発表会も終わり、早くも来年の構想をあれこれ考えております。
来年も、もちろんリハーサルの会場も同じホールで取りました。来年はもっと大舞台取れましたよ〜

毎年、リハーサルをしてみて、舞台で弾く事が、
如何に普段と違うか?がわかると思います。

レッスンに来ても
みんな「家では弾けたんだけど…」
と言います(言い訳します)その気持ち私もよーくわかります!

それが、レッスンどころか、もっとずっと広い舞台にピアノが一台ぽそっと。
そこまで歩いて行って、弾いて、帰ってくる。

舞台の袖で前の人のを見ていると、
歩くだけでもクラっと来そう⁉︎
会場の全員の目が自分の一挙手一投足をみている
と思う恐怖?と戦って弾くのです。

リハーサルでその感覚を体験すると、
本番での覚悟ができます。
 
今回も、リハーサルで頭真っ白になって
普段通りどころか、
4小節終わるか終わらないかで、左手の和音がわからなくなり、弾き直した挙句止まってしまった生徒がいました。
袖にいる私の方を振り向き、困った顔😰
その時は行って音を教えましたが、
本番では、舞台に上がったら誰も助けてくれない事、何とかして最後まで終わらせておじきをして帰ってくる事を伝えました。

その怖さを体験した生徒くん、
本番では、普段通りか、それ以上の演奏を
してくれました。

それとは反対に
未就学児のおちびさんたちは、
リハーサルの時から、こんな舞台で普段と違うことできると、袖で出番を待つ間も嬉しくて
ピョンピョンはねてる子もいた位、
緊張感なし。

終わっても「楽しかったーーまたやりたい」

楽器の習得は小さいうちからの方が良いですが、
舞台デビューも早い方が良い様です。
人の目を気にする年齢になると、怖さが出て
それが普段通りいかなくなる原因になりやすいですね。

発表会で楽しかった人は今度はステップやコンクールにも挑戦しましよう。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
AD
もう一昨日になりますが、
今年も春恒例の教室の発表会、
無事終わりました。

この日は幼稚園保育園の卒園式やら
私立の学校の終業式と重なり
出られなかった生徒さんも多かったです。

演奏に関しては 
殆どの方がリハーサルより本番の方が
良かったです。
やったー

飛田給のこの地で
レッスンを始めて8年目に入り
やっと生徒が育って来たなと
感慨深いものがありました。

反省点としては、
とにかく出入りが多かった事。
ロビーが騒がしかった事。
午後の部の時間の読みが狂い
最後の最後超バタバタした事でしようか?

お手伝い頂いたご家族の皆様
ありがとうございました。

うちの新しい講師は私の昔の生徒のママ
なのですが、
昔は(と言ってもやめたの五年前)
ロビーにいるのは、
赤ちゃんや未就園児連れのママが仕方なく
ポソッと居ただけだったけどね〜〜

と言っていたことからも分かる様に
皆さん、自分のお子さんだけでなく
他の方の演奏も最後まで
聴いていたのです。

各部30分以上に長くならない様に工夫した
つもりでしたが…

それでも、
初めて聴くイケメンのチェロの先生のバッハ
倍音豊かな演奏に
他の楽器にも興味を持つきっかけに
なったかな?

各講師の熱演もお聴きくださり
ありがとうございました

私個人の感想としては、
連弾して下さったママ達の演奏力に
びっくり‼️

レッスンの時と同じ様に 
いえそれ以上の本番力でした。
ライトの強烈な舞台での演奏、
普通は上がるものですが、
素晴らしい

ブルグミュラーや古典派の説明も
小学生低学年の生徒ちゃん達
とっても上手でしたよ。

最後の部では
北欧のショパンとも言われる
グリーグの詩情あふれる題名の曲を
小学生達、見事に弾いてくれました。

午前も午後も最後は大人の生徒さんが
熟練の演奏でしめてくれて、
ありがとう

来年度はどうしようかな?
と今からアイデアでまくりです。

声楽の先生が入られたので、
久々に劇仕立てもしようかな?
{0BCBF758-1D25-4616-81E4-D8A737CE1B42}

{1C340FDA-DE91-4EEB-9A41-D5A5E146CDF8}

生徒さんのママがお写真撮って下さいました。
ありがとうございます。
今年はバックに1人1人カラフルなライティングを
して頂きました。
昭和なホールがチョットだけモダンに
なったかな?


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
AD
昨晩、発表会のリハーサルを致しました。

うちは、初めての発表会の小さな生徒が
多く出演しますので、
本番と同じホールでリハーサルをします。

そして、今年もやってよかった!

初めての小さい子供達は
練習で何度もやったお辞儀から演奏まで
いつも通りできました
初めの言葉もとってもハキハキ

いつも通りでなかった、
こんなはずではなかったのが
小学生以上 

緊張して暗譜が飛ぶ。
それも左手とか和音

だから先生、
左手暗譜って言ったでしよ?
ね、
舞台には魔物がいる〜⁇
できてる!と思う油断がイケマセン。
だれでも怖い、舞台と本番! 

偉いなあと思ったのが、親子連弾のママ達。
お仕事帰りに夜いらして
パッと普段通りに弾かれて行かれました。
素晴らしい 

あと3日頑張ろう❗️


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
AD

恩師 松岡三恵先生のCD

テーマ:

私が若かりし頃、音大卒業後に師事していた松岡三恵先生が一昨年お亡くなりになり、

お別れの会に出席した事は、以前このブログでも
書きましたが、
この度、三恵先生のCDが制作され、私も聴かせて頂きました。
{6A104158-1313-492B-865B-6922EAF1F913}
やはり今は亡き音楽評論家の横溝亮一先生が
生前よく仰っていた
「三恵ちゃんのシューマンは絶品だね〜」
とお墨付きのシューマンのクライスレリアーナ
先生の息遣いまで聴こえてきそうです。
ショパンのファンタジーop.49の鮮やかな事!
 
1番驚いたのは、
先生のご主人であり音楽評論家の石井宏先生の
書かれた三恵先生の留学される前までのお話。
 
先生は桐朋学園の一期生で、それまでも
就いていた井口基成門下だったのですが、
桐朋に入る前も入ってからも、なんと
ご自分のピアノが無く!学校のを借りて練習していたそうです。
毎コン(現在の日コン)で一位に(この時の二位がフジコ・ヘミング)なった時もまだ無く、
その褒賞にやっとヤマハの社長からアップライトピアノを頂けたと、今の時代じゃ考えられない事が書かれていました。
 
終戦までは芸大出のお母様のを使っていらしたそうですが、戦争でなにもかもなくしたそうです。
 
昨年のピティナの講演会で、ピアニスト海老彰子さんのお話の中で、ショパコンでも浜コンでも審査員を務めた海老さんだからこそ言える
「何故最近日本人は中々最終まで残れないのか?」という素朴な疑問にこう答えてらっしゃいました。
 
「気骨が足りない」
 
その後で、「フィギュアスケートの羽生くんみたいな人がピアノ界にも現れてほしい。彼も震災で苦労なさったから今の羽生くんがあるのでは?」
 
と仰っていたのが印象的でしたが、
まさに三恵先生にはこれがおありになるんだろうな、
 
17歳で日本で一位になった三恵先生は
パリ音楽院に留学し、シァンピ(岸恵子の元夫の父)に師事されるのですが、そこでは、一からやり直し。
なんと子供の弾く「ピアノのABC」からやらされた話は、昔ご本人から聞きました。
 
ショパンのエチュードを持って行った私に
モシュコフスキーのエチュードからやる様に言われ、少し凹んだ顔をしたのでしよう。
ご自分のそのお話をして慰めて下さいました。
 
そのパリでも皿洗いから、ガイドまで何でもやって見事プリミエプリ(一等賞)で卒業なさいました。(二等賞まで卒業はできるそうです)
なんとあの川端康成さんがパリにいらした時にも
ガイドを務められたとか、、
写真も載ってました。
{E2C98688-5901-447C-80C3-152C96326B42}

素晴らしい演奏家であっただけでなく、
あたたかいお人柄に魅かれて指導を受けたお弟子さんは数知らず。
 
私も三恵先生にも習った事で目が開かれ、
今の奏法へと繋がる気がします
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
{77D4E867-E72C-4627-96E3-42B0346F5ECC}

私の愛する教会日曜学校の生徒達による
ブラスバンドです。
チューバ、サックス、フルート、ホルンは先生ですが、見事なアンサンブルで、聖歌を奏でてくれました。

そして、私の自慢、 
この中の女の子達、全員私のピアノの生徒でした。今も続けている生徒もいます。
こうして楽器で神様を賛美すること.
昨日は、神様はもちろん(でしよう)、聴いている私達教会員も喜びにあふれました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
食べ物ネタばかりですみません!
が、今日マーケットに行って感じた事があったので
書きますね。
 
最近、野菜や果物を市場の様に段ボールの中から
自分で何個って選んで買うシステムってありますよね?
 
でも、このインフルの流行っている時期に、どうなんでしょうか?
見れば、私くらいのご婦人が熱心にこれはダメあれはダメって
凄い勢いで物色してました。
 
手洗い、うがいはこまめにって言われて久しいのに、
野菜や果物など、生で食べるものも手で直に触るって
ちょっとな・・・って思ってジャガイモとか皮剥いて熱通すものしか
買えませんでした。
私はそんなにきれい好きとか、潔癖ではありません。
が、その私でもこの季節になぁ・・・と感じてしまいました。
中学受験は終わりましたが、高校、大学はまだまだですし。
 
ね・・・
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
みんなの苦手、コードは理屈ではわかっても
使いこなすには、
原型が分かってるだけでは使い物に
ならないですね。
 
ピアノがかなり弾ける方でも
メロディだけの楽譜にコードの書いてあるものを
両手で伴奏するのは、
苦手、或いはできないという方、
結構いらっしゃいます。

音高生にソルフェージュを
教えているのですが、
その生徒も、
メロディ視唱はできますが、
コードネームも何も書いてない楽譜に
伴奏つけるのは、最初はとても苦労しました。

そこで、これ

{D946CF1E-9FFE-47F2-AF5F-7B058BAF412F}

これは、四年前でしたか?
バスティンフォーラムでの
ピティナの全国のステーションのブースで
確か、佐賀のステーションの先生の
手作り教材✨

この他に長三和音、短三和音、増、減と
全部で5枚。
ピアノのキィに挟んで半音づつずらせば、
12音全部に対応して、いけます。

素晴らしい発明品❣️



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
今日も6年女子のレッスン風景から〜
先週無事に試験が終わったと
試験問題を持って現れました。
「音楽の問題も出たんです」
えーっとびっくり。
見れば、都立の中高一貫校の問題、
15ページ位の
冊子になった試験問題の中に確かに一問、
♬         読み方
の表があり、

その後で8分の7の曲の1小節を作曲する
という問題が!
8分のなら普通は6、もう少し許せば9.
12となると、話せばわかる。
が、
この都立の問題は、
7でした。
つまり、変拍子。
西洋音楽は元々、二分割バイナリーか
三分割ターナリーしか存在せず、
7は、
2.2.3かその逆か順序入替タイプ
しかないのですが、
頭の良い子は習った事なくても、
こんなん、軽いんでしょうか?

とりあえず、セオリー4まで
ほぼ終わってたんで、よかったです。

合格発表は明日だそう。
「手応えどうだった?」
「わかんなーい。」
と答えてくれました。

それにしても、受験の季節って
なんでインフルエンザ大流行の時期なの〜?
ご家族もどれだけ気をつけたか、
わからない事でしよう。
私も鍵盤から、ドアノブまで拭きましたよ。 




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
私が、触れないちよっと高い位置に貼り替えた
のに、きがついた生徒くん、 
ママが「これ、売ってないんですか?
私もほしいと前から思ってたんです。」

その時に、
半分のおりジワの所で、カラーコピーしたら?
の話が出たので、
早速やってみました。

半分でB4の大きさなので、
近所のコンビニでできる最大のA3に
拡大コピーして〜と
欲張ったら、こんな事に😰

{B0DA30B7-0694-4DD3-9790-8EEB20016D51}

大バッハやハイドン、ベートーヴェンまでは
分かるとしても、
シューマン、ブラームスさま
ごめんなさい。
になってしまいました。
コピーの時は端の事、
計算してやらないといけないのね…


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村