アルコール依存症、仕事依存症の不動産屋で~す。

”犬の鼻”

テーマ:
今晩は。

そうなんですか~、そんなオモチャがあったとは初めて知りました。私も買ってきます。

美味しそうなにおい、経験したくなりました。
AD

不動産屋の世界

テーマ:
こんちゃ~あ!

私は「不動産業界」に約40年間在籍しています。

その中でも長かったのが「地上げ」の世界です。

「地上げ」という言葉を聴くと何か怖そうな気がいたしますがそんな事はありません。

どんな業界にでもアンダーグラウンドで生きている人達がいるように、この業界も同じでほんの一握りの悪党達が存在しているだけです。

私たち「表の地上げ屋達」は、毎日熱心に地権者のところへ通っているだけです。

表と裏の違いは、反社会的行為を行ってビジネスを推し進めているかどうかです。

早い話が、地権者の家に灯油を撒いたり、脅したりするのが「裏社会」の仕事人で私たちは絶対に行いません。

これを行った場合、短時間で勝負がつくのですが、10人に一人くらいの割合で「暴力に屈しない」を心情にした人達がいます。

もし間違ってそんな「家」に灯油でも撒こうものなら10年間でも売ってもらえなくなります。

つまり全体が終わりです。

ところが、アホが多くて何を勘違いするのかそのような行動を取る輩がいつまでたっても小数ですが存在するのです。

それだったら、興信所とか探偵事務所をつかったほうが余程効率がよいのですが。

次回は、現場のことを書きますね。。。。
AD

私の父は台中産まれ

テーマ:


本文はここから

私の父は戦時中に台湾で生まれ育っています。

生きていれば、現在92歳ですが残念ながら3年前に亡くなりました。

おかげさまで、私は台湾式の教育を受けており現在60歳ですが頑張っています。

仕事は、不動産業です。

台湾の皆様とビジネスがしたいのですが「縁」がありません。

よろしかったらお声をかけてください。
AD
こんちゃ~あ!

アル中の私についに順番が巡ってきました。

月の裏側にある宇宙間厚生施設から召喚状がとどいたのです。

私の脳みそに「アル中チップ」を埋め込んで二度お酒を飲まなくしてくれるそうです。

待ちに待ったチップの埋め込み!ワクワクします。

これで私も普通人になれるのですからこんなすばらしい事はありません。

来週には、UFOがお迎えに来てくれて30分足らずの治療で「アル中」が改善するのです。

もう飲みたいなどと思わなくて済むそうです。

さすが未来の治療薬嬉しくて今から一杯飲んじゃいます。ワハハ

コンビにでお酒を売らないより効果があると思います。

おっと、時間が少なくなってきたので今からコンビニに行って大量に仕入れてきます。

でわでわ。。。

地上げの真髄

テーマ:
こんちや~!
去年の12月から記事更新していませんでした。
理由は、貧乏していたからです。。。ワハハ

これ本当でメチャクチャ忙しかったのです。

それで今日久方振りに更新しようかな?っと。

地上げの仕事は、各スポンサーの決算期に合わせて作業を終了しなければなりませんので12月と3月は、血が出るくらい忙しかったのです。

その割には、東京の現場は「オリンピック」ムードで3年先の高値相場になり全然儲かりませんでした。

儲かったのは投資家と地元地権者だけです。

実際に作業を行った私たちは生ビールを飲めたくらいしか儲かりませんでした。

これは本当の話で、現在の東京は完全に「バブル」状態です。

地権者(売主=地主)達は、もう気づいていて3年先の相場観で金額を提示してきます。

我々も呑気にしていられませんから:応じて:しまうしかないのです。

結果抜き幅は無く、お涙頂戴の手数料で終わってしまいます。

今日はその手数料をみんなで分配して生ビールです。

天気もよいしこれで「大儲け」ができていたら最高なのですが「今を幸福」に感じる意外ありませんのでこれから「ケンタッキー」でも買ってきます。

マッカーサーのジレンマ

テーマ:

吉田首相の確信



吉田首相は、マッカーサーに再考を促すのをしばらく待った。

日本共産党の精力的な宣伝工作が高まるにつれ、マッカーサーも窮地に陥って、再考せざるをえなくなることを確信していたからだ。

1948(昭和23)年8月6日、対ソ連との冷戦が険悪になり、マッカーサーが日本共産党の非合法化を真剣に検討していた時、吉田は「共産党に対して素早く、効果的な行動をとれるように、日本の警察と占領軍のより緊密な連携」の必要があり、その為に、警察権力を強化したいと提案し、マッカーサーの許可を求めた。

2日後の8月8日、マッカーサーは、「私の支持の下、現在の警察は占領軍部隊の介入なしで、いかなる騒乱にも対抗できる能力を持っている」と吉田の要請を拒否した。


118.jpg


焦りと当惑


日毎、精力的になる共産党の活動は、日本の民主化にとって厳しい試練となってきた。占領軍を「解放軍」と絶賛した日本共産党は、アメリカ政府とマッカーサーが待ち望んでいた偶像破壊者であり、日本帝国の「要」である天皇および皇室に猛攻撃をし続けた。

だがワシントンも、東京のマッカーサー司令部も、日本で共産主義を助長していることに焦りと当惑を感じ始めていた。

このジレンマは、マッカーサーが日本の保守層の熱烈な支援を得て実行した「レッドパージ」で、共産主義者たちを公職から追放するまで続いた。

「レッドパージ」は、日本国民に戦前の危険思想に対する弾圧を思い起こさせ、共産主義は再び、殉教のイデオロギーとなってゆく。

真珠湾攻撃の真実と謀略

テーマ:

米国ワシントンの日本大使館に一通の電報が届く。
「これから重大なメッセージが届くので、大使館員、心して待機せよ」

1枚2枚、、暗号化された電報が送られてくる。
受け取ったのは野村大使と来栖大使。

5枚、6枚、、、重大な電報だ。
アメリカ人書記官には任せることができない。

7枚、8枚、、、電報はまず暗号を解読して、それから英語に翻訳されていた。

9枚、10枚、、、13枚目までの電報が届いた、、、

ところが、、、

「国交断絶」について記してあった、14枚目が来ない。
この電報には「真珠湾攻撃の30分前にハル国務長官に手渡しせよ。」とまで、
指示してあった。

14枚目の電報が届く前に、大使館員たちは驚きの行動に出た。

そして、ハル国務長官に「宣戦布告」が届けられたのは
真珠湾攻撃開始から1時間経過した後でした。

天皇陛下と不敬罪

テーマ:

わが親愛なる元帥様



鳩山に代わって首相の座についたのは、吉田茂(67歳)。

日本の保守層の共産主義に対する恐怖心を端的に表わしたのは、吉田首相の1946年11月27日付のマッカーサー宛の書簡だった。

「わが親愛なる元帥様」で始まるこの書簡で、吉田は検討中だった刑法草案に「不敬罪」を加えるよう強く求めた。

「日本における天皇の地位は、まことに崇高であり、天皇が日本人の精神的、道徳的崇拝の中心であることは否定できません。天皇に対する暴力行為は、国家に対する反乱という性格を持っており、一般国民に対する暴力行為よりも厳しい罰則があってしかるべきと考えます」

「より厳しい罰則は、日本国民の倫理観からみても自然であり、これは皇室全体についても当てはまります」


117.jpg


吉田は自分が大使として赴任していたイギリスを引き合いに出し、「イギリスのような君主制の国ではどこでも、国家元首に対する暴力行為は特別の条項を設けております」と訴えた。

吉田の訴えは、日本の検察当局が『アカハタ』の編集局長を含む日本人5人に対する不敬罪容疑を起訴取り下げにし、それをマッカーサーが評価した直後であった。


マッカーサーからの返書


マッカーサーは異例の長い時間(3カ月)をかけて検討し、1947年2月25日、吉田に返書を送った。

「天皇には、一般国民に与えられる法律上の保護と全く同じ保護のみが与えられる。さもなければ、国民は法の下に平等である、との基本理念に背くことになる」「まして天皇以外の皇室メンバーに特別の保護を与える理由など全くない」

