黒いTシャツ似合う元社長 何故いつも哀しそうなの
有名になった広報も 綺麗な顔うなだれてる
ノーネクタイの似合う元社長 自分の立場を知らないの
エッヂの頃の元カノも グレーなやり口知らないの

 

いつか君は特捜に連れられて いたいけな目を少しふせて
哀しい顔でうつむいた 「心はお金で買えるんだ」

価値の下がった株式を 僕がゆっくり見てるから
保釈に続くブリッジを探しておいで

危ない時はweb上で 無関係を装ってよ
そんな寒いトコ(拘置所)今すぐ出ておいで ホリエ…

 

僕の大切なホリエ 一人で動かすライブドア
僕もニュースを見ていいかい 権力側に居ていいかい
僕の大切なホリエ 本当はとても寂しいんだろう
記者がいつでも側に居る サツもこれから側に居る

 

君は人より少しだけ ワンマンなだけの時代の子
「世論がみんな敵の時 どう逃げるかが解かんない」

 

価値の下がった株式を 僕がゆっくり歌うから
釈明をするスペースを準備しといて
保釈の時は裏金で マスコミ相手に嘲笑ってよ
そんな寒いトコ今すぐ出ておいで ホリエ…

 

話題になった株式も もうすぐ100円を切るよ
怖がらないで素顔を見せてごらんよ
嬉しい時に笑えたら 哀しい時に泣けたら
そんな寒いトコ今すぐ出て こっちにおいで

 

監理ポストの株式が 消えない様にネタを出そう
東証のグラフ揺れていてすごく綺麗さ
拘置所で食った臭い飯 君が生きてるって証拠さ
肌寒い刑務所の中で一緒に 手を叩こう



本当はマスコミも一緒にたたきたいんです。

なんかマスコミさんは、見ていて疑いを持ってしまいます。

杞憂かも知れませんが。

AD

絶筆。

テーマ:

中3からのライフワークだった

「渋澤龍彦全集」の22巻…つまり、別巻を除くと最終巻ですね。


読 み 終 わ っ て し ま い ま し た 。


「都心ノ病院ニテ~」の構成の小憎らしいったら、

第二部を渋澤先生が他の方々に宛てた追悼文で

占めてますからね。

ボルヘスも死んじまった、ジュネも死んじまった、と

そういう追悼文が集まるこの「都心ノ~」は渋澤先生の絶筆でした。



作家先生の全集を読み終わるってのは、

達成感もクソもない、空虚なものです。


なぜなら、それは人生に答えが用意されていないからであって、

我々は他の人の人生と向かい合う時、誰しも煙に巻かれます。

そうした神様のミスティフィカシオンに立ち向かうために、

我々の拘泥する義とか倫理とかって名前の過去の習俗があるわけです。


空虚なものですよ。

「ああ、コレで終わりか、寂しいなあ!」と想いながら

読みすすめていくうちに、コロッと終わってしまう。


空虚なものです。


それは全集の中身が空虚だからではなくて、

私の心の一部を占めていた、「全集が以下続刊である事」が

ここに来て急に断ち切られた事に因る寂しさであります。



渋澤先生がお亡くなりになったのは

十年以上も前の出来事だと言うのに。

先生の作品を年代毎に、全集を通して追いかけてきた身としては、

それが読み終わった瞬間の出来事のように感じます。


それがおこがましい思い上がりだとは、分かっているけれども。

AD

卒業する前に、今通ってる学校で、


筋少とカリガリとシステムオブアダウンを


流行らせたい。



だから第五がカラオケに入れば即全国ブームだって

何百回も言ってるだろ!俺が!頭の中で。

AD

みんな僕を騙したな!

沖縄に行くのに、パスポートいらないんじゃないか!

あと沖縄ドルって何だ!

流石にソレは騙されなかったが少し心が揺れたのは確かだ!


と、いうわけで世間の冷たさに怒りを感じている僕です。


でも世間って何なんでしょうね。

僕に沖縄ドルとパスポートの有無を教えたヤツは

名前と誕生日まで言える仲のヤツなのですが、

世間などという抽象的な存在ではありません。

そう、世の中で言われる「世間」なんてものは、

僕達人間の共同幻想が生み出した新たな神様なのではないだろうか?



でも世間って冷たいらしいよ。

自分達が何者であるかを名乗ろうとしない癖に、

僕が何者であるかを厳しい目で審査して、

審査に敵わなかったら弾くんですよ。バチーン、って。

どうしようか?ねえ、どうしよう…?


