仲良きことは美しきことかな。(色んなレビューblog)

by高木順一朗765プロダクション会長

管理人の興味はSONY(コール徳島店)、バンナイズ、徳川家康、アニメなどなどです。
只今のMyブーム「とあるシリーズ」

質を大切にして書きたいです。基本的に家電開封レビュー、使い方です^^。


テーマ:
スピーカーにBluetoothは付いているけどWi-Fiが付いてなくてnasneの音楽がWi-Fi経由で聴けない方へ。。

聴ける方法あります!Androidアプリ「nasne™ ACCESS」(無料)を使います。

スピーカーにWi-Fiがついていれば

nasne(音楽) (Wi-Fi) スピーカー (Wi-Fi) Android端末(コントロール)

となりますが「nasne™ ACCESS」を使って

nasne(音楽) (Wi-Fi) Android端末(nasne™ ACCESS) (Bluetooth) スピーカー

とすればスピーカーにWi-Fiが付いていなくてもnasneの音楽が聴けます!

ただこの方法だとBluetoothで音を飛ばすので音飛びが若干あるかも。Wi-Fiがついているのならオススメは上の方法です。
いいね!した人  |  コメント(2)
PR

テーマ:
※一応お金払って購入するものなので自己責任でお願いします!あとこれから使い出すものなので実際使ってみてではないので、すみませんがご了承ください。問題があれば加筆修正します。
あと公式ページから画像を転載してますが問題あればお知らせください。


最強のブックカバーとはこちら!
←赤いやつ。

ポーチですか?という話ですがそうです。ポーチです。
すみませんm(_ _)m、ブックカバーの紹介であるのですがポーチのこちらの商品の紹介です。
なぜブックカバーといったのかというと、
ブックカバー=本を保護できる物
という定義でブックカバーと言いました(^_^;)

そう、この商品はその定義を見事に満たしてくれるのです!どのブックカバーより、硬いものより本を守ってくれるのですー!

まず最初で最大の長所はブックカバーでは守れない本の天井と底を守ってくれます!

(なんか、うまく線引けなくて申し訳ない^^;。)
天井と底とは上の青丸の箇所です。普通のブックカバーは表紙、背表紙、裏表紙はしっかり守れるのですがこの部分はむき出しになり守れません。ハードなブックカバーであってもこの部分はむき出しです。特にカバンの中では別の物がこの部分にあたり本に傷が入ることもあると思います。意外な盲点ですが。
この商品だとこんな感じでしっかりと守れます!

天井、底がうまく守れてるでしょ?背表紙は丈夫なのでむき出しでも無問題!
公式ページでは背表紙の反対面をむき出しにしているのもありますが僕的には不正解。。

これでは折れたり傷が入ったりしてしまいます。。ご利用の際は上の例の背表紙をむき出しにしてご利用ください!

あと、特にハードカバーは読むときに本がアニメのカモメみたいな形に曲がらないので少し持ちにくいと思いますがこのポーチは取り出すといつもの本なのでいつもどうり曲がって読みやすいです。

あと自分の本で確認したところ
500ページの文庫本なら余裕で収納できます!
まぁ500ページがマックスに近いでしょうからまず大体の文庫本は入ります。
あと文庫本のサイズですが標準の

での話になります。岩波文庫OK。^^
あと、ぴったしサイズになるのでスペースもそんなにとりません。若干大きめになりますがそれもとりだしやすいためのもの位で大丈夫です。

あと、個人的に思いついた便利な使い方として輪ゴムを巻くとずれて落ちにくくなります!

不安な方は2つ巻いてみては?と思います。。

[追記]
カラーはいろいろあります!

(上の画像は取り扱い説明書ver.とは違います。色の参考として)
左から レッド、オレンジ、ライム、ブルー、カーキグレー、グリーン、ブラック です。
シンプルな作りなのですがおしゃれな色合いになっております。^^

以上、最強のブックカバーの紹介でした!

