《目次》
★色に関わる仕事
★カラーコーディネーターになると決めたら役立つ仕事
カラーの勉強するなら、VeeSchoolで体験レッスン!!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2010-11-06

試験で1点でも多く稼ぐ必勝法!---色彩検定・カラーコーディネーター検定

テーマ:試験勉強方法

試験は1点差の勝負ですね。
点数で決まる試験では、1点差で不合格通知をもらい、「あと1点だったのに!」と悔しい思いをしたことが僕にはあります。
合格ラインが70点の時の、70点と69点は、とてつもなく大きな1点差ですよね!!

その1点が足りなかったがために半年や1年の過ごし方が大きく変わってしまいます。

では、1点を稼ぎ出す「順番」の秘訣とは…

AFT色彩検定・カラーコーディネーター検定攻略ガイド!-色彩検定の勉強法

試験に取り組むとき、ほとんどの人は第1問から順番に解いていきます。第1問に取組み、しばらく格闘して、解けたら第2問に進みますよね。順番通り解かないと気持ち悪いと思う人もいるでしょう。

だけど、本番の試験ではとにかく時間が足りないんです。

そこで僕がとった方法は、

ズバリ、解きやすい問題から攻めていく。

です。

これが1点を稼ぐとても大切な方法です。

少し考えて難しそうだったり、時間がかかりそうならとにかく後回し、「時間があまったらやろう」という気持ちで…

最初に難問に時間を使ってしまったら、あとから出てくる簡単な問題もあせってしまってミスしてしまうことも。しかも間違えてしまったことが終わってから気づいたらどうですか?
後悔してもしきれません!!

とにかく決まった時間の中で効率よく問題を解くのがポイントです。
そのためには、出来る問題からドンドン解いていく。
「最後の問題を解く時間が足りなかった」なんて結果になったら最悪ですよ。

とにかく問題を解く順番なんか関係ありません。
解らないものは解らない。出来る問題を確実に抑えるところから始めてくださいね。

頑張ってください!

AD
いいね!(17)  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2010-10-07

フードコーディネーターの仕事【色彩検定・カラーコーディネーター検定が活かせる仕事特集!】

テーマ:仕事内容
◆フードコーディネーターってなに?

雑誌や広告写真の料理やスタイリングから、店舗のメニュー開発、料理教室の運営、食器スタイリングなど「食」まわりのビジネスすべてに関わる幅広い活躍舞台のある仕事です。

食品メーカーで企画編集・情報整理・広告制作・イベント、外食産業においても流行をとらえたメニュー提案から営業企画まで総合的にプロデュースなどがフードコーディネーターの仕事になります。食に関する全般的な幅広い知識が必要になります。今後ますます、フードコーディネーターへの注目が高まるのではないでしょうか。


働きながら学べるフードコーディネーターにの資格・講座を探す

◆フードコーディネーターの資格取得
日本フードコーディネーター協会が独自の資格認定試験を実施。また仕事の内容から見ても、栄養士や調理師、テーブルセッティングやカラーコーディネートについての技術を持っていた方が有利です。現場でのキャリアがモノを言うので、資格を取ってもすぐにはプロになれません。まずは、現在活躍中のフードコーディネーターやスタイリストのアシスタントとして経験を積むのがよいですね。

◆フードコーディネーターの活動内容
レストラン・プロデュース、食の商品開発、メニュー開発、食のイベント、フードビジネスのコーディネートなど、フードサービス・ビジネスにおける経験を問う2級を取得すれば、活躍の場は広がっていきそうですね。

◆資格団体
日本フードコーディネーター協会

《関連サイト》
日本で唯一のフードコーディネータ 検定3級対策通信講座。
たのまな(ヒューマンアカデミー)
図表やイラストでポイントを整理し、通信講座ならではのわかりやすさを追求している。

AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-10-06

ファッションデザイナーの仕事【色彩検定・カラーコーディネーター検定が活かせる仕事】

テーマ:仕事内容

ファッションデザイナーを大別すると、オートクチュールデザイナーと企業内デザイナーとに分かれます。春と秋に行われるファッション業界の発表会に備えて、デザイナーが企画・準備に入るのは半年から一年前といわれます。この仕事には、常にに時代の先を読む感性が要求されます。

色彩検定・カラーコーディネーター検定攻略ガイド!-ファッションデザイナー

コミュニケーション能力が必要

いずれの場合も服づくりには多くの人がかかわるので、デザイナーにはイメージをしっかりと人に伝える能力が求められます。服の形、雰囲気などを的確に伝えるため、絵がうまく描けることは欠かせない条件です。


パタンナーや縫製者などにイメージを伝えきれないと足なみがみだれて、品質の高い服をスムーズにつくるこができません。絵と言葉でイメージをしっかり伝え、みんなの知恵と技術を出しあえるようにし、服づくりをリードしていくのがデザイナーなのです。

必要なスキル

手先の器用さももちろん必要ですが、創造性が何よりたいせつです。表現しないではいられないものを自分の内側に抱えている人や、時代の流れ、気分を読み、流行にのった、あるいは流行を作り出したいという気持ちも必要です。

ファッションデザイナーになるには?

特に資格などが必要とされるわけではありませんが、服作りについての技術を習得しなければなりませんので、服飾系の専門学校または大学などを卒業して、アパレルメーカーに就職し、アシスタントなどの経験をしながらファッションデザイナーになります。


アパレルメーカーやブランドのデザイナーの下で働いたり、実力がある人は独立します。ブティック経営や、服飾専門学校の教師などになるケースもあります。ただ、独立して一流になるのはほんの一握りといわれており競争が激しい世界です。

服が大好きでデザインに興味があるなら、ぜひこの仕事にチャレンジしてみてください。服が好きということは、すでにデザイナーの素質があるということだと思いますよ。


参考サイト

バンタンデザイン研究所 ファッション学部

資格と仕事.net

ヒューマンアカデミー モードスタイリングカレッジ

AD
いいね!(0)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。