法律でメシを食う30歳のブログ~露木幸彦・公式ブログ~

1980年生。国学院大学卒。行政書士・FP。金融機関では住宅ローンのトップセールス。離婚に特化し開業。年間相談件数は1,500超。離婚サポートnetの会員は1万人と日本最大。マスコミ掲載多数。読売、朝日、日経各新聞、テレビ朝日「スーパーJチャンネル」等。

露木幸彦の最新著書です(一部です。オススメだけ絞っています)

  ~世界で1つだけの本を目指して~



わずか1ヶ月で1万部突破  

「婚活貧乏~結婚してはいけない人を避ける方法」

(中央公論)  2010年6月発売                 

$法律でメシを食う30歳のブログ~露木幸彦・公式ブログ~-本2         


増刷7回、離婚本で異例のロングセラー         

「男のための最強離婚術」

(メタモル出版)2007年12月発売       
$法律でメシを食う30歳のブログ~露木幸彦・公式ブログ~-サンプル4         

朝日新聞電子版のアクセス1位の連載を書籍化   

「イマドキの不倫事情と離婚」 

(祥伝社)2014年7月発売           




表紙

   


1 26年7月~日本経済新聞・電子版で「男と女のマネー学」という連載を執筆しています。
詳細はこちら

1 10秒でOK!LINEで友達登録すれば10%オフ企画。詳細はこちら


テーマ:

平日はなかなか時間が取れず、日々の仕事で終わってしまいますね。
露木行政書士事務所・露木幸彦と申します。

 

先週は仕事でトラブル続きだったのですが、まぁ特別な週だったと思いたいです。

 

街中

 

 

さて、ここからが本題です。

 


「もし僕がいなかったら、母さんは父さんと、
とっくに離婚していただろうな」

 

子供の頃のことを今、振り返ってみて、
そんなふうに思ったことはないでしょうか?
もし、あなたが40代なら、両親は60代くらいでしょうか。

 

例えば、育児の悩みを相談しようにも、
父が「お前がやっとけ!」と逆ギレされたり、
父の携帯電話のなかに裸の女性と一緒に映っている写真
発見したり、騒音トラブルがもとで父がお隣さんを殴ってしまい、
引越しを余儀なくされたり・・・

 

悩む男性2

 


今までは何があってもぐっと我慢して、
あえて何も言わず、とにかく耐え忍ぶ。

 


これらのエピソードはあくまで一例ですが、
そんな母親の姿を、背中を、
そして涙を目の当たりにしたことはないでしょうか?

 


心あたりがある人とって、それは1度や2度ではないでしょう。

それなのに母親が『離婚』の二文字を行動に移さなかったのは、
なぜでしょうか?

 

やはり「子はかすがい」なのでしょう。世間体が悪い、
経済的に不安だ、そして「あんな夫でも、子供にとって
父親なのだから」
という情けです。

 

女性①

 


しかし、今はどうでしょうか?子供は大人になり、
すでに立派に成長し、安定した収入を得て、
新しい家庭を築いているのなら、
もはや「子供のため」だけに、これ以上、
苦虫を噛み潰し続ける理由がどこにあるでしょう。

 


実際のところ、厚生労働省(人口動態統計)によると、
離婚した夫婦のうち、同居期間20年から25年のケースは
昭和50年にはわずか4,050組でしたが、
平成25年には17,405組に達しているようです。


ここに該当するのは子育てを終えた夫婦が多いでしょうが、
38年間で約4倍に膨れ上がっているのが現状です。

これがいわゆる「卒婚」ですが、あなたはお母さんの卒婚を
応援できますか?

