こじらせ悠子のこじらせ日記

ブックライター、インタビュアー。教養・徳・遊び心がもっとほしい!
親和中高→同志社大(文/哲学)→avex(タイアップ/法務)→フリー。
「貧乳女子大生の就活日記〜オッパイはつかめないけど人事の心はつかむゾ♪」
アメブロ大学生1位!恥じて消したw
1988年生。


テーマ:

 

写真の詐欺にご用心!

 

 

 

{08AFA566-5738-472E-B39D-2C1ACADCF68C}

 

 

どうも、私ですw 

 

 

さて、今回は、ちょっと扱いにくい「クスリ」の話をします!

 

 

とはいえ合法のやつです。

 

あ。

 

非合法で話題のASKAさんは、非合法なことやっちゃったわけですが、私個人的には【非「合法」イコール非「人間」】というわけではないと思いますし、まあ、この人間社会の人間がつくったルールを守る事がむずかしかったというだけで、まあ、それは人間社会でいうところの悪なのかもしれないですけど、でもまあ、そもそも道徳とか倫理とか善悪とかって人間が社会を統治するために決めたものに過ぎないわけですし、まあ、ご本人と面識すらないですが、ご本人の苦しみはご本人にしかわからないってことで、ま、私が言及する問題でもないし、ま、いっか!とか思う、今日このごろであります。

 

さて!

 

「デパス飲んでます!」とかは、結構普通の人間がブログとかでは言いにくいところだと思うので、組織に所属せず守るものと言えば好きな人との関わりくらいで、地位も名誉も財産も、何も捨てるものがない無敵な私だからこそ、デパスの話を率先してしようではありませんか!!

 

そう、私はデパスが好きです!!!

 

とかいうと、ちょっとヤバイやつみたいですw

 

確実にモテなくなりますし、仕事の信用もガタおちでしょう。でも、それくらいで引くような奴は、最初から私には必要なかったということで、この話を進めていきたいと思いますw

 

とはいえ、デパスってのは別にヤバイ薬ではありません。内科で普通に「頭痛薬」「軽めの睡眠導入剤」として気軽に処方される薬。

 

一方で、「抗鬱剤」として処方されることもあったりと、その処方のされかたは様々で、とっても興味深い薬です。

 

ちなみに私がこのデパスに出会ったのは8年前、大学生のころ。

 

「夜、寝れませんねん!」と内科で気軽に言ってみたところ、処方されたのがデパスでした。

 

でも、よくよく考えてみたら、学校サボって毎日12時間寝てたので、夜寝れるわけがなかったのです。別に、普通の人間と同じ生活してたら、普通に寝られるやろ、というオチでした。でも、処方されました。それくらい気軽に処方されるようなお薬なんです。

 

とはいえ、そうやって気軽に手をだしたがために、依存して抜け出せなくなり「デパス依存」に苦しむ人もいるような薬でもあります。私も一時期本気で苦しみました。そう、デパスはすっごい優しい薬でもあり、すっごい怖い薬でもあるのです。

 

悪いものではないんです。でも、良いものとも言いきれません。

 

というのも、結局は、デパスは包丁と同じ。「使い方によれば美味しいお料理だってつくれるし、使い方によれば人だって殺せる!!」みたいな。

 

そんなデパスを、私は良い感じに使ったり、たまに使い方を間違って乱用して頭おかしい奴になったり、そして断薬したり...そんな経験を経ながら、今では上手に付き合ったり、はたまた使い方を間違え乱用してしまったりしていますw

 

そう、いくつになっても、私は学べないやつ、ということですw

 

「まあ、いいじゃないですか。一度きりの人生、これくらい彩りがあっても」くらいにしか考えていません。明日死ぬかもわからないし、頭おかしい奴になったところで、「あいつちょっと変だったね」で終わる話です。

 

そう、で、肝心のデパスという薬について。

 

デパスというのは、人によっても効き方は違うのですが、とにかく「フンワリした気分」になるのです。要は、脳の興奮を押さえて、フンワリした気分にしてリラックスさせることで、眠りに入りやすくなるようにする薬なのです。

