イベントまで残り1週間となり、チケットも残り僅かとなって参りました。

みどり屋食堂2周年記念企画

岡野雄一vs白浜久トーク&アコースティックライブ at みどり屋食堂《福岡》

「Rocker meets Pecoross ~ペコロスに会いに行こう!」
(トークもたっぷりやります)

3月4日(土曜日)17:30開場 / 18:30開演

前売り¥2.500 / 当日¥3.000(要オーダー)

みどり屋食堂:福岡市中央区渡辺通2丁目1-28  TEL 092-737-3311

http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1uVrd9xI0nM/

御予約&御問合わせ:info@pandars.net

みどり屋食堂:midoriya@amage.co.jp




※2月21日 西日本新聞に、 イベント情報が掲載されました


お問い合わせは、御早めに♪

皆様のお越しを心よりお待ちしております








AD

小リフレッシュ

テーマ:
数日の休暇を利用し、実家へ。

2月上旬辺りから、体調が良くなく…イエロー信号をメールで母に送っておりまして。
リフレッシュ?ならぬ…休養の為。

いつもなら起床は、「起きろ~!」と起こされる訳ですが、、今回は…起こさんと私の気のむくまま…寝かしといてくれました…
食事も用意してくれて…堕落な娘に優しい、おもてなし…感謝です。

お土産に、私から母へバレンタインデーのチョコレート。
手頃なお値段ではあるが、和 をイメージしたチョコレートを。





兄には、宇宙をモチーフにしたチョコレートを。




母から、↓私にプレゼントのチョコレート。


笑ってしまったのは…母も私も…遠地にすんどるのに…なじょして…同じ チョコレートメーカーの商品をセレクトしたのか?(笑)
購入したお店も違うのに(^○^)(^_^;)
 
こんな事もあるのだな~と、爆笑してしまった(笑)

そう言えば…プレゼントで思い出した。
今時代、誕生日や記念日にCDのプレゼントってするのですかね?
20代の頃…頂いたり、プレゼントした覚えがあるのだけど。。
昔お店に来店されていたお客様から、誰の?CDを頂いたか?覚えていないm(__)m必ず聴くようにはしていましたが←今 思いだそうとしても?思い出せない…好みのテイストじゃなかなったので…覚えていないのだと思う…たぶん。。
男性のお客様でBoz Scaggsさんが好きなのだけど、アルバムを持っていない…という方がおられて…私の勝手なセレクト→「We're All Alone」が入っていたアルバムをプレゼントした事があったな…と、ふとっ、そんな事を思い出した…何十年前の話だろう。名曲ですものね…喜ばれた事があったな。
日本にも素敵な曲が、沢山ありますよね(最近の曲は、わからないけれど(^-^;)
中島みゆきさんの「糸」という曲の最後…
人は 仕合わせと呼びます
(人は幸せと呼びます)と、書かれていない所が、深い言葉の意味があって、素敵な曲ですね。



帰省時、必ず立ち寄る場所がある。
美容室と理髪店(床屋)…梯子です。

美容室でカットや染め、パーマ等をし、理髪店で顔&首の「産毛処理」をします。
自分でやると上手くいかないんですね…。
眉毛を綺麗に整えて頂けるのと、処理後はお化粧ののりが、格段に良くなります
(肌の弱い方にはお勧めしませんが)
アワアワ気持ち良い☆よって、止められないのであります。



小 リフレッシュ☆




AD

音楽のエトセトラ 2

テーマ:
音楽の世界に携わるようになり、素朴な疑問?を感じる事がある。

それは…私 楽器 やらないのですが、、小さな頃バイエル教本の付録についていた(紙鍵盤)で卒業した人間なので←家にピアノ(鍵盤)がなかったので毎度レッスンの時にピアノ鍵盤に触れ 音を知り 教本を卒業した人間であります、恥ずかしいながら楽器の知識がありません。

たまに、白浜氏が「ギター」のワークショップを催される事があるのですね。


ギター触っている方々、もっと参加してもよさそうな…興味を抱いてもよさそうな…って、そう…アマチュアとしてステージにあがり特にお客様からお金を頂いておられる方々。
ワークショップで大人数は募集しないのです、何故なら直接指導にあたります、対応可能人数に限りがあるので。


本当に、素朴な疑問なのですが。。不思議なのです。


普通に考えて、自身が扱う楽器 って…商売道具なのよね。

声も楽器 とするじゃない?色々なジャンルがあって歴史があり、発声方法や技術(テクニック)あると思うの。

自身の声を出す「体=楽器」を知る事って、とても大切なような気がするのよね。

例えば?ロック歌うのに、演歌チックには歌わないよね。メロディーより歌詞が重く感じる曲は敢えて重くならないように普通に歌ったり。ボサノバ歌うのに、ロック調の発声ではないですよね。ボサノバは囁き。でも単に囁きにならないように、体で支え?声が出来た状態の囁きであったり。自身のどの音域が強い、弱い(どの音域が心地好い音色を発する域とか)
1/fゆらぎ(美空ひばりさん、宇多田ヒカルさん、由紀さおりさん、松任谷由実さん、徳永英明さん)等が持っている周波数なのだけどetc.声にも色々な発見があったりする。
一番解りやすいのだと、声楽とポップス、声の出し方が違う。声の色も1色とは限らないですよね。
喉で歌っている方もいれば、体全体 腹筋、背筋で歌われる方様々、
シンガーソングライターさんは、伝えたい事が歌詞(メッセージ)やメロディーだったりする訳じゃん…1パターンの歌い方でも違和感ないし、そもそもの置いてる重点が違っていたりする訳で。
声を例えに書きましたが、私プロじゃないので偉そうな事書けないけど、、


