こじらせ悠子のこじらせ日記

ブックライター、インタビュアー。教養・徳・遊び心がもっとほしい!
親和中高→同志社大(文/哲学)→avex(タイアップ/法務)→フリー。
「貧乳女子大生の就活日記〜オッパイはつかめないけど人事の心はつかむゾ♪」
アメブロ大学生1位!恥じて消したw
1988年生。

※書籍、堀江貴文・ライザップ体験記(ブックライター)
2016年12月発売予定です!

<ホリエモンドットコム・ライター>
・堀江貴文、1ヶ月で5kg減!ライザップ2ヶ月間に挑むホリエモン密着【Vol.2】
http://weblog.horiemon.com/100blog/39713/

<講談社FORZA STYLEインタビュアー>
複数愛者ポリアモリー取材
http://forzastyle.com/articles/-/49087

元グルーポン経営者対談インタビュー
http://forzastyle.com/articles/-/49236

フィギュアスケート、村主章枝。
ジェンダーレスを公表した、氷の女王の壮大な人生・恋愛観
http://forzastyle.com/articles/-/49789

東京独身レポート、ギャルのカリスマたもちん
http://forzastyle.com/articles/-/47849

難病・若年性パーキンソン病と闘う飲食店社長は、業界一のファッショニスタ!
~ダイヤモンドダイニング・松村厚久社長~
http://forzastyle.com/articles/-/48933




<趣味のブログ>
オススメ記事一覧

テーマ:
腰痛肩こり頭痛がひどいからベッドにいるのか、
ベッドにいすぎてそれらがひどいのかはわからない。

{551F9B91-F3C6-4974-8FF8-8943F246822B}


とにかくずっとベッドにいて、たまに、Netflixを見たり、amazonTVを見たりして。

気持ちが明るくなるのがいいなと、SATCやプラダを着た悪魔を見たら、キラキラしたSATCは主人公がライターだし、プラダを着た悪魔の相手の男もライターだし。

なんだか映画では、ライターがとても煌びやかなN.Yの仕事みたいに描かれてて、私の現実とのギャップに打ちのめされたのと、憧れたのと、ライターももしかしたら素敵な仕事なのかもしれないて思えたのと、でも、こんなキラキラしてないよなって思ったのと。

でもそれでも、みんながキラキラしながら恋愛とか愛とかセックスとか仕事とかファッションとかに夢中になって、なにより想い合う女友達がいて、すごいいい映画だなぁって、昔バカにしてたのに、感動しちゃった。

SATCに出てくる主人公はセックスコラムニストだったりファッションコラムニストだったり。

要は、自分や物のことを書いてるんだよね。後者の映画は結婚式のレポート。

みんな、自分の人生を切り売りしてる。

もちろん取材もするんだろうから、人の人生を切り売りさせるのかもしんないけど、でもそんなことには何も悩んでない風だった。少なくとも映画の中の描写では。

私は自分のことは仕事では書いてない。書いても大したネタもないし、あったとしても書きたくないし。

だから人の土俵を借りて、人の本やインタビューを書いて。

それって最初はすごく誇らしくて、その人も知らない魅力を引き出して世の中に伝えるのは私だって、それで、世の中もその人も喜ぶに違いなくて、それは、世の中もその人も私も感動できる、崇高な行いだと信じてて、ライターというのは、なんてやりがいのある、素晴らしい仕事なんだろうって思ってた。

けど最近思うのはその逆で、私は自分の人生を何も切り売りすることなく、人にばかり切り売りさせて、苦しめて、それを引き出して、売れる売れないで判断したりもして、面白ければ文字にして。

それで、おこぼれ、というか、マージンというか、そんなものを、自分の実力はこれっぽっちもないのにもらってるような、そんなゲスい仕事なんじゃないか、私がやってることは、そんなことなんじゃないか、と、思えて来た。

そしたら

もう外に出る気もなくなるし、外に出なくなれば食事はもっぱらUberイーツだし、そんなの部屋で食べても味気ないから半分しか食べられないし、それでどんどん痩せてくし、せめて見た目だけでも幸せでいたいと大好きなもち米だけでも炊いてみたりして。


インタビューだって、その時は誇りを持ってやってたし、インタビュー対象者が喜んでくれて、それに反響があって、プロデューサーや友達から褒められるのも嬉しかったし、そこに何の疑問も感じてなくて、

むしろ、私が人々をより輝かせてる、そんな素晴らしい仕事をしてると思ってた。

今もどこかで思ってるけど、でも、反面、すごい下衆の極みな商売とも思ってる。崇高でゲス。意味わかんない。

自分を切り売りするのが良いことなのかとかも、よくわかんない。

とにかくSATCの世界観には憧れたな、初めて。あーやって、自分の経済力で、ハイブランド着こなして、おしゃれして、闊歩してみたいよ。アグしか履いたことないような女だけどさ。

今は中身がともわないから、ネットで3880円の服で十分だけどね。28でハイブランドも、なんだか可愛げないな、とか。


別にライターなんていつでも辞めてやるっておもってたけど。


普段映画なんて見ないのに、

今日だけは久々に1日何も書かずに休もうと思って、もう今後ライターの仕事はうけないで、全然他のことやろうと思ってて、

そんな時に偶然見た映画のどちらもに、ライターが出て着て、輝いてるんだもん、もしかしたら私も輝けるのかな?と、思うのも仕方ないよね。

し、なんか、もうちょっとやってみな、て言われてるような気もした。

でも、ほんとはほんとは、ライターじゃなくて、作家がいいのかも、人の土俵で、じゃなくて、自分が、じゃなきゃ、なんだかやっぱり罪悪感も消えないし、本当の意味で、自信にならないし。

そんなことを思いながら、今から朝まで寝て、明日からは、仕事です。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。