背中が痛い。
腰ではなく、背中。しかもあばら骨の当たりの直径10cmくらいがぎゅーっと痛い。
息を吸ったり、体をねじったりすると息が止まるくらい痛い。
おそらくは、わたくしのガラスの腰をかばってヘンな姿勢でくしゃみをして
その拍子に筋肉がつったんじゃないかなー、と思っているのだが
(そんな感じの痛みを想像してください。痛いぞー)

これがときどきあって、大体3日くらいで治まるんだけど、
今回はなかなかそうもいかず、今日はだいぶ楽になってきたな、と思っていたのに
会社から出るとき、車においていたiPodを取り出して体を起こした瞬間キター
いきなりピークが訪れました。いたいイタイ!
車線変更で後続の車を確認するたびに息が止まる止まる!
車線変更で息が切れるってどんだけ。

そんなわけで、今日ちょうど話題に上っていたMoll del Valleを思い出したのです。
モンテレイにモールができはじめた頃からあって、今は事務所やクリニックばかりが入って話題にはならないけど、熱心に手当してくれるいい先生がいるのよー、という情報を聞いていたのです。

これはもう行こう。もう7時前で予約もないし、受診できないかもしれないけど予約だけでもしよう、ついでに自分でできる応急処置を聞けたら御の字だ。

そんな必死の思いが何かに伝わって、迷うことも入り口を間違うこともなく到着。
Palacio de Hierroの目の前だから迷いようはないんだけども。
しかしさすがに到着した頃は7時半を回っていて、どのクリニックも閉まっていたが
そんななか奇跡のように扉が空いている、しかもAcupunturista(鍼師)のクリニック!

神!
あとは診療を受け付けてください!

と願いつつ受付嬢に事情を話すと、なんと40分も閉院時間を過ぎてるのに受けてくれるとのこと。なんて優しいんだろう、鍼なんて実は興味もないし受けたくもないんだけどなんてありがたいんだろう、としおらしく診察室に入るとそこにはチョビヒゲのメキシカーンな白衣のおじさんがひとり。

日本人か!なんできた!仕事か!彼氏は?作れよ!(←余計なお世話)
今日はどうした?


「数日前から痛かったんですけど、今日ちょっとかがんだ拍子にすっごい痛くなって
腰痛って言うより、筋肉的な痛みなんですけど」

へー、痛いのか!どれ、聴診器で診察だ!
すってー 全部吐いてー
すってー 全部吐いてー
すってー 全部吐いてー

これは筋肉的な痛みだな!
よし、治療だ!

奴が何をわかったのかさっぱりわからないまま
おっちゃんはテキパキと丸いテープを用意し、耳にガンガン貼付けてきた

ちょっとチクッとするけどな、これでいいから。
これをちょっとぐりぐりすると、痛いけど効果が早いんだけど、どうする?

「? …お願いします。けっこうつらいので。」

といったら針入りテープの上からグリッグリグリッグリ耳をつねってきて

当然

イーテテテテテテテテ

という結果になり

思わず本音が出て
「これさー、耳の痛みで背中の痛み忘れる とかじゃないよねー?」

と言ったところバカ受け。
ひーひー笑い転げて、

イデリー、あぁイデリー、そういうの超笑える
気に入った、なんか困ったことがあれば俺に言えよ!


とのたまったのだが、
既に痛みに困った上でここにいることを忘れてやしないか


謎の膏薬をもらい、治療費を払って、出てくるまでの所要時間



15分

早過ぎっだろ


そしてクリニックを出ると閑散としたモール。
なんだか夢のような時間を過ごしました。
AD

2014 値上げの新春

テーマ:
あけましておめでとうございました。

久しぶりの更新
一時帰国、今回は珍しく日本で体調を崩さなかったよ!
…と思ったらメヒコにもどってこの週末風邪をひいているよ!

3行でブログを書かなかった期間の終わりの方を表現してみました。
臨場感はないが、ね。

アメブロの写真のアップロードがめんどくさ過ぎて。
Facebookばかりになっていました。
友人になっている人は、お楽しみ頂いているかと。

でもやっぱりfacebookだと一言くらいしか書けないからね
もうちょっと長い文章表現も必要だろうということで
今年こそもうちーとブログを書こうかと。

あまり信用しないでお付き合いください。

そうそう、2014年になって、メヒコ国内のモロモロが値上げになっているようです。
そんなことも知らず2日の仕事初め、
よーし、コーヒー飲んで頑張るぞ、と近所のOXXO(オクソ。コンビニです。)へ。
14ペソをお尻のポケットに突っ込んでいたと思いきや1ペソ多かったので、
ブルジョワを気取って1ペソをチップ用の箱に入れたら

