イタリアでモロッコごはん

イタリア在住栄養士ritzcoが美味しいモロッコ料理情報を綴ります。
ず~っとやりたかったフランス語の勉強を再開!充実の勉強ライフも一緒にお届けいたします☆


テーマ:

フィレンツェの街中を歩いていると

フィリピン人女性に微笑みかけられた。

 

 

え?と思ってキョロキョロ周りを見たけれど

「私に」微笑みかけていたので

私もニッコリして通り過ぎた。

 

 

 
{D7440294-A88E-4257-94D7-FFECEE042AB5}


 

これが一度だけではなく

私は今までに何度もフィリピン人女性に微笑みかけられている。


そう、彼女達は私を「同胞」とみなして自然な挨拶をしているのだ!

 

 

そんなに私はフィリピン顔をしているのか?!

 

 

ま、私がフィリピン顔なのか
ペルー顔(南米系にもよく間違えられる)なのかはさておき

微笑みかけられてちょっとビックリするけれど、悪い気はしない。
 

 

彼女達は同郷の人間への親しみを込めて

それを笑顔というステキなサインで相手に伝えているのだ。

 

 

私の夫もよくイスラム系の人とすれ違うと

特に知り合いでもないのに「サラーム」と軽く挨拶している。

イスラームはみんな兄弟な感覚なのだろう。

 

 

 

それに比べて私の同胞日本人ときたら!

 

外国ですれ違うと、わざと目をそらしてくださる。

まるで「自分はここフィレンツェで唯一の日本人ですよ!」
と感じていたいであろうことがヒシヒシと伝わってくる。

 

とてもそっけなく、冷たく、悲しい習慣だと思う。

 

きっと外国に長く住んでいる多くの人達は感じた事があるのではないだろうか?

もしくは無意識のうちに目をそらしてしまっていたりするのだろうか?

 

 

 

先日もフィレンツェ行きの飛行機で隣り合わせた日本人カップルは

私と目を合わせないように

二人で日本語のガイドブックを覗き込んでいた。

 

もしかして私のことを濃い顔中国人とでも思っていたのかもしれないけれど。

 

こんな時、ほんの一瞬の微笑みが彼らから私に向けられたなら

私も挨拶するきっかけとなって

フィレンツェの見どころをいくらでもそのガイドブックにチェックして教えてあげられたのに、と思う。

 

 

 

きっと目をそらしてしまう人は

何かを奪われたくない人達なのだと思う。

 

 

挨拶から奪われる時間とか

自分だけが守りたい人間関係とか

挨拶した相手にウザがられるのが恐怖とか。

 

 

こういうタイプの人と間違ってお友達になると

私が持っている情報だけを奪ってドロンする人が殆ど。
良い関係を築いていくなんて、これっぽっちも思っていなかったかのように。

 

 

 

もっとオープンに微笑みかけて

広がる人間関係とか

挨拶からもたらされる世界との一体感とか

そちらにフォーカスした方が絶対にポジティブですよ!

 

 

私はいつも同胞に向けてほほえみをたたえている人間でいようと思う。

そして私に向かって微笑みかけてきてくれる奇特な人には

相手から何かを奪うのではなく

沢山私が持っているものをあげたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(1)

テーマ:

モロッコから帰ってきて

ホッと一息つく間もなく

今日までぶっ飛ばしてきました。

 

 

義姉の退院、子供達の小学校の準備

自宅介護の開始、

歩行不可能になってしまったことによる

ドクターとソーシャルサービス間の諸手続き。

 

 

介護はみんなが手伝ってくれるので大丈夫なのですが

その他の膨大な諸手続きに駆け巡り

医者の待合室やバスに座ったとたん眠りこけてしまう有様。

もう、ハッと起きた時に恥ずかしい思いを何度もしました。

 

 
 
{9A746706-1276-4FA4-942F-492C78F163A6}


 

写真は昨日の美しい夕焼け。

ほんの数分間の空のスペクタクルに癒されました。

 

 

 

介護と言っても私ひとりではなく

夫と姪っ子とその他二人のモロッコ人女性が

代わる代わる助けてくれるので負担には感じておりません。

 

 

それより何より、この率先したモロッコ人の助け合いに

私はまた感動させられました。

 

 

 

きっと日本で「介護」というと

まず「出来ればやりたくない」

という気持ちから嫌々始める印象がありませんか?

