1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-09-30

ボルシチ

テーマ:汁物のレシピ

bolu

綺麗な””です・・・(うっとり)カスピ海ヨーグルトをトッピングして・・・っと


材料 :ビーツ、牛モモ肉、玉ねぎ、人参、マッシュルーム缶、きゃべつ、じゃがいも


調味料:にんにく、サラダ油、赤ワイン、トマトの水煮缶、コンソメ顆粒、ベイリーフ


作り方


①お鍋にサラダオイルを敷いてスライスガーリックを炒めて香り付けをしたら角切りモモ肉、玉ねぎの粗みじん切り、大きめに切った人参を炒める。


②火が通ったら赤ワインを威勢よく入れ、トマトの水煮缶を入れて水も足してぐつぐつと煮込む。


③の前に、主人公のビーツだっ!皮をむいて細めの短冊に切ってお鍋に入れてぐつぐつでした♪

④全工程の2/3まで煮込んだら大きめジャガイモとキャベツを入れてさらにぐつぐつ煮込んだらでっきあがりぃ~♪今日は約二時間煮ました。


beats これが生のビーツ
こないだ軽井沢に行った時、旧道の大好きなジャム屋さん、こばやしで買った物。

『冷蔵庫の野菜室に入れていたら一ヶ月はもつ』の言葉を信じて購入。
ぴんぴんしてます♪

右:皮をむく前

左:皮をむくとこんなに綺麗に色

残りの一つは茹でてトゥー・ザ・ハーブスのサラダみたいにして使いましょう。


karents <付録>
これがこばやしのカレンツのジャム。

もう20年以上はリピートしてます。

私にとって世界一美味しいジャム。軽井沢に行ったら絶対に買って帰るジャムです。

滑らかさと酸味と甘みのバランスがサイコーです♪



banner ←美味しそうだな~と思ったらクリックお願いします♪


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-09-30

カボチャのオイルガーリック焼き

テーマ:オーブン料理

pumpkin

超~!簡単♪


材料 :カボチャ


調味料:オリーブ油、にんにく、粉チーズ


作り方


①カボチャを1cmくらいにスライスして耐熱容器に並べる。


②上からスライスしたニンニク、オリーブ油をタラリンっとしたら粉チーズとクレージーソルトを振りかけて200℃のオーブンで30分焼いたらできあがりぃ~♪


オーブンは活用を始めると勝手に調理してくれるのでとぉ~っても便利です。

今日もカボチャが甘々でホクホクで美味しかったです♪



banner ←美味しそうだな~と思ったらクリックお願いします♪


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-30

イナダのカルパッチョ

テーマ:サラダのレシピ

inada

お刺身をまんまカルパッチョに♪


材料 :イナダのお刺身、その付属品、紫玉ねぎ


調味料:オリーブ油、クレージーソルト、生姜


作り方


①お刺身の付属品のツマ(大根と人参)を水洗いする。パセリと紫蘇はみじん切りにする。


②ボールにスライス玉ねぎと①とお刺身を入れて、上からオリーブ油、クレージーソルト、千切り生姜を入れて和えたら冷蔵庫でいただく迄の時間寝かせて味を馴染ませたらでっきあがりぃ~♪


ツマもそのままだと汚れててやだけど、洗ったら立派な素材です♪


banner ←美味しそうだな~と思ったらクリックお願いします♪


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-30

今年はちょっと遅い?彼岸花

テーマ:* 植物・動物 *

higan

ここは家から歩いて3~4分位の所。毎年、彼岸花がたくさん咲きます。


nishi (クリックすると大きくなります)

西側はもう満開なんだけどぉ・・・


minimi (クリックすると大きくなります)

何故か南側はショボショボ・・毎年思う不思議・・日当りの良い南側より何故、西側のが先に咲き出すの?


up  あれ・・携帯画像の方が綺麗くない?^_^;


フェンスの内側は広めな柿の木の畑(?)
関越自動車道の側道に面しています。
そんな影響もあって南側の開花が遅いのかな?


彼岸花にはもう一つ”曼珠沙華”という名前がありますが、私はさりげない彼岸花って名前の方が好きです。

美しい花なのに、逸話が色々とあって妖しげにされちゃうのは可哀想です。

とは言え、根には毒があるので気をつけましょう。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-09-29

重力ピエロ

テーマ:* 本 *
伊坂 幸太郎
重力ピエロ

これ、中々、趣向が凝らしてあって、オーデュボンの祈りのカカシの話が出てきたり、泥棒の黒澤さんが出てきたりします。

彼の頭の中ではもう色んなことが出来上がってて、あとは放出するのみなのかなぁ・・・


物語は中々重たいテーマなんだけど、文中にも『悲しいことはなるべく明るく伝える』みたいな件があるんだけど、そんな感じに書き進められています。

父親違いの兄弟が放火と落書きの共通性を見つけて犯人探しをするんだけど、その実は・・・ってね・・


子供ってのは親を選んで生まれて来れないわけで、生まれた子にはなんの罪もないのに、自分の出生に罪深さやコンプレックスを持たせちゃうのはフェアじゃないよね。

良いにつけ悪いにつけ『そういうところ親にそっくり』って会話の端々に出てきちゃうものね。


正直、色んなベスト10に軒並み入っているんだけど、わたし的には正直、あまり好きな作品じゃなかったかもしれないです。


さぁ・・あと一冊で彼の作品、完読です。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。