で、話戻しますが…そう、ギター。

色々な方々をみていて…自身の扱う楽器を熟知しているのかな?って感じる事があるの。
知らない事には、扱えないんと違うのかな?って。
なぜ そこで満足するのだろ…。
もっと貪欲になって良いのじゃない?
こ~ゆ~音を出したい、あ~ゆ~音を出したい、更に良い音を出したいetc.
それって、普通の感情や好奇心であって…


例えば?こういう音を出したいよね…と曲を作られた方がイメージを伝えても、楽器(生まれてこの方自持ギター1本しか触れた事がない)という方が理解出来るか?っていうと…わかりませんよね。
プロの演奏家の方で楽曲や独自のスタイルが出来ていて、エレキならエレキ、アコギならアコギetc.独自の音楽 世界観を熟知し確立されたスタイルとは違いますもの。


其とは又別な話になりますが、多様に使い分けされておられる方は、

このギターは、この音。
あのギターは、この音。
そんでもって、この音。

みたいに。楽曲etc.により使い分けしたり 、より良いモノにする為に改良されたり、様々と追究されたりする訳じゃないですか。


それぞれ分野の、職人さんだと思う。


どのジャンルが得意な方なのかな?って…音色を聴くと何と無くだけどわかりますよね。
でも、ステージで楽器のみを奏でられる1パターンの方、わからないんです。。
ステージにあがられる趣味の方に、お客様はお金を払いサポートをされる訳なのです。発表会と言えぞ…私のような人間にしてみれば高価な娯楽。今時代、プロの方のライブ?入場料とかも アマチュアの方と大差変わらないですものね…そんでもって、強烈なビジュアルやキャラクターがあるとか?そういうのは除外し…何が売り(セールスポイント)なんだろう?って…私みたいな凡人な人間は感じちゃう訳でして。。
演者が同じステージに立った時、前者→あの人アマチュア、後者→あっ!あの人はプロetc.私のような人間には一発でわかるのですね。
飲み屋さんお姉ちゃんの世界でもそうだけど…若いウチは「可愛いね、綺麗ですね」etc.代価とし給金扱われる場合もあるけれど、ある年齢を境にしてそれだけじゃ通用しない…現実の世界がある、気づくのが早ければ早いウチに越した事がないかな…と感じますが。
私は、その道のプロとして職種は違えぞ ウォータービジネス、自身の腕一本で少なくとも生業とし生きてきた人間なので、偉そうにもそう思う訳です。

前者のような方こそ…このギターは、どういう仕組みで成り立ち、どういう音を得意としているetc.興味を持っても良さそうな?と感じる訳です。



自身の扱う音(楽器)を知る。


ワークショップ

意味合いの取り方は様々かもしれないが…参加 される事で発見って色々あるんじゃないかな~、勿体無いよな~って思ったりもします。






しかし…煙草止めていない&間食していないのに6k太った(>_<)
体が重い…苦しい。。参ったな~…首のヘルニアも痛いし…トホホ。





素朴な疑問
単なる、独り言です。



AD

バレンタインデー

テーマ:
明日は、バレンタインデー☆


と言いましても?ここ数年私にとっては…余り…ご縁もなく。。。

ご縁がありましたら、自分にチョコレートを塗ってリボンつけてお渡ししたい位なのですけど(笑)中々そうご縁もなくてね。私のギャグテイストを理解して下さる方に中々お目にかかれない、、此ればかりはね(笑)

婚活等している時間や余裕はありませんが、何かのバラエティー番組じゃないけど
「結婚前提にお付き合いしてください」っと、真剣に言ってくださり…(私の中でもちょっとタイプの方だったら(笑))真摯に受け止めたいと思っています。
今年は例年になく…婚活 気持ちは前向き。
昔あった…ねるとん紅鯨団?という番組みたいなのが今時代ありましたら、一般応募しているかも?しれません。
少人数の方を相手に婚活しているより、テレビに一回出てより多くの方に知って貰った方が、自分により合いそうな人が見つかりそうな?なんせ、時間と手間がかからない。
(でも…当時、番組に出演された方の話で…カップル成立になると景品が良く、その景品欲しさに 事前に打ち合わせしカップルになり、景品をゲット。収録が終わるとバイバイ!という事をされた方の話をきいた事があるのですが…そういう方を除きフェア且純粋な気持ちを抱く方々の参加なら良いな~って思っていたりもします)



バレンタインデー♪


LOVEしている男子がいたら…告白した方が良いのでは~?と思える…女性にとっては、勇気日であったりする…と、私は勝手に思っていたりするのですが。
イベントにあてがえてじゃないけど、「ごめんなさい」と振られても、普段告白するよりもショックが半減…まぁ、イベントだしね!半分割りきれるかな?…と。。

頭の中半分は「Love」で埋め尽くされ、365日いつでも記念日作れるような私にとっては(笑)今時代のバレンタインデー、義理チョコ=出費の日 になっていたりします。。


バレンタインデーの起源は、深い…素敵な意味合いがありますけどね♪



若かりし日?今は面影すらありませんが(笑)モテキ?らしき時代もありまして、20代後半辺りまでは…男が途切れた事がなかった。お付き合いしている男性と別れても、スタンバッて?おられた方がいた。。といいますか。(二股とかそういうの嫌いなので…お付き合い出来ませんよ、はっきりお断りしていました)が、別れるの待っていたかのように…アプローチしてくる男性の方がおられましたね。
捨てる神あれば…拾う神あり…って感じなのか。でも…捨てられた事は、ありません。
誕生日を無視した方だけは、有無言わず…即別れました。プレゼントが欲しかった訳でもなく、仏の顔も三度まで?日頃の積り募ってが爆発?記念日を忘れる人とは…先やっていけない…みたいなのが私の頭にきっとあったのでしょう。
それからワタクシ、彼氏居ない歴10年以上とか…普通になっちゃってますものね。。
これは幾らなんでも…あかんでしょう。。。って、自身に言い聞かせてみた(笑)


