ゴールデンウィークも終わりに近づき、子供達は昨日から学校も始まりました。
私もゴールデンウィークは終わり!昨日からレッスン再開です。

発表会が終わり、ホッとするのも束の間。。。
PTNAコンペを受ける生徒さんは、連休中もピアノの練習に励まれた事と思います。

この度、門下生通算95名を全国大会に指導されていらっしゃる
角野美智子先生を講師にお迎えし、2016年度課題曲公開レッスンを
PTNA調布グローリアステーションとPTNA自由が丘リバティステーションとの
共催で致します。

私の教会の日曜学校の生徒が音高に行く前に永年習っていたのが角野先生(^_^)と言うご縁で、お願いしましたら、快くお引き受け頂きました。
既に多くの方に受講をお申し込み頂きまして、受講は締め切らせて頂きましたが
聴講はまだまだお席ございます。
場所もカワイ表参道パウゼと言う素晴らしいホールですので、コンペ受験される方、
指導される先生、是非いらして頂ければご参考になる事間違いなしです✨

PTNAのwebsiteからお申し込み頂けます。
http://www.piano.or.jp/seminar/list/s_info/2013253

開場は午前午後共に30分前からです。通し券もございます。その場合、昼休憩時間に
会場内で飲食して頂く事も可能です。

10:00-12:00

受講曲は

A2 かっこうとロバ,バイエル,森の小道,春のよろこび,エチュード

A1 メヌエット,スケルツァンド,いなかのおどり,ワルツを踊ろう,
Twinkle Rock, 目が覚めて,タンポポがとんだ
公開レッスンの後、角野先生によりますミニレクチャー

13:00-15:00

受講曲は
B ブーレー,アリア,勇敢な騎士 ,メロディ
カプリッチェット,スケルツォ、
C
フランス組曲第5番BWV816ガヴォット,
ハイドン ソナタ ,バッタ(キリギリスの行進)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
AD


{FFDDB029-44C8-44E1-AE0B-E3A664F0AB09}

4月2日に終わった発表会から、なんと一か月も経ってしまいました~~
リハーサルで相当オーバーしてしまったプログラムに書いた開始時間、
本番はなんとなんと殆ど狂わず、特に後半は各部ぴったり始まり終わり、ホッと致しました。
お客様は、御自分の関係者をおめあてにいらっしゃるので、前もって頂いてたプログラムの時間に合わせていらしたのに、終わってた或いはすごく待たされたでは申し訳ないので、その点だけは主催者としてはいつも注意致します。

今年も室内楽、トリオを教室の講師の先生方と演奏し、大変好評でした。
来年は私もやりたーい、僕もやりたーいの声、たくさん聞こえてきましたよ~

{A4F93AFC-3F05-4558-A984-F2FF70D5B9FE}

{62B2A4EA-0910-4B52-AE96-2BFDE2F2BDA4}

今年もバロックから古典ロマン派近現代と時代別に発表したので、各派の説明を今年は3、4年生にお願いしました。

初めての発表会の幼児には恒例初めの言葉
5年表彰もキラキラ
今回は6年生が多かったので、ぐるぐる連弾もしました👫

夏に向けては出遅れたピティナコンペ頑張ってます




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
AD
いよいよ今週末、発表会です!

今年は初めての会場なので、リハーサルも本番と同じ様にしてみました。

予定時間を最初の部からオーバーしてしまい、
おっと、これではいけません❗️

本番は、タイムキーパー頑張らないと!
来てくださるお客様はご自分の関係者だけを聴きに見える場合もあるので、気をつけないといけません。心します❗️

生徒さんは、リハーサルでの自分の演奏を省みて、あがると自分がどうなりやすいか?
誰でも二回弾かせてくれればらうまくいくのですが、一回で決めなくてはいけないので、その練習もしましょうね。