 

これ、人によっては頭痛や腰痛にもよく効くのです。私はめちゃくちゃ効くタイプ。というのも、私の頭痛・肩こりは、「神経質さゆえ、体が力んでしまうがゆえの頭痛・肩こり」だからです。要は、脳が緊張しているという問題ゆえに、体が不調なのですね。

 

だから、脳がゆるむと、体もゆるむんです。逆に言えば、脳ではなく体が原因の頭痛・肩凝りには、あまり効果がないらしいです。

 

私の場合、デパスを飲むと頭痛や肩凝りが嘘のように消えるので、「どんだけ神経質で脳が緊張状態なんだよ!」と、自分でも驚きます。でも、きっとこれは生まれつきの神経質な体質ゆえ。なおらない。ドンマイ!

 

でも、これだけ効く魔法の薬だからこそ、あなどれないのが副作用と、薬を辞める時の禁断症状!これは、よく知ってから飲む方が良い。私はちょっと気軽に手を出しすぎました。

 

2年くらい前、デパスの常用をやめようとしたことがあります。

 

「さすがにこんな薬、常に飲んでるわけにもいかねーな。12時間も寝てるしw寝られないの当たり前だしw母体にも悪いかもだしw」と。妊娠どころか結婚の兆しすらない私は、健康な母体でいるためにデパスを断つ決意をしたのです。

 

医者に言わせると「一気に辞めるのは危険!徐々に量を減らして辞めるべき!」ということなんですが、私はそういうのを素直に聞き入れるタイプじゃないというのと、コツコツ努力するのが大嫌いなので、「辞めるなら今日から完全に辞めてやる!!」と、それまで結構な量飲んでいたデパスを、キッパリサッパリやめてみました。

 

すると、どうでしょう!

 

そこから1ヶ月が壮絶でした。いや、ほんと、ナメてました!

 

かなり、ヤバイ。

 

もう、毎日起きるだけで頭痛肩凝り冷や汗、歩くだけで精一杯、当時OLだったので会社に這うようにして出勤してました。で、勤務中もひたすら脂汗が止まらない。フラフラして、歩くのもやっと!!これ、大げさじゃなくて、本当にヤバかったです。知らないうちに体が依存してたみたい。

 

そんな症状が、2週間〜1ヶ月続き、地獄でした!

 

でも、この地獄を二度と味わいたくないという意志の力で、完全に辞めることに成功!と思いきや、常用はしなくなったものの、たまに頓服で飲む程度にはなりました。

 

これならそこまで依存性はないのでOK、と自分で思っています。

 

そして、さらに怖いのが、デパスの量が多すぎると、「自分の中のブレーキが外れちゃう!」ということです。なんか、変なメールとか怪文書を、「ま、送っちゃえ!」みたいな気軽なノリで、大切な人に送りつけてしまったりするのです。感謝の念、文句、明るい下ネタ、その種類は様々ですwww

 

そして、翌日覚えてない。後で読み返して「私、ただの頭おかしいやつやん!!!」とびっくりする。で、それの後悔を消すために、「考えたくない=デパス飲んじゃおう!」という負のループwww

 

これも恐ろしいとされている副作用のうちの一つです。タガがはずれちゃうことと、「健忘」といって出来事を忘れちゃうこと。

 

 

ほんとに覚えてないんですね。翌日メールを見てびっくりするんです。「私、めっちゃわけわからんメール送っとるやんw」と。相手もさぞかしおびえたことでしょう。ごめんなさい。

 

しかも、もともと筆まめなもので、やたらと文章が長い。それがまた私の「ヤバイ女感」を助長しています。

 

筆まめって、怖い!

