ゆきがめのシネマ。試写と劇場に行こっ!!

観てきた映画、全部、語っちゃいます!ほとんど1日に1本は観ているかな。映画祭も大好きで色々な映画祭に参加してみてます。最近は、演劇も好きで、良く観に行っていますよ。お気軽にコメントしてください。
スミマセンが、ペタの受付を一時中断しています。ごめんなさい。


テーマ:

「光」の最速試写会に行ってきました。映画祭の前だったのですが、アップが今頃になってしまいました。ゴメンナサイ。

 

ストーリーは、

過去の忌まわしい記憶に翻弄される3人の幼馴染の姿を通して人間の心の底を描き出す。東京の離島・美浜島で暮らす中学生の信之は、幼馴染で唯一の同級生である美少女・美花と付き合っている。ある日、島を大災害が襲い、信之と美花、信之を慕う年下の輔、そして数人の大人だけが生き残る。島での最後の晩、信之は恐ろしい暴力から美花を守るため、取り返しのつかない罪を犯してしまう。それから25年後。島を出て妻子と暮らす信之の前に輔が現われ、25年前の事件の真相をほのめかす。信之は美花を守ろうとするが、輔は記憶の中の信之を取り戻そうとするかのように2人を脅しはじめる。

というお話です。

 

 

美浜島で暮らす中学生の信之と幼馴染の美花、そして信之を慕う年下の輔の3人。信之と美花は付き合っていて、輔は親に虐待を受け、学校でも浮いてしまっている為、友達もいない。なので信之にべったりついて回っていた。ある日、美花が信之に夕方訪ねて来て欲しいと頼む。何だろうと思い訪ねると、美花が叔父に襲われている場面に遭遇し、助けてという美花のために、そこにあった石で叔父を殴り殺してしまう。そこに居合わせた輔は、死体を写真に撮っておく。そんな時、すごい地震が起きて、海の向こうから津波が向かってくるが、高台にいた3人は、津波の恐怖を目の当たりにしながらも、高台で助かる事が出来る。

 

 

それから25年後、東京のある町で信之は暮らしていた。同じく東京に出て来ていた、輔と美花。輔は小さな鉄工所で仕事に就いており、苦しい生活をしていた。美花は成功し、今やTVに引っ張りだこのコメンテーターのようになっていた。

信之は、公務員として堅実な生活を送ってはいたが、いつも物足りなさを感じていた。輔は知り合った人妻と不倫して楽しんでいた。そこへ輔を虐待していた父親が現れ、居着いてしまい、たかられる毎日となり、辛くなる。そんな時、輔は信之と出会い、懐かしく思い、つきまとうようになる。


 

しつこい輔が面倒になり信之が拒むと、島の時代に殺してしまった美花の叔父の写真を持っていると言って、それで美花を脅すと話す。本気でやるつもりは無かったが、金が欲しい父親が勝手に美花に写真を送りつけてしまう。

 

美花から連絡が信之に入り、輔に脅されたから写真を取り返して欲しいと言われる。美花を忘れられなかった信之は輔に、父親を殺してやるから写真を返せと交渉し、父親が隠した写真の原本を探させる。写真の在処を見つけて、信之に殺して貰おうと思ったら、突然、父親が倒れ、亡くなってしまう。そして・・・。後は、映画を観て下さいね。

この映画、凄かったです。観ていて息苦しくなり、心が痛くなりました。これ、小さな頃のインプリンティング的な呪縛から逃れられない人たちの話なんです。


 

島で親から虐待を受けて育った輔は、ただ一人、自分を守ってくれると言ってくれた信之を信奉し、彼を欲します。いやらしい意味じゃないですよ。そして、信之は、島で付き合っていた美花を信奉し、愛して(こちらは恋愛感情です)、彼女が欲しい。美花は、あの小さな島から逃れるために、自分を縛り付ける邪魔な存在を消し去るために、信之や輔を利用したんです。美花にとって、信之は只の道具でした。

 

ここで分かるのは、女が極悪だという事。男たちは純粋に愛して、欲しているのに、女は、自分の利益の為に、自分の武器を使い、男を操って行くんです。男の純粋さと、女のドス黒さが鮮明に描かれていて、対比して並べられると、もう、辛くて息苦しくて、何故、そこから逃げ出さないの?逃げられないの?って問いかけたくなるんです。いや、マジで凄い映画だった。


 

輔が信之に振り向いて欲しくて、声をかけて欲しくて、抱き締めて大丈夫だと言って欲しくて、という思いが溢れてきていて、本当に苦しかった。これ恋愛ではなく、庇護する者とされる者の愛なんです。

信之が美花に求めるのも、恋愛もあるだろうけど、やっぱり庇護する者との関係なんです。まるで、母親を求めるように。だから自分の妻子への思いとは全く別なんですよ。妻子には、家族としての責任と愛なのですが、美花に対しては、ただ一緒にいて欲しい、抱いて貰って大丈夫と包んで欲しいんです。美花に守って欲しい。


 

そんな、人間の歪んだ欲望が入り組んでいて、凄い映画でした。これの凄さが分かる人って、感受性豊かで、愛を知っている人だろうと思います。本当の愛の激しさ、強さを知らないと、分からないだろうなぁ。

 

この映画、最速試写会に行かせて頂いて、大森監督と原作者の三浦しをんさんのトークショーを聞かせて頂いたんです。とっても楽しくて、撮影後に映像を見たら、井浦さんと瑛太さんの顔が近すぎるくらい近づいていて、驚いたとお話していましたが、私、この内容だから、役に入り込んでいたら、近づいちゃうんだろうなぁと思いました。凄い迫力だったし、その気持ちが伝わってきました。終わった後に、大森監督がいらしたので、サインをいただいて、息苦しくなりましたってお話しちゃいました。だって、本当の事なんですもん。

 

 

この深い愛の作品、私は、超!超!超!お薦めしたいと思います。これは、凄いと思いました。私は、入り込んでしまって、マジで息苦しくなりました。酸欠です。ぜひ、観に行ってみて下さい。

ぜひ、楽しんできてくださいね。カメ

 

 

光|映画情報のぴあ映画生活

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

ゆきがめさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。