よりよい発表会を目指して、講師一同、頑張ります!   
生徒の皆さんは、悔いの残らない様、春休みですから練習最後まで頑張りましょうね。

{DF940260-7037-4653-8837-686F63683F0A}

今年もこのデザインでいきまーす。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
AD
先週は卒業式、卒園式が多いと先日書きましたが、
うちの教会の卒園式も先週あり、その前に
卒園記念礼拝と言うのがあり、その時奏楽だった私が
思った事。

毎週、礼拝では4,5曲の聖歌(讃美歌と言う教会もあります)
を賛美しますが、その時の司会者の選んだ聖歌がことごとく
Gdur(Gmajor)だった事に驚きました。

子供が普段幼稚園や日曜学校で歌っているものが殆どだったのですが
それが、調も同じ、コード進行も似ていて、弾いてるこちらが
ショック!迷いそうになるほど!!

確かにG dur って明るくて単純な感じがする曲多いですね?

卒園児も、うちの子たちの時とは違い、男の子女の子少人数

今の時代、幼稚園児より保育園児の方が多いのかしら?
統計を見たことが無いのではっきりした事は分りませんが
うちの教室の生徒を見ても、保育園児率の方が高いです。

今日も教会へ行く道の通りすがりに見る味の素スタジアム隣接
に建てられている総合体育施設、アリーナが日に日に完成度を
増していくのを見て、

『オリンピック競技場だって、これ位で十分じゃない?
何千億もかけて建設するより、保育園増やした方がよっぽど
いいと思うけど』

って心の中でつぶやいたの私だけ~?


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

子育てに思う

テーマ:
今週は袴姿の素敵な女子大生を駅や電車内でよく見かけました。
知り合いの音高生も卒業式に袴だったと可愛い写メを送ってもらい、
最近は高校の卒業式も袴なんですね?
キモノはもちろん、和装は今やセレモニーの時だけのものになりつつありますが、
素敵な習慣ですね!思わず見とれてしまいます。

うちの教室のレッスンでも今週は幼稚園の卒園式が多かったらしく、
レッスンにスーツ姿のパパと見える方何人もいらっしゃいました。

ボクやワタシもそしてパパも嬉しそう。
とても微笑ましい平和な光景です。
思えばワタシの小さい頃のお父さん達は日本が高度成長期の企業戦士で、
子育ては専業主婦の母親に任せっきり!
入学式や卒業式、運動会、はたまたピアノの発表会なんか、うちの父が来たことあったかな~~❓
どこのうちも私の周りは似たり寄ったりだった気がします。

ほんとに世の中変わりました。
体験レッスンにご両親そろっては当たり前、
ご一家でいらっしゃる方も多いです。

子育ては女だけのものではない。保育園問題、
今真っ盛りですが、ほんとに働くママがんばってると実感しています。
そして、パパもそれによく協力してる!
これ以上若いパパママのストレス増やす社会であってほしくない。
1日も早く待機児童ゼロの日本になってほしいと願います!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

マタイ受難曲を聴いて

テーマ:
先週は、来日中の聖トーマス合唱団と世界最古のオーケストラであるゲヴァントハウス管弦楽団によるマタイ受難曲を聴いて参りました~

場所は、なぜか今までご縁の無かった池袋の芸術劇場。外観も中の音響も素晴らしいホールでした。
{9EDC6A74-1AAE-43B5-9552-3272FCF53061}

3時間の大曲ですが、周りを見渡すと、満席の観客はそれはそれは熱心に聴いていました。
終曲は天国を思わせる様な壮大な音楽で、大変有名ですが、そこまでは、ほんとにマタイの福音書そのものです。
福音史家と呼ばれる所謂ナレーターの様な役割のテナーの素晴らしかった事!
声はもちろん、歌い回しがリズミカルで、説得力があって、他の誰よりも出番が多く、とても重要な大役をこれ以上はないのでは?というレベルの高さで歌って下さいました。