 

イタリアでも介護は殆ど同居ヘルパーを雇って対応します。

 

 

それがモロッコでは

(私はイタリアにいますが我が家はモロッコ式)

喜んで~!!なんですね。

 

 

以前書いたことがあるのですが

モロッコはベビーシッターも老人ホームもいらない桃源郷なのです。

なぜなら大家族(又はご近所同士)助け合いながら全てを賄えるから。

誰か手が空いた人が小さい子や老人の面倒を見ているのです。

 

 

 

それが当たり前の国で育ったモロッコ人ですから

お!歩行困難になった?喜んで助けます。

体拭きます、オムツ替えます、何でも言って!

と軽~く嫌な顔せず率先して対応出来るんです。

 

 

 

日本にいた頃の私はエゴの塊のような人間で

自分さえよければ他人のことなんてどーでもいー

という非情な行動を常にとっておりました。

 

 

ていうか、日本ってこんな感じが当たり前じゃないですか?

自分の生活で精一杯で全く心に余裕がないと

周りのことにまで気配っていられませんよね。

 

 

こんな私が12年間モロッコ人を観察し

バカンスは現地で生活し、彼らに助けてもらい続けてきました。

 

 

なんでみんなこんなに心温かく優しく助けてくれるんだろう?

同じだけ相手にお返し出来ない自分がもどかしくて

でもとっても嬉しくて、ありがたくて何度も何度も泣きました。

 

 

私は涙する度、自分の凝り固まったエゴを

少しずつ溶かして洗い流している気がしました。

 

 

そして今、恐らく相当な量のエゴを排除して

少しずつモロッコ人のメンタルに近づいている自分がいます。

 

 

 

12年前に脳卒中で倒れて

半身麻痺になった義姉を助けるために同居が始まり

何とか歩けるようになるまで回復して

今また動けなくなった彼女。

 

 

12年後の私はかなりのエゴを排除したことで

「え?介護?はい、やりますよ~!」

と全く問題なく言える自分になっていたのです。

 

 

これには自分でもビックリしました。

 

 

きっと日本にいた頃の自分なら

「お義姉さんの年金全部使ってヘルパー雇って全部看てもらって~!」

と平気で言っていたと思います。

 

 

今の私はお世話になった義姉を喜んで面倒みています。

あんなにお世話になったのだから当たり前だと思います。

これがモロッコ人の助け合い方なのだと思います。

 

 

というワケで、率先介護集団と

お見舞いのお客様やらで溢れて

我が家はいつもワイワイガヤガヤ。

 

 

みんなに心配されて

子供に戻ったように体拭いてもらったり

パジャマを着替えさせてもらったりしている義姉は

本当に幸せそうな顔をしていて、

あぁ、モロッコ人に囲まれて歳をとるって素晴らしいことだなぁと思います。

 

 

私が手を出す間もないくらい

みんなが義姉を看てくれるので

介護疲れとかは無いのですが

彼らは夕飯を食べていくので

介護しながら宴会のようになってしまい

私はドタバタの一日の終わりにお料理やお皿洗いなどで疲れ果てました。

 

 

今日は誰も来ない静かな夜で

やっとブログが書けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(1)

テーマ:
モロッコから帰ってきて間もなく
1ヶ月入院していた義姉が退院し
私は彼女の介護生活に突入しました。


私がモロッコに旅立ってすぐに
具合が悪くなって入院した義姉。


私はモロッコにいながら
ずっと彼女の病状を電話で聞く毎日。


糖尿病の末期で腎臓や心臓に問題があり
さらに高血圧と高血糖が追打ちをかけて
フラフラでほぼ寝たきり状態。



両足の膝下がグチャグチャしてきて
包帯でグルグル巻きにされて歩けない状態です。



入院している間は私たちが面倒見てあげるからと
フィレンツェのモロッコ女性陣が
私に帰ってこなくても良いとしきりに言ってくれました。



これは後発の夫も出発できないかもなぁと半分諦めていたら
義姉本人が夫に、あなたのお母さんも具合が悪いんだから会いに行ってきなさいと言って
夫は常に助けてくれる女性陣に甘えてモロッコに旅立てたのだとのこと。




