自閉っ子・駿平の、そんなバナナ~!!な話ww

テーマ:

 

駿平はバナナバナナが嫌いです。

 

 

 

5年生になる時に引き取ってから間もなく、

バナナを絶対食べない駿平に

何とかして食べさせようと思って

バナナクッキーを焼いてあげたら

それは気に入ったらしく、

それから

バナナを剥いては私に差し出してくるようになりましたゲッソリ

 

 

 

バナナクッキーを焼け

 

 

って意味で、です顔に縦線

 

 

 

 

「今は作っている時間がないから

剥いたのは自分でちゃんと食べて」

 

 

と言って食べさせようとすると大泣きして絶対食べませんえーん

 

 

ガミガミ叱ると

 

 

「ごめんなしゃーいえーん ごめんなしゃーいえーん

 

 

と顔を梅干しみたいに真っ赤でしわくちゃにさせながら

それでも絶対食べたくない、と主張します。

 

 

バナナなんて、皮を剥いたら速攻食べるなり調理するなりしないとダメなのに

どうしたって絶対食べてくれないのです。

 

 

仕方ないのでまたバナナクッキーを焼くしかありませんでしたガーン

 

 

 

 

 

そんなことを本当に毎日繰り返していくうちに

バナナを常備するのをやめてしまいました。

 

 

「ごめんなしゃーいえーん ごめんなしゃーいえーん

 

って、

 

あんたホントにごめんなさいって意味わかってて使ってるの?むかっ

 

 

ってな話ですムキー

 

 

 

 

 

 

だから

 

駿平はバナナバナナが嫌いです。

 

 

 

 

もうそれが 結論 でいいじゃないか。

 

バナナが食べれないからって死んだりはしないわけだしね。

 

 

 

 

 

・・・・それなのに!!!!

 

 

 

6年ぶりに帰ってきた旦那様は

毎朝バナナを食べたいと言います。

 

 

さすがに20歳になった駿平は

もうバナナを見つけたら勝手に剥いて

バナナクッキーを焼けアピールはしなくなっていました。

 

 

 

ホッ。

 

 

 

 

そんなわけで旦那様だけが毎朝バナナを食べていたのですが、

ある日、「広告の品」のお買い得なバナナを買って行くと

在庫もまだまだあるから必要なかったのに、と

旦那様、ちょっと困っていました。

 

 

 

私は熟したバナナが好きなので

その広告の品のバナナを食べるころには

ちょうどいい感じに熟してそう、と

それなりに計算して買って帰ったんです。

 

でも旦那様は、なるべく青々とした、

ちょっと酸味が強いくらいのバナナでなきゃ嫌なんですって~苦笑

 

 

 

そんなわけで黒くなる前に早く処分したい旦那様は

私と、そして駿平にも

一本ずつ食べて、と言ってバナナを差し出してきました。

 

 

 

「駿平はバナナ嫌いだから食べないよ」

 

と私が言うと

 

「剥いちゃって食べないなら俺が食べるからいいよキャハハ☆

 

 

と旦那様。

 

 

 

そうね、ホントそうしてちょうだい。

 

 

 

私にしたら、駿平とバナナを関わらせるのも嫌なんです。

 

毎日根負けしてバナナクッキーを焼いていたあの頃を思い出してしまうから。

 

 

あの、

 

「ごめんなしゃーいえーん ごめんなしゃーいえーん

 

と口先だけの謝罪も、

どうしても食べたくないと大泣きしていた顔も思い出してしまうから。

 

 

 

 

 

そして駿平、手渡されたバナナを剥き始めました。

 

 

 

どうするのかな?

 

 

 

と思って見ていると、

 

 

普通に一本食べきりましたお~

 

 

 

 

 

 

おー!!!

 

 

 

いつの間にかバナナ嫌いを克服していたようですびっくり

 

 

よかったよかった。

 

 

めでたしめでたし爆 笑

 

 

 

 

 

・・・・で、今日のブログは終りませんよっっ!!!

 

 

 

 

 

翌朝、私と駿平が消化したおかげで

ほぼ通常モードの在庫数に戻ったので

旦那様はいつものように一人でバナナを食べていました。

 

 

 

 

すると斜め前の席から じーーーーっ目 っとその食べる様子を見ている駿平。

 

 

 

「食べる?にひひ

 

 

 

と旦那様が聞くと

 

 

「食ベル!!!」

 

 

と言って

待ってましたとばかりに駿平がバナナに手を伸ばします。

 

 

 

「食べないって!

ただのオウム返しだから~ガーン

 

 

と言ってやめさせようとしたものの、

旦那様に一本新しいバナナを手渡されると

 

嬉しそうにぺろりと食べやがった!!!!

 

 

 

 

 

もうホントびっくり~爆 笑

 

 

一本食べてみたら実はおいしいことがわかり、

すっかり気に入っちゃったのかしらね~?

 

克服できて良かったね、駿平ニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

・・・・で、今日のブログは終りませんよっっ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてなんとそれからは毎朝、

自らバナナを房から2本取って

自分と旦那様のテーブルにそれを置くのがすっかり習慣になっています!!

 

 

 

勧められてもいないのに、

最初からちゃっかり食べる気満々!!!

 

 

 

あんたバナナあんなに嫌ってたじゃなのーっっっ!!!!

 

 


あの、毎日バナナクッキーを焼かされていた日々は

一体なんだったんでしょう?笑い泣き

 

 

 

 

 

しかも今朝なんかはなんと

 

 

自分のテーブルにしかバナナ置きませんでした滝汗

 

 

 

 

・・・・駿平クーンガクリ

 

 

 

 

こいつ、もしバナナが 最後の一本 しか残っていなかったら

ためらうことなく自分が食べるんだろうなびっくり

 

 

 

 

ま、バナナは健康にも良さそうなので

克服して食べられるようになって何よりなんですけどねakn

 

 

 

 

 

おまけ♪

 

 

今日のランチww

 

 

孔府家宴 

 

IMG_20160523_211436645.jpg

 

アサリ炒飯とスープとザーサイ。

 

 

850円のところ、ランチパスポート提示して500円に爆 笑

 

 

仕事の先輩と、昼休みに2人で行きました~ニコニコ

 

 

炒飯は家で作って食べるのと

外で食べるものは

やっぱり全然違いますねてへぺろ

 

 

 

 

 

克服どころかすっかりハマってしまったとは!と呆れたあなたはぽちっとな~グッド!

にほんブログ村

にほんブログ村


自閉症児育児 ブログランキングへ


ステップファミリー ブログランキングへ

AD