受難曲は、一年に一度春に行われるEasterの前の金曜日、主イエスキリストが十字架に架かられた日、まさに受難の日をドイツのルター派の教会では聖金曜日と呼び、上演されるそうです。

オケと合唱団が左右に分かれ、どちらかが演奏している間はどちらかはやすみ、という形態は、ヨーロッパに多いゴシック建築の教会が講壇以外全て左右に分かれていたからかな?と思いました。

今回は合唱団は全て男性とまだまだ幼児に近い男の子もいて、ほんとに天使の歌声でした。

大バッハがライプツィッヒのトーマス教会で初演してから100年忘れられていたのをメンデルスゾーンが指揮して再演した話は余りに有名です。

メンデルスゾーンは、ユダヤ人でユダヤ教からクリスチャンに改宗した人ですから、当時の彼の心境にまで、思いを馳せてしまいました。

今年のEasterは3/27
クリスマスと違い、Easterは毎年変わるのです。
私の教会でも、Easter  cantata  が捧げられます。
こちらはアメリカの福音作曲家によるものです。

Easter前の今の時期、とてもタイムリーな聖トー マス教会合唱団の公演でした。
心からの感謝を持って今年のEasterを迎えたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
{94EE7BED-4FFF-4869-A751-B13928215F15:01}

日本ムーブメント協会の専任講師もなさっている吉成講師によります二歳児クラスが、第二レッスン室で始まり、早二カ月。

先日は私も見学致しました。

秋に二歳になるのを待って、レッスンを受けられているMちゃん2人ルンルン
 
バスタオルを使って、でんでん虫ムシかたつむり~~を作って歌ったり、
ハンモックにして横に揺らしたり、エレベーターにしたり、 
これには2人共、楽しすぎて、もっともっとラブラブ

ただ、遊んでるのでは無く、右、左、上、下の空間認知に役立つとか?
 
紙芝居を見ながら、♪リスさんハムスターが、マスクした♪
「これはなーに?」の吉成先生の質問に 
「つるさーん」
「つるさんのマスクはどんなますく?」
「ほーそい、ほーそい、」と声色も変えて
お答えできます。ゾウ   の時には
「おおきい、おおきい」
と大きな声で、全部歌えたのには、ほんとにびっくりうずまき

最後は、ピアノも弾きましたよ‼️
背伸びしているこの可愛い姿キラキラ

たっぷり45分間、時間を忘れてレッスンに参加させて頂きました。

吉成先生の二歳児クラス、楽しすぎです❗️
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

リフシッツの演奏会

テーマ:
2月も明日で終わり!
今年ほどインフルエンザでお休みした生徒の多かった年は初めてでした。
毎日、誰かしらインフルエンザのご連絡。
中にはA型で休んでいて、幼稚園に出た途端、今度はB型に罹ったという、何ともかわいそうな生徒もいましたえーん

そんな中、私は例年かかるのですが、今の所マスクとうがいのおかげか、元気にレッスンしております。

そして、19日はみなとみらいで行われたリフシッツと樫本大進のデュオリサイタル、23日は紀尾井ホールにリフシッツのソロリサイタルと聴いて参りました。

私は以前からグレン・グールドのバッハのゴールドベルク変奏曲が大好きで、自分のお葬式にはかけてね!と、教会の若い方にお伝えしている位なのですが、リフシッツのゴールドベルクを聴いて、ピアノの音としたら、こちらの方が断然綺麗じゃないの~~

何でも、リフシッツは、この曲をグネーシン音楽学校の卒業演奏会で選び.弱冠18歳で、グラミー賞の対象になったそうです。

知らなかったのは、私だけ~?
かの有名な神童キーシンと共にグネーシンの天才として有名だったそうで、
私がロシアン奏法を知りたくなったきっかけのトリフォノフくんと同じタチアナ・ゼリグマン門下の先輩でした。

前置きが大変長くなりましたが、
その演奏会、ラフマニノフのプレリュード全曲という大変レアなプログラム。

席は二階の後列だったのですが、まあ、響く事‼️
天井のたかーいヨーロッパのゴシック建築の教会の中でで聴いている様な…
そしてそこから出てくる音楽も堅固な建築物のようでした。最後の音にフエルマータのついてる曲は、それはそれは長く、この響を聴いてーと言っている様!