でも今年はモロッコにいてもどこにも旅行などする気分ではなく
静かに過ごして帰ってきました。




犠牲祭の日に退院してきた義姉。




私は羊肉のことなど考える余裕などなく
かろうじて食べられる義姉のお食事を用意し
オムツ替えが出来るのか?が最大の問題でした。




初日はまた最強モロッコ女性陣が
オムツだのベッド用シートだの
色々持ってきてくれて
なんとか2人掛かりでオムツを替えてあげました。




こんなに大人用のオムツが巨大だとは知りませんでした。





そして翌日、もうオムツが足りなくなってしまったので
色々調べてみると、担当医に一筆書いてもらえば
保健所で無料で貰えるとのことでした。




まるで子供が産まれた時のように
老人のお世話も新しいことばかりで
目が回りそうです。




私の二人の子供を、まるでお婆ちゃんかのようにお世話してくれた義姉は75歳。


こんなに早く寝たきりになってしまうとは
想像しておりませんでしたが
いずれ来るべき日がやってきただけのこと。



出来る限り我が家で面倒見ていこうと思っています。



それにしても、いつも気を張って
元気にモロッコ料理を作ってくれていた彼女が
フラフラで食べる気力も無くなってしまい
その変わり果てた姿が可哀想でなりません。



具合が良くなるのか、悪化していくのか
私には見当も付きませんが
足の痛みなどが増さないよう祈るばかりです。






AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
モロッコにもIKEAが出来たとのこと。
我が家の家具は足りないもので一杯なので
イケア見学へ!


{02BF7973-6013-4DC8-9E2D-6981463D18D1:01}


カサブランカは広いな〜と
いつもドライブしていると思います。


フィレンツェは本当に小さな街ですのでね。


カサブランカは昭和なのどかさの中に
最先端の都会の雰囲気が突然現れたりする
カオスという言葉がピッタリな街。


イケアはメッチャ郊外にありました。



{F0A50D7E-B4E3-48B9-A4AE-A98C59929B73:01}


家具は同じで
掛かっているのが民族衣装のジュラバ。




{8166C8B8-7B9E-4D05-B29C-FC8664F064B4:01}


値段を見てビビビビックリ!!
イタリアの2倍です!!




{A8E2CD49-6EAA-425A-9E3E-9B1C46E5EBEE:01}



そう言われれば、来ているお客さんも
お金持ちそうな人ばかり。


IKEAは庶民の味方じゃなかったんですか〜??


イタリアでは万人の散歩コースとなっているIKEAですが
どうやらここモロッコでは違うようです。



まるで日本の無印良品を外国で訪れて
あ、やっぱり日本行った時に買お!
って思うのと同じ感覚ですわ。



イタリア値段を知っているが故に
買う気が失せ、唯一タッパーが同じ値段だったので買いました。





{E858D17B-B56A-4036-804A-596BEAE890AE:01}

レストランではみんなタジンを食べていました。
他のものはモロッコ人はあまり食べないそうです。



今回色んな家具やらカーテンやら揃えるのに
カサブランカ中を見てまわっていたのですが
その後のIKEAはテンション下げられました。




この国にはIKEAの現代的なデザインに負けないくらい
強い個性的な文化が根付いているので
根こそぎIKEAに持って行かれることはあり得ないのです。


{FAE7A564-A2DB-4F6B-8589-16F9EC396300}


例えば、私は家の照明を探していたのですが
こんなステキなライトを見てしまった後に
IKEAのライトは、とても安っぽく見えてしまいました。





{B84C3C0E-702F-465A-92F0-91028852DA79}


安っぽいのに高いIKEA。

ステキなのにお手頃価格なモロッコのライト。


私はモロッコのライトを選びました。



イタリアでも若者の家を訪れると
全部家具はIKEAで揃えました〜ってケースも多々あります。


が、イタリアでもリサイクルショップを訪れると
とんでもないお宝アンティーク家具が
IKEAより安い価格で売っていたりします。



イタリアで買ったIKEA家具は
見た目は格好良いですが
本物の木で出来ていないので
引き出しの下の部分が湾曲して開かなくなってしまいました。




どこを見ても同じな没個性な現代のインテリアに
イタリアやモロッコの職人さんの手による家具などを上手く取り入れて
個性的にしていけたらいいなぁと思います。




いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(4)

