yukihiroのブログ

松圃虎舞のイロイロです。
宮城県気仙沼市唐桑町
梯子虎舞・権現舞
酒が入るとちゃんと記憶に残らないんで(笑)


テーマ:
お正月となると、獅子舞が各家々をまわって舞い、厄払いをして歩く風景がよくテレビで放映されます。

私たちが生まれる前には、私たちの虎も同じようなことをしていたそうです。

口上があって、舞って、ご祝儀を頂戴して。

その口上を述べていたのは私の祖父だったそうです。
その時に使っていた太鼓が家にあります。
小さな、馬の皮の張られた太鼓です。

権現舞の意味合いを持っていた証拠です。

今は正月に家々を回って練り歩くことはしていません。

できるのであれば楽しいのでしょうが、2日・3日は大忙しな土地柄なので、ちょと実現不可能ですね~。






Android携帯からの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
12月11日
震災から9ヵ月。

虎舞の仲間の葬儀が行われました。

たった1人。生存を果たせなかった、大事な大事な仲間。


今年、出演の度に思っていました。

笛と太鼓の音を聴き、梯子の上で舞う虎の、人には聞こえない咆哮を聴き、亡骸が、御霊が、魂が、帰りを待つ家族のもとへ1日も早く帰ってきて欲しい。と。

虎舞は鎮魂の意味合いを強く持つ舞いではないけれど、願わずに舞うことはできませんでした。

ただ、虎が千里を馳せ千里を戻ると言われ崇められてきたのであれば、今年のように祈りを込めて舞うことも「あり」なんじゃないかと、個人的に思うワケです。

今年は3度、梯子を架けました。
3度とも、海へ向けて梯子を架けました。

同じ気仙沼市内、浪板・明戸の虎舞さんも活動していたこの年、何を思い、舞ったのでしょう。

岩手県釜石では虎舞フェスティバルがあったと聞きます。
何を思い、舞ったのでしょう。

きっと、思いは同じなんです。

私たちが舞ったから、無事でいられる保証ができるわけじゃないです。
何もできません。

強く祈ること。願うこと。
それしかできないけれど、それを忘れてはならないと、それこそが大事なんだと思います。

Android携帯からの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
遠東記

http://blog.canpan.info/entoki/

震災後、早々に唐桑へやってきてくれたKくんのHPです。

彼の活動と、現在の唐桑。
少しずつですが、載せてくれています。

KECKARAというフリーペーパーを作ってくれているのも彼です。

是非是非、ご覧いただきたくお願い申し上げます。





Android携帯からの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。