制作、販売しているお店:バンナイズ
バンナイズの販売ページ:帆布の封筒ポーチ 取り扱い説明書サイズ(一番下にあります)
取り扱い説明書サイズとなっておりますが文庫本にも対応です。今回紹介したのはこの取り扱い説明書サイズです。

なお、筆者は店員でなくただのお客なのでこのブログにクレームがあってもバンナイズに問い合わせないようお願い致します。その時は管理人にメッセージくれるとありがたいです。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
<すること>
nasne(NAS)に音楽データを入れてそれをインターネットを含むネットワークを通してAndroid端末でその音楽を聴く。Android端末の必要なソフトがnasneACCESS!
利点はLAN、インターネット回線でnasneとAndroid端末がつながっていればAndroid端末に転送してなくても音楽が聴ける。

<必要な機器>
・SONYの「nasne」
SONY製NAS(LAN搭載HDD)
Android端末
GooglePlayから「nasneACCESS」がインストールできる端末。今回はウォークマンF800を使用
GooglePlay:nasneACCESS

次は音楽を聴くまでの準備です。

nasneに音楽データを入れる。

nasneACCESSをダウンロードして、nasneと連携させて

聴く

と思うかと思いますが少し注意点があります。
・音楽データのフォーマットはWAVE、MP3、AAC、WMA。
・ジャケット写真はJPEG指定、かつ60KB以下

この点だけ抑えておけば、あとは下記のHowToレビュー読まなくても大丈夫なので詳しく説明します!
・音楽データのフォーマットについて
WAVE、MP3、AAC、WMAのみでATRACは対応していません。(公式より)
ジャケット写真が表示されるのは多分MP3のみ。AACとかだとこの方法だとなぜか表示されない。MP3でも解像度が少なくなりいろいろ制限有り。
ビットレートや、MediaGo、X-アプリ、iTunes、WindowsMediaPlayerは気にせずどれでも使えるようです。(自分が少し使ってみて。)
それとWindowsMediaPlayerはGracenoteでないのとタイトルが全角のようなのでおすすめではありません。
・ジャケット写真について
一番の問題点は容量で60MB以下にしていれば問題なく再生できるようです。それ以上だと対応フォーマットでも再生できない時があります。まぁ500×500ドットでも平均40KBですのでJPEGならまず大丈夫。PNGフォーマットは軽く100KB超えるので使えません。PNG自体が使えないかも。MediaGo→ウォークマンなら問題ないんですけどね。^^;もしPNGなら一度画像ソフト(ペイントなど)で開いて保存するときにJPEGを選ぶとJPEGに変換保存されます。

では、使えるようになるまでのレビューを書きます!

「MediaGo」or「X-アプリ」or「iTunes、WindowsMediaPlayer」でMP3でCDから取り込み。
出来ればnasne、nasneACCESSの専用ソフトを作ってください。そして保存先をnasneにするとファイルの移動の手間が省けます!
改めて注意点
・対応:WAVE、MP3、AAC、WMAのみ
・ジャケット写真はJPEGで60KB以下。

・オススメはMP3(320kbpsなら充分高音質)

CDから取り込んだ音楽データをnasneに移動。直接nasneに保存する場合はしなくていいです。
専用フォルダとつくるといいかも。もち「share1」フォルダ内指定です。
脇道にそれるが^^;
マル秘テク:ネットワークドライブを作ろう!(nasneへのフォルダアクセスが断然楽になる。)
ソニーが基本的に好き。:PCからnasneにデータを保存するのってどうやるんだったっけ?

nasneACCESSをAndroid端末にダウンロード→指示に従ってnasneと接続

そして再生!

もしうまくいかなければコメント気軽にください!o(_ _*)o

ポイント!:nasne、ソニールームリンクを使って音楽再生するときはジャケット写真を「JPEG、60MB以下」を守ること!

<このソフトの課題点(nasneACCESS)>
・アルバム、トラック合わせての一覧になるので量が多く探すのが大変。使ってみるとすぐわかります。
量が増えて探すのが大変なときはスクリーンショットの→□の検索BOXを使ってください。トラックだけでなくアルバム名でも検索できます!

