本場の火鍋

テーマ:
photo:01
photo:02
photo:03


さすがにここ一週間、
毎日毎食、中華料理が続くと、

胃がもたれすぎて、「もう疲れたよー」と悲鳴をあげているのを痛感しつつある今日この頃。



餃子、麻婆豆腐、担担麺、冷やし中華・・・



本当だったら、中華料理屋には私の好きなメニューがたくさんあるのに、これだけ油っぽいと好きなモノも嫌いになりそうだ。



が、火鍋はちょっと違う。



photo:04
photo:05
photo:06
photo:07
photo:08
photo:09


私が初めて火鍋に出会ったのは、10年前の蘇州にて。

真っ赤な激辛ゾーンと、白濁の鶏ガラ?ゾーンが真っ二つに分かれた不思議な鍋。

生姜や棗など何種類もの漢方で作られた薬膳スープに、たっぷり野菜と豚肉をしゃぶしゃぶする。

ツケだれは、胡麻ベース、XO醤、豆板醤などからセレクト。

オプションで、薬味や具を好きなだけ追加できるから、
世界に一つしかない自分好みの火鍋を作ることができるのだ。


ちなみに、都内にも火鍋屋さんがいくつかあるが、ラム肉が臭いので苦手かも。


個人的には、石鍋のぐちと、石頭楼が好き。


photo:10
photo:11
photo:12
photo:13
photo:14
photo:15
photo:16


中国の珍味グルメツアーはまだまだ続く。




iPhoneからの投稿
AD