2006 ウィンブルドン女子シングルス決勝
「アメリ・モーレスモ」vs「ジュスティーヌ・エナン・アルデンヌ」

 

おめでとぅアメリ!
もうあなたに脆さ、儚さはありません。
素晴らしい集中力で自分のテニスを貫いての優勝。
エナンとの決勝は素晴らしいものでした。

 

全豪に続き決勝はエナン対モーレスモの対決、全豪では体調不良のため途中棄権でモーレスモの優勝となりました。
こういう経緯も有り、エナン好きなのでエナンのキャリアグランドスラム達成の為に応援してました。

 

第1セットは大方の見方通りエナンが取りますが、第2セット以降エナンのミスが目立つ様になります。走って粘って取るのだがエラーになり、徐々にモーレスモの流れへ。
第3セットに入ってもモーレスモのテニスは変わらず、前へ前へと強気のテニス。そしてスライスが良く効いていてエナンの体力を奪って行く。
 

試合はエナンのミスで終了、両手を掲げ勝利を喜び、スタンド内のコーチの元へ駆け上がり抱擁。

優勝インタビューのモーレスモの笑顔が素敵だった。
エナン応援してたけど優勝を決めた瞬間は自然に涙が流れていました。
今シーズンのモーレスモは違う、遅咲きだけれど本当に強くなった。

でも来年はエナンに獲らせたいナ。

 

男子決勝は最強王者フェデラー対ナダル。あたし的にはバグダティスを応援してたけど押し切られちゃいました。
ナダルどれだけ食い下がれるだろうか?
そしてやっぱりフェデラーは泣くのかw

AD

おかえりなさい、マルティナ!

毎年恒例の東レパンパシ、今年は準々決勝、準決勝、決勝の3試合をTV観戦。

会場に行きたかったけれど、直前にちょっとトラぶって病院に数日お泊りしてたので断念(´・ω・`)

 

準決勝「マリア・シャラポワ×マルティナ・ヒンギス」

3-6,1-6

なんと言うか、ここまでの試合をされるとシャラポワじゃなくても圧倒されますね。

第2セットは完全に自分を見失ってしまった。

ヒンギスのライジングが印象的。

この試合はヒンギスファンにとっては最高の試合でしたわぁ。

 

決勝「マルティナ・ヒンギス×エレーナ・デメンティエワ」

2-6,0-6

前日の試合からヒンギス有利な展開と思ったけれど、デメンティエワのサービスが予想外!?に良かった事、左右への打ち分けでヒンギスを走らせ消耗。序盤からヒンギスのサービスゲームをブレイクしゲームを支配して行く。

準決勝のシャラポワのように攻めるも守るも相手のペースから逃れられずミスを誘発。完全に支配された試合となった。

この展開は全豪でも見られたので今シーズン、彼女の課題でしょぅ。

第2セットではかなりイライラがつのっていたようでスタミナ以外にもメンタルな面でも不安が残る。

ヒンギスが悪いと言うか、デメンティエワがむちゃ良かった!

東レも初優勝だったけど、ティア1でも初めての優勝。

GSでもサービスの悪さ、勝負弱さが印象に残ってたけど、優勝出来て良かったね。

ヒンギス、次はもっと良くなるよっ!


AD

スポーツあれこれ

テーマ:

全豪男子シングルス決勝

「フェデラーvsバグダティス」

もぅー!序盤は完全に一方的なバグダティスペース!このままストレートで負けちゃうのか!と心配しましたわよ!

まぁそんな感じでフェデラーの立ち上がりは信じられないほど悪い物でした、バグダティスはのびのびとプレーしてた。

途中からはいつものフェデラー!

最終セットにバグダティスが痙攣を起こすと言う場面もありましたが無事最後まで試合は行われました。

優勝したフェデラー、もう7度もグランドスラム制しているのに毎回泣いてますね^^;

買って当たり前の選手には当然ながら強いプレッシャーがあるわけで、試合中クールにしてても優勝者コメントで感極まってしまった感じ。

フェデラー優勝おめでとう!バグダティスはこれからも要チェック!

 

スポーツじゃなくても強いプレッシャーと言うのは管理者クラスになると避けられない物ですね…。


ヒンギスが全豪ミックスダブルスで優勝しました。おめでとぅ!

AD