「コーヒー 15ペソ」

とレジに表示されており

え、いまいま あなたも見てたと思うけどチップのとこに入れたの1ペソだったの
1ペソ。

とアタフタ説明したら
「いいわよー、だいじょぶよー」とレジの女の子に笑われつつ売ってもらえました。

たいして美味しくもないのに1ペソ値上げするなんて…

とはいいつつも、買うんですけどね。
AD

近況報告 2013春

テーマ:
メキシコのヘソと言われる海なし県
アグアスカリエンテスに4年3ヶ月住んで参りました。

始めはその規模の小ささに退屈していましたが
その小さな街が守ってきたもの、誇ってきたもの、
その小さな街から発信されているものを知るにつれ
住みやすく美しいこの街が大好きになっておりました。

車さえあればわりと色んな観光地に近いし。
住んでる日本人も、さいこーにいい人ばかりだし。

しかーし、30歳を迎えたわたくしの周りに変化があり

というか、「いったんハリのある環境に身を投じてブラッシュアップせねばこの30代、乗り切れんかもしれん!」系の不安に対するユルめの危機回避というかんじで、
一大決心して一度アグアスを離れることを決め、
モンテレイに移り住んだわけです。

現在、メキシコ北部の要の都市、ヌエボレオン州はモンテレイに住んでおります。
2~3年前までは麻薬密輸グループと政府との抗争で治安の悪さばかりが目立っていましたが、それもすっかり身を潜めて(というか、その動きが南下していったんでしょうねー、というのがここの暮らしの長い方の談)
私が移り住んで1ヶ月半、まあ大した観光やらもしていませんが全く危なさを感じたことがありません。

*当然、暮らしで必要な安全確保はきちんとして、という前提ですよ!
パリスヒルトンみたいなかっこで夜中の街をひとりで歩いていたら
当然家に着く頃には身ぐるみ剥がされてまっせ!

住んでいる地域は、例によって割と落ち着いたところを選びました。
家の近くにHEBって米系大型スーパーが2件あって、
ソリアナやスペラマなどのスーパーも近くて、
セントロコメルシアル(モールです)もあって、
San Pedro市(高級な地区で、大きいモールや高級ホテルも集まっているとこ)も車でチョロっと走れば行けるくらいのところで、わー、ベンリー!を日々実感しています。

でも、その代償っていうか、家賃は当然ながらアグアスよりも高くて、
アグアスの家の面積の半分くらいしかありません。
当然、定位置のきまらない引っ越し荷物がたくさん…

仕事は、いっそがしくてびっくりしてます。
そして情報量の多さにもびっくりしてます。
ブラッシュアップとかほざいていたけれども、
周りに迷惑をかけないようにするのでいっぱいいっぱいやで。
でも優しい人たちに囲まれていて、日々お世話になりっぱなしなので、
一日でもはやく役に立つ何かになりたいなーと思っているところです。
ものづくりに使命感もって取り組んでる人たちってやっぱりすごい。
そういう人たちの近くで仕事ができて嬉しいです。


ま、色々とあるんだけれども、
モンテレイ、あついわ。暑くて湿気もすごい。それが一番の障害となっております。
食べ物はすぐ湿気るしさ、傷むしさ、顔テカるしさ、動く気しなくなる。

モンテレイに住んでいる人から言わせれば、
「すっごい気温は上がるけど、でもカラッとしてるからさ(ニコッ)」なんですが
カラッカラの所から来ているもんで、「そりゃあーた、とんでもねぇや」なわけです。
ああ…羽毛布団が部屋の隅で泣いてるよ!

ま、そんなわけでまだ戸惑いまくってるところもありますが、
元気でっす!

しばらくバタバタして週末も溶けてる状態だったけど、
そしてまだしばらくはじたばたしているので頻度は約束できないけど、
新しい街に馴染んで行くプロセスも含め、楽しい報告をまたしますので、
気長なスタンスでこちらのブログにおつきあいくださいね!

イデリー
AD
さて、年末の運転学校受講で、とりあえず道路を他の車と並んで走ることはできたわたくしです。
しかしまだまだ問題山積。
経験は乏しすぎる、恐怖感も不信感もぬぐい去れていない私。これでは車で移動はおろか、個人練習すらリスクが高い。

そういったわけで、運転経験を積む前にもう一度講習をとる必要があると痛感した私。
だがしかし、奴(ホエル)には任せられん。

もう一度念入りにイエローページを探して、前回気になっていたのにスケジュールが合わず候補から外れた、ESCUELA SUPERIOR DE MANEJOに連絡。

ここを選んだポイントは、オートマ車もマニュアル車もあるということと、
何より、一番下の行に
-SOMOS EXPERTOS A PERSONAS NERVIOSAS
(神経質、気にしいな人に対するエキスパート揃い)
と書いてあったこと。ビビりな私もこれなら安心だ。
(ちなみに、今日見たらその文言が消されていました。な ぜ だ)

