乳がん下着、トータルブレストケアのユコー

乳がん術後の人工乳房、専用下着メーカー。女性コーディネーターが乳がんやリンパ浮腫の情報、商品の取り扱いをお伝えします。


テーマ:
こんにちは。今回は今月初めに東京で開催されました、日本乳癌学会について書きます。

ユコーは医療学会へのご協力として、関連学会に参加させていただいております。
その中でも乳癌学会は、学会となる前の研究会のころから毎年参加させていただいて
おります。
乳癌学会は、昨年は大阪、その前は浜松、そしてその前は熊本など毎年地域を変えて開催され、
全国から乳癌治療に関わっている医療者の方々が一同に集まり、研究発表や情報交換、
または交流を持つ会として重要な会となっています。

今回もユコーは企業展示で参加させていただきました。
普段お世話になっている先生や看護師さんとご挨拶をし、製品についてのご意見や治療に関することなど
多くのご意見をいただきました。

また最近では、患者会のみなさんが展示で参加されていたり、全国のピンクリボンバッチの人気投票
「P-1グランプリ」も開催され、治療だけではなく検診活動も紹介されていました。

今回の展示で多くのご意見を伺うことができました。製品のこと、サービスのこと、また医療者の方々が
イメージされている治療に必要な新製品のことがなど。それらをまた弊社の製品作りやサービスの向上へ
繋げていきたいと思っております。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Trulife社は、創業50年以上の会社です。以前はCAMPという名前でしたが、現在の社名に変更して活動をしています。補整パッドの他に下着なども取り扱い、世界中でご利用いただいています。補整パッドは、軽量シリコンパッド、冷却パッド付き、またフィルムの無いシリコンパッドなど、数多くの補整パッドからお選びいただけるのが大きな特徴です。

アイルランド到着の翌日、朝からTrulife社にて工場見学をしました。補整パッドが出来上がるまでの一連の工程を見るのは初めてでしたが、一つの製品が出来上がるまで数多くの工程と検査があり、多くの人が携わっています。いつも弊社がオーダーをして、地球の裏側でこのような工程で作られ、弊社まで大切に運ばれているのがわかり勉強になりました。




約1時間ほど見学してから移動しランチと会議になりました。Trulife社の歴史から、各商品の紹介、それから各国の状況の説明などを聞きました。国によって保険や医療制度に違いがありますので、日本と同じように考えることはできませんが、補整パッドは世界中で必要とされていると感じました。印象に残っているのは、トルコではお胸の手術後に使う補整パッドと補整下着について、国から70ユーロ(約9800円)の補助が一回だけでるようです。
その他に各国から新製品や製品の改良についての意見を出し会議は終了しました。私からも普段日本で感じているアイデアを先方に伝えました。これでまたよりより製品が作られればと思っております。

この会議で予定が終了し、翌日帰国いたしました。
帰りはダブリンからドイツのフランクフルトを経由して羽田空港に到着しました。

今回の海外視察では、ドイツのJUZO社とアイルランドのTrulife社へ訪問し、お互いの意見交換をすることができました。今度はこれを日本へ還元していきたいと思っております。
少しづつではありますが、製品のラインナップやサービスを向上していきたいと思っております。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
4月22日 ロバートさんにJUZO社の工場へ連れていっていただき、見学をさせてもらいました。数百台の縫製機やミシンがあり、ここで縫製から染色、検品、出荷の全てを行っています。






JUZO社は約100年前に弾性ストッキングの専門メーカーとしてドイツで創業を開始しました。それからヨーロッパ内で5つの子会社を設立、アメリカでも子会社と工場を設立し、現在では数多くの地域や国へ輸出をしています。最近では弾性ストッキングの製造販売だけではなく、フィッターを養成する講習会や、医療シンポジウムの開催など、幅広く活動を行っています。





工場見学後は本社にて打ち合わせをしました。またドイツの情報を日本へもフィードバックしたいと思っております。
打ち合わせ終了後、ミュンヘン空港へ移動しアイルランドへ向かいました。2泊3日と短いドイツ滞在でしたが、充実した時間を過ごせたと思います。

ミュンヘン空港から飛行機に乗り2時間ほどアイルランドへ到着しました。ミュンヘンと比べて時差は1時間ありました。アイルランドのダブリン空港に到着しましたが、ミュンヘンより緯度が高いところですので、初春のように半袖では肌寒いところでした。




空港からバスに乗り1時間ほどかけてホテルに到着しました。到着したときの時間は夜の8時ぐらいでしたが、まだ空は明るかったのでそんな時間だとは気づきませんでした。到着後にTrulife社主催ウェルカムパーティがあり、エジプト、韓国、イスラエル、チリ、オーストラリア、トルコ、ロシア、ルーマニアの代理店の人たちと挨拶しました。参加者は全部で16人です。
ホテルは創業300年の歴史有るホテルで、とても静かなところにある綺麗なホテルで古いお城を改築したとのことでした。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)