とりあえず一日中部屋で過ごしました。結構快適ですね。

2004年 大阪に 近鉄を買いに行った

ベルトに結んだラジオ マスコミは味方らしい


2chからファンが来た 大袈裟なハッピ装備した

始めようか球団買収 広告塔を探して


赤字経営がバレないように 精一杯だった

楽天の同じ弱みを 握ろうとしたあの日を


売れない株を売ろうとして 証券法を覗き込んだ

一株を切り裂いて いくつも株が生まれたよ

恒雄が浩史を呼んだって 返事もロクにしなかった

株という 企業価値 会社挙げて追いかけていた Oh Yeah Ah


気がつけばいつだって ひたすらテレビ映っている

教育委員会とか 細木の占いとか


エッヂから逮捕まで ずっと求めている

さぁ 始めようか 粉飾決算 世界一を目指して


今まで見つけた仕事は全部覚えている

亀井静香倒す刺客になったあの日も


買えない株を買おうとして証券法を覗き込んだ

フジテレビ 買えるよな かすかな光探したよ

そうして知った取引を 未だに僕は使っている

株という企業価値 会社挙げて追いかけてる Oh Yeah Ah


株上がるにつれて 伝えたいことも増えてった

偽装指示のメールも 崩れる程重なった


僕は元気でいるよ 心配事も少ないよ

ただ一つ 今も思い出すよ


予想外れの逮捕を受けて 泣き出しそうな

君の震える手を握れなかったあの日を


見えてるものを見落として 証券法をまた使って

犯罪と合法のグレーゾーン駆け抜けた

そうして知った小技が 今まで会社支えていた

株という企業価値今も一人追いかけてる


もう一度株に買おうとして 証券法をまた使って

前と同じ 時間外 限界まで買ってくよ

始めようか 東証観測 拘置所の君が来なくとも

株という 企業価値 君と二人追いかけている Oh Yeah Ah

圧迫感

テーマ:

草木も眠る丑三つ時。

眠いし早く眠りたいと考えているものの、

イマイチ遊び足りないし、充実が足りない。

コレはエロゲーをできなかったからなのだが、



僕はこの一日の余白の時間をいかにして潰したか?


今日一日を振り返ると、

落としたエロ画像を丹念により分けている時間が一番長かった。


何の職人のつもりなんだ、俺。


ああ、あと音楽の話を聞いたり、

回線トラブルで各方面に迷惑かけたり、

替え歌再び挫折したりもした。完ぺき主義はな、邪魔だな。



というわけで一日が凄い、物凄い不満です。

やりてー事全部やった!みたいな一日が送りたいなあ。

朝に道聞いたら夕死ぬのもオッケー^^みたいな精神。


いや死にたくは無いけど。

日が暮れる

テーマ:

色々考えたけど為すところもなく日が暮れる。


一日がこんなにも短いのは何故。

ああ、家着くのが十時半だからか。




最近、大学受験終る前に

死ぬんじゃないかな、と思うことがある。

寿命を意識しはじめたというか…。

そう、渋澤龍彦先生の全集と長年付き合ってきましたが、

気づいたら最終巻を読み終わりそうになっていました。


これが僕の終末観に拍車をかけるんでしょうねえ。はぁ。


面白い事言いたいんだけど、

替え歌をするには、僕は株の事を知らなさ過ぎる。

タミフルは飲めませんでした。yukiです。


早退した時の体の調子はヤバくもなかったのですが、

家に着いた時には目ぇ回るわ胃の中身戻すわで、

意外にも大変でした。


布団を敷いて目を閉じてずっと考えていました。


「俺病気で死ぬんだけどさ!

 死ぬ前にセックスさしてくんねーかな!?」


と女子高に喚きに言ったら誰か同情してくれるかなぁ。


なんて。



アホらし、寝よ。と思って寝て起きたら大分治ってました。


アホらしいのは僕ですね。


えー、ハイ。

次はどの曲で堀江貴文ろうかな、と考えてるyukiさんです。

やっぱメジャーどころがいいんでしょうけどね。


さて、日曜日の話になりまして恐縮なんですが、

生まれて初めて「ファミリーレストランで勉強」の荒行を達成してきました。

思ったより環境はイイです、ファミレス。混んでなきゃ追い出されません。

ドリンクバーだけではアレですし、お腹がすいたらご飯も食べられます。

冷暖房も完璧で、自習室ほど私語にうるさくない…お金のこと以外はパーフェクトです。


僕は399円のシチューハンバーグを頼みました。

店員さんを呼んで、メニューを指差して「これください」とか言ってるの。

小学生か俺は。キモイ。

あと紅茶の葉っぱを直接コップに入れてしまった。

紅茶の淹れ方は一応知ってるんだけどなあ。

なんか凄い脳みそが働いてなかった。



英語のセンターって難しいですねー。

コレ190とかとるんっすか?無理っすよ。


とまあそんな風に色々ありましたが、

終始真面目に勉強できました。


同じものをやるってだけで

効率と緊張の度合い、違いますね。

テスト勉強とか、同じ参考書とかだと、凄い良さそうです。

ハルジオン

テーマ:

金を作ってた 手を伸ばしたら消えてった

紙切れ株券 握って 立ち尽くした 六本木

会社があったなあ 扉が生きている会社

ヒルズの外れで 自転車操業で動いてた

色あせて 霞んでく 細木の予言 ハズレてた

思い出せぬ 「記憶にない」 日記で証言

いつだったっけなぁ 名乗りをあげたあの日に

バファローズファンの中で株はずっと上がってた

いつだったっけなぁ 経営嘘をついた日も

正しい反応 株価順調に上がってた

いつの日も ふと気づけば僕の すぐそばで

どんな時も 証取法違反 誰のため 株主のため

心をお金で買える時

株が下落をはじめたとき

ほら見える 曲がる線グラフ

ただ一つ思い出せる 利益を操作してる

(したり顔のアナウンサー風に)


実際デキる人だったんだろうなあ。

法にさえ触れなきゃフォードにでもなれたろうに。

というかバンプの曲って僕が思うよりもマイナーですか。