独りで老後…そういう人生送りたくない、そうじゃなくても棺桶に片足突っ込んだ(人生の半分?は終わっている)、一生に一度ウェディングドレス着てみたい、子供が産める体ならうみたい、愛する人と共にすごしたい。


人生は、一度キリですものね。


今年は…ちょっと気合いの入り方が違います…婚活。

出会いの場では…フットワーク軽く出来るように…婚活。

いつ誰が見ているか?わかりませんものね…化粧し少しでも小綺麗にしていないといけませんよね…婚活。

などなど。

二度…バレンタインデー…忘れもしない(笑)面白いエピソードがあるのですが、、其は又気が向いた時に(^q^)
題して…振られてからの…大逆転?要は…最後にはハッピーエンドにはなっているのですが。其処に辿り着くまでに、色々な難関や誤解があり(笑)ストレートに愛を告白しにいってた方が実は一番最短だった…というお話。
若い時の恋愛は…ロマンチック、コミカルなエピソードばかり♪ロマンティストだったのでしょう(笑)今でも半分 そうですけど(^q^)



去年女子から頂いた義理チョコ。
今時代は女性が男性にチョコと共に愛を告白をする、というより男女関係なく、同性にお渡ししたりする、時代であったりも?するみたいですね。
(私から先にお渡ししません、お返しは勿論していますが(^-^))




素敵なバレンタインデーをお過ごし下さいね☆



Spain

テーマ:
休日…音楽を数時間ゆっくり聴いた。

最近、Marleneさんの一番新しいであろう?アルバム「CUBIC MAGIC」を聴いていたりする。
jazzって普段聴きませんが…アルバム「What's New?」Spainを聴いた時からMarleneさんのファンに。
It's MAGIC、終わらないI Love You etc.遡り、殆どアルバム買い揃え…で、お金が苦しかった時期にBOOK・OFFに買い取りだしてしまいました。。。
女性歌手の方で、アルバム購入し揃えたのMarleneさんだけなのですが。

「こんな…歌の上手い人(Marleneさん フィリピン出身)日本にいるんだ…マジ 凄い~」
当時感激したの覚えています。でいて、声 、笑顔、素敵☆カッコいい、キュートetc.
で、やはり普段jazz聴かないのですが…Marleneさんの歌だけはどういう訳か聴いているのです。



Marleneさん「Spain」


平原綾香さん「Spain」
平原綾香さんと岡田治郎さん(Ba)のセッション、カッコいいッス♪


しばたはつみさん「Spain」
YouTubeという便利なモノがなければ、今の時代私のようなアナログ人間は、視聴する事が出来なかった事でしょう。


ホアンキン・ロドリーゴ作曲 アランフエス協奏曲第2章のイントロを用い、後チックコリアさんが作曲(Key)演奏の「Spain」
お酒を嗜みながら、演奏聴けたら…最高だろうな~♪な~んて、

タイムスリップ、1時間旅をしてきた気分です、素敵です☆





徒然日記「共感覚」

テーマ:
そういう事なのか。。さっきちょこっと面白そうな本を読んでいて、


「音楽を聴くと色が見える」現象

音だけではなく、例えば文字や数字、人に対して「色」を感じられる事を「共感覚」知覚現象、特に音に対して色を感じる知覚を「色聴」と呼ぶそうなのだが。。。

初めて体験したの…小中学生の頃だったかもしれない、、たぶん…クラシックというか…声楽を習っていた頃だったと思う。

音(メロディー)を聴いていても、見えない時は、うんともすんとも…色すら見えてこない(リアクションもでない)でも見える音を聴いた時って、先ず色が見え…抽象的に風景なんだか、情景なんだか 立体的なモノが見えてくる。

そういう時って滅多にありませんが…何かよく分からないけど、喜怒哀楽のハイではないのだろうけど…喜楽な気分になります。

音じゃないのだけど…真逆の時は…なんで?って位…見てられない。色が見え…例えるなら?エネルギーを持っていかれそうな…ネガティブ系サイト(自殺や週刊誌でもあるような?悪犯罪現場写真)映像とかもダメ。。吐き気や気分が悪くなり、拒否反応が体でおき、疲れる。。よって見ないように…一瞬にして閉じるようにしてます、人に対しても其が見えてしまう。。←同級生にも似たような女性がいて、なんなんだろうね…って学生時代話してた覚えがある、暫く会ってなかったのだけど…昨年末に同窓会があり25年振り?に再会し縁が繋がった(彼女はちょっと私にも理解し難い、目に見えない能力があり…持ってる力?が私より強く…以前変ちくりんな霊に私がとりつかれ?苦しいんでいた時に助けてくれた事がある…無意識に発信していたSOSなのか?彼女が寝夢でテレパシーを感じとり電話をしてきて除霊?要は…夢に私が現れたそうな、、昔から彼女と私は対象的で…私は単独行動が多かったタイプ、彼女には人が集まり集団行動が多かったタイプ。彼女の口癖は「ゆきから連絡くる方が…怖い(笑)来ないというのは平穏無事に過ごしているという事なのね…周囲もそういう風にあんたの事見てるから心配すんな(笑)」だとさ。。失礼な、、←それは冗談だけど(笑)私から意味なく連絡出来ない…って事か(笑)(笑)実はその逆で言葉交わさなくても「この人は…こういう人間なので=理解し合っている」という事。
再会を機に此処のURL教えたので、見ている事でしょう(^-^ゞきっと。
会っていなかったそれぞれの時間 全く違和感のない再会なのだ。