 

こーゆー物忘れなどの現象は、「寝るために1錠」のレベルではなかなか起こらない現象なのですが、私は興味本位で、「何錠までイケんのかなwww」みたいな感じで試しては、おかしくなっている時期がありました。バカですね。

 

でも、合法だしwまあ、人生は刺激的じゃなきゃねwとか思いつつw

 

でも、それで人の信用を失ったり「マジでこの女やべー」と距離をおかれたこともありました。それで孤独を感じ、反省してデパス常用を辞めるたので、やっぱり医師の言う事はきかなければならないと思いますし、

 

また同時に、時には「医師の大丈夫」という言葉さえ疑う勢いで、慎重に自分でも薬については調べなければならないとも思います。なにせ、自分の体に入れるものですから。慎重に。

 

私が言っても説得力皆無ですがw

 

善意でデパスを処方してくれる医師もいれば、「依存したら薬で儲かる」と処方する医師もいるんです。ほんとに薬って儲かるらしいので。医師免許をもっているからといって、その倫理観は人それぞれですからね。そこもちゃんと、医師の人間性を見極めなければ。

 

と、デパス1錠を飲んで、ある程度正気で書いたこの文章は、後で後悔して消すのか、はたまた残すのか、疑問であります。多分覚えているとは思います。なにせ1錠なのでw

 

で、私の今のデパスの使いかたといえば、ちょっと特殊なものなのです。

 

というのも「仕事に集中しなきゃ!」と思う時に、1錠飲むのです。普通は眠くなって仕事どころじゃなくなるので、仕事をしなきゃならないときに飲むなんてあり得ないと言われるのですが...。

 

私の場合、とっても神経質で、常にいろんなことをいろんな風に気にしているんです。だから、それを沈めて「1このことくらいしか考えられない状態」にしないといけない。そう、ボ〜っとしないと、仕事ができないのです。

 

デパスを飲まなければ、仕事をしてても、「あの人との人間関係はどうだったけかな」とか「部屋が汚い憂鬱だな」とか「あそこから金が振り込まれてねーな!」とか「今日のご飯はどこで出前とろう♩」とか「あの人のこと私は好きだけどあの人は私のことどう思ってんのかな?」とか「ていうか生きる意味って何!」とか「このまま生きてても面倒だけど死にたくもねーな」とか「明日の予定、超絶楽しみ★」とか「もっと文章うまくなりたいどうしたらいいの!」とか「こことの契約条件どうしよう!」とか「あの買い物無駄だったな」とか「あれ欲しい!これ欲しい!」とか「あいつムカつくクソ死んでまえボケ!」とか「あの人大好き一生仲良くしてほしいラブ!」とか、もう、こういうカオスな考えが頭をめぐりめぐって、仕事どころじゃないのです。

 

なので、「ちょっとはボ〜っとして、落ち着こう!」という意味で、デパスを飲んでから、なんとか仕事ができていますw

 

1錠くらいデパスを飲むと、ボ〜っとしてきて、一度に1〜2個くらいのことしか考えられなくなることができるのですね。脳内すっきり!シンプルイズザベスト!

 

こうして、やっと、目の前の仕事に集中できる。

 

 

「ボ〜っとしないと、仕事ができない」

 

 

これが、私というややこしい人間であり、ややこしいデパスとのおつきあいの仕方なのであります。

 

そして、昨日の「パソコンのデータが吹っ飛んだ」という出来事みたいに、極度にストレスフルなことがあると、それを忘れたいがためにデパスを飲むこともあります。あと、めっちゃムカつくことがあったときに、自分の怒りが自分でも押さえられないから、「落ち着けw」という気持ちをこめて、飲むこともあります。

 

もはや寝るためには使ってません、なにせ、自然に12時間寝れるのでw

 

と、そんなこんなで、デパスという薬の奥深さをわかっていただけたでしょうか!

 

でも、個人的には必要ない人にはオススメしないですし、できないです。まあ、医師の処方を守って自己責任で飲んでねって感じです。

 

そして、このブログは医者に処方される薬のことを書いてますが、私は医学の専門じゃないですし、wikipediaとかで調べたネットの情報とか経験をもとに個人的に語っているだけなので、今問題になっているサイトみたいな感じで、医学的根拠を問いつめられたとしても、知ったこっちゃないし、なんの責任も負えないので悪しからず!ということを、明記しておきます。

 

 

 

この文章を集中してかけているのは、一粒のデパスのおかげ。

 

ありがとう!デパス!

 

きをつけよう!デパス!

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。