電話すると、声ガッサガサのおじいちゃんが出た。今度はこっちか。
おっしゃっていることがいまいちわからないので、実際オフィスに行ってみると、
座学用にたくさんの標識が並べられていたりして、ちゃんとした雰囲気。
これはいけるな、ホエルとは違う。
しかもそのおじいちゃんは経理担当で、指導者はたくさんいるうちの一人が1週間担当してくれるとのこと。これなら安心と、申し込みました。

ちなみに10時間(うち2時間は座学)で900ペソ。

結果ですが、すごくよかったです。
2回目ともあって落ち着いて受講できたし(それはホエルのおかげ。笑)
なにしろオートマだから、ギアチェンジで焦ることがない分余裕があった!
(ホエルのおかげ)

担当のビセンテは、頭頂部は寂しめだけど優しい巨人といった感じで、
もともとはトラックを転がしていたけれど、酷い事故をたびたび目撃して、
こりゃー身が持たん。アグアスに落ち着こう。ということで転身、講師になったそう。
ちなみに7年前に離婚して彼女募集中なんだそうだ。
(日本人の女の子紹介してくれと言われたので記念に書きました。)

初回は経験者といえども家から危なくない通りまで運転してくれる慎重さで、
やるべきこと、見るべきものを段階的にいいタイミングで教えてくれる感じ。
何台か同じコマで受講している車と時々あったりしてなんだか安心するし。
夜の運転をすることになったら不安だな…と思っていたんだけど、
夕方6時~8時で受講したのでそれも体験できてよかった!

ただ、1週間のカリキュラムが決まっていて大体それに即した授業になってしまうので、私はしつこく「駐車の練習がしたいしたい」と要求して、すこしそれを増やしてもらいました。
実質4日の講習ではもの足りず、土日も2時間ずつクラスを入れました。ハーフコースで600ペソ。若干割高ではあるけれど、自分が不安に思っている点(駐車、バック走行、合流)と、ビセンテが不安に思っている点(車線の左側、運転席側に寄りがちな点)を集中的に練習できて、ラウンドアバウト(だっけ?glorieta)も体験できて、けっこう満足。

最後に、「もう、もう一つ講習を受け直す必要はないと思うよ」と言ってもらいました。そして、その言葉に対し「えー!マジー?」と冗談をいう余裕ができていました。

金曜の段階でそれを言われていても絶対信用できてなかったと思うから、土日受けた甲斐があったなー。

とりあえず違う街でもう一度くらい講習をとるけれども、あとは練習、実践あるのみですな!

そんなわけで、ビビりながらも楽しく、メキシコで運転の練習をした、というお話でした!

そんなわけで決心がかたまり、正月のまとめの投稿ではサラッと書いていますが、
教習所に通う決心をしました(『所』というか、メキシコにはそんな場所はないので、運転学校が正しいニュアンスです)。

年末にとったのは、10時間1000ペソのコース。
受講できるのが4日間に限られていたので、2.5時間の4日間コースとなりました。

家まで練習車で迎えにきてくれて、車の通りの少ない公道で練習するというのがセオリーです。

イエローページにはオートマ車もあると書かれていたのに、
当日家の前に着いたのはマニュアル車。確認すると、
「うちはオートマの練習車なんてないよ!」とのこと。
そして、
「マニュアルで練習しとけばオートマなんて楽だから、こっちで覚えといたらいいがね。俺との4日間が終わった途端、お前はマニュアルもオートマも乗りこなすだろう」と、自信満々にほだされる。(よくある展開)

奴(ホスエという、スリムな上島竜兵といった風情のちっさいおっさん)は
運転経験ほぼゼロに等しい私に容赦なく、家の前から運転席に座らせ、
ほれ、クラッチ」と言い放ったのです。
「クラッチ踏みながらギアチェンジ。いっつもギア1からギア2、3と行く。クラッチを話すと同時にアクセルを緩く踏む。ほれ、行くぞ」と。
ホレ行けるか
その時点から若干の不信感を抱きつつも、強引ながら実践派のホスエについてマニュアル車を動かせるようになったわけです。

妙に強気で空気の読めないホスエにムッとしながら運転していると、休憩時間に
俺の何が不満なんだ」と、
まるで彼氏のような問いつめられ方をしたものです。 笑

今ならば言おう。
いきなりガンナムスタイルとか叫ばれてテンション謎でイラっとするのに、そんな相手に手を握ってもらってないと怖くてギアチェンジできない事実に不満」だったんだ、と。

そして、小さな巨人・ホスエは、最終日に

「恐れるな。世界には運転のコツを得るのが早い者も遅い者もいる。
お前は、普通だ!」

と、お世辞ゼロの超納得なお言葉をくださり、

「お前はまだ公道に出るな。世のためにならん。」と、
じゃああんたの授業はなんだったんだい?という警告を残して去って行ったわけです。

これじゃあ運転できるようになったと言えない。これじゃ走れない。
確かな実感が私に残ったのです。