数日前も別な25年振り?同じ仲間内だった友達から連絡がきて私がいる筈のないどこさかの講演会場に、私と風貌が似たような方がおられたようで…何処にでもいそうな容姿なのだろう(笑)「あの時、会場に居なかった?声かけるか迷ったけど、声かけれなかったから電話してみた」と突然電話がきて、又ご縁が繋がった。又別な同級生は…寝夢に私が現れた時に…ビックリして何年か振りに突然連絡してくる人もいたりする。。私何もしていないし(>_<)逆にこっちがビックリ)↑学生時代趣味で音楽していた友達ばかり、又話それた(笑)


文字や数字としては、見えない。

人は何となく、見える。


微力ながら、共感覚なのだろうか。。。それとも霊感覚なのだろうか。別にどっちでもよいが…


なんなんだろう…って思ってた事があって、、でも何か1mm程度引っ掛かっていたモヤモヤが少しとれましたような気がします。


其れにしても…首のヘルニアが痛くて寝れない…参った。。頑張って寝よう(+.+)..zzZZ


徒然日記「映画」

テーマ:
先月も…映画観ました。

仕事帰り(喫茶店)に立ち寄る感覚で映画観に足を運びます。シネマ会員という事もあり、通常料金の約半分、数日前に席を予約(いつも大体決まった座席)
毎月3~10作品位…最新作は観ています。

現実逃避…特に何も考えたくない時程、その月の本数は上がり↑&邦画作品ばかり観てます。考える余裕がある時は、洋画に偏ります、不思議です。


映画館で観るようになったキッカケ。
田舎に住んでいた時、3LDKに独り暮らししていたのですが、1つは寝室、もう1つはトレーニングルーム(トレーニングマシーンや深夜のテレショップで購入したサンドバッグを置いて夜な夜な、腕立て、腹筋   キック&パンチしてました。因みに…ボディブローが得意でした(笑)趣味でのトレーニングでしたが、練習用マイグローブ…ジム遠征でトレーニングに来ていた世界チャンプ日本チャンプ方々のサイン入グローブを使用していましたが…練習し過ぎで私の保管が悪く…徐々にサインの色落ちカビ?臭くビリビリって破れたので捨ててしまいました、ごめんなさいm(__)m。。普通は…使わないで飾ったりしているのでしょうが…アホな私は…練習用に使用させて頂きました。当時のジムメイトだった日本ランカー、世界チャンプトレーナーと今でも交流ありますが、話を伺えば現在は若手の育成に力を注がれておられるようだ)で、もう1つをシアタールームにしていたのです。

80インチスクリーンを設置、プロジェクターから映写、知人から頂いたジャンク品のスピーカー(サンスイ)落ち着いた中低域の響きが私の中では魅力に感じられ 2つを修理し…1室を完全にミニシアターにしてしまったのです♪
今住んでいたいる所は、学生マンション1k半分物置小屋と化し(笑)テレビ置いていません。寝る場所確保するのに大変です(笑)でも…居心地悪くないです、住めば都。
ずっと映画をスクリーンで観ていたせいか…「非現実感」雰囲気、音響がやっぱり映画館でしか味わえない、あの独特な感じ…そして目を開けた時に視界に無駄なものが入ってこない、作品と一対一集中出来る空間が好きでついつい、足を運んでしまうのであります。


そうそう…映画と言えば、映画評論家の水野晴朗さんが昔、金曜ロードショーの最後締めセリフを言っていたのですが…3種類(評価わけ)されていたのですね!知りませんでした(^-^)

「いやぁー、映画って本当に素晴らしいものですね」

「いやぁー、映画って本当に良いものですね」

「いやぁー、映画って本当に面白いものですね」

今更ですが、ちょっとトリビア☆
トリビア…と言えば、タモリさんの空耳アワー…マニアック的ではありますが小ツボに入り好きなのです♪(笑)

因みに、私が初めて映画館でみた映画は…「トラック野郎」(^-^;
菅原文太さんと愛川欽也さん、春川ますみさんがご出演され、何シリーズか?みた覚えがありますが…何歳の頃だろう。。小学生の頃じゃなかったかな?違うかな?どうだったろ…。日活ロマンポルノではなかったのは確かです(笑)
そう、日活ロマンポルノといえば…私の中では、白川和子さん早乙女愛さん、美保純さん、可愛かずみさんetc.
当時映画館の前を通る度…「入りたいのに入れない~(×_×)」ポスターだけ、まじまじと眺めていた記憶があります。。
水戸黄門と言えば…かげろうお銀事、由美かおるさん。入浴シーンは世のお爺さんの元気の源↑由美さんのシーンは視聴率が上がると、昔何かの記事で見た事がありましたね、プロポーション維持出来るなんて素敵だな~って思います。最後に朝ドラ、とと姉ちゃんに出ていた木村多江さん。割烹着姿に関する問い合わせがNHKに殺到…昭和の割烹着 何でだろう…色気を感じます。
昔は11PM、トゥナイト、深夜のオールナイトニッポンetc.イヤホンしながら布団の中で視聴いていました(笑)面白い番組 一杯あったな。。。
「エロス」は私の中で、永遠のテーマ?違うか?何だろう…なので不適切な表現が無意識に一杯出てきそうなので此処では、触れません(笑)暴走止まらなくなると、一歩間違えれば…単なる下ネタですので♪プッぷぷ。。かなり前、暴走し過ぎて…アメブロ管理側からブログ削除された事が何度か(笑)(^q^)今時代…ある意味「表現の自由」はあらゆる所で規制されていますものね。。。


締めは日曜洋画劇場 淀川長治さん風に、「怖いですね~、恐ろしいですね~それではさよなら、さよなら、さよなら...
って事で(^-^ゞ






音楽のエトセトラ(長文)

