やっぱり圭ちゃんからひき肉だー!!!(挨拶)



学校と塾を休んでしまいましたが、

明日からはまた出れそうです。



ひぐらしのどこが凄いって、

どのキャラもいい嫁さんになりそうなところだよね。

AD

僕の学校は随分と進学に特化した学校で、

世間一般では「進学校」とか呼ばれているらしいが

ブログを飽きずに更新している僕をはじめ、

いまだ「進学ってなんだよぅ」って人間が非常に多い学校でもある。


そんな僕らに喝を入れるべくして毎年開催されるのが、この

「進路ガイダンス」である。



AO入試は学校の求めてるものがわかんねーから危険だ!

僕(先生)はこの学年が…好きです。

だからキミたちも僕らを好きになって下さい。相思相愛でいきましょう。

キモいようですが下着は着ましょう。合格との関連性もはかってます。



進路指導担当の先生の指導が数多く飛び出す中、

僕はいよいよ受験生なのだなあという自覚は高まったかというと微妙。




進学のしおりには先輩、高3担任経験者からのアドバイスがズラり。

この先生、やる気あります。生徒の十倍はやる気あります。

というかこの進路指導担当の先生が定年になったら、

この学校は進学校じゃなくなるんじゃないだろうか。



そして限りなく僕らの眼を引くのは、

高3担任経験者のアドバイス。

「高2までの事が終わってなくて地獄を見るひともいる」

「真面目に授業受けてない人は辛い」

「学校での態度と合格率は結構比例する」


そして先輩から。

「ちゃんと勉強しておくこと」



僕らは高3になっても歴史を繰り返します。

仕方ない事かも知れないけれどー。

引き続き。


Q:人生が不安


A:人生……ですかぁ?
お前にしては珍しくまともな問い掛けですね。

そんな漠然的な事を一言で言い表すのは難しいですが…。
でも最近の人間共は、「俺が私がどうせこうだから。」と簡単に人生の目標を諦めてる奴らが多いのですぅ。
どんなに辛くても、自分の意志次第で道はいくらでも切り開けるのですのに。
不器用でもいいですから、とにかくがむしゃらに生きてみる事が大事なのですぅ。





なんかもう三次元とか要らないよね。




とりあえず諭されたからZ会の現代文やってくる

翠星石に聞いてみた

テーマ:

ttp://info.from.jp/mu/robom.cgi?nonono=4555


Q;今年受験なんだけど
A:こんな所で遊んでる暇があったら、さっさと受験勉強しやがれですぅ。


Q:こんな俺を罵ってくれ!

A:罵ってですぅ?
  お前のようなへっぽこチビ人間の指図なんか受けねぇのですぅ!
  己を知りやがれですぅ!

Q:鬱だ死のう

A:生きていればきっといつか楽しいことがあるですよ。


Q:翠星石は優しいね

A:そうですよぅ♪心から感謝するがいいですぅ



※翠星石相手に本気で人生相談始めそうになってる自分が嫌い。