☆こどもココロの天井裏☆ こころカフェゆるの木別館

かつてここには扉はなくて
ただ海が広がっていた
そういう
この世界


テーマ:

「先生、次の時間はどこの教室にいくの?」
給食の時間に、一緒に準備をしていた4年生の男の子に尋ねられた。
「次は、2年生の教室に行くよ」
「そうなんだ。2年生にはどんな悪い子がいるの?」
私は驚いてその子の顔を見て言った。
「〇〇小学校に、悪い子なんていないよ」
「そうかな。あ、わかった、Aくんでしょう。Aくんが悪い子なんでしょう」
「Aくんは、すっごく元気だけど悪い子じゃないよ」

「ふーん」
「〇〇小学校の子は、みんなかわいくていい子だよ」

言いながらその子の真剣な表情を見て、私は本当に、
私も、サポートの仲間たちも、先生も、
気持ちをしっかり持たなければいけないと思った。

悪い子なんていない。
ただちょっと間違える子はいる。
小学生なんだから、間違えるのは当たり前。
いっぱい間違えて、考えて、おとなになっていくんだから。
こんなちっちゃな君たちが、間違えちゃいけないなんてひどすぎるよね。


私たちは、ちょっと間違えた子を、
悪い子といって責めていないか。
私たちは、悪いことを悪いと声高に指摘して、
悪いものを見る目で見て、
たくさんの「悪い子」を育てていないか。

悪い子なんていないよ。
みんな学んで、経験しているとちゅう。
素敵な自分を、作っているとちゅう。

お父さんだってお母さんだって、
本当は、自分を生きてるとちゅうなんだよ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

こころカフェゆるの木☆石田ららさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>