テーマ:
道に人だかりが出来ています。


{E0845972-222E-4586-9FA1-8808F63B1C62}





みんなが見ているのは


{5341E861-0843-470F-B9D5-80FBCF78E9AF}

羊さん。




2週間後の13日の犠牲祭に向けて
昨日から臨時羊販売所が各地に設けられ
辺りが羊臭くなってきました。





{0EAB145D-FFC4-4266-B4DF-1CEB8EF7E2C4}


各家庭一頭羊を買って
犠牲祭当日まで屋上テラスに置いておきます。


羊一頭当たり300〜350ユーロだそうです。
牛一頭買う家庭もあります。
牛の値段は羊の2倍以上ですね。





{97F654DB-FC92-4A14-8587-C7BE84421052}

羊の餌屋さんも登場。





{27A2AE92-C7D9-4150-9FCA-519389DF79BC:01}

羊置き場のない家庭のための
臨時羊ホテル(テントですが)も登場。

入り口のダンボールの看板には
5つ星 wifi付きホテルと書いてあり笑えます。

食事付き一泊2ユーロ。
ここに預ければ餌も与えてくれるそうです。



もうモロッコ人は犠牲祭のことで頭がいっぱいです。
私は犠牲祭前にイタリアに帰国すると言うと
とても残念がられます。



来年こそは犠牲祭を一緒に過ごしましょう!
とみんなに言われます。

来年も夏はここで過ごせるかしらん??
インシャアッラー ! (神がお望みならば!)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ラバトで私、結婚したの!

えー!!過去形なの?

と、フィレンツェ大学時代のモロッコ人の友人Fちゃんの衝撃発言を聞いて始まったモロッコ滞在。



私の夫の到着前に是非会いましょう!と
やっとのことで予定を合わせてラバトに会いに行ってきました。





{083210FD-98EE-410F-B7AD-B4F002076AE8:01}


彼女との出会いは9年前。
大学の勉強室で隣りに座っていて
私のパソコンのネットが繋がらず、設定方法を聞いたことがきっかけで友達になりました。



国籍不明の顔立ちのFちゃんがモロッコ人と聞いて
あのー、私の夫もモロッコ人なの。
1歳の娘もいるのよ。
と言った時の彼女の驚きの表情が忘れられません。




{C36DDAEA-310B-4D2A-9CB3-9C01CB7E18FA:01}

ラバトでお花市場、ハッサンの塔とムハンマド5世の霊廟を見た後
Fちゃんの旦那様が車で迎えに来てくれて
マリーナに連れて行ってくれました。


写真はムール貝を捕る地元の人々。



{76321CF6-83C8-4FAE-82FE-BC3A7523A1CC:01}

こんな感じでムール貝は捕獲されているんですね。
ガリガリと岩場から剥がしている様子でした。




旦那様もイタリアで勉強していたモロッコ人で
今はアメリカで仕事をしているそう。


なのでFちゃんは書類が整ったらアメリカに行ってしまうそう!!
なんて運命でしょう。

ますます遠くなるわねー。
再会場所はモロッコの方が良さそうねー。





{821C94E6-A691-4C5F-B12D-E8CED23E941F:01}

ランチは魚三昧。初めてムール貝のタジンにも挑戦しました。
ムール貝が巨大でビックリしました。

美味しかったけれど
私はオリーブオイルとニンニクとイタリアンパセリで
シンプルに蒸したものの方が好みです。

スパイスでムール貝の旨味が
消されてしまうのは残念に思います。





{98EB1F96-4E57-40F8-A554-B3C4618FE746:01}

ラバトのメディナ(旧市街)。
その昔ユダヤ人が住んでいた地区は
青と白に統一されています。

エッサウィラもそうでしたっけ。





{1C96BAE7-FFEB-4544-BFC8-95CB9A66BF6B:01}


娘はヘンナ好きで、チャンスがあれば挑戦しています。

旅の思い出に旅先で、
またはモロッコから出国する前に
帰るのを惜しむかのようにみんなヘンナを施します。





{0F190CDF-6DBF-4980-BC14-E387683BEFC9:01}


長い長いスークに入り込みました。






{358C25F9-4D5D-49D2-9C18-63F52C68C8B4:01}


お土産の上で眠る猫。

モロッコでは人も犬も猫もみーんな寝ている印象。




{D629ECBD-A38D-43DD-A21F-A568F2A2EFAA:01}

美味しいそうな匂いにつられて買った
デュラムセモリナ粉のパン。
これが焼きたてで温かくてモチモチで
サイコーに美味しかった♪





{684A2959-6B7F-4832-AF58-07856C7336C9:01}

亀はペット用でしょうか?
道端で売っていました。





{B500B79C-A0D3-4D87-A4F4-C15D9D35C3C1:01}

スークを抜け出たところにあるパティスリー。
老舗で、ここのミルフィーユが美味しいのよ!とFちゃん。
お店の前は凄い人だかりです!