ジャケット写真が小さくなってもいいのでウォークマンみたいにジャケット写真のみでの一覧希望。アップデートでジャケット+アルバム名でトラックを除いたわかりやすい表示になりました。
あとシャッフル再生ができません。アップデートでシャッフル再生可能になりました!のでよく聴くのはやっぱり端末に直接転送しましょう。今回の方法はあくまで補助的な使い方になりそうです。

[追記]
すみません。後で気付いたことですがインターネットを使わず家でnasneの音楽を聴くときはSONY製Androidについてる「DLNA」がおすすめです!曲を選びやすいしシャッフル再生、リピート再生もできます!アップデートでシャッフル再生、リピート再生に対応しました!ジャケット写真は拡大されて少しぼやけますけどね。
nasneACCESSで聴けるようにできていれば何もしなくてもDLNAでも聴けます。

[追記(2014/04/20)]
3月?のアップデートでアルバム別表示が便利になりました!

アルバム名とトラック名両方表示されてたのがアルバム名だけで表示できるようになりました。

で、この表示にするにはコツがいってデフォルトでは上の表示でな下の表示になります。

下の赤四角の「アルバム」を押すといつものアルバム別でなくアーティストごとのアルバム表示になります。本来のアルバムごとのアルバム別表示にするには上の赤四角を押して、

「名称順」を押すと最初の


のすっきりしたアルバムごとのアルバム表示になります。

ソニーストア(nasne)
ソニーストア

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
注意)アニメネタではありません(笑

透過pngとは?
例が一番わかりやすいと思うので、、
(例)合成したのは右のロゴとサインです。
上の画像が透過pngを使った例。下が使わない普通のコピー、貼り付けを使ったもの。


(↑クリックで拡大可(FullHD:1920×1080ピクセル)←2月2日更新)

つまり無駄な白い部分を透過させてキレイに仕上げることができます!(白でなくてもOK。)すごそうですが作るのは専門知識なくても簡単でしたよ。

 まず透過pngを作成します!
「手軽に透明png(フリーソフト)」をダウンロード2月3日修正しました。ごめんなさい。違うソフト紹介してました(-_-;

(使い方と下にダウンロード)http://www.officedaytime.com/toumei/index.html
 肝心なのは紹介ページにも書いているとおり「誤差許容度」の調節。できるだけ大きな数値でかつ必要なものまで消えないようにちょうどよく。というところでしょうか?
 しかし「鋏」は作成した画像をコピーできないので別の画像に貼り付けもできません。ので鋏で作成した透過pngを一旦「名前をつけて保存」しておいて別の画像編集ソフトで開いてそこでコピー貼り付けをします。それと作成した透過pngの画像は透過png未対応のソフト(Windowsプリインのペイントなど)ではきちんと使えません。なので対応ソフトを使います

 鋏で作成した透過pngをコピー→貼り付け
「GIMP for Windows(フリーソフト)」をダウンロード
(窓の杜)http://www.forest.impress.co.jp/library/software/gimp/
このソフトでで作った透過png画像とそれを貼り付ける画像を開きます。(なので2つのウインドウを開くことになると思います。)あとは普通の画像編集ソフトと一緒でコピー→貼り付け(合成)です。

 次にで紹介した「GIMP for Windows」で「名前をつけて保存」すると素人(自分^^;)はしらないフォーマット?で保存されます。しかもそのフォーマットではPC壁紙に登録することができません。なんで
「GIMP for Windows」で画像を「コピー」←普通の。でWindowsプリインのペイントを開きそこに「貼り付け」→そしてJPEG(PNG)で保存。
壁紙に使うようなできるだけ高画質かいいならPNGがいいかと思います。保存する時「名前を付けて保存」の下の「ファイルの種類」でPNGにしてください。PNGは可逆圧縮で高画質。JPEGは非可逆圧縮なので理屈では画質が悪くなる。でも写真などでは十分高画質レベルではあるようです。

以上です(>Д<)ゝ” 快適な画像編集ライフを!
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード