夜は完全紹介制の八雲茶寮へ。




昼の懐石コースをいただきました。




八雲茶寮の文様が入ったグラスも素敵。




▶ ウェルカムドリンク 煎茶のスパークリング




MIZUBASHO(日本酒スパークリング)、シャンパンも選べました。





▶ 前菜 近江かぶ あん肝 

京都の聖護院大根の原種といわれるかぶと、やさしい味わいのあん肝。
柚子がとても芳しいです。




▶ 造里 メジマグロのづけ

お酢のきいたかぶで、つるんとなめらかなマグロをくるんで頂きました。




▶ 揚げ物  あんこうとクワイのフリット

塩味がきいていますので、そのままいただきます。
ホクホクのクワイ。
アンコウは身と内臓が1つずつ。
身のフリットは、やや衣がもたついていたのが残念です。




▶ 汁椀



・ ご飯

一文字にご飯が盛られています。
炊き上がったばかりの釜たきのお米をすぐにどうぞ、とのお気遣いです。




・ 白味噌

ほうれん草と京芋の白味噌。
香りがよく、ポタージュのよう。




▶ 焼き物 ブリの照り焼き
▶ 和え物 小松菜と揚げのおひたし

ブリは甘辛さが下品に転ばず、お揚げはしっとりとカリカリさ
が両立されていました。




▶ 炊き物




栃木のブランド鶏。
ねぎに大きなどんこしいたけが合わさり、新春らしい味わいです。




▶ 香の物

かぶ、梅干し、きゃらぶき




▶ お茶漬け 鯛茶漬け




赤味噌、あたり胡麻で炊き上げた天然の真鯛を、たっぷりの紫蘇と京番茶でお茶漬けに。




京番茶のお味は薄めです。
赤味噌の癖はきつくなく、胡麻でまろやかさと深みが増していました。




▶ 生菓子  黒米餅




こしあんのお餅。




ほんのり外側にあずきの粒、お米のプチプチ感が好みです。

▶ お薄

おいしくいただきました。




お天気もよく、とても心地の良いひとときでした。




目黒のタウン誌などでときおり目にするお店でしたが、近くて遠い存在でなかなか訪れるきっかけがありませんでしたが、予約してくださる方がいたので、ようやく訪問できました。




入り口には和菓子屋さん楳心果 (バイシンカ) があります。




予約時間よりも気持ち早めに来て、ゆったり過ごしてみたくなります。




茶房もありますので、お薄1杯でもご気軽に立ち寄ってください、とお店の方はおっしゃってくださり、最後は門まで丁寧にお見送りいただきました。
今後、定期的に訪れたいです!




【お店情報】 八雲茶寮
ジャンル:懐石料理
アクセス:東急東横線都立大学駅 徒歩12分
住所:〒152-0023 東京都目黒区八雲3-4-7(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 自由が丘×懐石料理
情報掲載日:2017年1月12日



八雲茶寮割烹・小料理 / 都立大学駅
昼総合点★★★☆☆ 3.9


〓ゆうき〓

 

AD