{B81C2421-430D-4BAA-8FFF-C1B3BFD2BE74:01}

噂のミルフィーユと



{564B82E6-62EA-4FD6-8DC3-612B4F453AB9:01}

ピザパイを買って帰りました。
ピザパイは昔ディズニーランドで食べたパイの懐かしい味がしました。

ミルフィーユもサックリとしていてとても美味しかったです。



Fちゃんの故郷にて初の再会、
なんだかとても感慨深い1日でした。


私がまだモロッコ人のことをよく理解していない頃から
いつも傍にいてモロッコ人の頭の中を解説してくれた彼女。


そして彼女がとる摩訶不思議なモロッコ人的行動を通して
イタリアにいながら、この勝手なモロッコ人の行動にどう対処すれば良いのか学ばせてもらいました。


最初は本当に理解に苦しみましたが
私にこれだけの学びをくれた彼女との出会いは
夫に次ぐ運命の出会いだったと言えるでしょう。




小さかった娘をまるで姪っ子かのように可愛がってくれていたFちゃん。
いまやマダムですが、早くアメリカに渡って彼女の赤ちゃんを抱っこ出来る日が来ますように。

ラバトでの再会は素晴らしい思い出として私達の心に刻まれました♪









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
イタリアの地震の報道で
沢山の皆さんにご心配頂きましたが
フィレンツェは揺れもなく無事でおります。


犠牲者の方々にご冥福をお祈り申し上げると共に
これ以上被害が拡大しないことを願うばかりです。





とうとうモロッコでも納豆を作ってしまいました。

モロッコで和食は野菜のバリエーションが
限られていることから
出来るメニューも限られますが
大豆は量り売りで売っているのです♪


イタリアから日本製湯たんぽを持ってきたので
いつもと同じやり方で問題なく出来ました。
納豆菌の小ボトルを使用しました。




{3C922BEB-BFBC-4CFF-875D-7CD2BD97811C:01}



大豆を買った時に
お隣の奥様と一緒だったのですが
作る時は是非見せてほしいとのこと。



圧力鍋に入れる折りたたみ式蒸し器を持ってくるのを忘れたのですが
大きなスーパーに売っていなくて困っていたら
スークの調理用品屋のお兄さんに写真を見せると
問屋さんから3日後に仕入れてきてくれました!




で、やっと納豆作りを隣の奥様に見せてあげられました。


このままオーブンの中で発酵させるため10時間以上放置と言うとビビられましたが。


さて、納豆が無事出来て
またお隣の奥様に見せて味見させると
美味しい!と言うのです。


ひと口食べてお世辞言ってくれたのだろうと思っていたら
少しおすそ分けした納豆を
自分でお昼用に茹でていた小さなパスタに混ぜて持ってきて

ねえ、納豆パスタ、美味しいわよ!
と私に味見させに持ってきたのです!!



この人、本当に納豆気に入ったんだ!
しかも自ら「納豆パスタ」にアレンジしてくるなんてツワモノ!



いつも納豆を外国人に紹介する時は諦め半分なのですが
こんなに気に入ってもらえたのは初めてで
私も作った甲斐がありました☆




子供達も大喜びで白いご飯と共にモリモリ食べておりました。

日本の味でホッと一息つくのは良いですし
その味が外国人にも理解されるなんて
そんな嬉しい事はありませんね♪


イタリアに帰る前にもう一度作りたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
モロッコではイチジクが旬で
堪らなく美味しいので、ついつい買ってしまいます。


キロ当たり150円〜200円程度です。
黄緑色のと濃い紫色の皮のものがあります。
濃い紫色の方が黄緑色のより少々値段が張りますが
個人的には濃い紫色の方が美味しく感じます。


{BBF0737C-A086-40FF-A4D7-F236D8314D77:01}


先日またイチジクをみんなで食べていたら

「ちょっと熟したりないイチジクを美味しくする方法をこの前教わったんだ!」

と親戚の1人が教えてくれた方法が
スゴく効果的なので皆様にシェアしますね♪



上の写真の黄緑色のイチジクは汁がしたたりそうで
もう今食べてくださいと言うような熟し方ですが
上の濃い紫色のイチジクは、あと少し熟していたらもっと美味しそうですよね?


そんな、二つに割ってちょいガッカリな時に効果的な方法です。




その二つに割ってしまったイチジクをこのように持って


{B8D7C905-83E0-459A-81FC-9B70B28310AA:01}


実の中身をグリグリとこすり合わせます。

すると〜、あら不思議!