テーマ:
"4分33秒"黙ってたら著作権料は発生する?JASRACに質問

楽器教室からの著作権料を徴収する方針を示した日本音楽著作権協会(JASRAC)。
SNSで反発意見が挙がる中、「4分33秒沈黙すると著作権料が発生するのか?」という話題が広がっています。ジョン・ケージという前衛音楽家が作曲した、演奏者が一切演奏せず4分33秒を無音のまま終わらせる「4分33秒」という楽曲に由来したもの。「4分33秒黙ってたら著作権料発生する?」 JASRACにド直球な質問をぶつけてみた。
「4分33秒黙っていたら著作権料が発生しますか?」との質問に、JASRACは「発生しません」と回答。普段の生活の中で沈黙する分には、著作権料が発生しない条件である「営利目的での演奏ではない」「観衆から料金を取らない」「演奏者に報酬が支払われない」の3つを満たすためだといいます。


先日、白浜氏のブログにも書いてあったのですが…JASRAC…私のような頭(おつむの弱い)人間には…仕組みや理屈等わかりにくくて。。

JASRAC…私もお金納めていた事はあるのですが。
飲み屋さんを営んでいた時に、カラオケ機器を設置していましたので…払っていました。

上京した時に、某テレビ局の派遣社員をしていた事があり(編成局)JASRACに提出する、二次使用料の書類を担当していましたが…

それでも…良くわからなかったです。。


で、話は一旦飛びますが…


1969年に大ヒットした「時には母のない子のように」などで知られる歌手カルメン・マキさんのツイートを発端として、カバー楽曲の取り扱いをめぐる議論が、ネットで話題になっている。カルメン・マキさんが歌った「ノイジー・ベイビー」(作詞作曲・クニ河内)を、ロックバンド「キノコホテル」がカバーしてCDに収録した際に、事前確認や見本盤の送付がなかったとして、怒りをあらわにしたのだ。
カルメン・マキさんは、6月上旬に投稿したツイートで「音楽家が他人の曲をカバーする時には普通、相手の了解を得るものです。外国曲や面識のない相手なら所属事務所や組織、個人マネージャー、親しい者同士でも相手の承諾を得るのがルールです」と指摘した。
カバー曲の制作関係者はツイッターで、作詞作曲したクニ河内さんに許諾を得ていることを説明し、カルメン・マキさんに見本盤を送っていなかったことを謝罪した。一方、キノコホテルのボーカル・マリアンヌ東雲さんはツイッターで「歌い手の方が何やら今更騒いでらっしゃる模様なので、もう二度と演らないと決めました。面倒臭いから」と批判。この騒動を見たネットユーザーから、カルメン・マキさんを「老害」と呼ぶ声もあがり、注目を集めた。

「ノイジー・ベイビー」を作詞・作曲したわけではないカルメン・マキさんに対して、「マキの個人的な感情にすぎない」という批判の声も少なくない。その一方で、「その歌手のために書かなければ存在しなかった楽曲は無数にある」「(演奏者や歌い手に)敬意を払わなければ豊かなカバーって成り立たないのでは」など、理解を示す声もあった。

一般論として、他人の楽曲をカバーすることにどういった問題があるのだろうか。歌い手は、自分が歌った曲を勝手にカバーされて、それが自分の意に沿わないものだったとしても、何も主張することはできないのだろうか。著作権の問題にくわしい桑野雄一郎弁護士に聞いた。

●何らかの「敬意の表明」はあったほうがよい

「楽曲のカバーには、原曲の『著作権法上の権利者』の許可が必要です。

実務的には、作詞家や作曲家などの著作権者が楽曲の著作権を信託しているJASRACから許可を得ていることが多いようですが、カバーに伴うアレンジの変更については、編曲権や同一性保持権などJASRACの管理外の権利が関係する場合もあります。
有名な合唱曲『大地讃頌(だいちさんしょう)』をJASRACの許可を得てJAZZバージョンにしたことが、作曲家との訴訟に発展した例もあります。できれば、作曲家等からも許可を取るほうがよいと思います」

歌い手との関係は、どう考えればよいだろうか。

「歌い手は、著作権法では楽曲の伝達者(実演家)で、自分の歌声に対する権利(著作隣接権)はありますが、楽曲に対する権利はありません。
ですから、原曲の歌声を使わないカバーには、歌い手の許可は必要ありません」
法律上は、作曲者や作詞家の許可を得ていれば、カバー作品を作ることができるというわけだ。
「ただ、作品の中には、ある歌い手のために作曲された楽曲、あるダンサーのために作られたダンスなど、その実演家がいなければ存在しなかった作品や、創作過程に実演家が深く関わっている作品もあります。
カバーに際しては、法的な権利はなくても、一言挨拶をするなど、原曲の歌い手に対する何らかの敬意の表明はあったほうがよいと思います。カバー曲を歌うほうも同じ実演家なのですから」

桑野弁護士はこのように述べていた。

(7月1日17時30分追記)

なお、今回の件について、制作関係者はツイッターで、カルメン・マキさんに対して、事前にあいさつをして、「今度カバーさせていただきます」と告げていたことを説明し、カルメン・マキさんも「思い出しました」とツイッターで返答している。


転写し、長くなってしまいましたが…、


時効だから書きますが(笑)って、別に悪い事をしていないから時効でもないのか。

昔田舎で少し活動していた時の話ですが、ステージで歌を歌っていた事があり。
それも、ライブハウスや一般の方々お客様のステージではなく、福祉施設や障害者施設を中心に歌う…歌い手として。
正確には…一般の方々の前で2度歌った事があるのですが、反応がなく?余り良い反応を得られなかった。施設等で歌った時に反響があり、施設を中心に活動していました。

