☆ゆるカフェ☆

かつてここには扉はなくて
ただ海が広がっていた
そういう
この世界



東京都八王子市東浅川町537-23-202

(JR高尾駅から徒歩約8分、京王高尾線狭間駅から徒歩約4分)

こころカフェゆるの木ホームページ


☆サロンのブログは、ホームページ内に設置しています。
☆こちらのブログでは、主に小中学校の子どもたちとの関わりや親子にまつわるお話を書かせていただいています。




テーマ:

「先生、僕はね、」

教室の授業に集中できず、「やる気がないようなので別のお部屋で勉強してください」と教科の先生に言われて出てきた中学生。

静かな空き教室に行くと、とても穏やかな表情でワークブックを解く手を止めて、その子は話し始めた。


「僕は、大人になったらスゴイ人になってやろうとか、そういうことは考えてないの。ただね、”今日は休みの日だからちょっといいバターを塗ったトーストを食べよう”とかさ、そういうちょっとした贅沢をしてさ、家族でね、そういう幸せを感じられたらいいなって思ってるんだ」

あたたかな光景と、それを望む彼のシンとした表情が、薄暗い教室に溶けていく。
トーストとバターの香りの向こうに君が居て、君の家族がいて、君が満足気に少し笑う。その姿が、見える気がした。見たいと願った。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>