実が本来含んでいた水分が
割った表面に滲み出てきて
たったの2秒で、まるで上の写真の黄緑色のイチジクの熟れ具合に近づいてしまうのです!

少々形は崩れますけどね。
いつでも美味しく頂きたい方にはオススメです☆



試された方は、ご感想をお聞かせ下さいね。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

テーマ:
モロッコで今このフルーツが旬で
マルシェに並んでおります。


{2A6B8428-EFEF-4CC6-85FB-90E09BE33B04}


マルメロです。



本日は来客があるので
牛肉とプルーンのタジンを作ろうかと思っていたのですが

マルシェのオジサンが美味しいから
どうしてもコレを買っていけと言うので
予定変更してマルメロのタジンを作りました。




{B785C1BA-708E-477F-A37E-354020D113F0}


モロッコ人のお客様に
メチャクチャ美味しいと言って頂くと
時間をかけて作って良かった〜と思います。


柔らかく煮込まれた牛肉に
トロリと煮えた甘酸っぱいマルメロが絡まると
思わずニンマリしてしまう美味しさなのです。


旬のうちにまたリピートしたいと思います♪







いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
私も子供達も夏生まれで
みんなバカンス中で不在なので
誕生日はいつも身内だけで祝います。




今年もモロッコで迎えた私の誕生日。
特に予定も立てず、ケーキでも買いに行きましょうと
お隣の奥様と子供達と散歩に出ました。





{68935BB6-9908-44C2-A78E-A76B1DDB0901:01}



うちからテクテク歩いて行くと
カラフルな地区が出現します。





{4CD12508-5762-47A9-B8EA-575BE43462E4:01}


歩くごとに様変わりする壁の色や絵。






{C6051E98-67B1-45E7-BCDB-3FF3708D11ED:01}



イタリアだったら考えられない自由さで
道ごとに家の壁の色を塗り替えています。



{5F1A71D8-64FE-4B93-914F-5C60D951E600:01}


超庶民的なカサブランカの日常の風景。
歩いているだけで心和みます。



スークを覗いては旬のフルーツを買って
モロッコの食材を味わったり
こんな風景に身を置いてみたり

私のカサブランカ生活は
何をするわけでもないのに
異次元空間で楽しく時が過ぎていきます。



いつもタクシーで移動しているのですが
それじゃ味気ないでしょ!
とお隣の奥様の勧めによりクチと呼ばれる馬車に乗ってみました。


{E2225721-8EA9-44F8-AF75-3C5EBA18DB70:01}


大通りを始発から終点までゆっくり
パッカパッカ走って1人あたり30円ほど。

バスやタクシーにつぐ
れっきとした移動手段です。

うちの息子がいつも乗りたがっていたので
今回乗れて大喜びでした。




さて、着いた地区は魚フライの店が軒を連ねています!


美味しそうな匂いに吸い込まれるように
一軒の店に入りました。




{7921B716-8106-4411-B7F2-1EBBA44563F5:01}

モロッコと言えば、魚フライ!
揚げたてアツアツを頂きます!

サクッとしていて
素材の新鮮さが伝わる美味しさでございました。

これまた超庶民的なお店で1皿300円ほど。


ここはテーブルがあって座って食べましたが
もっと奥の方にあるお店は「立ち食い魚フライ屋」で
男性達が群がって立ち食いしておりました。

興味深いのでお値段を聞いてみると
さらにお安く200円からでした!
今度この熱気ムンムンのお店でお持ち帰りしてみようと思います。




帰りは公園まで行って子供達を遊ばせました。

と、そこにはジェラート屋さん。


{31DFB966-2FB0-44DE-9F7C-3628C3D111B5:01}


暑いのでみんなで注文しました。

先日の「ジェラット」の美味しさには劣るけれど
暑い中いつもベストタイミングで売っているので思わず買ってしまいます。





そして肝心のバースデーケーキですが
どこのパティスリーを覗いても不味そうなケーキばかり売っているので

やっぱり自分で作るわ!
と帰りにスーパーで材料を買って
子供達と作り、キャンドルを消しました。

もちろんバースデーソングはアラビア語で!



モロッコにいらしたら絶対庶民派食い倒れツアーをお勧めします。
大抵高いお店に行っても不味い場合が多いですから。


何より美味しいのは家庭の味ですけれどね。



ひとつまた歳をとり、さらに濃い1年にしていこうと思います。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。