ご無沙汰しています

テーマ:

なんだかんだで、結局KOはちっともINできないままですが、

皆様お元気ですか。


私は相変わらずな毎日を過ごしていますが、

年明け早々、ちょっと危険な目にあいました・・・。


事の発端は、インフルエンザにかかったこと。

ワクチンうってたんだけどなー・・・。

1月の3連休前の木曜日にまず喉が痛くなったのと激しい倦怠感に見舞われまして。

午後の仕事を休んで病院に行ったものの、発熱はなく風邪と診断され。

夜には38度超えの発熱があり、翌日朝も変わらず・・・。

再度病院に行くとインフルエンザと判明して、タミフルと解熱剤を処方されました。

そこまではまぁよかったんですけど。

会社にも連絡して、3連休中の休日出勤予定は上司に代わってもらえるように交渉し、

家で大人しく寝てました。

夕方くらいに、キッチンに飲み物を取りに行くと・・・冷蔵庫手前で激しい耳鳴りがして、

「あ、これやばいなー」と思ってるうちに脳貧血で完全に意識を失って倒れてしまって^^;

どれくらい倒れてたんだろう、意識が戻って少しして動けるようになったので

ようやく冷蔵庫から飲み物をとってベッドに戻る途中。

なにげなーく、手を後頭部に伸ばしたら、ぬるっとした感触が・・・!

よくよく触ってみると、なんかへこんでる部分もあるしー、多くはないけどちょっと出血してるし・・・?

でも頭の怪我って普通、出血多量でどばーってイメージなんだけどそんなことないし、これくらいなら病院行かなくていける?いやでも頭だしなー、行ったほうがいい?(-ω-;)ウーン

しかし時刻はすでに夕方5時過ぎ。迷ってるうちに診察受付時間が終わってしまう・・・。

結局、迷った挙句、自分で車運転してそこそこ近くの総合病院へ。

外科前で呼ばれるのを待ってると出てきた看護師さんがまず簡単に傷を見てくれたんですが。

「結構あいてるねー」

傷口が?え?ぱっくりですか?

そうこうするうちに診察室に呼ばれて再度医者に事情を説明して。

医者「はい、そこのベッドに横になってねー。あ、局所麻酔うつからねー」

私「え、縫うんですか?」

医者「縫わんとムリよ、これ。あぁ、見せたほうがはやいねー」

デジカメで撮影して見せてくれました。

髪の毛でよくわかんないけど、なんか赤いねー。という感想程度しか抱かなかったけど、

これ、血見るのダメって人なら気分悪くなると思うんだが。

縫うといいつつも、ホッチキス止めみたいなかんじで金属の針で傷口を止められて終了。

医者「頭蓋骨は大丈夫だけど、その上の骨膜まで割れてるからねー。随分無防備に倒れたねー」

私「はぁ、意識なかったんで」

結局全治2週間という診断を受け。

翌日、脳外科で頭部のCTを撮って問題ないことも確認してもらって。

1週間ちょっとたった今日、傷口とめてたホッチキスの針を抜いてもらって終了したんですけども。

今回、出血が少なかったからよかったけど、

これが大量出血してたらたぶんあのまま危なかったんだろうなーと思った。

インフルエンザで休むって連絡した後だし、3連休だし、

連絡つかなくて会社の人が見にきてくれるとしたら恐らくは5日後くらいだったんじゃなかろうか。

手遅れになってそーだ。

まぁでも不幸中の幸いというか、大事に至らなくてなによりデシタ。

皆様も病気・怪我にはお気をつけください。


またそのうち時間ができたら、KOも顔出します。

そのときはよろしくー。

AD