その時にイベント会社を経由した、ステージに立たせて頂いた事があるのですね。

主催者側から詳細書いてくださいとの事で、曲目や作詞、作曲者名その時書いたのですが。

↑JASRACに提出用。


やっぱり…良くわからな~い。。


えっ…書くんだ。。私はシンガーソングライターではありませんので、カバーなのですが、、
これは…作詞家、作曲者の方に「歌ってもよろしいでしょうか?」と、一言あった方が良いのかな?と思い…持ち曲が少なかった…3曲位?、趣味で歌っていた訳ではないので、依頼があり場に応じた楽曲をステージでは3曲の中から1曲onlyの歌い手(自身から見て良い曲で、心から伝えたい歌いたいと思え&歌詞とメロディー、歌唱(レベル)のバランスが等しく、声質、音域にマッチし、曲に見せ場があり、その見せ場で自身が最も良く映る?曲や…後は真逆なタイプの曲。。しか選曲しない)私のような人間にとって「選曲は最も重要」ボーカリストは華。バンドの場合、バックが前に出るのではなく、ボーカリストがバックを引っ張っていく。ボーカリストも楽器の1つ。それぞれのソロ 見せ場で各パートが個人の実力をアピールすれば良い。楽器隊の方が曲により抑揚がついていかない、のっていないのは…ボーカリストや全体を見ていない、自分しかみていない…ついていけるレベルにない、余裕がない、楽曲を理解していない。。より勝る気持ちが先ずない。バックがボーカリストの足を引っ張るのは…尚の事悪い(特にバンドは、ドラムとベースのバランスに注意し聴くのですが、リズム隊がバラバラだと…ちょっと…って感じ…優秀なプレーヤーが1人居たとしてもカバーしきれない…全体のバランスが悪く聴こえる)逆に、各パート確立された方々の演奏は…↑音色が心地好いです、例えるなら…音同士でセックスしている感じ(私も今まで音合わせし、2人 そういう感覚経験した事があります)そして…いつ音 同士 前戯…いや違う(笑)。。セッションが始まってもおかしくない…聴いていてワクワクもします。アドリブ ベテランミュージシャンの方々はライブ等披露されます、場のフィーリング、モチベーションetc.CDでは得られない…音のパフォーマンスも出てきます(本来そういうテクニックや力量がある方でも、稀にセッションメンバーや環境 状況により披露出来ずに終わってしまう事もあります…そのようなライブを見る程、悲しい事はありません)ベテラン方々の演奏は…「お金を払って」も観賞した方が良いと思います、1回ではなく何回か色々な角度から観ると面白いですよ、特に音楽の道を目指されている若い方々にはお勧めです。
話脱線しましたが、私のようなヘタレはバック主体や自身の意思じゃない曲は、持っている力の半分も出せない。だから、アマチュアなんです。
場と楽曲のバランス…福祉慰問系を志願されるミュージシャンの方で最も嫌がられるのは…相手主体(オーディエンス)ではなく…「私(僕)の歌を聞いてくれ~!」第一に「依頼(聴き手)や主旨」を無視するタイプ、そういう方々は活動の場が「別」
「耳を傾け聴いてくださり、ありがとうございます」こういった活動の場では(相手が主体)←求められるのはこっちなのです。


一番大切に多く歌っていた楽曲の音楽家の方に、

「素敵な楽曲なので、沢山の方々に聞いて頂きたいし歌いたいのです、依頼使用場所(曲を披露する場所)福祉 障害者施設や結婚式なのですが、歌ってもよろしいでしょうか?」
と、作曲家(音楽プロデューサー)の方にデモ音源と↑一言添えて送ったんです。聞くに耐え難い歌にも関わらず…お返事が来まして、聴いた感想(アドバイスが添えてあり←其だけでも「有難い事」なのです。プロの方からみたアドバイスは…今の自身に不足しているモノやをより良い方向に近づける道標…デモを視聴して頂き「お礼」すら言えないアマチュアミュージシャンは…礼儀作法から学んだ方が良いと思います。生業にされている音楽家・プロデューサーの方は、基本 そんな暇じゃない…曲を視聴下さる為にわざわざ自分のお時間を割いて下さっているという事)
「良いですよ!」私の音域に合いそうな音源2パターン、ピアノ(キーボード)弾き語りカラオケ音源MDを作成しプレゼントくださったのです。
JASRACに登録されている楽曲で、某女性歌手の代表曲でもあり、↑個人のCD制作の意図等は全くもってありませんでしたし、メジャーアーティストの方に楽曲提供されている方ですので、頂いたMD取り扱いに注意し、有り難く大切に使用させて頂きました。


良い物(作品)、自身の歌に耳を傾け必要としてくれる方が1人でもいるのなら、心を込めて歌いたい、伝えたい…歌い継ぎたい、その想いだけだったのです。


人の楽曲を使用するという事は、作者に対しての礼儀であり、敬意、了解を得る事が筋なのか…何も解らなかったので、そういう行動に出てしまったのです(×_×)
その後、遠慮なくその音源で施設を回る時使用させて頂きました。巡り巡って、某女性歌手の音楽プロデューサーの方からも「頑張ってくださいね」とお声をかけて頂けるようになりました。

一般的に、人の曲を歌うのに…度に許可とっていたらキリがないですよね(笑)(笑)(笑)
はっ?みたいな事しちゃっていたのですね…今 思い出すと恥ずかしい、、けど、、、その時ちゃんと筋通さんといけないよね…自問自答があり、気持ちの方が先だったのでm(__)m大人の対処して頂き、先輩に感謝です。



白浜氏との出会い。
当時白浜氏が組んでおられたバンド、メンバー方々のご紹介で、初めて見たのはコンサート。
「あっ、ジョン・レノン?」に見えたのです。ギターと身体が一体化してみえ…音楽をする為に生まれてきた方だ…。
(見えるんです…音楽をする為この世に生まれた方…楽器をされる方は体と一体化して見え、ステージに上がった時のオーラに…違いがあるのが見えるのです)上京してからは、そういう霊的ものが見えなくなってしまいましたが。
初対面の時挨拶で、片手を出し握手してくださいました。
「カッコいい…」←そういう挨拶をしてくださった大人の方は、初めてで新鮮でした。