マッカーサーは吉田の「理論」を逆手にとって、「あなたが指摘するように日本国民の天皇に対する尊敬と愛情が十分な砦となるので、封建的な宗主権に類似するような刑法上の特別条項は必要としない」。

天皇への「不敬罪」は、

「日本国民の倫理観からすれば当然かもしれないが、天皇自身が1946年1月1日の布告(人間宣言)の中で、日本人の倫理観は、世界的に認知された倫理観とは大きくへだたっている、と認めているではないか。また、あなたが例として引き合いに出した国の法律には、元首に関する特別の条項はないし、日本の置かれている現状とイギリスを比較することはできない」

と説教した。

最後に、「アメリカの経験から見ても、元首に対する犯罪も一般の刑法によるのが適当だ」と断言し、不敬罪に関するあらゆる罰則を廃止せよと命じた。

この記事の著者

西 鋭夫

1941年大阪生まれ。関西学院大学文学部卒業後、ワシントン大学大学院に学ぶ。 同大学院で修士号と博士号取得(国際政治・教育学博士) J・ウォルター・トンプソン広告代理店に勤務後1977年よりスタンフォード大学フーヴァー研究所博士号取得研究員。それより現在まで、スタンフォード大学フーヴァー研究所教授。

恐ろしい第三次世界大戦⑥

テーマ:
こんちゃ~あ!