樫本大進とのデュオも、軽やかなピアノのフレーズから始まるベートーヴェンの7番ソナタ。
この曲ってこんなに軽やかだっけ?と思う程、とても品の良い美しーいベートーヴェンでした。
両者共に類い稀な美音の持ち主で、とても楽しめました。

毎年今頃来日して、天才ならではのプログラムでリサイタルなさってる様です。
昨年は、バッハの平均律全曲とかフーガの技法など、常人では中々出来ないプログラムでの演奏会をされたそう。

来年は何を弾いてくれるのか?
今から楽しみです。シューベルトとかシューマン、ブラームスなんか、聴いてみたいなあ!
{BCE865A9-E517-42D2-A797-F7E01E2769C6:01}

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
昨日は、祭日、学校保育園幼稚園のお休みの日。
そんな日のレッスンには、パパが続々と・・・

いつもはママと一緒のレッスンも、この日は、パパの初参観。

何人もの方と、
「初めまして~」

のご挨拶をしました。中には、

「単身赴任中で普段ピアノを弾く姿を見ないので」

と仰って、目を細めながらお子さんのレッスンの姿を
見られるニコニコ場面も

『祭日でのレッスンは、家族団らんを奪うかな?』
なんて思っていましたが、思いがけないメリットも
ある事が分りました。

10年前までは、ピアノのレッスンにパパの付添率
ほぼ無かったですが、今の時代、土曜日など、
パパの方が多いです。

どの子もパパに見てもらって嬉しそうだったのが
なによりでした!アップ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
土曜日の生徒限定で、久々に年齢別グループレッスンをしました。
土曜日は年々人気で、保育園や学童保育に行っている方ばかりなので
自然と導入の幼児の生徒さんが多くなっていました。

レッスンの行き帰りにすれ違ううちに
「えっ、あら~〇〇さんも!」

みたいな会話がチラホラ。


勿論楽器の習得にはマンツーマンが必須ですが、
導入のしかも幼児の生徒だと、譜読み、ソルフェージュなど
ピアノを弾く前にやらなくてはならない事も同じですし、


たまには、お友達と一緒も楽しいかな?と
提案した所、病欠がお一人いただけで、
全員いらっしゃいました。

幼児は体を動かす事も入れて、大きな大譜表で譜読みの
お勉強。お手玉リトミックは手動かすだけで必死で
歌うたってるの先生だけですか??

終わって、いつもと同じご挨拶になったら、
「えー、もう終わり?」
「今度いつ?」

楽しかったらしいです。
お母様からも、
「最近ちょっとマンネリで、練習に身が入っていなかったので
すごくタイムリーでした。」とご報告を頂きました。

1年生は、音感訓練のハタの音を書いたり、
3人いたので、カデンツをハモったりしました。
聴くのはできてもハモるのは難易度高かったようです。

3年生は楽典と聴音。

弾くと書くとは大違い!!今まで何百回?も弾いてきたリズムも
いざ自分で書くとなると、書き方が分らない。

1対1の時とは違う生徒間での姿を見て、新たな面を発見したり、
今後のレッスンの時にも役立ちそうです。

一番驚いたのは、幼児グループレッスン。
大勢だし、やんちゃくんも泣き虫ちゃんもいるし、、と
覚悟してたら、初めのご挨拶から、皆のつぶらな瞳が全員こちらを
見て、シーンと集中!

よくよく考えたら保育園児ばかりなので、集団行動に
慣れているんですね。1対1の時みせる顔とは違う顔がみられて
良かったです!




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村