それから又暫し田舎で活動しておりましたが…、田舎で音楽していても、出会う人出会う人…メジャーミュージシャンのサポートミュージシャンやメジャーデビューを経験し田舎にUターンそういう方々ばかりでした、言葉にし語らずとも…経験ゆえ…伝わるものを感じました、苦悩、喜びetc.…色々な事があっても何より音楽が好きなんだ…。私のようなアマチュアに対しても、対等目線 個人を否定する方は居なかった。何故か不思議とアマチュアの方は近寄って来なかった。。近寄ってきても、常に上から目線…酷評していく方々がざらだった。

何を血迷ったのか…プロ 音楽の世界に関わりたい。突如上京、白浜氏の音楽の門を叩きました、、先の事?明日の生活?そんな事より…気持ちというか…情熱の方が勝っていたのだと思います。単なる…アホです(笑)上京から数年…母親にも、言えませんでした。周囲は年齢的にUターンしている中、安定を捨て…先の見えない世界にいい年して…真逆の道を歩み初めてしまった訳ですから。。
アマチュアの世界からきた人間やし…雑用、荷物運びetc.やらせて頂けるならすすんでやりたい…と志願し(一昔の芸人?演歌?ボーヤ見習い、付き人etc.ニュアンス的にその方がイメージわきますでしょうか…からのスタート)一つ一つ仕事を覚えていきました。
音楽の世界知りたい、白浜氏の音楽世界観、どうしたらそういう大人になれるのだろうetc.…全てが興味と学びでした。
初めは評論家の方と思っていたので、白浜氏の音楽経歴や音楽、コンサートを見るまで知りませんでした。でも逆に知らなかった事が私の場合は良かったのです。先の音源の時もそうでしたが…素敵な曲だな…JASRAC云々解らなく、歌ってみたい、練習してみたい…伝えたいetc.思いだけでコンタクトしてました。何十年前の作品で、当時ヒットされた、されない。。そういう事も知りませんでした。其から作者ご自身が当時の音源をアレンジし、約1年後位にリメイクCDリリース、実力派有名女性歌手の方がCD化しリリースされました。

先入観や偏りな思考があったのなら、そういう行動や言動は出来なかったと思います。

良いもの(作品)は、良いのです。


会社で例えるなら上司でしょうか。。
音楽事務所…白浜氏はアーティスト、今私はマネージャーです。
対等な意見でお話をさせて頂く事あります。でも初めの頃は…私…ビビりで思っている事の半分以上話せない時期もありました。。月日と共に徐々にお話が出来るようになりました。音楽家である以前に…人として尊敬出来る方の元でお仕事させて頂く機会に恵まれ、感謝しております、お仕事ご一緒時緊張感は常にありますが(^-^)
それまでの私の音楽・過去の交友関係は自身の意思で停止、第二の人生をスタートし…現在に至ります。


詩や曲を作られる方、楽器を演奏される方 のような、そういった才能を持ち合わせていなかったので…楽曲に対する捉え方が初めからずれていたのかもしれません。
鶏みたいにポンポン作品が生まれる訳ないじゃい。才能を託された…一握りの方々だけに与えられた能力。


私のような人間は、楽曲(作品)というものに対し、敬意が…あります。

カルメンマキさんの気持ち…上手く言葉に出来ないけど…わかるような気がしますね…。

「めんどくさい」の一言は…その人達にとっては、それまでの楽曲だったんだと思いますし。

心から、その曲を歌いたい!と思ったら…当時音楽業界の事知らずゆえ…とは言え…、ずれたアクションをしてしまったかもしれませんが、「めんどくさい」の一言では片付けない、違うアクションが出ていますもの。
そもそもそういうやり取りをTwitterでするのもどうかな…と感じますが。
「思い出しました」という展開だとしても、こういう状況で「めんどくさい」と先に言ってしまった以上、気まずいですよね…。



しっかし…JASRAC…複雑過ぎて、私のような人間でも、解りやすい説明書みたいなのがあると良いのですけどね(^-^)










女子会

テーマ:
昨夜は、年下の可愛いLady達と3人で女子会&カラオケ♪

私より?一回り以上下(20代中~後半)のお友達(^-^)

たまにお茶、ご飯ご一緒したりするのだけど、で…今回はカラオケに。

いやぁ~、今のお若い方 カラオケ お上手です!例えるなら…ボーカル教室に通っていたなら、講師の方がそういう教え方をするのかな~、と感じる位の個性はないけど、素直 歌い癖がないので聴きやすい感じ、兎に角上手い♪彼女達はほぼJ-POP世代やし、自分から外のジャンル等視野を広げてみない限り、何を歌っても全部同じに聴こえっちゃうのは…わかる気が。。例えるなら?世の中にMay Jさんが沢山いる感じ?とか言っても…私も外国の音楽馴染みないし、メロディーは頭に入ってくるけど…言葉が頭に入りません。歌謡曲や演歌は入ってくるけど(笑)
私のようなひねくれ者は、いかに原曲を崩し(料理)?自身が感じた世界観に変えていくか?に楽しいみを見出だす人間なので…って言いますか、逆に彼女達のような歌い方が出来ない…といった方が正しい(T_T)
癖のある歌い方基、限りなく自身は一番音痴に聞こえました(笑)そういった意味で笑えないほど、悲しくなります(泣笑)

ラブソング(男と女をテーマにした楽曲が特に好きなのですが)
例えるなら?倖田來未さんのバラード(綺麗な旋律、壮大でセツナイ 素敵な楽曲多いのだけど…感情が自然にのってしまう…)知らない方がその曲を聴いた時に、倖田來未さんの曲?と聴こえないようにアレンジして歌うのを心掛けている…みたいな。