軍隊とかそういうものがいたときは防御線がありましたけど、今、我が国には完全にないです。例えば、北海 道から九州まで日本海側、誰か警備隊がいるんですか。レーダー網が張ってあって、誰かぴくって動 いたらわかるんですか。潜水艦で来られたらわかるんですか、鳥取の砂丘でメロン盗まれますよ。 いや、日本の海岸、ザルみたいです。私たちのいいところは人を信用して、私たちが攻撃をしないん で相手も攻撃しないでしょと、戦後の洗脳です。私たちが何もしないから、攻撃してくるテロリス トいっぱいです。だから、日本にテロリストが入って、最初に攻撃するのは東京の地下鉄、それか ら九州から北海道まで点在してる原子炉、北海道はないんですか、あるんですか、今、つくってま すけど。原子力発電所。これを攻撃しますよ。守られてるって皆さん、ふざけるなと。あのパリの 銃激戦見たんですか。手榴弾、自爆、見たんですか。あれが2人ほど、閑散とした日本の例えば、 もんじゅがいい例です。福井県にある、もんじゅ。莫大な何兆円使って、1度も動いてないやつ。 あそこに入られて、自爆されただけでもう、手がつけられなくなっちゃう。コンクリートの壁、厚 いから大丈夫、あー、その通り大丈夫です。しかしそこで、自爆が起きちゃったら日本全国の原子 炉発電所止まります。 しかし一番怖いのが、人が密集している東京都の繁華街です。銀座、日本橋それから鉄道。新幹 線に爆弾、仕掛けられて300キロで走ってるときに、横浜通りました、新横浜とか言って、バーンで すよ。そうすると、全国の新幹線止まります。もう一つはどっかの大きい高速で自動車爆弾で爆発 です。だからそういうことを考えて、集団的自衛権やってんのかと。昨日、ちょっと永田町の辺り に会合あったんで行きましたけど、もう警察いっぱいです。そんなところにテロリストが爆弾持って、 ほいほい行くんか、行くわけないじゃない。何も警戒してない。銀座とか大阪の心斎橋とか。心斎 橋、あそこを爆弾やられると、あそこは筒になってますから、すさまじい死傷者が出ます。そうい うことを私たちは考えるの非常に嫌です。西先生は何で恐ろしいことばっか言ってるんだ、まだこ れ、恐ろしくないんです。これ、初歩の話をしています、もっと恐ろしい話をしましょうか。 日本の水は全然、警戒されてない、日本の水。東京だったら利根川から汲んでるわけ。大阪だっ たら琵琶湖から流れてくる淀川で汲んでるわけ。吸い上げてるポンプのところに青酸カリのビンを 2、3本、ぱんと割ってぽい、ぱんとかってぽい、ついでにエボラ菌もぽい、そうするとずっと流 れて行くわけです。それで、もちろん検査をやってますから、びびびーっと赤い信号が鳴るんでしょ う。調べたら青酸カリ、下手すりゃエボラ。そうすると、全部止めるわけです、水を。そうすると、 大都会の水が全部止まります。いや、思っただけでも恐ろしい話。すなわち、水がない。ローソン のペットボトル何ぞや5秒でなくなりますから。水がないと今の都会の生活できません。それだけ でも参ります。どうしようどうしようって頑張ってるときに銀座、爆破。東京の地下鉄、爆破。新 幹線、爆破、別に銃、使わなくたって爆弾だけで十分。今もう爆弾も昔の火薬じゃありませんで、 プラスチック爆弾でバターの大きさで、丸ビルとか新丸ビル、東京ドームぶっ飛びますから。もう バターの大きさです、プラスチック爆弾、今、テロリスト大抵それを使います。 そのテロリストたちは元々、日本にいたり外から入ってくる人たちになる。だから、そこが大き い問題。日本にはもう相当、アラブ系、特にイランは日本と石油の契約を結んで、買って来られま したから。そのときに、イラン人が日本に入ってくるときに日本にビザいりません。イランのパス ポート見せたら、俗に言うフリーパスです。そういう人はテロリストって言ってんじゃないんです。 ただ、テロリストが、普通の人がテロリストになっていく過程があります。その国に入ってきて幸 せに暮らせると思ったら差別、差別、言語できない。それで宗教が違う、これ、大きいです。日本 は宗教の話、あんまりしません。というのは私たちも八百万で、800万の神様がおられますので、私 の庭の大きな木にも神様がおられますから。そういう観念をしてますので一神教のイスラム教とか、 HOOVER REPORT 11 キリスト教これはもう神のためにいろんなことをするわけです。神のために殺してよろしい、これ が十字軍ですから、イスラム教徒殺せ。イスラム教徒もイスラム教徒に改宗するか、コーランを受 け入れるか、それとも俺の剣で首はねる世界です。そういう人たちがもう日本におそらく数万人の 単位でいるでしょう。これからアメリカのオバマのプレッシャーとか、いろんなユネスコ云々のプ レッシャーで日本も、日本は人口が減ってるから。人口減ってるから移民を増やせの、私の発想は 人口減ってこれからロボットがいろいろ出てきますので、ロボットが生産力を人間の10倍上げます から。すなわち、同じ生産を維持していると人口が減って、国民の分け前が大きくなるっていうわ けです。日本で人口が減ってるからよその人を入れろというのは、これ、どっかからお金をもらっ た人ですか、そんなことを言ってるのは。何を錯覚してる。フランスの二の舞い。私、デンマーク に2度、旅行したことがあります、自動車旅行。そこでも元々いるデンマーク人は後から入ってき たトルコの労働者です。この人に対してもう凄まじいこと言いますから。最初に言うのは、あいつ らはデンマークの綺麗な姉ちゃんを犯した。知りませんけど。その次にすぐ集団を組んで、デンマー ク人と交わらない。すなわち、自分たちも怖いですから、トルコ人も。群れを作るわけです、家郷 みたいなもんです。それでものすごい、仕事が、デンマークの経済が右下がりになると最初に首に なるのは、移民の労働者です、それが絶対フランスで起こってますから。 アメリカでもそうです。日本にそういう人を連れてきて、まず、同化していく、これがどれだけ大 変か、日本語、日本に20年いたって大変。私がアメリカで英語、20年いたって大変だと思う。いや、 大変です。ただ、アメリカはああいう多様人種がたくさんいて、私たち入っていくのに、非常に楽 です。日本みたいに一つの民族が何千年も同じところにいて、顔見ただけでもわかる、日本国民で すよ。だから、そういうところに例えば、イスラム系の人たちを500人か1,000人の単位で入れてく と、その人たち、どうせ村を作りますよ。日本人は差別するわけです。そこからだんだんとテロリ ストが成長してくるわけです。フランスと同じパターンです。それ、日本やるのかと。私はこれから もっと責任問題を追及しなきゃ、そういうことやる人、責任持つのかと。移民を入れろというそう いう人たちは、それじゃあ、移民を入れて民宿させてあげなさい、あんたの家に。それぐらいの気 持ちで言ってくださいと。大きなお家に住んでたら5人入れてあげなさい、庭があるならそこに仮 設住宅建ててあげなさい。もう非常に無責任なことを平気で言うわけです。日本、私は入れると入 れられた人も不幸、入れたほうも不幸です。それで日本人口減ってる、減ったっていいじゃねえか。 明治維新のとき、日本の人口を皆さんご存知ですか。明治維新、3,000万、多くて4,000万。今、1億 3,000万もいるわけ。1億多すぎるんだって。それで今、日本の医療は発達して、日本の食事かどう か知りませんが日本人長生きするんです。そうすると、65でやめさせるってこんなバカなことやめ なさい。働きたい人は死ぬまで120歳まで、お働きください、そういう世界です。
第三次世界大戦とは無人飛行機とロボット、生物化学兵器、テロ行為の何でもありの戦争になります。
すると、「アメリカ」が一番強いとは、限りません。

