"フィレンツェ 花より。。。生活"

花の都のフィレンツェより
花より。。。のおいしい生活、お届けします。

NEW !
テーマ:



病院が嫌い。


今も昔もそうで、

よっぽど、しんどくなければ

行く気になれない場所である。


そんなことを言う私だが、

入院したことすらないが、

小さい頃は、

アレルギー持ちで、

とにかく、

よく通った場所である。


昔の町医者というのは、

横柄で、

露骨に子供を嫌う人もいたから、

子供心に、

「この人、なんで威張ってるんだろうなぁ...」

と思ってたくらいである。


それがあるから...

という訳ではないけれど、

あまり行きたくはない。


行けば、何かしらの病名を与えられる訳で、

難しい名前をつけられたら、

それはそれで、

なんだか大病のような気がしてくるし、

なんともなくても、

もしかしたら、表には見えない

なにか不治の病なのでは...と

悲劇のヒロイン化してしまうような気がする。


普段からこんななので、

薬という薬も

出来れば遠慮したい。


それなのに、

同僚が風邪をひいた...

なんて言えば、

「クスリ、飲んだ?」

という私。


全くもって、

信憑性がない。


が、

ついつい、

聞いてしまった。


よっぽど症状が悪くなければ、

飲まないクスリだが、

それでも、

仕事をしているうちは、

年に数回、

お世話になることがある。


日本の風邪薬のコマーシャルみたいに、

「1に睡眠...」

みたいな、

日本では、寝て治す習慣が、

普通だと思ってた頃、

夜寝る前に、

こちらで買った風邪薬を飲んで、

妙にハイテンションになってしまい、

かえって眠れないことがあった。


国が違えば、

事情が違う。


そのあと、

何回か見た、

イタリアのクスリのコマーシャルは、

「風邪っぽくって行けないんだけど...」

と言うと、

「じゃあ、このクスリ!」と言って、

それを飲んで、

いそいそとフェスタに参加する...

みたいなシチュエーションのコマーシャルが流れてて、

あぁ、こっちは、

そういう使い方するんだ...と

後になって気づいた私である。



{B88073D0-EBAF-45BE-B3A8-E0C49615239F}



いずれにしても、

どこか調子が悪い時は、

それを言いふらすと、

なんやかんやと

アドバイスをくれるイタリア人。


そんな皆さんのおかげで、

今日もこうして

元気にいられる私である。




⬇︎  自然のものが一番...





最後までお付き合い、どうもありがとうございます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。