初めは遊びながら3人で歌っていたけど、段々と自分の世界で歌を歌っている私の姿を見て(笑)
彼女達も本気モードが出てきたのか?最後は、マイク無しで一人の子は歌っていましたね♪
「自分でも、最後の方は声が出ているの実感しました(^-^)嬉しいかった、ゆきさん楽しいかったです、又、カラオケ一緒に行きましょうね♪」と別れてからメール頂きました、其は良かったなり。



携帯の画像加工アプリとか本当に詳しくて、教えて貰ったりしています☆


「ゆきさん、一緒に写真撮りましょうよ~」との事で、写真苦手な私…取り敢えずパチリ。


で、其処からが…彼女達のアドバイスをうけながら画像加工(笑)


ベースの画像をちょっといじり、

そして又いじり

更にいじり

原形…ほぼ、有りません(笑)


巷の若い女子達、SNSやネット閲覧しますと写真慣れしていると言いますか、画像加工処理含め…可愛い綺麗に写られている方、本当に多いですよね♪

おばさん…いゃいゃ…お姉さん(笑)お勉強になります。

そんなこんなで、たまの息抜き、楽しい夜でした♪



回し蹴り

テーマ:

男性保育士、4歳男児に回し蹴りか…市が処分を検討

読売新聞(ヨミドクター) 2/1(水) 11:47配信

「大津市子育て総合支援センターゆめっこ」の20歳代の男性保育士が、雪遊びをしていた男児(4)の背中を足で蹴る暴行を加えていたことが、市への取材で分かった。男児にけがはなかったが、市は男性保育士を自宅謹慎とし、処分を検討している。

市によると、男性保育士は1月19日午前11時30分頃、毎週開かれている発達支援療育事業の一環で、他の保育士3人と幼児9人を連れて市内の琵琶湖岸の公園で雪遊びを開始。

この際、男児が投げた雪玉が顔に当たったため、男児の前から右足で回し蹴りをしたという。男児が前に倒れ込んで泣き出したため、その場で抱きかかえて謝った。
男性保育士は20日に上司に報告。保護者に謝罪した。市に対し、男性保育士は「してはいけないことをした。深く反省している」と話している。普段の勤務態度に問題はなかったという。
市子ども家庭課は「あってはならないこと。再発防止に努める」としている。



偶々…こんなニュースが目に入ったのですが。。
大人げない…とはわかっていても、カァ~…っとなってしまった、男性保育士の気持ち察するな~…。

雪玉が当たったら普通に痛いって。

でも、子供も悪気はなかっただろうし…

ニュースになってしまう時代なんだものね…、他に取り上げる話題沢山あるでしょう?と感じてしまうのだが。。

タイトル…回し蹴りか…。「か」って何?
回し蹴り…で、タイトル終わらない所が、とってつけでニュースにしたみたいな感じ。。



小学生時代、フットベースボールの練習が終わり帰宅途中、チームメンバーの投げたボールが、空を舞い…偶然私の頭に的中し(笑)勢い余って前に倒れ左腕骨折した事があったのだけど、、頭にくるより痛くて立てなかったな…、夜 投げた子と親(お母さん)が謝罪してきたけど…悪気ないじゃん?
私もボケっとしていたし、それにしても距離あったし、◎◯△ちゃんの投げた玉、確率的にアタルなんて凄くない?ハッハッハ~(笑)とか言って、責めなかったけどね。
キャプテンで4番打だったから…後に監督さんとかメンバー編成てこずってたみたいだけど。。
ベンチで出来る事他にあるしな~…って、頭を切り替え…怪我の為出場出来なかったが。あの時もし?その子を私が罵っていたらチームのメンバー達彼女を責めていたかもしれない、そうじゃなくてもプレッシャーあっただろうに。。って。



全国版で取り上げる程、話を大きくするような話題なのだろうか?わからない。
一昨年出ていたニュースで…娘を監禁、煙草の火押し付け、金魚の死骸30匹食べさせていた虐待家庭…こっちのニュースの方を問題視取り上げるべきなんじゃなかろうか…って。
まぁ、人其々価値観様々やし…一意見として感じた事だけど。



今まで経験したアルバイトの中で、一番楽しいかったバイト。


遊園地の着ぐるみ(*^^*)


夏場、熊の着ぐるみ着て 子供と握手したり、抱っこしたり記念撮影するのだけど。


いるんだよ。


ライダーキックや体当たりしてくる、男の子供が。
中に女性が入っていると思わないので(笑)渾身の力を込めてアタックしてくるの。

そうじゃなくても、夏場の着ぐるみ…って、凄いダイエット効果?そうじゃなくて…立ってるだけでも汗だく朦朧としてくる時あるの。。
そんな苦労も知らないで…子供が向かってくる訳。
内心は、女の子おいで、女の子☆蹴ったり、叩いたりしてこないから(笑)


ライダーキックで、よろけて倒れそうになり、思わず「イテー!」声が出た時があり、今度は別な男の子が後ろから体当たり…こけて頭がポロって取れた事があったのよ、一度だけ(頭が本当に重いのよ、熊の頭が)意図的に、頭外した訳ではないの、とれちゃったの(笑)
子供の夢を壊しちゃいけないじゃない(^-^)

外れちゃったものは…まぁ、しゃ~ないわね☆


保育士さんの気持ちわかるよ~…、私も身軽だったらわからないよね(笑)
でも、回し蹴りするどころか…着ぐるみ装着していると、そう簡単には立てなかったから、追いかける前に子供はその場にいないのよ(T_T)


「あっ…女?おんなじゃん!…わぁー~…ごめんなさい~」
その子達、叫びながら走って逃げて行きましたけど(笑)(笑)


その子達も、今はいい大人になってるでしょうし、
女の子に優しく接する事が出来る大人になっていると良いですけどね♪♪

機会がありましたら、着ぐるみバイト♪又やってみたいですね☆


ふとっ…↑のニュースを読んでいたら、昔の出来事を思い出してしまいました(笑)