地上げ屋どうしの衝突

テーマ:
こんちゃ~あ!

ついにぶつかってしまいました。

墨田区のある現場ですが、私達は表通りから攻めていきました。

ところが、裏の80坪をいきなり誰かが買ったのです。

「地上げ」という行為は、表の土地と裏の土地を全部買い上げて「裏」の土地の価格の全体を「表の土地の価格」と同一化させることで収益が成り立っています。

つまり、表か裏のどちらかが正当な価格で売りに出れば、そこを買ってどちらかに繋ぎ合わせれば一番高い「表通り」の価格になってしまうのです。

これは複雑な計算なので控えますが、今回は「裏」の一番おいしいところを買われてしまいました。

もちろん我々が勝負にかけている事を知った存在です。

つまり「敵」です。

我々は、「表通り」に面した、「表から攻めて」いっていたのです。

そしたら、「裏通りの80坪」をいきなり買った「現場監督」から連絡が入り先ほど会ってきました。

地上げのチーム編成は4段階に分かれます。

1、現場を回る作業員>実際に動く人達です。

2、現場監督>どの物件をどの順番で買っていくか決める人。

3、部隊長(CIO=チーフインベストマネージャー=仕入れ最高責任者>投資家対策)

4、投資家>現場に手付金(EQ=エクイティを投げ込む人、いわゆる博打うち>大手では住友不動産もギャンブラーですよ!)

私は、この構造の中で立場的には3のCIOです。

今回は、「裏の土地80坪」を馬鹿の真似をして買ったCIOのAさんとの接触になりました。

「Aさん久しぶりですね」(3年ぶりくらい)

「ユキオさんも相変らず頑張っとるねえ」

「今回どうします?4者択一で(1)が当社グループが御社の80坪を買う、2は逆に我々が購入した案件と交渉中の物件を買ってもらう、3はJVで共同戦線でいく、4は喧嘩する、、、ですが4は無いですよね」こちらも馬鹿のフリをして言いました。

「ユキオさん、3も無いちゃうんかね、我々のお金と違うからスポンサーサイドが言う事聞きへんやろ」相手も馬鹿づらさげてアッチみてホイ!

ウ~m確かに言うとおり、投資家は皆金持ちで我儘ばかりですから金持ち通しの喧嘩に巻き込まれたら、10年でも眠ったまんまの氷漬けにされてしまう恐れがあります。

そこでチームのみんなと連絡しあって、水曜日に(1案)か(2案)で結論を出し、私がスポンサー(投資家)に条件交渉をする事になりました。

今日は汗をかきましたが、感じた事は「仕事する人間は喧嘩をしない」、逆にお金持ちは「金」で商売しますから余裕のわずかな一部の所持金で貧乏人と「時間勝負」の喧嘩をするのだな、、、と思いました。






プロフィール

ユキオ

性別:
男性
血液型:
小型
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
年金生活しているオッサンです。 妻は私の半分くらいの年齢で、天然パープー同士気が合っています。 ...

続きを見る >

読者になる

AD
AD

テーマ

一覧を見る

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ランキング

総合ランキング
68627 位
総合月間
150504 位
気まぐれブログ
1191 位
日々のできごと
3942 位

ランキングトップへ

ブックマーク

最近のコメント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。