのサクがリーズナブルだったので、表面だけさっと焼いて・・・

材料 :まぐろ、大根、かいわれ、トマト、青紫蘇

調味料:塩胡椒、オリーブ油、しょうが、万能ねぎ、バルサミコ酢、醤油

作り方

①マグロに塩胡椒して、前面をオリーブ油で焼く。

②ちょっと冷ましたら、薄切りにする。

③ここからのお野菜は自由、今回は、大根の千切りを敷いた上にまぐろのレアステーキを盛り付け、貝割れ大根や刻んだトマトを飾りつけ、刻み青紫蘇をトッピングしたら出来上がり♪

小皿
刻んだ万能ねぎ、すりおろし生姜、オリーブ油、醤油、バルサミコでタレを作り、取り分けた上にかけていただく♪
うんまぁ~(^_-)☆

サラダ
きゅうり・トマト・アボカド・ボイルした小海老を、わさび・醤油・バルサミコ酢・オリーブ油のドレッシングで和えるだけ♪
これ、我が家で人気なカクテルサラダです(^_-)☆




参加してます。美味しそうだなって思ったらクリックして下さいね♪



参加してます。愛のクリックお願いします♪

マツェッティ エキストラアセト バルサミコ酢 250ml
¥945
ケンコーコム

アチェートバルサミコ8年丸型100ml
¥1,654
ケンコーコム

エキストラバージンオリーブオイル「ナターレ」 500ml
¥2,394
 

エキストラバージンオリーブオイル「クスクナ」 500ml
¥1,376
 

Q10オリーブオイル(250ml)
¥1,155
 


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2008-04-27

(本) ノスタルジー

テーマ:* 本 *
ノスタルジア (講談社文庫)/小池 真理子
¥600
Amazon.co.jp
内容(「BOOK」データベースより)
妻子ある父の友人と恋に落ち、突如その死を看取った。それから15年、武蔵野の路地裏でひっそりと暮らす繭子のもとに故人と瓜ふたつの息子・俊之が訪ねて きた。胸騒ぎはやがて懐かしさに変わり、人生の半ばを過ぎた二人は逢瀬を重ねていく…。圧巻のラストシーンが胸をうつ、大人のための幻想恋愛小説。

小池さんの著書には、ところどころに死が匂うものが多い気がする。
彼女が悪女のすすめで出てきた時、ちょっと格好いいおねーさんが出てきたなって思ったものの、それ以降、彼女の著書を手に取ることがあまり無かった。
子育てしている時には、彼女の著書から、得られるものは何も無かった。
それは私自身が”生”を育てている最中だったからだ。
死のにおいがするものから遠ざかりたい本能だったのだろう。
同時に、生々しい恋愛モノも私は読めなくなってた・・
愛読書は”わたしの赤ちゃん”だったり”プチ・タンファン”だった(笑)

40を過ぎて、子育ても一段落、母の立場は変わらないけど、娘たちを地球のどこででも暮らしていけるような基本的な人間に育て上げたと思う。
私は母ではあるけど、ひさかたぶりに個人を取り戻したと感じている。
それは、動物として、確実に死にも近づいている生存年月の表れでもあると思う。
決してマイナス思考的発想だと思ってもらいたくない。
ゆっくりと過去を思い出したり、まだある未来を想像してみたり、封印していた感情や行動を少しずつ自然に解放ったり出来るってことなのだ。
色んなことの優先順位も変わってきている。
それは一つの親離れ・子離れなのだのだ。

考えたら、面白いのはこれからなんじゃないかと思う。
人は歳を重ねて磨耗していく感情もあれば、研ぎ澄まされる感情もあると思う。

で、最近また小池さんの著書が読めるようになった。
生き方は勿論違うけど、私より少し先を行く同世代の方が書くものは、とても興味深い。
彼女の書くものが、裏と表の意味も含めて受け入れられる今、ちょっといいじゃない?(^_-)☆



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。