こじらせ悠子のこじらせ日記

ブックライター、インタビュアー。教養・徳・遊び心がもっとほしい!
親和中高→同志社大(文/哲学)→avex(タイアップ/法務)→フリー。
「貧乳女子大生の就活日記〜オッパイはつかめないけど人事の心はつかむゾ♪」
アメブロ大学生1位!恥じて消したw
1988年生。

※書籍、堀江貴文・ライザップ体験記(ブックライター)
2016年12月発売予定です!

<ホリエモンドットコム・ライター>
・堀江貴文、1ヶ月で5kg減!ライザップ2ヶ月間に挑むホリエモン密着【Vol.2】
http://weblog.horiemon.com/100blog/39713/

<講談社FORZA STYLEインタビュアー>
複数愛者ポリアモリー取材
http://forzastyle.com/articles/-/49087

元グルーポン経営者対談インタビュー
http://forzastyle.com/articles/-/49236

フィギュアスケート、村主章枝。
ジェンダーレスを公表した、氷の女王の壮大な人生・恋愛観
http://forzastyle.com/articles/-/49789

東京独身レポート、ギャルのカリスマたもちん
http://forzastyle.com/articles/-/47849

難病・若年性パーキンソン病と闘う飲食店社長は、業界一のファッショニスタ!
~ダイヤモンドダイニング・松村厚久社長~
http://forzastyle.com/articles/-/48933




<趣味のブログ>
オススメ記事一覧

テーマ:

心を打つ芸術というのは何もその作品そのものが素晴らしいとは限らない。作品の完成度なんて抜きにして、なぜだかわからないけど心を打たれ知らぬ間に涙が頬を伝ってくるような作品こそが、私の中での本当の意味で素晴らしい作品だ。


要は、「体はここに縛り付けられてても、頭ん中だけは異次元に飛んで行ける。そんなスイッチを押してくれる作品かどうか」が重要だと思っている。


芸術って、違う世界に飛んで行くための「スイッチ」だと思ってる。「スイッチ」の役割さえはたされていれば、あとは細かいことなんてどうでもいい。でも、もちろんなぜその作品が「スイッチ」として素晴らしいのかを分析してみることだってあるし、その分析結果は単純に好きな音階だからとか、そんなもんだったりもする。でも、それだけじゃない。


「スイッチ」の役割を果たす芸術は、きっと例外なく作家によって細部までこだわり抜かれて魂を込めて作られたもの。だからこそ、「魔法のスイッチ」になり得るのだと思う。ただ作品として存在するだけのはずが、魔法をかけられたみたいに、スイッチになって、そのスイッチで人々に魔法をかける。


「カチッ とスイッチを入れてくれるかどうか」それが、その芸術なしにはやっていけなくなるかどうかの境目。


言葉を駆使せず「理屈じゃない」と言うのは諦めの早いバカという気がして好かないけど、でも、ほんと、理屈じゃない。


最近だと「君の名は。」がそうだった。正直ストーリー自体は素晴らしいと思えなかった。良くありそうと言えばありそうだし、盛り上がりどころで感動させるわりには最初尻すぼみに思えたし。


でも、盛り上がりどころで、なんだかわからないけど異次元に行くスイッチが押されてしまって涙が止まらなかった。見知らぬ男女が、時空を超えて昔から結ばれてたとか、運命とか、そういうのがすごく好き。多分私が潜在的に「時空を超えた絆」みたいなものを信じていたり、もしかしたら知っていたりするから、スイッチを押されてしまったのかもしれない。


そんな、潜在意識に眠る、私も知らないスイッチを押してくれる芸術。それこそが、芸術。いつかは私も何らかの形で、体は瞬間移動なんてできずに不自由な人たちが、頭の中は自由に何処へでもトリップできるようになるような、スイッチとなるような、そんな芸術を創りたい。



音楽だと、昔聴いてた音楽は良いと思うものもあれば、時代の都合で「こんなダサかったか?」と思うものもある。でも、その時本気で好きだったのは確かで、それが再生されると同時に当時の記憶が蘇り、夢が蘇り、バッと頭に魔法がかかる。


人が音楽の類の芸術にハマるというのは大抵思春期のやり場のない気持ちや青い不安定さを抱えた時期で、だからこそ、その時の切なさとか生きづらさとか苛立ちとか悲しみとかがバッと一気にフラッシュバックするんだと思う。


それがスイッチ。


だから私はいつもその時の音楽を聴いてしまうし、その音楽は純粋に何かに憧れる気持ちを思い出させてくれるし、いくら時代が変わっても劣化しない。


今だとkygoSelena GomezIt Aint Me”が私のスイッチ。kygoがインスタに制作動画をアップしたのをキッカケに、昨日からハマってる。57秒、58秒のあたりで、


パン!


と、


一瞬にして違う世界に飛んで行ける。


kygoはそういうのが多くて、しばらくもう好きな音楽には出会えないなと思ってたら、ほんとに出会えて嬉しい。


でも。


スイッチを自分の外部にある芸術に頼ってばかりもいられないとも思うようになった。耳も目もいつ使えなくなるかわからない。五感に頼ってばかりもいられない。脳だけでも、そうなれるようにならなきゃ。


だから、今はひたすら、どうやったら眠る薬も何も使用せずに、自家製の脳内麻薬を精製できるか、何に思いを馳せ何に集中すれば、「トリップ」を実現できるのか。そんなことを自分で考えて試して研究する日々。(あほ?)


そんなこんなで、考えすぎて、最近ついに、もちろん何も摂取せず何の芸術の助けもなしに、脳内麻薬を意図的に創り出す方法を編み出した!


使うのは、自分の頭だけ。思考だけ。


今これがとっても楽しくてハマっている。でも、これをやるとあまりにも疲れるしビックリするから、体への衝撃を考えて、最近はお休みして、また聴覚に頼り音楽を聴いているけれど。


発見した時は「何、ココドコ。なんか不思議な世界に来た!」と、興奮が止まらなかった。本当に現実とは思えない天国みたいな世界にいく。目の前の色も時間の流れ方も何もかもが変わる不思議な世界。そこは、快感と高揚感だけでできた、痛みを感じない夢の世界笑。


と、なんか変な宗教みたいだけど、1人でやっているし、誰も勧誘しないから大丈夫。ただ1人で脳内麻薬の放出を楽しんでいるだけ。


勧めないと言いながら、やってみてほしいから、次回やり方を書いてみる。


(ひま?)


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。