 

祝10周年企画!10年間の離婚ノウハウすべてを2時間で学べる最新マニュアル
詳細・お申込はこちら(1分で入力可)
http://www.tuyuki-office.jp/10nen-02.html

 

書類


あなたが突然、こんなふうに打ち明けられても不思議ではないのです。

「実は・・・お父さんと別れたいと思っているのよ。
あんたはどう思う?もちろん、あんたはお母さんの味方よね。」
と。

 

そして母親の老い先は短く、残された人生はせいぜい
10年そこそこですし、いつまで元気でいられるか分かりません。


だから、人生の岐路において今度は「夫のため」
「子供のため」
ではなく「自分のため」に選んだとしても
決して贅沢ではないでしょう。


例えば、老後の生活を誰とどのように暮らしていくのか・・・
夫?1人?それとも夫以外の彼?!

 

計算

 


同じく厚生労働省(人口動態統計)によると、
離婚した夫婦のうち、同居期間35年以上のケースは
昭和50年にはわずか300組でしたが、平成25年には6,107組に
達しているようです。

 

ここに該当するのは夫が定年退職する前後の夫婦が
多いでしょうが、38年間で約20倍に膨れ上がっているだから、
「残りの人生、誰と過ごすのか」という問いに
「とにかく夫だけは嫌!」と答える妻がこんなに
増えているのです。


最後の瞬間を「自分らしく」迎えたいという気持ちは
「終活」に似ていますが、あなたはお母さんの熟年離婚という
「終活」
に協力できますか?

 

<家族構成>
藤谷勇(78歳)年金受給者
藤谷美智子(76歳)専業主婦
藤谷圭介(46歳)勇・美智子夫婦の長男(一人息子)会社員で妻と娘(15歳)の3人家族。

 

老夫婦

 

前回までは私のところに来た相談実例をもとに、
父親(勇さん、78歳)が入院中に息子(圭介さん、46歳)が
母親(美智子さん、76歳)を連れ出し、
2人で具体的な離婚の条件を詰めたところまで息子目線で紹介しました。

 

具体的には離婚から6年目で
「離婚しない場合の生活費<離婚する場合の年金」になるので、
生活費ではなく年金を請求すること、妻の墓や実家の遺産を
渡したくないので、夫の財産を請求しない代わりに
早く離婚を成立させること、などですが、
勇さんは病院から介護施設に移り、現在入居中です。

 

 

 満を持して圭介さんは勇さんと直談判すべく、
覚悟を決めて介護施設へ乗り込んだのですが、
「介護の現場」とは似ても似つかぬ自由奔放な様子で、
勇さんは病院に引き続き、この施設でも好き勝手にやっており、
圭介さんはただただ唖然とするしかなかったようです。

これはどういうことでしょうか?

 


「逆ギレ対応マニュアル~今すぐ最強の離婚交渉術を手に入れる」
詳細・お申込はこちら
http://www.tuyuki-office.jp/rikon9027.html

 

教授


この施設には面会専用の部屋がなく、
食事以外の時間は食堂を面会所として使っているそう。


圭介さんは入り口で面会の受付を済ませ、食堂に向かったのですが、
そこであり得ない光景を目の当たりにしたのです。

「はっはっは!こりゃ、笑いが止まりませんなぁ!!」

 


 まず廊下にも響き渡るような大声で、ゲラゲラと
高笑いが聞こえてきたのです。声の主は3人おり、
そのうちの1人は明らかに勇さんでした。それ以外の2人は
一体、誰なのでしょうか?

 

(次回に続く)

 

お金


現在私が執筆しているダイヤモンドオンラインの連載
『実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」』ですが
おかげ様で本日、13回目が公開されました。

 

今回は『妻が社内ダブル不倫で上司も容認
離婚を選べない夫の絶望』
です。

 

男性はもちろん、夫の作戦を守って知りたいという女性にも
役立つ内容です。立場を逆にすれば、きっと応用できるはず?!

 

連休は夏の陽気、連休明けは秋の陽気で、寒暖の差が大きいですが、
本格的に寒くなって、心が冷え切る前に、ぜひぜひご覧いただければ嬉しいです。

http://diamond.jp/articles/-/78999

 

ダイヤ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。