1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-01-31

AA652,yum-yum

テーマ:* あれやこれや
わたしはここよぉ~!






と言います*^_^*
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005-01-31

(肉) 鶏胸肉とエリンギのマヨネーズ焼き青紫蘇のせ

テーマ:主菜のレシピ
花粉症対策青紫蘇メニュー第3弾!!

以前にやった鶏胸肉とエリンギとアスパラのマヨネーズマスタード炒め の別バージョンです。

<鶏胸肉とエリンギのマヨネーズ焼き青紫蘇のせ>

材料 :鶏胸肉、エリンギ、青紫蘇
調味料:マヨネーズ、クレージーソルト、粉チーズ

作り方の詳細は鶏胸肉とエリンギとアスパラのマヨネーズマスタード炒め を参照にして下さい。

今日の違いは花粉症対策メニューで青紫蘇がのったのと、マスタードの代わりに粉チーズを使ったところです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-31

(サラダ) 豆腐とアボガドのカリカリ雑魚&お漬物サラダ

テーマ:サラダのレシピ
我が家のみんな、このサラダが大好き♪
ご飯のおかずになっちゃうサラダです。

<豆腐とアボガドのカリカリ雑魚&お漬物サラダ>

材料 :豆腐、アボガド、グリーンリーフ、雑魚、お漬物
調味料:ポン酢は市販のドレッシング

作り方

①グリーンリーフを千切りにしてお皿に敷く

②アボガドは5mmのスライスにして周りに、お豆腐をサイの目に切って中心に盛る。

③私は市販のみじん切りになったお漬物、緑のと赤いのを使っちゃってます。こだわりのある方は自前のお漬物をみじんに切って振りかけてください。

④サラダ油を熱して、雑魚をカリカリに炒め、サラダ油ごとお豆腐に振りかけます。

お漬物の塩分だけでいただいても良し、塩分が足りないと感じたらポン酢をかけたら良いです。お好みで和風ベースの市販ドレッシングでも可、その時はカリカリ雑魚の油を切った方がヘルシーでしょう。
雑魚の出しが油に移って美味しいですので、そのままか、ポン酢がお薦めです。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-01-31

(汁物) 豆乳入り豚汁

テーマ:汁物のレシピ
豆乳好きの長女のために『お豆腐やさんの豆乳』ってのを高かったけど買ってみたらNGが出ました。
どうも彼女は調整豆乳がお好みなもよお・・・
確かにThis is 豆!って感じでした^_^;
勿体無いので豚汁に豆乳~

<豆乳入り豚汁>

材料 :豚腿薄切り肉、豆腐、大根、人参、里芋、ゴボウ、油揚げ、干し椎茸、こんにゃく、長ネギ
調味料:味噌、だしの素、豆乳

作り方

鍋の湯が沸騰したら、豚肉、こんにゃく、その他野菜全部、油揚げを入れ、また沸騰したらだしの素、味噌で味付け、煮込み、最後に豆乳と豆腐を入れて一煮立ち、塩味を整えてお椀によそい、薬味のネギを浮かべたら、さあ、召し上がれ~♪

豆においのする豆乳も、豚汁に入れたらまろやかで美味しかったです。
これって怪我の功名ですかね^_^;
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-01-31

(書評) アイ・アム・デビッド

テーマ:* 本 *


著者: アネ・ホルム, 雨海 弘美
タイトル: アイ・アム・デビッド

人が人としている時、生きてきた環境や教育がどんなに大事か、それと同時に環境や教育に左右されない血や魂・・・
主人公のデビッドは第二次世界大戦後、12歳迄ブルガリアの収容所の中だけで生かされてきた。
自分以外の子供は見たことなく、知っているのは教育係のようなフランス人の友人から聞く事だけ。
収容所には政治的なことから沢山の才能ある人たちが地獄のような日々を送っていた。
そんな収容所から脱出する機会が訪れる。
持ち物は水の入った瓶とコンパスと折りたたみナイフと石鹸だけ。
それだけの持ち物だけでデビッドはブルガリアからイタリア、スイス、ドイツを通って目的地のデンマークを目指す。

旅の途中、小川や池を見つけてはデビッドは身体や洋服を清潔に洗った。
ボロは着ててもいつも清潔を心がけるデビッドの潔癖さが彼のたった12歳の彼の生きざまそのもののようだ。

デビッドは聡明な子だった。
収容所の暮ししか知らないデビッドは本能から危険と安全を嗅ぎ分け目的地に向って歩き続ける。
収容所で暮らしたメリットは言葉。イタリア語、フランス語、英語、その他を理解し話せた。
日本でしか暮らした事のない私は国境がいくつも隣接し、多言語を操るだけでも信じられない。
一昨年から学び直し、遅々として進まない私の英語学習が恥かしい。

旅の途中、無彩色の収容所しか知らないデビッドは海の青さ、花の色などの色彩の美しさを知る。
音楽や活字、本を知る。
食べるものもまま鳴らない道中で、デビッドは貪欲に知識をつけていく。
それは、人は生まれながらに何かを学びたい動物なのだと思わせるようだ・・
彼の貪欲な向学心はスポンジのように知識を吸収していく。

宿無しで浮浪者のようなデビッドだったがヨハンから習った流暢で丁寧なフランス語や神父さんから習ったイタリア語を話す。
それが逆に奇異となって人々に移る。
でもデビッドは思うのだ

宿無しだって、きちんとしたイタリア語を話していけないわけはない。言葉づかいは持っているお金やものではなく、その人の考え方を表すのだから。

収容所の生活で大切なヨハンを失って以来、人は疑うことから始まり、他人に関心を持つことを封じ込めて生きてきたデビッド。
それが旅の途中に知り合った”良い人たち”から愛を知る。

この世に愛があると知ってしまった今、ほかの子とはちがう、逃亡中の男の子は誰とも絆を結べないことを知ってしまった今はもう、前のようには生きられません。

そしてデビッドは葛藤し、最終目的地のデンマークを目指す事を決断する・・・

これは児童書として書かれた、世界中の沢山の大人や子供達に読まれている。
日本では2/19から上映される。
東京は新宿のTOKYU MILANO.
映画は原作と少し内容が変えられているそうだ。
来月、私はきっと劇場で観るだろう。
しかし、こういう映画がどうして一ヶ所でしか上映されないのだろう。
良い映画はいつもそうな気がする・・・

I AM DAVIDオフィシャルサイトはこちらから

ネタバレを全く気にしない私はよくこうした観方(本→映画)をする。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。